じいじとばあばのフォトライフ

白駒池

旅の目玉は2つ。その一つが北八ヶ岳の白駒池
ばあぱは、真冬にスノーシューツアーでこの辺りを歩いたことがありますが、じいじは初めて。インフルエンザで寝込んでてツアーには行けませんでした(T-T)

凍ってない白駒池は、ばあばも初めて(笑)

b0346568_00200054.jpg
TOKINA 28mm  f/2.8 1/200 ISO:800

b0346568_00200559.jpg
TOKINA 70mm  f/2.8 1/80 ISO:800

ここの原生林は、貴重な苔の森だそうです
天気が良ければ原生林の中を歩き回る予定でした

b0346568_00214049.jpg
Otus 85mm  f/8 1/1600 ISO:1600
もう数週間するといい感じの紅葉になるのかもしれません

b0346568_00220527.jpg
Otus 85mm  f/4 (+1.0) 1/200 ISO:800 RAW:(-0.5ev)

b0346568_00220890.jpg
Otus 85mm  f/4 (-0.7) 1/320 ISO:800

わずかな紅葉を撮影
b0346568_21361387.jpg
Otus 85mm  f/2 1/2000 ISO:200 トリミング

b0346568_00221392.jpg
Otus 85mm  f/4 1/4000 ISO:800


b0346568_00224844.jpg
Otus 85mm  f/2 1/500 ISO:100

池を広く撮る為にTOKINAレンズに交換
b0346568_00225369.jpg
TOKINA 38mm  f/5.6 1/320 ISO:200 RAW:(+0.5)

曇って逆光気味と、条件は良くなかったのですが、思った以上に写し出してくれました。
このTOKINAの標準ズームレンズの画は本当に好きです。なんといいますか、重厚な感じというのか、そういうところが好きです


標高2100mmで、天気も曇りだったため、かなり寒く、早々に予定を切り上げて他へ向かいました


追加 10/16
3枚目より、ピントをずっと奥へ持っていったものです
b0346568_20592249.jpg
Otus 85mm  f/8 1/1000 ISO:1600




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-10-15 15:57 | 旅行 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/24996995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ライカ大好き at 2015-10-16 13:00 x
Otus 85mm のf/8の画像拝見しました。
これはどのあたりにピントをもっていかれましたでしょうか?
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-16 21:03
ライカ大好きさま

左の湖面に近い赤い樹木に合わせようとしたと思います
RAWを拡大してみましたら、その手間にある枯れ枝にピントがいってしまってました

これよりも、遠景にピントがいってるものを追加でアップしました。これでも、なんとなくシャープではありませんが・・・・

いかがでしょうか?
Commented by ヘンデル at 2015-10-17 10:02 x
こんにちは
2枚目と最後のお写真素敵です。
最後の写真は紅葉が進むと見ごたえがあり
そうですね。2枚目は横たわる木の配置を
工夫(もっと斜めに)されたら更に良くなる
でしょう。
ぜひ、もう一度挑戦してみてください。

さて、ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDの
中古をポチしました。でも、少し高めの相場
でした。結局、石井先生が薦めるとおりにし
たのでした。
Commented by ライカ大好き at 2015-10-17 13:37 x
新たに画像のアップありがとうございます。
精緻さが感じられますね。
さらにヘンデルさんが指摘されたような工夫をされたらさらに良く分かると思います。
f8ぐらいになると被写体の前後の空間のピントもさらに出てくるので、それを楽しめるようになられることと思います。

Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-17 18:12
ヘンデルさま

こんばんは
アドバイスありがとうございます!!
なるほど、斜めの構図も良さそうですね
倒れ掛かってる細い枝が無ければピントの位置をもっと奥にしたかったのですが、残念でした

倒木に苔の付いたのは、富士山麓などあちこちで見ることができますが、これほど長い1本の倒木に苔が付いたのは見たことがありませんでした。
まっすぐな奥行き感を出したかったのですが、左右にある多くの樹木が邪魔で広角で撮影すると何か分からない画になってしまいました

Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-17 18:17
ライカ大好きさま

今回は曇りということも合って、ピントはフォーカスエイドに頼らざるを得ませんでした
それだと思わぬところに行ってたりして、今回の2枚のようになんだか甘いといいますか、ゆるい画になってしまいます。遠景はライブビューでピント合わせが良いのかもしれません

