じいじとばあばのフォトライフ

<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

三連休の合間

三連休の中日、午前中に晴れ間が出てきましたので、孫達を連れて浮島沼に出かけていきました

そしたら、大砲レンズを構えたカメラマンが数人。聞くと「アリスイ」を撮影したというブログを見て、撮影に来たとのこと
しかし、巡り会えなかったようで残念そうに帰っていきました

管理人さんに聞くと、いろんな種類の鳥が来たり住んだりしてるそうです
渡り鳥も立ち寄るのがいるとか

ここの沼はお花も豊富なので四季を通じてよく来ますが、鳥はあまり見たことがありません
管理人さん曰く、人がいると出てこないそうです
葦の中に住んでるのとかは、管理人だけになると出てくるとのこと、カワセミなどは管理人小屋のすぐ目の前でよく見かけると

管理室には、浮島沼で撮影した鳥や花の写真が沢山飾ってあります。毎日通うと顔を覚えられて出てきてくれるのかもしれません

b0346568_20062700.jpg
200mm f/5.6 1/1000 ISO:200
カマキリの目の黒い小さな点が目なのでしょうか?カメラの方ではなく、向かって左を見ているようです。
b0346568_20080907.jpg
200mm f/8 1/250 ISO:100
見ていたのは、ばあばでした。ばあばは、孫たちにカマキリの存在を知らせようと手を出そうとしてたのです。孫の背丈はこの柵より低いので、背伸びしないと見えません。それでここだよと手を出しました。カマキリは、「なんだよ」って、避けるだけで逃げません
b0346568_20093232.jpg
200mm f/11 1/200 ISO:200
ばあばが、動くとその方向を見ているようですw
b0346568_20125514.jpg
200mm f/11 1/320 ISO:200 トリミング
カマキリは、前向いても後がみえるのでしょうか?目の黒いのが後にまで回ってきています。
顔の裏側は、映画のエイリアンのような感じです ピントが合ってません><
b0346568_20143393.jpg
110mm f/11 1/160 ISO:200 トリミング
そしたら、バッタが出てきました。私が戻ってカメラ構えたのでカマキリは見上げています
カマキリって、バッタは襲わないのでしょうか?しばらく、このままでしたが。
b0346568_20163329.jpg
200mm f/8 1/500 ISO:200 トリミング
アキノウナギツカミがきれいでした。これから咲くようです。撮影してる時には、虫がいることは気づきませんでした。
b0346568_20184200.jpg
200mm f/8 1/125 ISO:100
ピントが合ってませんが、金曜日にニコンカレッジで教わったアンシャープマスクなるものに挑戦してみました
まだ、設定の何がどうなのか良く分かりませんが、オリジナルよりは見栄えがよくなりました
羽の後に、ピーっと細いのが出てるのですね。蝶はみんなそうなのでしょうか?どういう役目なのかと気になります
b0346568_20234697.jpg
200mm f/11 1/400 ISO:400 トリミング
これもピントがバッタに合ってませんが、葉っぱに隠れてからこちらを見るように、少しずつ顔を出して来ました
このあと、顔出し過ぎてバランス崩して落ちてしまいます
マニュアルでピント合わせればよかったですね
b0346568_20254544.jpg
200mm f/11 1/250 ISO:400
落ちた後のばった、こっちを見てるようですw

ベンチに座って、孫たちとおやつタイム。しばらくすると、数羽の鳥たちが飛んできました
管理人さんのいうように、人影がなくなるとやってくるようです
近くの木に来たので、そっと近づいて撮影しようとしましたが、私の姿をみると飛んでいってしまいました
なんという鳥かなのでしょうか?
b0346568_20342764.jpg
200mm f/11 1/250 ISO:250
あわてて電源入れて撮っただけ、証拠写真ということで^^;



最後に、羽衣池のベンチのトンボ。虫つながりであげました
トンボをまともに撮影できたのは初めてです
b0346568_20285614.jpg
200mm f/8 1/640 ISO:320
カメラのピント調整前で、200では後ピンだったので、体を前後に動かして何枚か撮影しました
何か一生懸命食べてて、食べてる最中のは結構ブレブレ。終わって飛び上がる前のでなんとかとれたという感じです








[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-11-02 20:45 | カメラ | Trackback | Comments(10)

清里高原 ハイキング part 3 ばあばの作品

ばあばの作品です
合焦の練習はこれからとのことらしく、合わん・おかしい・なぜだ、などといいながら撮影していましたw

OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

私がRAWで露出やシャドーの持ちあげをやったのもあります
オリンパスの現像ソフト使いましたが、WBの設定がNX-Dとは微妙に異なる仕様で、他のコマンドも異なり、2つのメーカーの現像ソフト使うより、共通で扱える現像ソフトを使うほうが便利そうです

