じいじとばあばのフォトライフ

裏山のキジ



裏山の散歩で、最近は毎回キジを見かけるようになりましたので、久しぶりに重いレンズを持って行きました

D500 + AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR

いつもキジがいる場所に、登りながら近づくと、キジも足音などで分かり、こちらの姿をみるとさっさと藪の中へ隠れてしまいました
b0346568_17283584.jpg
500mm  f/5.6 1/2000 ISO:2200

そこで、通り過ぎて樹木の陰に隠れて、待ってましたら
b0346568_17305993.jpg
500mm  f/5.6 1/1250 ISO:1000
期待通り、出てきてくれました! ^^
b0346568_17315765.jpg
500mm  f/5.6 1/1250 ISO:1100
カメラを構えたまま少しずつ近づきます
シャッター音でこちらを見ますが、カメラを構えてるためか、逃げません。鳥は、ヒトの目を見てるのではないかと思うことがこれまで何度もありました
私は、ファインダーを左目で覗くので、顔全体がカメラに隠れてしまいます。姿はあっても目が無ければ認知しないのか、こちらが近づいても避ける行動はとらないことがあります

b0346568_17373468.jpg
400mm  f/5.6 1/2000 ISO:2500
b0346568_17441916.jpg
400mm  f/5.6 1/2000 ISO:2500

なんと、キジが泣くところを撮影できました!
キジの声もですが、「ほろ打ち」というのを初めて見ました。その音もかなりの音量で、その様子と音からゴリラのドラミングを連想しました(笑)
飛んで逃げるところを撮影できないかと、さらに近づいて・・・
b0346568_17453312.jpg
400mm  f/5.6 1/2000 ISO:2000
この辺りで、カメラを顔から外しました
b0346568_17465090.jpg
500mm  f/5.6 1/2000 ISO:2000
このキジ君、足に自信があるようで、飛ぶことなくゆたりと藪の方へ
トリミングなしでこの大きさ、かなり近づいてるのですが、逃げ足が速くなるわけでもなくゆうゆうと藪に消えて行きました
このキジ君は、他でみるオスより二回りくらい小型です  若鳥なのでしょうか


毎度のことですが、このレンズは重い!
b0346568_17562000.jpg
200mm  f/5.6 1/2000 ISO:1250

このレンズ、お気に入りの「AF-S 70-200mmf/4G ED VR」のように指一本でズームできなかったり、ワイド端からテレ端まで一気に回せなかったりと取り扱いの悪さもありますが、その重さと大きさから、なかなか持ち出そうという気にはならないレンズです。写りは、そんなに悪くないので嫌いではない(爆)のですが・・・



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2017-06-01 18:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/26896270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。