じいじとばあばのフォトライフ

カテゴリ:カメラ( 187 )

箱根にて TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

「TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」シリーズ 第二弾です(笑) 今回は箱根。

孫たちを1日預かる日は、どうやって時間を潰すかが最大の課題
どこかへ出かけるのが一番なのですが、夏なので出かける場所は限られます。ポイントは、孫たちが遊べて、年寄りが疲れない場所!

環境省 箱根ビジターセンターの観察会に参加することにしました
毎月第2・第4日曜日の午前と午後、各1回ずつ観察会が行われているので、午前の部へ行きました
自宅からビジターセンターまでは、裾野ルートだと車でゆっくり走っても40分足らずでいけますので、気楽にいけます


b0346568_11393017.jpg
70mm  f/4 1/160 ISO:1000
観察会が始まる10時までは、センター内を見学
b0346568_11411985.jpg
48mm  f/4 1/320 ISO:1000

観察会は、ビジターセンター周辺を1時間程度とのこと

b0346568_12223021.jpg
29mm  f/8 1/1250 ISO:640
向こうに、箱根外輪山が見えます

b0346568_12240827.jpg
70mm  f/4 1/250 ISO:1000
b0346568_12243752.jpg
48mm  f/8 1/500 ISO:1000
タマアジサイとガクアジサイが並んで咲いていて、葉の裏がザラザラとツルツルと違うことを体験

b0346568_12274174.jpg
70mm  f/8 (-0.3) 1/500 ISO:640
女郎蜘蛛のこども。まだ、蜘蛛の巣も小さいです
蜘蛛の巣の円網の横の糸にだけ粘性があって、縦の糸や、蜘蛛の巣全体を支える糸には粘性はないと

b0346568_21052616.jpg
58mm  f/8 (-0.3) 1/1600 ISO:640
バッタやコオロギを捕まえたり、
b0346568_21062775.jpg
40mm  f/8 (-0.3) 1/2000 ISO:640
観察ケースに入れて拡大して観察したり(キャップ部分がレンズになってます)

b0346568_21080491.jpg
70mm  f/8 (-0.3) 1/800 ISO:640
捕まえられないものは、そっと近づいて・・・

b0346568_21094151.jpg
70mm  f/4 (+0.7) 1/1000 ISO:800
b0346568_21105630.jpg
70mm  f/4 (+0.3) 1/250 ISO:800
箱根はまだまだ新緑が綺麗です

b0346568_21115120.jpg
70mm  f/8 (-0.7) 1/250 ISO:1000

野鳥の森にある野鳥観察小屋の天井にスズメバチが巣を作ってました
この観察会がすんだら撤去するとのこと

b0346568_21170895.jpg
70mm  f/5.6 (-0.7) 1/800 ISO:1250

羽化して乾燥を待ってるシオカラトンボ、初めてこういうのを見ました。運が良ければ、脱皮して羽化する様子が観察できるとのこと

b0346568_21241351.jpg
70mm  f/8 (-0.3) 1/400 ISO:320

およそ1時間の予定でしたが、1時間40分もかけて案内してくれました
午後の部は別ルートだとのことで、そちらもじいじとばあばは参加したかったのですが、孫たちはノー (笑) 

箱根ビジターセンターの側の広場でお昼をすませ、そこで少し遊んでから帰宅することに

b0346568_21281546.jpg
24mm  f/8 (-0.3) 1/250 ISO:320
b0346568_21325221.jpg
70mm  f/8 (-0.7) 1/2500 ISO:800
b0346568_21292973.jpg
34mm  f/8 (-0.7) 1/800 ISO:500
b0346568_21314681.jpg
70mm  f/5.6 (-0.3) 1/1250 ISO:640