本日、夕方にようやく雲が無くなり、お日様が出てきましたので、撮影して来ました。また、後日、アップしますので見て下さい
Commented by ライカ大好き at 2015-10-17 21:35 x
最後の光景でしたら、あえて言うと私が狙うとしたら中間にある岩ですかね。それを中心に前後を考えます。絞りはf8以上を使ってみて。
試します。あの岩ならピントは出しやすそうですからね。そこを中心に考えて
まず撮影してみます。
結果を確認してみてから、次には、さらに手前の紅葉を狙うのか、奥の光景を狙うかで考え方が変わるように思います。
手前の紅葉あたりを狙るなら奥はボカして良しとするかパンフォーカス的にするかですね。
また奥を狙うなら奥を明確に出し、手前はそれなり写すことで良しするということですね。
また、付け加えるとすると私の場合は、第一印象でここと感じたところを撮影してみます。あまり考えると面白く無くなるものですからね。感性的に感じたことを、そのまま撮るという感じでしょうか。
ご参考になれば幸いです。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-17 21:46
ライカ大好きさま

!! 実は、最初はその岩でピント合わせようとしたのですよ!!
おっしゃるように合わせやすいだろうということで。

でも、撮影したいのは紅葉だからなと思いなおして、その岩の奥の樹木であわせたと思います

なるほど、一度、撮影してみればよかったのですね

いろいろ想定して撮影すればいいということですね。
心にまだそういう余裕がないようです。もっと、いろいろな作品をみて勉強しなければなりませんね

感性という点では、ばあばの方がじいじより良質で高い感性があるようですが、視力が弱くてAFでしか撮影できないためか、なかなか良い作品になりません。(AFなのに?)ピンボケやブレが多発で、残念な写真が沢山です
Commented by ライカ大好き at 2015-10-17 22:31 x
奥の紅葉でしたら白樺の下あたりに岩があります。その右にもありますね。
また水面と岸の境当たりも狙えるように思います。そこでf8からf11ぐらいで狙えば紅葉もしっかり写ると思いますね。
あれこれ試してみて数を重ねれば、あまり考えなくても良いポジションを狙えるようになると思います。
奥様の場合はシャッターを切る時に額にしっかりカメラを押し付けていないのではないでしょうか?さらに脇を締めて写す必要はあります。液晶モニター見ながらですと逆に私なんかは難しいと思ってしまいます。腕だけで撮影することになりますからね。
額と両腕の三点支持がブレ防止になると思いますよ。
額と言っても眉毛があるあたりのことですけど。
それからシャッターを切る時に指を寝かせているか立たせているかでも違いますね。
クラシックのピアノは指を立たせて演奏すると思います。ジャズは撫でるような感じだと思います。
出来ればなるべき指は立てた方が良いと思っています。指のストロークに無駄があったりべタッとすると芳しくないように思いますが。それから息を止めると良くないですね。できればゆっくり息を吐きながら撮影されると良いと思いますよ。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-17 23:37
ライカ大好きさま

奥の岩ですか!それには思いも付きませんでした。観察力の違いですね。参考になりました

ばあば、明日、さっそく試してみるといっております(笑) 液晶が汚れるのが嫌で鼻先が付かないようにして構えていたようで・・・・
息は、ばあばもじいじも止めてしまいますね。クセといいますか、何かに集中すると呼吸が止まってしまいます。ばあばの場合、E-M1の手振れ補正もあるので、ゆっくり呼吸してる方が効き目もあるように思えます

シャッターの指、立てるように私もしてみようと思います

いろいろアドバイス、ありがとうございました
Commented by kame3z at 2015-10-17 23:47
良い感じで撮れていますね !
Otusは別としても、
トキナーの渋い描写がなんとも言えませんね !!
Art50は処分するつもりなので、
標準域に穴ができてしまいます。
このレンズも候補かなぁ〜
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-18 00:28
フォトンさま

そうですか!! そう言ってもらえると嬉しいです^^

トキナーのこのレンズは、買ってからお日様のあるところで撮影したことがほとんどありません。樹林帯のなかだったり、雨や曇りや室内だったりと、可愛そうなくらい悪条件でしか使っていません
それでも、しっかり描画してくれて、その大部分は好みの画質なので、すっかりお気に入りレンズになってしまいました。

課題は、AF速度が遅いことと、AF/MFの切り替えがスムーズでないことですかね (もしかすると重いくせに手振れ補正が無いことも欠点かもしれません)
Commented by inakichi88 at 2015-10-19 11:21
紅葉には少し早かったのが残念でした。
でも、このような心洗われる光景に出会えただけでも、旅は大成功だったのじゃないでしょうか。
Otus85mmで風景を撮る発想が、ワタクシには全くないのですが、こうして拝見していると、工夫次第で素晴らしいお写真が撮れるのですね~。
感心しました。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-19 12:23
いなきちさま

昨年は11月に清里の紅葉を堪能しました
そこよりは、標高もだいぶ高いので、紅葉も早いのではと期待したのですが、例年もっと遅いとのこと^^;


Otusで風景というより、このレンズを使いたいから撮っただけですね。 すみません、子供みたいで (笑)

昨年の70-200mmでの清里の写真みますと、やはり90mmとか中望遠域の写真が多くありました。焦点距離を意識して撮影したわけではないので、どうやら、私の好きな画角なのだろうと思います。