じいじとばあばのフォトライフ

胡蝶蘭

4年前にもらった胡蝶蘭
その後、ばあばは再度花を咲かせようと、片手間に適当にあしらってました(爆)が、一昨日、ついに一輪の小さな花が咲きました
(これまで咲かなかった原因が分かった!と、ばあばは大喜び^^)


もらった時より花が小ぶりですが、咲いたことが事件です^^

まずは、Otus で撮影。いずれもほぼ最短距離で撮影したもの

b0346568_12211173.jpg
Otus 1.4/85  f/11 1/60 ISO:1000
これが、Otusのオリジナルサイズです
次に、クローズアップレンズ4種類を付けて大きさの比較です。手持ちなので位置がずれてます

b0346568_12261223.jpg
クローズアップレンズ+1   f/11 1/50 ISO:1000
b0346568_12270437.jpg
クローズアップレンズ+2   f/11 1/80 ISO:1000
b0346568_12275861.jpg
クローズアップレンズ+4   f/11 1/80 ISO:1000
b0346568_12283426.jpg
クローズアップレンズ+10   f/11 1/80 ISO:1000

+4と+10では、花びらの淵が青く滲んでいます.。+2でも、出かかっています。これはどういう現象なのでしょうか、要注意です

次に、Tamron SP 90mm マクロレンズで撮影。ほぼ等倍撮影したもの
b0346568_12353443.jpg
SP 90mm  f/18 1/30 ISO:1600

マクロレンズの威力発揮ですね。クローズアップレンズ+10と+4を組み合わせると等倍近くになるのかもしれませんが、それをやる気は起こりません(笑)

SP 90 で内臓フラッシュ使ってみました

b0346568_12382259.jpg
SP 90mm  f/11 1/60 ISO:200 内臓フラッシュ(先膜シンクロ)
b0346568_12391920.jpg
一番奥にピントを合わせたもの  SP 90mm  f/11 1/60 ISO:200 内臓フラッシュ(先膜シンクロ)

影が出来てますが、画像自体はフラッシュ使った方が綺麗です

次は、1J5 で撮影したもの
b0346568_12435342.jpg
1J5 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/125 ISO:125

ピントが後ろへ行ってしまってました。残念

最後は、最初のOtusの写真をトリミングしたもの

b0346568_12520865.jpg
これだけの大きな被写体では、D810の高画素によりトリミングでも十分いけそうですが、同じF値でもクローズアップレンズ使うと前後がボケるので画に差は出ますね








[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-08 13:00 | カメラ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/25771258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2016-05-08 22:16
パープルフリンジですかね ?!
コントラスト差の大きい部分によく出ます。
オールドレンズにはよく出る現象です。
新しいレンズでも、色収差が比較的大きいと出ますが。。。

多分、クローズアップレンズの影響では ??

Commented by mjiiji_hbaaba at 2016-05-08 23:03
フォトンさま

これがパープルフリンジですか! クローズアップレンズ使わないと出ませんし、+1のクローズアップでも出てませんので、倍率の大きいクローズアップレンズのせいだと思います
なにせ、4枚で8000円弱の安物ですので、性能は全く期待していませんでした
むしろ、こういう欠点があるということで、価格にも納得し、少し安心したしだいです(笑)

コントラストの大きいところで出るということ、覚えておきます

ありがとうございました
Commented by いなきち at 2016-05-16 19:05 x
胡蝶蘭を自分で咲かせるなんて、相当難しいと思います。
さすがはばあば様、研究熱心な甲斐がありましたね~。
将来はぜひ、全ての蕾を同時に咲かせてください!

じいじ様も、いろいろ試されていますね~。
クローズアップレンズでも、必ずしも色収差が出るとは限りませんが、マスターレンズより口径が大きなものを使う方が、色収差は出にくいです。
Otusの口径は大きいので、色収差は仕方ないかもしれませんよ。

胡蝶蘭のような造詣が深い被写体のフラッシュ撮影は、結構難しいと思います。
均一光を当てるためには、色々な小道具が必要になり、面倒臭くて試したことはありません(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2016-05-17 09:00
いなきちさま

クローズアップレンズ、そういうものなんですか
口径を拡大・縮小させるアタッチメントが発売されてますが、色収差を抑えるために使う方法もあるのですね  なるほど  おっしゃるように、これ以上大きな口径の大きなクローズアップレンズ自体が存在しませんので、気にしないで行くことにします
おかげさまで、すっきりしました ありがとうございました

フラッシュ撮影は、奥が深すぎて踏み込めません
今回のは光が当たりすぎですね
適当に使って結果良ければそれでよし、ダメだったらそんなものか、で、済ませてます(汗)
LEDライトも買ってみましたが、近接でしか効果がなく、あまり使い道は少なそうです

胡蝶蘭、生命力はなかなかあるようですが、花を咲かせてあげるように手助けするのが難しいのですかね
試行錯誤でしたが、咲いてくれて喜んでました
(教わってまで咲かせたいとはおもってなかったような (笑))