じいじとばあばのフォトライフ

サンショウバラ



初めて「サンショウバラ」を教えて貰って、認識してみたのは、一昨年の西臼塚での観察会でした。その時からこの花がとても好きになり、昨年も見ようと西臼塚に出向きましたが、時期があわずそこでは見れずじまい。(しかし、その年は箱根の湿生花園で見ることが出来ました)
今年は、湯坂路の植物観察会に向かってる時に立ち寄った芦之湯の公共トイレの横で見ることが出来ました

機材: D810 + Otus 1.4/85

b0346568_10253625.jpg
f/8 (-2.0) 1/500 ISO:200
大きくトリミング
b0346568_11462918.jpg
上の写真をトリミングしたもの

ここ芦之湯のサンショウバラは、植えられたもののようで、樹木の背丈や花の大きさは西臼塚のよりはだいぶ小ぶりです  花の直径は西臼塚のものの半分くらい

b0346568_11511982.jpg
f/8 (-1.0) 1/640 ISO:200

花びらが落ちたものやまだ蕾のものなど、混在してます  順々に咲いていくのでしょうか、長く楽しめそうです


先日、Caputure NX-D のアップデートとともに、ピクチャーコントロールもバージョンアップされました 
ピクチャーコントロールは、D500が発売されたときに、かなり様子が変わったと思いましたが、今回、D810の画像で確認してみました

b0346568_11593408.jpg
カメラ互換のピクチャーコントロールで「風景」
b0346568_12030707.jpg
最新のピクチャーコントロールで「風景」

最新のものの方が、色づきが鮮やかです。 で、実際の見た目はどうかといいますと、もう現場にいませんので分かりませんが、記憶のものと比較すると最新のピクチャーコントロールの発色の方が近いイメージです。特に、空の青さは、カメラ互換の方は実際のものとかなり違った感じです

別の写真で
b0346568_12090574.jpg
カメラ互換のピクチャーコントロールで「風景」
b0346568_12094950.jpg
最新のピクチャーコントロールで「風景」

やはり、空の青さがかなり違います  同じ写真をD500で撮影してないのですが、他の写真で同様のことをD500の画像で行って比較すると全く同じですので、D500のピクチャーコントロールが最新のピクチャーコントロールのようです

ところで、ある写真家の記事に白いバラを撮影するときに、「白が飛んでしまわないようにポートレート」とありました。使われていた写真は、画面いっぱいに白いバラの花があるものでしたが、この写真だとどうなるのだろうとやってみました
b0346568_12181173.jpg
最新のピクチャーコントロールで「ポートレート」

サンショウバラが柔らかい感じとなり、思いのほかいいです! ^^


カメラが古くなっても、RAW現像で最新のピクチャーコントロールが使えるというのは、デジタル時代の良いところです
RAWファイルデータ、半分以下のサイズに圧縮する技術が出てこないかなぁ~~~



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2017-06-09 12:42 | カメラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jiijibaaba.exblog.jp/tb/26913166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。