じいじとばあばのフォトライフ

カテゴリ:カメラ( 187 )

柳沢峠~三窪高原

散策2日目は、国道411号沿いにある柳沢峠から三窪高原の往復です

石和温泉を基地として2泊しましたが、この温泉、以前よりはかなり寂れてるイメージです
一応、三連休、どこも満室状態ではあったのですが、人や車の量が二十数年前よりは遥かに少ないような?

泉質は、温泉だ!という泉質ではないですね
近くの伊豆長岡温泉の泉質の方が遥かに温泉らしいです 浸かって上がればすぐにお肌スベスベが体感できます
話が横道にそれました

二日目は前日より厚い雲の中。そして、ここは鹿避けも施してないために、歩道には見事に草花がありませんでした
唯一、三窪高原付近で数箇所柵で囲われた場所だけ、植物が群生してました

途中には、鹿の糞や熊の糞らしきものも(すれ違った登山者の方が熊の糞だとおっしゃってました)
その方たち、タヌキだ!といってるとこで出会いましたが、我々は見ることができませんでした
まさか、タヌキに熊の糞だと化かされたわけではないと思いますが(笑)


使用機材:D810 + SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS
撮影条件:絞り優先、ピクチャーコントロール(PC): スタンダード、ADL:Auto、測光:マルチパターン

b0346568_17261543.jpg
ミヤマクルマバナ  f/6.3 ISO:1250 1/1250 WB:晴天 PC:風景
b0346568_17265097.jpg
ソバナ?  f/6.3 ISO:1250 1/1250 WB:晴天 PC:風景
b0346568_17273446.jpg
シシウド  f/3 ISO:160 1/2000 WB:晴天 PC:風景 クロップ
b0346568_17282057.jpg
  f/9 ISO:1250 1/4000 WB:晴天 PC:風景 スポット測光
b0346568_17290568.jpg
マルハダケブキ  f/5.6 ISO:320 1/640 WB:晴天 PC:風景 クロップ
b0346568_17295027.jpg
  f/5.6 ISO:320 1/640 WB:晴天 PC:風景 クロップ
b0346568_17302057.jpg
  f/5.6 ISO:500 1/1250 WB:晴天 PC:風景 クロップ
b0346568_17305258.jpg
ナナカマド  f/6.3 ISO:2000 1/1600 WB:晴天 PC:風景

このルートのいたるところに、東京都水道局という小さなポールが立っていました
国道411は甲府から奥多摩湖に至る国道で、東京都の水源である多摩川の源流なのだろうと推測しました
ネットで東京都水道局のHPで調べてみると、今回歩いたルートよりほんの少し南側にブナ林があって、そういうのを「水道水源林」と呼ぶようです
ホームページでは、そこを「ブナのみち」と称して散策ルートの案内がありました
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/hureai/




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-09-22 00:50 | カメラ | Trackback | Comments(5)

お花畑  湯ノ沢峠~大蔵高丸~ハマイバ丸  その2(全2回)

続きです

使用機材:D810 + SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS
撮影条件:絞り優先、ピクチャーコントロール(PC): スタンダード、ADL:Auto、測光:マルチパターン

b0346568_16553065.jpg
タチコゴメグサ  f/6.3 ISO:1250 1/400 WB:晴天  クロップ
b0346568_16560525.jpg
リョウブ  f/4 ISO:400 1/800 WB:晴天 PC:風景
b0346568_16563671.jpg
???  f/5.6 ISO:160 1/200 WB:晴天 PC:風景  クロップ
b0346568_16570513.jpg
???  f/5.6 ISO:250 1/320 WB:晴天 
b0346568_11444657.jpg
ハンゴンソウ  f/5.6 ISO:640 1/200 WB:晴天
この花の蜜はそれほど旨いのでしょうか?沢山の虫たちが群がっていました。
肉眼で見るとあまり気づかないのですが、ファインダー覗くと、ウワッと少し気持ち悪くなりました。

b0346568_16573612.jpg
トリカブト  f/5.6 ISO:400 1/125 WB:晴天  スポット測光  電子先幕シャッター クロップ
逆光で花の色を出したいと思ってスポット測光にして見ました。電子先幕シャッター、初めて使ってみました。意味あったかどうか分かりません(笑)
b0346568_16584688.jpg
 ???   f/4 ISO:160 1/200 WB:晴天  スポット測光  電子先幕シャッター
これも見た目通りの黄色を出そうとスポット測光+電子先幕シャッターで。
b0346568_16591607.jpg
テンナンショウ属  f/3.5 ISO:640 1/400 WB:晴天 PC:風景 スポット測光
b0346568_11450171.jpg
???  f/3.5 ISO:2000 1/1600 WB:晴天 PC:風景 スポット測光  電子先幕シャッター
ここでは、電子先幕シャッターの効果があったように思います
b0346568_16595243.jpg
???  f/5.6 ISO:1000 1/400 WB:晴天 PC:風景