広場周辺もいろいろな植物が沢山
箱根は何度も来てますが、まだまだ未知の場所がたくさんです

b0346568_21335219.jpg
66mm  f/8 (-0.7) 1/800 ISO:1000

b0346568_21312497.jpg
66mm  f/8 (-0.7) 1/800 ISO:1000

双子の孫たちは、自分たちでそれなりに遊ぶので、少しでも手を開けることができるところがいいですね
そのうちに飽きて、一緒に遊ぼうと言って来るまで、休めます ^^

駐車場を出たら、孫たちはすぐに爆睡(笑)
この日は、車のディーラーに行きつけのパン屋さんがパンを出してるとのことなので、寄り道してパンを買いに行くことに
ついでに、ディーラーで洗車してもらうことも^^

b0346568_21411479.jpg
60mm  f/5 (+0.7) 1/200 ISO:1000

パン屋さんは、娘たちの小学・中学時代の同級生が数年前に、じいじとばあばの家の近くにオープン
素材にこだわりをもって作られていて、とても美味しいので、我が家は親子でよく買いに行きます

b0346568_21444550.jpg
50mm  f/5.6 1/200 ISO:1000

予約なしでしたが、洗車は対応してくれて、待ってる間に孫たちには綿飴やクッキーやジュースのサービス
b0346568_21462813.jpg
70mm  f/5.6 (-0.7) 1/200 ISO:1000

この日は、いくつか遊べるものもあって、孫たちは退屈することなく待つことができました
なんとか思い通りにいけて、無事に子守が終了

1日、孫達を如何に飽きさせることなく過ごさせるかを考えるのは中々大変です
特に、夏が外で遊ぶのが限られるので、何をしようかと一番悩みます


今回のようなケースに標準ズームは最適ですね
ただ、TOKINA のレンズは、AF-MF の切り替えがピントリングを前後させるもので、クラッチのような感じで全くスムーズでないのが欠点だと思います
羽化したトンボの写真のようなケースは、MFでしかピント合わせられませんので、この時も中々MFに切り替わらず焦りました
ニコンやタムロンなどのようにピントリングを回すとMFになるのにくらべると、ピントリングを触ってしまてピントがずれることは避けられますが、切り替える煩雑さよりましだと思います。しかも、TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX のは、MFに本当にスムーズに切り替わらないので最悪です(メーカーに送付して個体の異常ではないかと確認してもらいましたが、仕様だとのこと)
この点と、AFの速度が遅いことがこのレンズの欠点です。写りがいいといいますか、好きな写りなので手放せませんが・・・



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-08-05 23:44 | カメラ | Trackback | Comments(10)

高尾 日影沢

2週間前に、八王子市高尾の日影沢という渓流沿いの場所で、植物の撮影会に参加してきました
夏の強い光と影をうまく取り入れた撮影とか


勉強になったかどうかは今後の写真次第ですが、この日は強めのマイナス補正で撮影することに挑戦してみました

b0346568_22495025.jpg
日影沢入口にある標識

b0346568_22502343.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/4 (+1.5) 1/320 ISO:100

アンダーと言いながらいきなり逆の写真です ^^;  暑い日でしたが緑が綺麗だったので ^^

b0346568_22533784.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5 (-2.0) 1/320 ISO:400

b0346568_22550538.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/4.5 (-1.3) 1/2000 ISO:320

b0346568_22564552.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-3.0) 1/1250 ISO:125

b0346568_22582294.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/1600 ISO:125

b0346568_22585914.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/640 ISO:125

b0346568_22595232.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/400 ISO:100

b0346568_23021350.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 175mm f/5.6 (-2.0) 1/320 ISO:800

b0346568_23030457.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 102mm f/4 (-2.0) 1/400 ISO:800

b0346568_23050801.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/3.3 (-2.5) 1/160 ISO:800

b0346568_23060685.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5 (-2.7) 1/160 ISO:250

初めてみる蜘蛛でした。こうやって見ると神秘的な蜘蛛に見えます(笑)

これまで、露出補正は、せいぜい±1eVまでくらいで、たまに1.7とかしたことはありましたが、2.0補正したというのは数えるほどしかありませんでした
この日の撮影で一番大きかった補正は、-5.0eV。そこまで補正することに、意味があるのかどうかよくわかりませんでしたが・・・
いずれにしても、背景を暗くして主体を浮き上がらせると見た目とは異なる世界が楽しめそうだと言うことはわかりました

b0346568_23072990.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/8 (-4.3) 1/640 ISO:800

