じいじとばあばのフォトライフ

富士山の植物

7月10日に富士山の自然休養林を散策したことを、前々回に記載しました
今回は、その時に撮影した植物のアップです

レンズは、Tamorn SP 15-30mm F2.8 Di VC USD と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD の2つです

b0346568_17395050.jpg
ミヤマオトコヨモギ 30mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:125

b0346568_17431891.jpg
オンタデ 30mm f/4 (-0.3) 1/3200 ISO:125
b0346568_17440986.jpg
オンタデ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:125

b0346568_18092437.jpg
メイゲツソウ 30mm f/4 (-0.3) 1/640 ISO:125

b0346568_18100239.jpg
ミヤマハンノキ 30mm f/4 (-0.3) 1/320 ISO:125

b0346568_18103544.jpg
コタヌキラン 30mm f/5.6 (+0.7) 1/320 ISO:125

b0346568_18112449.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 1/400 ISO:200
b0346568_18124976.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:800

b0346568_18143393.jpg
コケモモ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/400 ISO:400

b0346568_18152056.jpg
ミヤマヤナギ 30mm f/5.6 (-0.5) 1/640 ISO:400

b0346568_18160432.jpg
タイツリオウギ or イワオウギ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

どちらのオウギかは、実が付いてみないと分からないそうです

以上が、標高2400~2500m、五合目から六合目を経て宝永第一火口縁までにあったものです
植物の名前は、すべて、ばあばがいつもの植物の先生に教えてもらいました

次からは、富士山自然休養林の中で撮影したものです

b0346568_18205246.jpg
名前は不明 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

名前は不明というより、ばあばが興味ない対象(菌糸類?)なので、名前を知ろうとも思わなかったものです(笑)
ただ、じいじが、一部が白色化してて面白いと思って撮影しただけです

b0346568_18242460.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/3.3 (-0.7) 1/1250 ISO:1000
b0346568_18252172.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/6.3 (-0.7) 1/320 ISO:1000

撮影のために、少しの間だけ上を向いてもらいました^^;

b0346568_18274600.jpg
コバノイチヤクソウ 90mm f/4.5 (-0.7) 1/400 ISO:500

b0346568_18284406.jpg
バイケイソウ 90mm f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

カラマツの樹林帯の中には、これくらいしか花は咲いてませんでした。時期的に遅かったのでしょうか

b0346568_19382237.jpg
ヒメシャラ 90mm f/5.6 (+0.7) 1/400 ISO:1000

じいじは、ヒメシャラの花を初めて見ました。ほとんど散ってまして、ごく一部が残っててラッキーでした

b0346568_19434992.jpg
ミヤマイボタ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

これも、白い花びらが歩道に沢山散っていて、何だろうと見上げて探したら、一部の木に残ってました

この近くに、フォッサマグナ要素のマメザクラの木があり、特徴的な葉をパチリ!
b0346568_19460743.jpg
マメザクラ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

次は、被写体として面白そうだったもの

b0346568_19503796.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_19520703.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/1250 ISO:800
b0346568_19534833.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/8000 ISO:1000
b0346568_19544736.jpg
90mm f/9 (+1.7) 1/1600 ISO:320


富士山自然休養林は、もっと早い時期に行ってみる必要があるでは?と思いました
しかし、マイカー規制が無い時期になりますので、登って下ってくる必要があります
来年のその時期までに体力を付けなければなりません ^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-22 20:34 | カメラ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/26038612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2016-07-23 22:07
高山植物は、可憐ではありますが、
力強さというか、たくましさも感じますよね !
若い頃、北海道の山をよく登りましたが、
雪渓のすぐそばに咲いているのをみると驚きます。
真夏でも、氷点下になることがあるのですよ !


それにしても、
富士山にもたくさん高山植物があるのですね !
Commented by mjiiji_hbaaba at 2016-07-24 17:01
フォトンさま

そうですね たくましさは感じますね
一生懸命生きてる様子は感じられます

富士山のコケモモは、信州の平地などで見るものより小ぶりですが、環境のため大きくなれないといいますか、大きくなると倒れて枯れてしまうからなのでしょう
-40℃以下にも耐える常緑小低木とWikiに書いてありました 凄いです

予備知識なしで散策しましたが、おっしゃるように思いのほか沢山あったのには驚きました