以上です

ばあばの作品(E-M1)もと思うのですが、
ばあばは、自分の植物データベース用に撮影するいう目的のために、
花びらや葉の形、葉の付き方、茎の枝分かれの様子などが分かる写真でなければなりません
一番いいのは根っこから先までピントぴったりの写真が理想なのだと思いますが・・・
したがって、ブログ用というと???という感じです

撮影にあまり時間かかりませんので、さくさく撮影して先に進んでいき、遅いといいながら私を待っています  
数ヶ月前と逆転してしまいました


次は、ハイキング二日目です


2014.9.22 追記
E-M1の写真を3枚アップします
次の1枚目のは、ばあばが頑張ってブログ用にと撮ったものです (彼女の自信作?)
2・3枚目は、私が撮影しそこなったり失敗した植物をE-M1から探し出しました
b0346568_00513874.jpg
ホソバトウゲシダ  OM-D E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro   f/4 ISO:2500 1/125
b0346568_08550789.jpg
ヤマハハコ  OM-D E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro   f/5 ISO:200 1/2000 露出:-0.3
b0346568_00534695.jpg
タムラソウ  OM-D E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro   f/22 ISO:1250 1/125 露出:-0.7
このタムラソウは、私はアザミと思ってしまってスルーしてしまってました
触ってもアザミのような痛いところはないそうです


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-09-21 21:57 | カメラ | Trackback | Comments(4)

お花畑  湯ノ沢峠~大蔵高丸~ハマイバ丸  その1(全2回)

普通に歩けば、30分の行程が3時間もかかったのは、ものすごく沢山の種類のお花があったからではなく、
写真撮影技術がないためです
ピント位置をずらしたり、絞りやISOを変えたり、と一つの対象にも多くの時間をかけました

撮影したものを2回に分けてアップします
今回は、機材を抱えての鍛錬の歩行とシグマのマクロレンズで上手く撮影することを目的としましたので、
写真は、被写体が異なるだけで、どれも似たような単調なもので飽きが来ることと思います
そこは、素人ということでご容赦願います

使用機材:D810 + SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS
撮影条件:絞り優先、ピクチャーコントロール(PC): スタンダード、ADL:Auto、測光:マルチパターン
b0346568_16354912.jpg

スズタケ(?)  f/4.2 ISO:800 1/100 WB:Auto
b0346568_16361919.jpg

ハナイカリ  f/7.1 ISO:320 1/320 WB:Auto
b0346568_16364826.jpg

なんとかアザミ^^;  f/7.1 ISO:320 1/250 WB:Auto PC:ビビット
b0346568_16371933.jpg

ウスユキソウ  f/9 ISO:320 1/800 WB:晴天 クロップ
b0346568_16374973.jpg

タチフウロ?  f/9 ISO:160 1/500 WB:Auto クロップ
ほとんど雄しべに花粉が残ってません。原因は以下でした。
b0346568_16383604.jpg

f/9 ISO:160 1/400 WB:晴天 PC:風景 クロップ
b0346568_16391614.jpg

f/9 ISO:320 1/800 WB:晴天 PC:風景 クロップ
丁度、虫たちの食事の時間にも重なったようで、ものすごく沢山いました。
b0346568_16395919.jpg

f/9 ISO:160 1/250 WB:晴天 PC:風景 クロップ
b0346568_16402943.jpg

f/9 ISO:640 1/320 WB:晴天 PC:風景
b0346568_16405999.jpg
ノコギリソウ  f/9 ISO:800 1/320 WB:晴天 PC:風景
b0346568_16412908.jpg

ウメバチソウ  f/9 ISO:800 1/400 WB:晴天 PC:風景

1回目は、ここまでです



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-09-21 21:02 | カメラ | Trackback | Comments(4)

大蔵高丸・ハバイマ丸

先週の三連休、久しぶりに天気良そうだと思われたのでお花畑で有名なところに足を伸ばしてきました
有名な大菩薩嶺のほぼ南に位置する大蔵高丸とハマイバ丸という山です

しかし、天候は予想通りとはならず、雲が多く日がさしたのはわずかな時間だけでした
気象予報は山岳地帯のことは予報しませんから恨みようがありませんが・・・
b0346568_16162226.jpg