これまでのパターンの写真も ^^

b0346568_23192890.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-0.7) 1/50 ISO:100

b0346568_23205568.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 180mm f/4 (+1.0) 1/125 ISO:320

b0346568_23220302.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:1250

ヒメチドメ。この写真の真ん中の小さい花、みなさんが地面にへばりついて撮影してたので気になり、教えてもらいました
この撮影した花の大きさは1mm以下です 植物自体はあちこちにあるもので珍しくはないのですが、普通に歩いていたのでは花は分かりません
花を意識して見ないと見つけられません こんな小さな花もあるのだと驚きました

b0346568_23374793.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/7.1 (-1.0) 1/320 ISO:100

b0346568_23390041.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/8 (-1.3) 1/160 ISO:800

もの凄く久しぶりにナナフシを見ました。2匹いて、写真の大きい方は15cm以上はありました


この日は月曜日でしたが、日影沢から高尾山に登る人や下りてくる人が意外にいて、入口に車を止めてる人やバス利用者たちなのかもしれません
メインルートよりは遥かに人が少なく静かな登山ルートで、かつ植物も楽しめそうに思えました



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-24 23:55 | カメラ | Trackback | Comments(4)

富士山の植物

7月10日に富士山の自然休養林を散策したことを、前々回に記載しました
今回は、その時に撮影した植物のアップです

レンズは、Tamorn SP 15-30mm F2.8 Di VC USD と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD の2つです

b0346568_17395050.jpg
ミヤマオトコヨモギ 30mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:125

b0346568_17431891.jpg
オンタデ 30mm f/4 (-0.3) 1/3200 ISO:125
b0346568_17440986.jpg
オンタデ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:125

b0346568_18092437.jpg
メイゲツソウ 30mm f/4 (-0.3) 1/640 ISO:125

b0346568_18100239.jpg
ミヤマハンノキ 30mm f/4 (-0.3) 1/320 ISO:125

b0346568_18103544.jpg
コタヌキラン 30mm f/5.6 (+0.7) 1/320 ISO:125

b0346568_18112449.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 1/400 ISO:200
b0346568_18124976.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:800

b0346568_18143393.jpg
コケモモ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/400 ISO:400

b0346568_18152056.jpg
ミヤマヤナギ 30mm f/5.6 (-0.5) 1/640 ISO:400

b0346568_18160432.jpg
タイツリオウギ or イワオウギ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

どちらのオウギかは、実が付いてみないと分からないそうです

以上が、標高2400~2500m、五合目から六合目を経て宝永第一火口縁までにあったものです
植物の名前は、すべて、ばあばがいつもの植物の先生に教えてもらいました

次からは、富士山自然休養林の中で撮影したものです

b0346568_18205246.jpg
名前は不明 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

名前は不明というより、ばあばが興味ない対象(菌糸類?)なので、名前を知ろうとも思わなかったものです(笑)
ただ、じいじが、一部が白色化してて面白いと思って撮影しただけです

b0346568_18242460.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/3.3 (-0.7) 1/1250 ISO:1000
b0346568_18252172.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/6.3 (-0.7) 1/320 ISO:1000

撮影のために、少しの間だけ上を向いてもらいました^^;

b0346568_18274600.jpg
コバノイチヤクソウ 90mm f/4.5 (-0.7) 1/400 ISO:500

b0346568_18284406.jpg
バイケイソウ 90mm f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

カラマツの樹林帯の中には、これくらいしか花は咲いてませんでした。時期的に遅かったのでしょうか

b0346568_19382237.jpg
ヒメシャラ 90mm f/5.6 (+0.7) 1/400 ISO:1000

じいじは、ヒメシャラの花を初めて見ました。ほとんど散ってまして、ごく一部が残っててラッキーでした

b0346568_19434992.jpg
ミヤマイボタ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

