じいじとばあばのフォトライフ

静岡ガス静岡支社構内のビオトープでの自然観察会

この前の日曜日、NPO 静岡県自然史博物館ネットワークが主催した自然観察会に、孫達と参加してきました
ザリガニ釣りをやるというので、孫が喜ぶのではないかと思い申込みました

場所は、東静岡駅に近い静岡ガスの構内にあるビオトープ

ここの池には、古来のミナミメダガがいるそうです
県内のミナミメダカは交雑がすすんで元来のミナミメダカは見られないそうですが、ここの池のメダカはDNA鑑定の結果、静岡に古くから生息する個体群であることが判明してるそうです。ここのメダカを取っていくのはいいが、後から戻さないでくれと言われました。

私が子供の頃から知っていたいわゆるメダカは、ミナミメダカとキタメダカに分類されたそうですね。Wikiによりますと2011年のことだそうで、つい最近ですね
b0346568_22414399.jpg
ミナミメダカ 160mm f/7.1 (+0.3) 1/640 ISO:1600 トリミング

この観察会では、水生生物の先生、動物や鳥の先生、植物の先生など、専門の先生が来てくれて説明してくれました

午前中は、水生生物の観察とザリガニ釣り
池から採取した魚を上の写真のように、観察用の小さな水槽にいれて、細かく説明してくれます

アメリカザリガニ釣りでは、ザリガニ釣り用の竿も餌も準備してあって、至れり尽くせり
b0346568_22514390.jpg
TOKINA 24mm f/8 (+0.3) 1/800 ISO:800
b0346568_22524778.jpg
TOKINA 70mm f/8 (+0.3) 1/400 ISO:800

孫は、大きくて赤いアメリカザリガニを掴むのは初めて。小さいのは持ったことがあるので、教えてもらいながら、大きいのに挑戦し、無事に掴むことができました。
しかし、その後、何匹か目に、少し挟まれたらしく、それからしばらくは掴むことが出来なくなりました (笑)
そうやって痛い目に合いながら、いろいろ覚えていくわけで、いい体験になったことでしょう

b0346568_22575082.jpg
TOKINA 38mm f/8 1/200 ISO:800

餌は、大きなスルメ、なので、一度に二匹釣れることも。

b0346568_22594370.jpg
ホテイアオイ TOKINA 70mm f/5.6 (-0.7) 1/800 ISO:200
池には沢山のホテイアオイも
b0346568_23012560.jpg
Nikon 200mm f/8 1/500 ISO:400

ここの池には、赤とんぼ(名前忘れました) 他の池にはイトトンボとギンヤンマ、見た池は3つでしたが、他にもあるようです

イトトンボは、撮影が大変難しかったです。アップできるようなものが一つも撮れませんでした
ギンヤンマは、ファインダーの視界に捉えることすら出来ず・・・
いなきちさんに、手ほどきしてもらおうかな~~~(笑)
b0346568_23044280.jpg
TOKINA 70mm f/8 1/800 ISO:800 トリミング

この虫も教えてもらったのですが、忘れました。観察会に行った甲斐がないですね

b0346568_23062619.jpg
TOKINA 42mm f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:800
b0346568_23070603.jpg
クサギ TOKINA 65mm f/5.6 1/2500 ISO:400

昼食後は、池から場内をぐるっと回って、植物や鳥などの観察

b0346568_23083698.jpg
キジョラン TOKINA 65mm f/5.6 1/125 ISO:1250
b0346568_23091036.jpg
オニグルミ TOKINA 70mm f/5.6 1/200 ISO:800
b0346568_23094676.jpg
ウラギンシジミ TOKINA 70mm f/5.6 1/200 ISO:800 トリミング

孫に補虫網を貸してくれ、モンキチョウを捕まえたのですが、網をくるっと返すことを知らなかったために逃がしてしまいました
捕まえた後に、こうするんだと教えてもらってました

b0346568_23112451.jpg
アオスジアゲハの幼虫 Nikon 200mm f/5.6 1/1250 ISO:800
b0346568_23133452.jpg
アオスジアゲハの幼虫 Nikon 200mm f/5.6 (+1.0) 1/400 ISO:800 トリミング

