じいじとばあばのフォトライフ

博多



法事などの所用で1週間ほど福岡に行ってました。出かける日は肌寒くてウィンドブレーカーまで持ち出して行きましたが、翌日からだんだん回復し暑くなるとの予報で、持って行く衣類があれこれ多くなってしまう始末 ^^;
それもあって、今回は機材を最小限とし、D850 + Otus 1.4/85、AF-S 35mm f/1.8G ED と 1J5 のみ
b0346568_20175753.jpg
Otus 1.4/85  f/1.4 (-0.33) 1/4000 ISO:100

ほぼ一年ぶりの博多。昨年は大相撲九州場所とコンサートが目的でした。
今回、主目的の法事のほかにも、大学時代の同級生たちとの会食など、短い帰省をしっかり楽しんできました

b0346568_20205295.jpg
今回も、母をランチに連れ出しました。予約時間までだいぶあったので、いつものお店?で紅茶のお買い物だとか

b0346568_20224277.jpg
今回は、フレンチが食べたいというので、このお店へ
b0346568_20234826.jpg
b0346568_20240352.jpg
どれもとても美味しく、じいじは、ついワインを沢山飲んでしまいました ^^;

b0346568_20253411.jpg
帰りに、ほうじ茶を購入。なぜほうじ茶? 理由は分かりません(笑)


博多を離れて38年?も経つと、さすがにあちこち変わっています。博多駅も、すっかりモダンな駅舎になってます
b0346568_20291499.jpg
AF-S 35mm f/1.8G ED
b0346568_20292725.jpg
AF-S 35mm f/1.8G ED

数年前に、福岡市の人口は京都市や神戸市を抜いて5位になったとニュースになってましたが、じいじがいたころより1.5倍(約50万人増)と増えてるのには驚きです
福岡を離れて、段々と?事ある毎に?ですが、確かに色々な意味で住みやすい都市だと認識するようになりました
老後は、地元に戻って~というのが若い頃の予定でしたが、こちらで長く生活してると我々を取り巻く事情もすっかり変わってしまい、当初の予定を変更せざる得なくなりました (泣)



[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2017-10-13 20:49 | Trackback | Comments(4)

愛鷹広域公園  D850 + TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD



先日、久しぶりに愛鷹広域公園に行きましたので、D850と TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USDでお気に入りの広場を撮影してきました

b0346568_19353961.jpg
20mm f8 1/80 ISO:200  RAWで露出調整
南側の駐車場に車を止めて、陸上競技場の横を抜けて、一番北にある広場へ

先回のブログで書きましたように、「INN THE PARK」を見学して公園です


b0346568_19355846.jpg
20mm f/8 1/500 ISO:200
b0346568_19363202.jpg
30mm f/8 (-0.33) 1/200 ISO:200 ピクコン:風景
この公園で、一番お気に入りの樹木^^

b0346568_19365167.jpg
24mm f/14 (+1.00) 1/100 ISO:200 ピクコン:風景
近くに他の樹木が無いと、いい形に育つのでしょうね

b0346568_19371901.jpg
24mm f/8 (-0.67) 1/640 ISO:200 ピクコン:風景

b0346568_19370706.jpg
24mm f/8 (-0.67) 1/320 ISO:64 ピクコン:風景

「せせらぎの小径」を通って駐車場へ
b0346568_19374776.jpg
30mm f/5.6 (-1.00) 1/800 ISO:320 ピクコン:風景
b0346568_19394147.jpg
 30mm f/8 (-1.00) 1/250 ISO:320
b0346568_19402559.jpg
30mm f/8 (-1.00) 1/200 ISO:320
この写真の中心部分をトリミング
b0346568_19412077.jpg
遠景もまあまあ解像してて満足な写りです


今回、1200✖800の大きさ、圧縮率30%でJPEGに書き出しました (Cpture NX-D)
青空の部分をよく見ると、グラデーションのように縞模様が見えます。これは圧縮率を50%と低くすると無くなります。D810の時は、通常20~40%で圧縮してましたが、こういうことに気が付いたことはありませんでした。このレンズとD850の相性が悪いのでしょうか?それとも高画素になったためにより目立つようになったのか???

まあ、タブレットやスマホで、ささっと見る分には分かり難いので、特に支障はないのですが・・・
ニコンから推奨レンズが示されてますが、動作以外にこういう関係もあるのでしょうか? 各レンズ毎にRAW現像はしばらく留意が必要かもしれません
といいますか、有料コースに切り替えれば高圧縮する必要はないのですが・・・、でも出来るだけ無料で続けなければ!!
過去の記事の画像、もうほとんど見ることはないので、低容量化した画像に差し替えて60MBほど容量を空けました (爆)


[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2017-09-30 21:10 | Trackback | Comments(2)

泊まれる公園



数日前の新聞の地方欄に、「日本初! 泊まれる公園 INN THE PARK」という記事がありまして、どんなものか散歩ついでに見に行きました (笑)

愛鷹広域公園内にあって(あった?)、今年3月に閉鎖となった沼津市少年自然の家を再利用した施設だそうで、この10月にオープン


機材は、D850 + Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
b0346568_23031899.jpg
この自然の家付近(愛鷹広域公園の最北端)は、施設がほとんど利用されなくなってからは野鳥の観察会が行われてまして、いろいろな渡り鳥が観察できるとのこと
人が入ると鳥たちは寄ってこなくなるのでしょうか・・・

b0346568_23110417.jpg
白い建物は、フロントなどがある本館。まだ、内装工事をやってました
b0346568_23122786.jpg
本館の一部で、奥に宿泊施設が続きます
b0346568_23140040.jpg
宿泊棟は4棟のみ
b0346568_23160070.jpg
テントエリアに、ドームテント3個と吊テント1個があります
b0346568_23173606.jpg
この吊テント、普通のテントのようにジッパーで開けて入るようです・・・左下に脚立が転がってますが、まさかこれで入れと!?

ちょっと小奇麗なキャンプ場といったところでしょうか。それにしては発表されてる料金がちょっと高すぎる感じです
この吊テント、大人二人しか利用できませんが2万円です。単に珍しいというだけという吊テントに、じいじはそんなお金を使う気にはなりません (笑)
天井が透明で一晩中星が見えるというのであるならいいのですが・・・ここは樹木が邪魔で星の観察は難しいですね

愛鷹広域公園内の宿泊施設なので「日本初! 泊まれる公園」がキャッチコピー。この先、どう展開していくのか興味はあります^^


[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2017-09-27 23:37 | Trackback | Comments(2)