これも、白い花びらが歩道に沢山散っていて、何だろうと見上げて探したら、一部の木に残ってました

この近くに、フォッサマグナ要素のマメザクラの木があり、特徴的な葉をパチリ!
b0346568_19460743.jpg
マメザクラ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

次は、被写体として面白そうだったもの

b0346568_19503796.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_19520703.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/1250 ISO:800
b0346568_19534833.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/8000 ISO:1000
b0346568_19544736.jpg
90mm f/9 (+1.7) 1/1600 ISO:320


富士山自然休養林は、もっと早い時期に行ってみる必要があるでは?と思いました
しかし、マイカー規制が無い時期になりますので、登って下ってくる必要があります
来年のその時期までに体力を付けなければなりません ^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-22 20:34 | カメラ | Trackback | Comments(2)

箱根湿生花園




旅館「阿しか里」で大変おいしい朝食をいただいた後、旅の3日目の目的地の箱根湿生花園へ向かいました

b0346568_20571995.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.7) 1/1000 ISO:100
b0346568_20584096.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/200 ISO:100
b0346568_20591224.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/400 ISO:400

一眼レフを手にしてから、毎年、訪れている箱根湿生花園。時期は少しずつずれてますが
今回は、マクロは使わずOtusだけで撮影してみました
b0346568_21023111.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1000 ISO:100
b0346568_21035272.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.7) 1/800 ISO:100
b0346568_21042309.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.7) 1/1000 ISO:100
b0346568_21045518.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 1/250 ISO:100
b0346568_21061966.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-1.7) 1/1000 ISO:100
b0346568_21072302.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 1/200 ISO:100
b0346568_21075846.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.7) 1/1250 ISO:100
b0346568_21093611.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.7) 1/800 ISO:100
b0346568_21102229.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-0.7) 1/800 ISO:100
b0346568_21113480.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-0.7) 1/500 ISO:100

月曜日なのですが意外に人が多いのに、少し驚きました。ご高齢者の団体、かの国の家族連れ、小さな子供を連れた家族などなど

b0346568_21142354.jpg
Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.7) 1/500 ISO:125
b0346568_21145841.jpg
Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.7) 1/320 ISO:800
b0346568_21155208.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-0.7) 1/640 ISO:200
b0346568_21162707.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.7) 1/320 ISO:320
b0346568_21171998.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-0.7) 1/640 ISO:200
b0346568_21174841.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-1.3) 1/2500 ISO:200
b0346568_21193348.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/2000 ISO:100
b0346568_21200445.jpg
Otus 1.4/85  f/5.8 (-0.3) 1/400 ISO:200
b0346568_21205582.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/5000 ISO:320

レンズ交換が面倒で1本で通しましたが、マクロレンズあるいは望遠レンズを付けたカメラと2台で撮影したくなる場所です。

もう1台、D810を欲しいと思うのですが、次期モデルの発売まで、珍しく!じっと我慢です

b0346568_21212455.jpg
Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.3) 1/2000 ISO:320

この花園は、土日祝日は三脚禁止です。月曜なので、三脚担いで行きましたが、気の小さなじいじは、先行するお嬢様方に申し訳ないので結局使わずじまい

次からは、三脚は考えないことに。じいじが一人で来ることは、まずないでしょうから(笑)



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-26 21:36 | カメラ | Trackback | Comments(4)

FRAN, Live in BLITZ

先週の土曜日、じいじは孫二人を映画「ズートピア」を観に連れて行きました
そして孫たちを父親へ送り届けたあと、夕方から今度はその母親のライブ演奏へと出かけて行きました

