じいじとばあばのフォトライフ

レイクマッカーサー  Canada 2012年



海外旅行はあまり行ってないじいじとばあばですが、そのうち最も印象に残ってる場所が「レイクマッカーサー」というカナダの氷河湖です

2012年8月に、秘境と言われるレイクオハラから往復しました。 カナディアンロッキーで唯一入山規制をしているところとのこと
このレイクオハラに行くには、1日1~2便しかないシャトルバスか、約10km?を歩いていくしかありません(キャンパー用のバスもありますが、キャンプする人しか利用できません)
シャトルバスの予約は3か月前に受付で、だいたい1時間で完売するようです。なにせバス1台で42人分しか発売されませんから
ばあばが、これを狙っていて、2012年夏休みに運よくツアーで予約が取れたのでいってきました

カメラはすべてコンデジです  DMC-FZ100、DMC-FT4、DSC-T100

b0346568_14153798.jpg
シャトルバスです。払い下げのスクールバスでしょうか?(笑)
b0346568_14303110.jpg
乗り込むと帰りのバス用のコイン型乗車券が配られます。無くすと10kmを歩いて帰ることになります^^;

b0346568_14323302.jpg
向こうに見える氷河湖がレイクオハラです
b0346568_16404249.jpg
途中のレイクシェーファー
b0346568_14352888.jpg
レイクマッカーサーまでの途中の景観も素晴らしいです。カナディアンロッキーの雄大な自然だけでなく、植物に野鳥にマーモットにと楽しめました
案内板のhigh level コースを歩きました。特に難しいというわけでなく、途中、絶壁を歩くからhigh level なようです

b0346568_14530837.jpg
レイクマッカーサー、素晴らしい景観です
我々5人(ガイド+観光客4名)のパーティが着いた時に、一組がいただけ。写真の歩道の先の岩の上に二人座っています

前日の午後に突然に嵐となりましたが、一夜明けるとものすごくいい天気
しかも無風で、鳥のさえずりも人の声もない、完璧な静寂の世界でした。自然の中で、全くの無音の中にいたのは初めてのことで、強烈な印象として残りました
b0346568_15040161.jpg
お昼を食べてると日本人男性ガイドが数人連れてやってきましたが、この素晴らしい静寂の世界にいるのは10名程度の日本人だけ。なので、余計に静かです(爆)
我々のガイドさんは、まだ経験の浅い非常に若い女性ガイドさん、あとから来た先輩ガイドさんに、「今日はとても素晴らしいですが、○○さんにとっても素晴らしいレイクマッカーサーですよね?」と尋ねましたら、「きょうこちゃん、何度も来てるけど、今日がベストだよ」と
b0346568_15191835.jpg
これは、DMC-FT4でパノラマ撮影したものです。この写真をクリックしてみてください。旅の記念として、なかなかいい感じです
この氷河湖は、写真中央奥の氷河が溶けてできたもの。したがって、あの氷河が無くなれば氷河湖ではなくなります。あと、だいたい数十年くらいではないかと聞きました
b0346568_15031444.jpg
右側の岸壁にばあばが行くから写真を撮れと(笑)  
b0346568_15483517.jpg
最初のと同じ焦点距離で撮影するのを忘れました^^;
b0346568_15513866.jpg
お昼を食べ始めると、どこからか野鳥が来ました。おこぼれを貰いに、寄ってきます (笑)
b0346568_15580425.jpg
ツグミかムクドリの仲間でしょうか?

最後に、ルートの起着点であるオハラ湖。1周する時間がなかったのが残念
b0346568_16422176.jpg

カナディアンロッキーは、デジイチ+広角ズーム持って、もう一度行きたいと思う場所です。特に、レイクマッカーサーを含めたオハラ湖周辺の他のルートも歩いてみたいところです



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2017-04-11 17:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/26781742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。