この幼虫、クスノキの一部をネットで囲って保護してありました。3月の展示会に出すというようなことが漏れ聞こえ、ガス展などでサナギから孵化する様子を見せようということなのではないかと思いました

b0346568_23165668.jpg
Nikon 70mm f/5.6 1/400 ISO:800

観察会を取りまとめられた先生。日本平動物園の元副園長さんだそうです。

約4時間、丁度、孫達も疲れて飽きてきた頃(笑)に解散。
来年は9月かなとおっしゃってましたが、孫達しだいですかな


アップしたのはごく一部、沢山の種類の樹木があり撮影してきました。カブトムシの幼虫もあちこちで養殖してる?のを掘り起こして見せてくれたり、スズメバチの巣(木の高いところにあるので襲って来ないそうです)も見せてくれたりと、子供達にも勉強になった観察会でした



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-10-23 23:39 | カメラ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/25022332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヘンデル at 2015-10-24 12:51 x
こんにちは。
お孫さんの成長していくお姿が
うれしいですね。

さて、ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDの
試写をしてみました。でも、ピントがねぇ、、、
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-25 11:45
ヘンデルさま


ピントは難しいですね

AFに頼りきりに出来ないケースも多くあり、D810の場合はAF微調整が必要なケースもあるので、特に面倒です

MFレンズは、その分、AFで悩まなくて済むので気は楽ですね
Commented by kame3z at 2015-10-25 19:33
お孫さんとのひと時 !
満喫されたのでは ?
私はやっと一人目で、それもやっと一ヶ月です !!
孫と遊べるのは何年くらい先だろ ?
ともかく、無事、育って欲しいです。

私はメダカが好きで、今も飼育しています。
メダカにも改良種が色々あって、ネオンテトラのように光る品種もできているようです。
でも、原種が丈夫で一番可愛いと思いますね !!
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-25 20:51
フォトンさま

お孫さんの成長は楽しみですね

来年には、思いっきり遊べますよ、といいますか、振り回されますよ(笑) つたい立ち始めたら目が離せません。
そして、歩き始めたら、とてつもない厄介物(爆)になります。フォトンさんも疲労困憊されると思います。

Google検索で「魔のに」といれたら、「魔の二歳児」がリストアップされると思います。およそ、18ヵ月後くらいから、それを体感できると思います^^
誰が言い始めたのか知りませんが、全くその通りだと思いました。魔の二歳児は数年続きますので、乞うご期待!!^^


メダカは、私達が子供のころは、そこら中にいたのですが、農薬などの影響で激減し、絶滅危惧種になってるそうですね。驚きました
Commented by いなきち at 2015-10-26 14:59 x
このような自然観察会は、子供ばかりか大人にとっても有意義ですよね。
熱心に活動されている市井の方々(と言っても、有名な方も多いのですが)には頭が下がります。

静岡県自然史博物館ネットワークは、夏休みを中心にいろいろな催し物を開催しており、近隣に自然博物館を熱望するワタクシとしては、些少ながら寄付をしております。
若く熱心な学芸員と学生さんによって成り立っている組織で、彼らと話をするのはとても楽しいですね!

トンボは・・・自信がありません(キッパリ)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-10-26 22:26
いなきちさま

お! いなきちさん、ばあばと同じですね。ばあばも寄付をしてきていますよ^^

先週の土曜、ばあばが下田付近の調査に同行したら、このNPOにも所属してる先生がおられ、日曜のビオトープに参加した話をしたら、喜んでおられたそうです

そうですか、トンボはやはり師匠でも難しい対象なんですね
ビオトープでは、飛ぶルートが決まってるから待ってればいいと言われましたが、炎天下で待つほどの忍耐はありませんでした