昨年は5月末、同じ場所で、FRAN のLive 。昨年は70-200mm+スピードライトでしたが、今回は、Otus 85/1.4 のみで撮影


b0346568_23180683.jpg
f/2.8 (-0.7) 1/80 ISO:320

今回の座席は、ピアノのすぐ右後で、演奏中動けるような場所ではなかったので、おとなしく同じ場所で撮影しました
先日のピアノ演奏とは異なり、D810 の静音モードでシャッター音はほとんど気にならないようでした

b0346568_23214417.jpg
f/2.8 (-0.7) 1/125 ISO:1000

開演前に食事を済ませて、待ちます

b0346568_23231928.jpg
f/2 1/125 ISO:1600

前半は娘はピアノ担当。演奏が始まり照明が落ちると、スピードライト無しでしかもMFではなかなか厳しいものがありました

b0346568_23252677.jpg
f/2 1/100 ISO:2000

今回の FRAN は3人構成

b0346568_23263525.jpg
f/2 1/100 ISO:2000
b0346568_23273198.jpg
f/2 (-0.7) 1/100 ISO:2500
b0346568_23280947.jpg
f/2 1/160 ISO:3200

SS は1/160以上ないと、動きが少ないとはいえ、MFでは歩留まりが悪すぎました
もっと絞りたかったのですが、諦めました
b0346568_23285221.jpg
f/2 1/250 ISO:2000

前半終えて、娘はピアノからパーカッションへ

b0346568_23323174.jpg
f/2 1/125 ISO:2000
b0346568_23330155.jpg
f/1.4 (-0.3) 1/100 ISO:2000

座ってるものが何かご存知ですか? カホン(Cajón) という打楽器です
この写真では、ベースドラムのような使い方です。真ん中の黒いのをペダルを踏んで打ち付けます

b0346568_23360263.jpg
f/2 (-0.3) 1/60 ISO:3200
こっちの写真では、手でたたいてます

b0346568_23391180.jpg
f/2 (-0.3) 1/80 ISO:2000

後半は、ボーカルがピアノも担当

b0346568_23401839.jpg
f/2 (-0.3) 1/125 ISO:2000

2時間、あっという間でした。ものすごい拍手喝さいを受けて終了しました
今回は、会場から声もかかりリクエストも出たり、さらに演奏を褒めてもらったりと、FRANのメンバーは大変嬉しそうでした

b0346568_23314154.jpg
f/1.4 (-0.3) 1/125 ISO:640




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-12 23:54 | カメラ | Trackback | Comments(0)

Nikon 1J5  デフォルトのノイズリダクション

大分前から、1J5 の標準のノイズリダクションが強すぎではないだろうかと、思ってきました

ようやく今頃になって(汗)試してみました

被写体は、城ヶ崎海岸で撮影したイソヒヨドリ&岩です


まずは、何も変更しないでRAW現像したもの
b0346568_21475424.jpg
810mm相当 f/5.6 (+1.0) 1/200 ISO:200

次は、ノイズリダクションをOFFにしてRAW現像したもの
b0346568_21501476.jpg
ノイズリダクション OFF でRAW現像したもの

トリミングしてみると
b0346568_21515460.jpg
デフォルトでのRAW現像したもの

b0346568_21530911.jpg
ノイズリダクション OFF でRAW現像したもの

ノイズリダクションOFFにしても、バックのノイズはほとんど変化してません

標準のままでは、鳥の羽や岩肌のディテールが失われてるのではないかと思います
なぜ、こんな状態になるのを標準設定にしているのか? 何か理由があるのでしょうか?
あ! ニコンに聞けばいいのですね ^^;

所詮、1インチセンサーなので、細かいところは気にしても仕方ないのかもしれませんが・・・


b0346568_21592803.jpg
189mm相当 f/5 (+0.7) 1/125 ISO:200 ノイズリダクション OFF

次は猫と溶岩で比較です

b0346568_22081568.jpg
510mm相当 f/5.6 1/200 ISO:200 デフォルト、2倍にトリミング

b0346568_22101128.jpg
ノイズリダクション OFF、2倍にトリミング
猫の毛と溶岩の描写がだいぶ違いますよね?

b0346568_22102808.jpg
189mm相当 f/5 1/200 ISO:200 デフォルト
b0346568_22120738.jpg
ノイズリダクション OFF

