じいじとばあばのフォトライフ

高尾 日影沢

2週間前に、八王子市高尾の日影沢という渓流沿いの場所で、植物の撮影会に参加してきました
夏の強い光と影をうまく取り入れた撮影とか


勉強になったかどうかは今後の写真次第ですが、この日は強めのマイナス補正で撮影することに挑戦してみました

b0346568_22495025.jpg
日影沢入口にある標識

b0346568_22502343.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/4 (+1.5) 1/320 ISO:100

アンダーと言いながらいきなり逆の写真です ^^;  暑い日でしたが緑が綺麗だったので ^^

b0346568_22533784.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5 (-2.0) 1/320 ISO:400

b0346568_22550538.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/4.5 (-1.3) 1/2000 ISO:320

b0346568_22564552.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-3.0) 1/1250 ISO:125

b0346568_22582294.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/1600 ISO:125

b0346568_22585914.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/640 ISO:125

b0346568_22595232.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/400 ISO:100

b0346568_23021350.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 175mm f/5.6 (-2.0) 1/320 ISO:800

b0346568_23030457.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 102mm f/4 (-2.0) 1/400 ISO:800

b0346568_23050801.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/3.3 (-2.5) 1/160 ISO:800

b0346568_23060685.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5 (-2.7) 1/160 ISO:250

初めてみる蜘蛛でした。こうやって見ると神秘的な蜘蛛に見えます(笑)

これまで、露出補正は、せいぜい±1eVまでくらいで、たまに1.7とかしたことはありましたが、2.0補正したというのは数えるほどしかありませんでした
この日の撮影で一番大きかった補正は、-5.0eV。そこまで補正することに、意味があるのかどうかよくわかりませんでしたが・・・
いずれにしても、背景を暗くして主体を浮き上がらせると見た目とは異なる世界が楽しめそうだと言うことはわかりました

b0346568_23072990.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/8 (-4.3) 1/640 ISO:800

これまでのパターンの写真も ^^

b0346568_23192890.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-0.7) 1/50 ISO:100

b0346568_23205568.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 180mm f/4 (+1.0) 1/125 ISO:320

b0346568_23220302.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:1250

ヒメチドメ。この写真の真ん中の小さい花、みなさんが地面にへばりついて撮影してたので気になり、教えてもらいました
この撮影した花の大きさは1mm以下です 植物自体はあちこちにあるもので珍しくはないのですが、普通に歩いていたのでは花は分かりません
花を意識して見ないと見つけられません こんな小さな花もあるのだと驚きました

b0346568_23374793.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/7.1 (-1.0) 1/320 ISO:100

b0346568_23390041.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/8 (-1.3) 1/160 ISO:800

もの凄く久しぶりにナナフシを見ました。2匹いて、写真の大きい方は15cm以上はありました


この日は月曜日でしたが、日影沢から高尾山に登る人や下りてくる人が意外にいて、入口に車を止めてる人やバス利用者たちなのかもしれません
メインルートよりは遥かに人が少なく静かな登山ルートで、かつ植物も楽しめそうに思えました



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-24 23:55 | カメラ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/26045672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2016-07-31 16:01
精力的に(撮影に)動き回られていますね(驚)
見習わなければ。。。
私は、家庭菜園の手入れで力尽きてしまいました(笑)
露出補正をマイナスで撮る時は、大きくてもマイナス1ですが、
マイナス3とか4とは・・・ !
でも、確かに絵になっていますね !!
私も挑戦してみようかな。。。
Commented by korekazu at 2016-08-01 05:52
拙ブログへのコメントありがとうございました。
自然をとらえた写真はいいですね。気持ちが癒されます。街撮りから少し離れて今後は私もこういう写真を撮りたいと思っております。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2016-08-01 10:17
フォトンさま

やはり、普通はそうなのですね  せいぜい、マイナス1+α くらいが・・・

しかし、この時の先生は、最大補正もされたりと、思い切ってやってみることをおっしゃってました。絞りも最大に絞り込むことも進められました。絞りすぎると、何たら現象が起こって云々ということから、絞り込みすぎはつい避けてきましたが、先生はそんなことはお構いなし(笑)
撮影目的から必要な場合もあるわけで、そのためにカメラにもそこまで設定ができるようになってるわけですから、カメラの機能を最大限知るためには、そういうこともやって体験していかなければいけないのだろう、そうでないと素人はいつも同じ写真ばかりになってしまうのだろうなと考えさせられました。そういう意味では、片道3時間もかけて出かけて行った甲斐はありました(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2016-08-01 10:18
korekazuさま

ご回復にあるとのこと、なによりです^^

この日影沢の撮影会では、光と影を利用することをテーマにあれこれ教えてもらいました
しかし、同じところから同じように撮影しても先生の写真とは同じようにならず、やはり腕の違いがあるものだと、一層実感させられました
先生は、絶対に同じ写真が撮れるとおっしゃられるのですが、常連さんたち曰く、絶対に同じ写真は撮れません、と(爆)

この日、撮影しながら、korekazuさんのように、モノクロで撮影してみるといいのかもと思いながらも、一度もモノクロ撮影したことが無いことと、限られた時間であったことから、モノクロ挑戦は別の機会にとあきらめました

写真撮影には、その人の感性が出てくるわけですが、街撮りはさらに磨かれた感性が必要だと貴ブログを訪問するたびに思い知らされますし、大変勉強させられます