じいじとばあばのフォトライフ

孫の子守 修善寺虹の郷

昨日の箱根散策で足腰が痛い老夫婦でしたが、今日は、娘が結婚式で演奏とかで孫の子守の約束があり、しかも6時間以上もとなると、家と愛鷹公園くらいでは間が持ちません。そこで、伊豆市の虹の郷に連れて行きました

まずは、ニコワン 1J5 と 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 で簡単に様子のお知らせ^^

入場口のあるところは、イギリス村といいます
そこから蒸気機関車に乗って、一番遠いカナダ村までいきました

b0346568_00180154.jpg
孫達は、初めての場所。何があるのだろうと興味津々です
b0346568_00192267.jpg
b0346568_00215181.jpg
石炭で走る本格的な蒸気機関車でした

カナダ村のとなりにあるインディアン砦には、長さ100mの滑り台や約3階の高さから地下へすべり下りる滑り台などがあり、孫達は1時間余り汗だくになって走り回ってました
b0346568_00272081.jpg
3階建てのビルくらいの高さから、黄色の滑り台を滑り降りると、
b0346568_00272422.jpg
地下に到着します

b0346568_00285712.jpg
地下から出てきた孫達が、何やら掲示板を読んでいます
2種類の蛇の絵が描いてあって、この辺りにいるから注意しろと書いてると!
ばあばが、この奥に探検に行ったら、奥は「蜂の国」で遭遇しても責任はとらないというようなことを書いた看板があったとか(笑)

ここで、お昼を済ませ
b0346568_00332394.jpg
ローズガーデンを抜けて、匠の村へ!

b0346568_00335104.jpg
懐かしい! 井戸の水を汲み上げるポンプがありました
ばあばが、昔はこうやってバケツに水を汲んで家まで運んだと、使い方を説明。二人とも上手に使うことが出来ました。
6歳の双子の孫達ですが、兄の方が、バケツに一杯になったので「○○○、家まで運んで来い」と言い放ちましたら、弟は「えー!」と言うだけで悩むことなくスルー。むしろ、ばあばの方が慌てて「遠いから運ばんでいい」と (爆)

次に。「ぶんぶんコマ」作りに挑戦し、
b0346568_00440660.jpg
手裏剣投げに挑戦し、
b0346568_00443514.jpg
もみじ林のライトアップのための歩道の電球を蹴飛ばして、ばあばに叱られ、
b0346568_00453488.jpg
日本庭園の池で鯉に餌をやり、
b0346568_00463746.jpg
ここの鯉、凄いですね。滝登りならぬ岸壁登りとでもいいましょうか・・・

ソフトクリームとおだんごを食べて、イギリス村へ戻り、フラフープや皿回しをやり、
b0346568_00493870.jpg
最後に、占いをやって、帰途につきました

b0346568_00502344.jpg
16時過ぎに送りとどけて、子守、無事終了!!

最後に、わずかに残っていた紅葉の写真をアップです
b0346568_00545785.jpg
この写真は、よく撮れたようで、Capture NX-Dでの100%拡大での鑑賞にも耐える写真でした

b0346568_00550167.jpg

勤労感謝の日は、休養日・・・になりますように!!(笑)

[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-11-23 10:01 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/25114077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2015-11-23 19:31
虹の郷ですか ?!
楽しそうな場所ですね !
私の孫がもう少し大きくなったら、
連れて行きたいです。
娘家族を同乗させて、走っていこうかなぁ〜
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-11-23 21:14
フォトンさま

ご実家からだとすぐではないでしょうか

娘達が幼児の頃に行きましたが、そのころは「しゃくなげの森」という名前でした。いつから「虹の郷」になったのか、Wikiによりますと1990年にテーマパーク「修善寺虹の郷」が開園しただそうです

私も最初虹の郷といわれても分からず、しゃくなげの森のあるところと言われると、あ~~という状態でした。今回、予想外に楽しめる場所であり、被写体も四季を通じてそれなりにあるところだなと分かりました

是非、ご家族でお出かけください^^