これくらいのサイズにでは、違いはあまり分かりません
写真をクリックして大きいのを見てもらうと、背景の溶岩の描写が違うのが分かるのではないでしょうか


カメラでは、高感度ノイズ低減のon/offしか設定できません
RAW現像しなければ、こんなことはないのか? JPEG出力させてないので、確認できませんでした



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-09 22:33 | カメラ | Trackback | Comments(2)

おとの森音楽会

日曜日の午後、娘が演奏する「おとの森音楽会」にカメラマンとして引っ張り出され、行ってきました

幼児と一緒に歌って遊ぶ「あそび歌作家」の小沢かづとさんと、娘が参加してるFRANとの合同音楽会

幼児を連れた家族が沢山参加して、一緒に歌って踊って楽しそうでした


娘が双子のためのあそび歌として作った「さくらんぼん」という歌が、先日、キングレコードの幼児音楽CDに収録されました
http://sukuiku.com/toku/1602.html

FRANは大人向けのバンドですが、娘は Nuts というユニットで幼児音楽もやっていまして、そちらで作った曲です
オリジナルのは、https://www.youtube.com/watch?v=XWFG-k609I4

みなさんのお孫さんたちが0~2歳の時に歌って遊戯してあげると喜ばれますよ^^


b0346568_20352510.jpg
「さくらんぼん」熱唱中

b0346568_20371650.jpg
小沢かづとくんの「わたしUFOよべるひと」

じいじも、好きな歌です^^
b0346568_20392067.jpg
足に付けたUFOが飛び回ります(必死に演じるかづと君に大笑いです)
b0346568_20393946.jpg
「わたしUFO呼べる人~」みなさん一緒に歌ってお遊戯~~~

幼児だけが楽しむのではなく、大人もつい大笑いしまうところが、あそび歌のいいところです

そして、MCも楽しみのひとつ。演奏の前に、小沢君が、「UFO、見たことある人!!」って、シャウトすると、
当然、あちこちから「は~~い!!」
「どこで、みたの?」ってきくと、面白い返事が^^
b0346568_20410961.jpg
真ん中の帽子をかぶった人が小沢かづとくん。他の5人は FRAN のメンバー

b0346568_21145048.jpg
「炭水化物好物」という歌
これも、じいじが好きな歌です
この歌の途中で、みんなの掛け声に合わせて、炭水化物(おにぎり)が一瞬で消えるという技を見せてくれます
b0346568_21162103.jpg
好物なのはツナマヨだとかw
b0346568_21171545.jpg
3・2・1で、消えた!!
b0346568_21175975.jpg
消せるのは、小沢かづと君だけです

「ネットで顔出しOKの方は集合写真に協力してください!」と娘が声かけましたら、全員集合^^
b0346568_21190562.jpg
大人1500円、子供500円という高額な入場料にもかかわらず、予約段階で満員になり、お断りした方が多数いたそうです
参加できなかった人、参加した人からも、追加公演の要請が多数あって、涼しくなったら、またやるとか言ってました

b0346568_21212601.jpg
買ったCDに、並んでサインをもらう人たち
お子さん連れの人たちだけでなく、保育士の方々も参加されてました

去年、孫の保育園を訪問した時も、大変な人気者になったそうな・・・

冷房のない会場(28~30℃)は、気の毒でした^^;
会場は、「日本空手協会 沼津支部」の道場
この支部の代表者と娘たちは小学校の同級生。当時住んでいたアパートのお隣がお爺ちゃんの家で、彼は頻繁に来ていたのでじいじもばあばも良く知っており、当日顔見れるかと楽しみにしてましたら、出張で会えなくて残念。



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-24 21:49 | カメラ | Trackback | Comments(2)

