じいじとばあばのフォトライフ

なんという植物だろう?

孫の運動会が終わって、帰りに娘が薦めるケーキ屋に寄って買って帰りました

入り口にある植物、面白い!

b0346568_00210269.jpg
1J5 10mm f/3.5 1/250 ISO:280
赤いほうは、小さい黄色と紫の花がくっついていて、なんだか欲張りな植物だと思いました(笑)
お店の人に聞いたら、千日紅とか。奥の紫の方は、聞くのを忘れました。
ばあばは、野山に自然にある植物は詳しいですが、花壇の花はあまり興味が無いようです(爆)

b0346568_00301242.jpg
エゴノキ  1J5 10mm f/3.5 1/250 ISO:180

b0346568_00401742.jpg
D810 200mm f/4 1/1000 ISO:250 RAW: +1.0ev

1J5は、本当に気楽に撮れていいです
このエゴノキの写真も、ちゃちゃっと1枚撮影しただけのも。ピントもきちんといってます
それに対し、D810と望遠ズームでは、6枚も撮影して、満足できたのは2枚だけ。なんだかなあって、感じです
まあ、画としては、後者の方が好きではあるのですがね


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-09-27 00:46 | カメラ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/24936931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by inakichi88 at 2015-09-28 00:01
センニチコウの由来はは、文字通り千日を数えるほど長く咲くからです。
紫色が一番多いようですが、このような赤や白色もたまに見かけます。
花が立体的でボリュームがあるので、フルサイズだとピント位置が難しいと感じています。

ちなみに、サルスベリの花は、ヒャクニチコウと呼ばれています。
花期はセンニチコウの勝ちですね(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-09-28 23:26
いなきちさま

いろいろお教えいただきありがとうございます
長く咲いてくれるのはいいですね

おっしゃるようにD810の方では、全滅でした。AFでは合焦したものが撮れてませんでした