じいじとばあばのフォトライフ

清里高原 ハイキング part 3 ばあばの作品

ばあばの作品です
合焦の練習はこれからとのことらしく、合わん・おかしい・なぜだ、などといいながら撮影していましたw

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

私がRAWで露出やシャドーの持ちあげをやったのもあります
オリンパスの現像ソフト使いましたが、WBの設定がNX-Dとは微妙に異なる仕様で、他のコマンドも異なり、2つのメーカーの現像ソフト使うより、共通で扱える現像ソフトを使うほうが便利そうです

b0346568_17260865.jpg
12mm f/7.1 1/400 ISO:200
Part 1のとほぼ同じ位置からの撮影です。Pmode、WB:Auto、仕上がり:iFinish標準で、いい具合に出来上がってます
ニコンの方はPLフィルター付けてます
撮って出しの発色の比較で、ニコンの方が当日の見た目に近い色合いです。オリンパスの方は、人の記憶色?といいますか期待色?といいましょうか、そういう色なのだろうなと。赤はこうあるべきといいますか、そういう処理をしてるのではないかと思いました
旅のメモリーというような記録写真としては、オリンパスの方がいいのではないかとも思いました
ニコンの方だと、あとで写真観たときに、こんなだったっけ?となりかねないかとw
b0346568_17330277.jpg
12mm f/7.1 1/400 ISO:200
b0346568_17483533.jpg
18mm f/8 1/250 ISO:200 -0.7補正
東沢橋で山と反対側(南側)の写真です。ニコンでも沢山撮影しましたが、ブログにアップするインパクトに欠ける感じでした
ばあば、少し工夫したようでマイナス補正とiAutoでいい感じのが撮れてました
iAutoは、撮影モードで「夕日」を選択してました。朝9時半頃の撮影ですが、こういう景色の色合いを出すのに最適なモードとして夕日を選択したようです
ニコンでは曇りか晴天より少し色温度を高くして撮れば良かったのだなと勉強になりました

b0346568_15245993.jpg
27mm f/7.1 1/500 ISO:200

b0346568_15251640.jpg
27mm f/8 1/320 ISO:200
これはPLフィルターの効果でニコンの方がいいですね。木々の色合いもですが、遠景の南アルプスの山肌のシャープさがぜんぜん違います
11月発売の望遠ズームにはPLフィルターを用意しておこうかと思いました

b0346568_15253309.jpg
12mm f/8 1/320 ISO:200
b0346568_15254795.jpg

30mm f/8 1/500 ISO:200

b0346568_15260346.jpg
17mm f/8 1/320 ISO:200 -0.7補正
羽衣池、水はこの程度。沼といった感じ。

b0346568_15270881.jpg
17mm f/16 1/125 ISO:200
ばあばも、F14~16に挑戦。いい感じです。

b0346568_15263829.jpg
17mm f/14 1/800 ISO:200

b0346568_15272325.jpg
40mm f/14 1/400 ISO:200 RAW:+0.7補正

b0346568_15274789.jpg
19mm f/8 1/320 ISO:200  RAW:+0.4補正

b0346568_15285436.jpg
40mm f/10 1/500 ISO:200  RAW:シャドー:4

b0346568_15290532.jpg
18mm f/8 1/500 ISO:200

b0346568_15291988.jpg
16mm f/8 1/500 ISO:200
b0346568_15294001.jpg
30mm f/7.1 1/400 ISO:200

b0346568_15295007.jpg
15mm f/11 1/250 ISO:200  +1.0補正  RAW:-0.7、色温度7500K、仕上がり:vivid、シャドー:4

最後のは、雲の隙間からの日差しを目立たそうとRAWをいじってみましたが、いまひとつという感じです

ばあばが、合焦うまくやれるようになると、負けてしまうのも出て来そうw
植物のアップ写真ではファインダー撮影は出来ないようですが、今回のような風景の撮影ではファインダーを使えばいいのにと思います
液晶でのタッチAFでは、カメラの構え方が不安定で手振れしやすい感じです

ばあばは、iAuto、P、Aのいずれかで撮影してましたが、iAutoというのはWBや仕上がり(ピクチャーコントロール)を微妙に組合せしていて、なかなかいい感じのように思いました


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-11-01 19:40 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/23670722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2014-11-01 22:42
奥さんのお写真も素晴らしいですね !
太陽の撮影は、良い感じです。
奥さんに負けないように頑張ってください(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-02 10:15
フォトンさま

D810の後にE-M1持つとグリップ感がなくなり、心細くなりますw
重さは軽くていいけど、大きさはそれなりにあるといいのでは?と思いました

ばあばが、設定を変えてるので、ISOをダイヤルで変更できずに困りました。設定をいくつか保存するやり方をと思ってもマニュアル見てる時間もありません、まずは自分のニコンの取り扱いに慣れるのが先ですから

望遠ズームが届いたらE-M1の使い方を覚えようと思います
あ、アイカップも買わなくては!
Commented by inakichi88 at 2014-11-03 21:19
じじ様(笑)に負けない素晴らしいお写真の数々。
拝見していて気持ちが良く、実際に自分がその場に行っているように感じました。
E-M1始めミラーレス機のAFは、機能的な問題があり、腕ではカバーできない場合が多いです。
例えば今回の場合、11枚目、12枚目の紅葉は、ピントが合いにくい被写体だったと思います。
11枚目は強い逆光で、センサー面で測距するミラーレス機には辛い状況でしょうし、12枚目はAFが後ろの木に抜けやすかったかもしれません。
拡大してMFで、と言うのも面倒くさいですし、なかなかやっかいな問題ですが、その内技術でカバーできる日が来るかも・・・
ワタクシがこれが嫌で、なかなかX-T1がメイン機になれません。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-03 23:41
いなきちさま

まずは、どうでもいいことですが、折角なので
あのですねw 私はjiijiで「じいじ」ですw
「じじ」は10年くらい前に死んだメスの愛犬ゴールデンレトリーバーの名前です。「i」がひとつ余分に入ってますが、見難いですよね アハハハハ
懐かしい名前を見て、彼女の事、思い出してしまいました(泣)

ミラーレスのAFの機能のご説明、ありがとうございます
ピントが合わせにくい被写体があること、事例でわかりました
次に撮影する時には、気をつけてやってみようと思います
Commented by inakichi88 at 2014-11-04 16:47
じいじ様
大変失礼いたしました。
しかもなくなった愛犬のお名前だったとは・・・辛い記憶を呼び起こしてしまったようで、申し訳ありません(汗)

しかし、散歩やハイキングへ行かれるなど、ご夫婦そろってまだまだご健脚じゃないですか!
ハンドルネームをもう少し若々しい響きに変えられた方がよろしいのでは?(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-04 20:11
いなきちさま!

(泣)とはしましたが、つらい思い出ということではありません
もうつらさはとうに通り越しており、思い出すのは楽しかった思い出ばかりです^^

ハンドルネームですか?、現実が孫や子供たちから「じいじ」と呼ばれ続けてきていますので、この方がしっくりときます^^