裏山散歩  1J5

今日は日差しが強い一日でした。しかし、風が強く、乾燥した風なので日陰では肌寒さも。室内では寒いくらいでした。

かなり久しぶりの裏山の散歩。歩道の周りでは、沢山のお花や花が終わって実を付けたものがありました

機材は、1J5 + 1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6
b0346568_21391375.jpg
189mm相当  f/5.6 (+1.0) 1/800 ISO:250

b0346568_21445425.jpg
ハコネウツギ  189mm相当  f/5.6 1/800 ISO:200
b0346568_21505402.jpg
タチアオイ  189mm相当  f/4.5 1/800 ISO:320
b0346568_21515482.jpg
ウコン  356mm相当  f/5 1/800 ISO:900
b0346568_21524655.jpg
ウコン  273mm相当  f/5 1/800 ISO:200

b0346568_21533473.jpg
アメリカフウロ  189mm相当  f/4.5 1/800 ISO:720
b0346568_21540584.jpg
  ヤマモモ  459mm相当  f/5.3 1/800 ISO:1000
b0346568_21545059.jpg
ナツグミ  189mm相当  f/4.5 1/800 ISO:3200
b0346568_21553145.jpg
  スズメノヤリ  189mm相当  f/5.6 1/800 ISO:360
b0346568_21554993.jpg
  スイカズラと?  664mm相当  f/5.6 1/800 ISO:1100
b0346568_21563258.jpg
ウツギ  189mm相当  f/4.5 1/800 ISO:250
b0346568_21570216.jpg
サラサウツギ  543mm相当  f/5.6 1/800 ISO:900


明日の午前中は孫の子守、午後からはその孫たちの母親の音楽会
下記のFM地方局のブログにその音楽会の案内があります
http://777fm.com/blog/2016/05/ukiuki-35.html
ちなみに、写真の人物は、次女(双子の母親)です^^  FMで音楽会の宣伝をしたようです







[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-21 22:30 | カメラ | Trackback | Comments(4)

ミツバチ? 1J5

孫の子守をした土曜日、三島の「子供の森」に行きました
駐車場に着いたら、孫たちは爆睡。夕方にサッカーだから、起きるまで寝かせておくことにして、ばあばも一緒に仮眠

じいじは、一人で下調べにいきましたら、ミツバチ?くんが出迎えてくれました^^

この望遠ズーム1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6で、初めてのミツバチ?撮影


b0346568_23020617.jpg
605mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/500 ISO:160
b0346568_23110946.jpg
605mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/500 ISO:160
b0346568_23115929.jpg
605mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/640 ISO:160
b0346568_23122640.jpg
810mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/500 ISO:180
b0346568_23125965.jpg
810mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/500 ISO:180
b0346568_23131845.jpg
810mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/500 ISO:180

Nikon 1J5 は、最大 60コマ/秒の連写ができます。ただ、20枚までしか撮れませんので、僅か1/3秒の時間しか撮れません

連写すると、あとの仕分けが大変なので、私は、孫の運動会とブラケット撮影でしか連写は使いません
孫の運動会の写真の整理は、苦痛です(爆) 700~1000枚ほどのスライドショーにして親たちに渡します
とても喜んでくれるのですが、じいじには大変苦痛を感じる作業です

そういうこともあることと、フィルム時代からの撮影スタイルで、連写など思いも付かないというのが本当のところですが(笑)
そして、主な被写体(風景と植物)が連写が必要ではないからですね


今回のも連写で撮ればもっと、いいのがあったかもしれません
ですが、今回も、これまでも、連写にして撮ればよかったと思ったことは一度もありません
全部ピンボケでも、ダメだったかで済んでしまいます。全く後悔することがありません。
だから、連写しないのでしょう しようとも思わないのでしょう

今回、26ショットのうち、ピントを完全に外したのは0枚、少し外れて使えないのが6枚、それ以外はブログにアップする程度ならいいだろうという状況でした
1J5 、なかなか優秀なカメラです。ますますじいじを連写から遠ざけてしまいます