D810  AF-S 35mm f/1.8G ED    f/5 ISO:100 1/200

久しぶりに二日間ハイキングということで、体力のことを考え、初日は車で行けるとこまで行って、歩く距離を短くしました
写真の湯ノ沢峠まで登り5分というところまで林道があり、林道の終点には駐車スペース(10台分くらい?)もトイレも完備!
土曜の夜に石和温泉に宿泊、翌朝駐車場に9時半前に到着したので、車3台分くらい空いてました

今回は、D810を買って初めての遠征ということで、D7100、レンズ、三脚やフラッシュもリュックに詰め込んだところ10kgにも!
これに着替えや昼食と水を加えると12kg近い装備に。鍛錬もしなくてはならないと思い、背負って歩くことにしました

足元もしっかりさせようと、二十何?年ぶりくらいに登山靴も新調。これまでと同じザンバランのフジヤマの新モデル 「フジヤマNW GT」に世代交代
b0346568_11431875.jpg
OM-D E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 14-40mm F2.8 PRO    12mm f/16 ISO:10000 1/80
新製品は、ヌバックレザーでおしゃれな靴になってました。イタリア国旗のワンポイントも気に入りました
三脚もイタリアのマンフロット、もしかすると私はイタリア系デザインがお気に入りなのかもしれません
b0346568_16163444.jpg

D810  AF-S 35mm f/1.8G ED    f/3.5 ISO:500 1/250
b0346568_16164672.jpg

D7100   AF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR   22mm f/7.1 ISO:200 1/250
b0346568_16165777.jpg

D7100   AF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR   22mm f/7.1 ISO:200 1/160
このあたりは、登山道が仕切られており、3箇所鹿避けのゲートがあります
ゲートが写真の正面奥に見えます
b0346568_16170753.jpg

D7100   AF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR   22mm f/7.1 ISO:200 1/250
この写真の右側に緑のネットが写ってますが、鹿の侵入を防ぐための囲いで、広大な範囲で囲ってあるのかほとんどの囲いは視界に入りません

湯ノ沢峠から写真のお花畑までは約5分ほど、大蔵高丸までは普通に歩けばわずか30分弱の行程
しかぁぁぁーーーーーし!! 我ら夫婦は、ここを6倍の3時間もかけて踏破!(笑) 思う存分撮影を堪能しました^^
b0346568_16175083.jpg

D810  SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS    f/9 ISO:160 1/250
晴れてれば山頂の眺望はいいのですが、残念ながらほとんど雲の中
b0346568_16182189.jpg

D7100   AF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR   70mm f/8 ISO:250 1/500
遠くに富士山(右側に裾野だけしか見えません )、その手前に「三つ峠」が見えます

大蔵高丸で昼食を取り、ハバイマ丸往復は、帰りのことを考え撮影は控えめにしてさっさと往復してきました
ハバイマ丸頂上は樹木の中で、展望はできないところですので、すぐに折り返し。 写真もありません(笑)

今回は、ハイキングの様子を書きました
途中で撮影した花の写真は、次でアップします













[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-09-20 21:06 | カメラ | Trackback | Comments(4)

ばあばのカメラ

ばあばにも投稿して欲しいのですが・・・

仕方ないので私が、彼女のカメラの画を投稿します
最近のは個人的なもので投稿出来そうにないものばかり、少し前に箱根で撮影したものを投稿します

夫婦二人共、一眼レフが好きなのですが、家内は非力なことと視力が弱いため、ミラーレス+チルト式液晶画面が必須要件
液晶画面でピント合わせたいものにタッチして合焦&シャッター押せるのが理想で、まさにそれに叶ったのがOM-D E-M1
なかなかの写りに負けそうですw
b0346568_21351218.jpg
OM-D E-M1   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro   f/5.6 1/1000 ISO 200 

今、あらためて見直して、立体感を感じるいい画ではなかろうかと、少し感心してます
b0346568_21351256.jpg
OM-D E-M1   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro   f/4.5 1/500 ISO 200
b0346568_21351208.jpg
OM-D E-M1   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro   f/4.5 1/500 ISO 200

この二つは、花が小さいためにしゃがんで撮影しましたが、チルト式液晶が大活躍です
D810やD7100では、うつ伏せて撮るしかありません(別売りのアングルファインダーを使う手もあるようですが)


フィルムカメラ時代は、OM-2を使ってました
我々夫婦は、昔からオリンパスの画が好きなようです あらためて思いました

[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-09-07 20:11 | カメラ | Trackback | Comments(7)

