じいじとばあばのフォトライフ

新宿西口

先週、ニコンカレッジに行った際に撮影した新宿西口付近です

AF-S 20mmf/1.8G ED、ビルなどの撮影でいいものかどうかと確認のために、少し早めに出かけていってきました
カメラはD810です

b0346568_22414634.jpg
f/3.5 1/500 ISO:200
JR新宿駅南口から西口へ向かう通りで。左側の上のほうが工事中でシート被ってましたので左に寄って撮影しました
b0346568_22453526.jpg
f/3.5 1/5000 ISO:200
西口正面には面白い形のビルがあるのですね。ニコンのあるエルタワーには地下からしか行ったことがないので気づきませんでした
b0346568_22474332.jpg
f/7.1 1/60 ISO:64
面白い形状のビルとエルタワー(右側)の間の通路
b0346568_22495549.jpg
f/7.1 1/250 ISO:64
丸いのは、空調などの付帯設備でしょうか?普通のビルなら屋上なのでしょうが、このビルの形状では屋上というものは存在しないようですw
もしそうだとすると、この面積の効率の悪さが気になります
b0346568_22530166.jpg
f/7.1 1/80 ISO:64
奥に都庁が見えます。昔、あの辺りの空き地で甲斐バンドというグループがコンサートをやって話題になりました。
そのライブDVDをみると、高層ビルはほんのわずかだったのが分かります
b0346568_22553928.jpg
f/7.1 1/160 ISO:64
私の好きな角度から。こういう写し方だと35mmより、20mmの方がいいなあと思いました。ビルの屋上が見えず、天空まであるのかと思えます
b0346568_22581086.jpg
f/7.1 1/120 ISO:64
広角レンズの定番の構図^^。この奥までいって、丸い建物を確認すればよかったと、今、思いましたw
b0346568_22594794.jpg
SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO
ビックカメラの前に百日紅の木が植えてありますが、どういうわけか花が咲いてました
奥のビルと上手い具合に撮れないかと思いましたが、150mmマクロでは無理でした^^; 絞っていくとマクロの良さが失われる感じで・・・
b0346568_23024119.jpg
f/3.5 1/50 ISO:1600
初の夜景撮影。D810の場合、ISO感度を上げれないので、どうしたものやらと悩みました
b0346568_23054019.jpg
f/3.5 1/40 ISO:1600
風が強かったので、樹木の葉のブレを無くすためにSSを上げたかったのですが、どうやっていいかわからず・・・
スピードライトを使えばいいのでしょうか?
b0346568_23072838.jpg
f/5 1/30 ISO:640
これも広角レンズの定番構図でしょうか。特に面白くもないなと思いましたが、賑やかしでアップしました^^;
デジカメってすごいですね。RAWでみると、バスの後の軽自動車のナンバーの4桁の数字が読み取れます。
b0346568_23093544.jpg
f/3.5 1/60 ISO:5000
さすがにISO5000では、ノイズが大きすぎてしまいます。記録・記念写真としてはいいとは思いますが。


20mmレンズ、野山や都会では、出番がありそうで安心しました




ニコンカレッジは、マイクロレンズの使い方でしたが、20名中ニコン以外のマクロレンズを持ってきたのは私だけでした^^

ニコンカレッジの基礎的なものへの参加者はご高齢の方がほとんどで、面白いことがよく起こります
今回の講師は柿本完二先生。
マクロレンズの撮影はマニュアルフォーカスだ!ということで、最初にレンズのスイッチをMにさせられました
造花の撮影で先生の言われるようにやっていくわけですが、「先生!ピントがずれてしまいます!」と生徒さん
先生「マニュアルになってないよ。これをMに合わせるとテキストにも写真付きで書いてるでしょ!(怒)」、レンズは「AFM-M」なのでスイッチがどちらになっていても、マニュアルで最初はあわせられるのですが、いざシャッターを半押しするとAFが働いてピントが動いてしまい動転した生徒さんでした
ViewNX2の講習会では、マウスのダブルクリックをご存じない方もおられ、時々パソコン教室になったりとwww
短気な方は、ニコンカレッジの講師はストレスが溜まって仕方ないだろうなと思います

[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-11-14 23:42 | カメラ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/23737280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ライカ大好き at 2014-11-15 08:39 x
講習会の雰囲気が伝わり面白いですね。
28mmも大活躍ですね。
SIGMAの150mmもいい感じですね。
こういう感じが出てくれるとホッとしますね。
いつかはこれらのレンズもArtシリーズへと成長していくのかなと考えてしまい、なかなか手が出せないでいる私です。
TAMRONの癖が気になりだしているので余計に興味津々になってはいますが。
Artの恐ろしさが身に染みてしまい、Art以外のレンズに手が出せない状態におります。
それから、風で木が揺れたらそれも一興として撮影されてみても面白いと思いますよ。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-15 14:15
ライカ大好きさま
SIGMAのArtシリーズ、調べてみようと思います
ニコンのレンズはこれから発売される新製品だけを気にすることにしています

風に揺れる被写体を敢えて使うのですか!
思い付きませんが、頭に入れておいて、チャレンジしてみようと思います
いなきちさんのわざとピンボケさせた写真と同じ発想ですね(*^-^)
Commented by ライカ大好き at 2014-11-15 23:49 x
木が揺れるのは自然の仕業ですよね。それを自然に表現することは自然の営みと共に撮影されたことになりますよね。
その方が楽しいじゃないかなと私なんかは思ってしまうのです。
2次元の世界がさらに深みを増してくれるようで面白いと思います。
あとはお好み次第ということになりますね。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-16 19:39
ライカ大好きさま

おっしゃるとおりですね
水の流れはスローシャッターとか言う技で撮影したものは沢山見ますが、葉の揺れ具合は・・・意識してなかったので見過ごしただけなのでしょう
なにかチャレンジすると面白いかもしれません
Commented by kame3z at 2014-11-16 23:26
Nikonの20mmが大活躍ですね !
構図も素晴らしいです。

私は自己流なので、表現方法が限られています。
ニコンカレッジのようなところで、
プロの方から学べば、上達も早いと思いますよ !
ところで、マクロ撮影ですが、
私も最初はMF撮影が中心でした。
最近は、AFで大まかに合わせて、
体(カメラ)を動かして、ピンとを合わせております(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-17 11:01
フォトンさま

ありがとうございます
そういっていただけると、励みになります

体を動かしてピントを合わせる件、最初の頃にいなきち師匠よりご教授いただきました。この方法は、ニコンカレッジでも最大で撮影する方法として先生から説明もありましたし、実践させられました

ただ、私の目があまり良くないので、結構疲れます
効き目でない方の左目でしかファインダー覗けませんし、乱視もあって苦労します。さらに、息止めてしまうので、撮影後にドッ!ときてハアハアしてしまいます
撮影も体力勝負というのを実感させらる瞬間ですw