こんなじいじのために、ブラケット撮影程度の連写しかできない安価なカメラを発売してくれないかしら(笑)
パソコンを買う時に、パーツを選べるのがありますが、カメラもそういう販売してくれるといいかも
自分に必要な機能だけを盛り込んだカメラで、それに合わせてメニューも簡素化されてるとか^^
将来、カメラがパーツユニットの装着だけで組み立てられるようになると可能になるのでは?という気がしますが・・・


b0346568_23391280.jpg
248mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/250 ISO:900
葉の裏側に何かいます

b0346568_23400352.jpg
810mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/250 ISO:900

蚊? 蚊だとすると、とんでもなく大きい蚊ですが・・・

目が覚めた孫たち、古い遊具でしっかり遊んでサッカーに行きました

b0346568_23422321.jpg
189mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/250 ISO:320
b0346568_23430499.jpg
221mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_23433819.jpg
189mm相当 f/5.6 (+0.3) 1/125 ISO:640
b0346568_23440524.jpg
189mm相当 f/4.5 (+0.3) 1/500 ISO:3200




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-19 23:45 | カメラ | Trackback | Comments(6)

芦ノ湖西岸ウォーク Nikon 1J5

前回と同じ場所の ニコワン 1J5 編です

前にも書きましたが、いまだに検索キーワードでほぼ毎回上がっています

b0346568_21104587.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/6.3 (+0.3) 1/500 ISO:160
湖尻水門を過ぎたあたり

b0346568_21120535.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 (+0.3) 1/500 ISO:200

深良水門。この前の記事で、シンガポールの女性は何でも興味津々と書きました。投稿後に思ったのですが、江戸時代に水田のために人の手で掘られたトンネル、今でもこの水が水田で使われてるのか?と質問したのは彼女でした。おかげでじいじも新情報を得たわけですが、かの国の人種のパワーの源を見た気がしました

b0346568_21133711.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/5.6 1/500 ISO:160

真田浜。この写真の向こうにある湖面付近の白い樹木を810mm相当で撮影したのが、次の写真
b0346568_21201261.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/5.6 1/500 ISO:360

b0346568_21211306.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/9 1/500 ISO:160

駒ヶ岳ロープウェイの山頂駅。「カスミ除去」処理してます

b0346568_21243769.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 459mm相当   f/5.6 1/500 ISO:160

こちらは麓側の駅。カスミ除去後。次のは未処理のもの
b0346568_21304278.jpg
オリジナル
b0346568_21314528.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 543mm相当   f/5.6 1/500 ISO:2500

フォッサマグナ要素のマメザクラ
b0346568_21324882.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 319mm相当   f/5 1/500 ISO:1000

実がなってました^^ サクランボですかねw

b0346568_21343051.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 543mm相当   f/5.6 1/500 ISO:160
b0346568_21351591.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:800
b0346568_21355496.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/5.6 1/500 ISO:1250

このレンズ、望遠マクロとしてもいいのは分かってましたが、相変わらずの写りで、しかもとても扱いやすいレンズ。
MFでのピント合わせもとても便利^^ (ミラーレスはみんなこうなのかもしれませんが)

b0346568_21370943.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/5.6 (-0.7) 1/500 ISO:160

箱根では陸釣りと船釣りだけでなく、こういう人も^^ これは、何釣り? ^^;

b0346568_21390806.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:220
b0346568_21400219.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:360

向こうは、白浜という名前がつけられていました

b0346568_21411643.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:250
b0346568_21415467.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:320


最後の写真は、海賊船からアオサギさんをパチリ
肉眼では、白い点のようにしか見えません。撮影後に液晶画面で拡大してみせると、シンガポールの女性だけでなくマレーシアの女性も、大騒ぎ^^
「え~~っ、あれですか!! すご~い」とおおうけ、大いに感動してもらいました。  なお、ばあばは肉眼では見えなかったと思います(笑)
ただ、このあと、あれを撮れ、これを撮れと、沢山のおねだりが^^; 釣り人だったり、鳥居だったり、その度に大騒ぎ。
もしかしたら、われわれもかの国の集団と思われたかもしれません(笑)
b0346568_21421942.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/5.6 1/500 ISO:560










[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-18 23:14 | カメラ | Trackback | Comments(0)