雌しべの合焦に挑戦

フィルム一眼レフとデジタル一眼レフの私にとっての大きな違いは、ピント合わせは後者の方が大変難しいことです
単に、未熟だけなのかもしれませんが、悩み続けています

フィルムカメラは、ファインダー内で二つの線を一つの線にするとか、モザイク模様が消えてシャープになるとか、ピント合わせは大変楽でした
デジタル一眼レフは、そういうものが無いため対象がはっきり見えることで合わせるしかありませんが、対象が小さいと素人の私には大変難しいです

ファインダー内の小さな四角のどこかでピントを合わせるのでしょうが、例えば瞳にピントを合わせたいときに、AFではまつ毛に合ってしまいます
目の下の少し膨らんだところに合わせるのがいいと教わりましたが、四角にまつ毛が少しでもかかってるとAFでは、やはりまつ毛に合焦します
では、MFでとなると自身の目の解像力が悪いためか、ピントが合ってるのかどうか判別できません

練習しかありませんですね

そこで、タカサゴユリの雌しべなら対象が大きいから合わせやすいのでは?と挑戦しましたが、AFでも、予想外に単純ではありませんでした

一番、ピントが合ったと思ったものをアップしました。いかがでしょうか? まだ、甘いですかね?

この1枚を撮る為に、ピント位置を少しずつずらしたりとか・・・・カメラもレンズも重いためそれなりの重労働ですね

b0346568_21224702.jpg
D810 SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS f5 1/320 ISO 320

次のは、雄しべにピント持って行ってみました
b0346568_21255033.jpg
D810 SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS f5 1/320 ISO 320

[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-09-04 22:16 | カメラ | Trackback | Comments(6)

ニコンカレッジに初参加してきました ポートレート講習会

8月23日横浜でのニコンの講習会に参加してきました
こういうものは初めての参加で、ドキドキ
ニコンカレッジ、土日のはほとんどがキャンセル待ちで、今回のもキャンセル待ちで運良く回ってきました
初心者でいきなりポートレートもいかがなものかと思いましたが、せっかくの機会、知らん顔して参加してきました。

今回は「レンズ使いこなし編」でしたが、先生は勘違いされていたのか、レンズは50mmくらいの単焦点1本でと^^;
ポートレートはメイン光源を上手く使いシャドーとシェードをうまく~なんたらこうたら~レフ板は大きいのと小さいのと~~~と、素人にはさっぱり
先生も分かってないのが気づかれたようで、私に向かって分かる?と振られました。ん?と笑顔で答えましたら、まあ撮影しながら行きますかといきなりモデルさんの撮影開始。参加者9名でじゃんけんをして、負けた人から順番にスタート。
3時間の予定が30分もオーバーして終了。終わる頃にようやく先生の説明の意味が分かり、撮影には生かせませんでした(反省)
同じ場所で同じ先生のポートレート講習会は定期的に開催されてるようで、また参加して今度は教わったことにチャレンジしたいと思います

で、作例をいくつかアップします

モデルさんは「イチ奈な」さん
素人にも優しいモデルさんで、こちらが会話しながら撮影が出来ないと分かると、いろいろ話しかけてくれました
ポーズもカメラマンからの注文がない時は、積極的にポーズを変えてくれる優しい、そしてとても可愛いモデルさんでした
b0346568_21093382.jpg

D810 Sigma 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS f/3 ISO-100 1/160 アクティブD-ライティング:Auto
窓枠、撮影した後で気が付きました ファインダー覗くと全く余裕がないのが素人なんだろうと思います
b0346568_21101308.jpg
D810 AF-S 35mm f/1.8G ED f/1.8 ISO-100 1/400 アクティブD-ライティング:Auto

左ほほの十字のホクロがお気に入りとのこと
b0346568_21104424.jpg

D810 AF-S 35mm f/1.8G ED f/1.8 ISO-100 1/400 アクティブD-ライティング:強

露出プラス補正しなくても、アクティブD-ライティングを現像の際に「強」に変更しただけで、私の好みの感じになりました
撮影時にAutoにでも設定しておけば、あとの修正でもアクティブD-ライティングが使えるので便利だと思います
b0346568_21111484.jpg

D810 Sigma 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS f/4 ISO-450 1/160 アクティブD-ライティング:Auto

水着での撮影もありましたが、ブログへのアップはNGとのことで、残念です

緊張もあって、あっというまの3時間半、たいへん勉強になりました!



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-08-28 22:29 | カメラ | Trackback | Comments(2)