b0346568_17260865.jpg
12mm f/7.1 1/400 ISO:200
Part 1のとほぼ同じ位置からの撮影です。Pmode、WB:Auto、仕上がり:iFinish標準で、いい具合に出来上がってます
ニコンの方はPLフィルター付けてます
撮って出しの発色の比較で、ニコンの方が当日の見た目に近い色合いです。オリンパスの方は、人の記憶色?といいますか期待色?といいましょうか、そういう色なのだろうなと。赤はこうあるべきといいますか、そういう処理をしてるのではないかと思いました
旅のメモリーというような記録写真としては、オリンパスの方がいいのではないかとも思いました
ニコンの方だと、あとで写真観たときに、こんなだったっけ?となりかねないかとw
b0346568_17330277.jpg
12mm f/7.1 1/400 ISO:200
b0346568_17483533.jpg
18mm f/8 1/250 ISO:200 -0.7補正
東沢橋で山と反対側(南側)の写真です。ニコンでも沢山撮影しましたが、ブログにアップするインパクトに欠ける感じでした
ばあば、少し工夫したようでマイナス補正とiAutoでいい感じのが撮れてました
iAutoは、撮影モードで「夕日」を選択してました。朝9時半頃の撮影ですが、こういう景色の色合いを出すのに最適なモードとして夕日を選択したようです
ニコンでは曇りか晴天より少し色温度を高くして撮れば良かったのだなと勉強になりました
27mm f/7.1 1/500 ISO:200
b0346568_18015439.jpg
27mm f/8 1/320 ISO:200
これはPLフィルターの効果でニコンの方がいいですね。木々の色合いもですが、遠景の南アルプスの山肌のシャープさがぜんぜん違います
11月発売の望遠ズームにはPLフィルターを用意しておこうかと思いました
b0346568_19065705.jpg
12mm f/8 1/320 ISO:200
b0346568_19073404.jpg
30mm f/8 1/500 ISO:200
b0346568_19080511.jpg
17mm f/8 1/320 ISO:200 -0.7補正
羽衣池、水はこの程度。沼といった感じ。
b0346568_19090918.jpg
17mm f/16 1/125 ISO:200
ばあばも、F14~16に挑戦。いい感じです。
b0346568_19091251.jpg
17mm f/14 1/800 ISO:200
b0346568_19115583.jpg
0
40mm f/14 1/400 ISO:200 RAW:+0.7補正
b0346568_19212145.jpg
19mm f/8 1/320 ISO:200  RAW:+0.4補正
b0346568_19135458.jpg
40mm f/10 1/500 ISO:200  RAW:シャドー:4
b0346568_19151060.jpg
18mm f/8 1/500 ISO:200
b0346568_19154464.jpg
16mm f/8 1/500 ISO:200
b0346568_19161422.jpg
30mm f/7.1 1/400 ISO:200
b0346568_19164409.jpg
15mm f/11 1/250 ISO:200  +1.0補正  RAW:-0.7、色温度7500K、仕上がり:vivid、シャドー:4

最後のは、雲の隙間からの日差しを目立たそうとRAWをいじってみましたが、いまひとつという感じです

ばあばが、合焦うまくやれるようになると、負けてしまうのも出て来そうw
植物のアップ写真ではファインダー撮影は出来ないようですが、今回のような風景の撮影ではファインダーを使えばいいのにと思います
液晶でのタッチAFでは、カメラの構え方が不安定で手振れしやすい感じです

ばあばは、iAuto、P、Aのいずれかで撮影してましたが、iAutoというのはWBや仕上がり(ピクチャーコントロール)を微妙に組合せしていて、なかなかいい感じのように思いました


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-11-01 19:40 | 旅行 | Trackback | Comments(6)

清里高原 ハイキング part 2

Part2は、主にD810+AF-S 70-200mmf/4G ED VRの写真です

b0346568_23032808.jpg
70mm  f/8 1/320 ISO:400
20mmのとほぼ同じくらいの位置から
70mmになると、甲斐駒ケ岳も北岳もはっきり分かるくらいになります
b0346568_21170213.jpg
70mm  f/8 1/160 ISO:400
b0346568_21123348.jpg
125mm  f/8 1/1250 ISO:500
美し森展望台から
b0346568_23035423.jpg
105mm  f/8 1/160 ISO:200
牧場から
b0346568_23044700.jpg
200mm  f/8 1/200 ISO:500
唯一の花と虫
b0346568_23045246.jpg
70mm  f/5.6 1/160 ISO:500
展望台(見晴台)から
b0346568_23045905.jpg
95mm  f/7.1 1/400 ISO:500
八ヶ岳牧場
b0346568_23260606.jpg
200mm  f/7.1 1/400 ISO:640
b0346568_23271389.jpg
90mm  f/4 1/125 ISO:640
どちらも東沢大橋駐車場付近にて
b0346568_23384750.jpg
120mm  f/5.6 1/250 ISO:200
美し森から少し登ったスキー場から。一日中富士山は見えてました。

b0346568_23272055.jpg
AF-S 35mmf/1.8G ED  f/7.1 1/200 ISO:100
2日目に車を止めた駐車場です。野辺山高原から八ヶ岳が一望できる平沢峠駐車場
b0346568_23284058.jpg
160mm  f/8 1/400 ISO:640
この平沢峠にある「日本の分水嶺」という標識。「日本の」という言葉が妙に引っかかります?????
b0346568_23281820.jpg
78mm  f/8 1/400 ISO:640
平沢峠にある獅子岩から天文台。大きいのが電波望遠鏡、手前の小さいのがミリ波干渉計群、右の方に沢山ある小さいのが電波ヘリオグラフ
電波ヘリオグラフは太陽専門の電波望遠鏡で84台あるそうです。近くで写すと、下の写真です。
b0346568_23292393.jpg
145mm  f/5.6 1/500 ISO:800
b0346568_23405180.jpg
D7100  AF-S 20mmf/1.8G ED  f/7.1 1/125 ISO:100
遠くに見えるのが飯盛山
b0346568_21435994.jpg
当初の予定は、この標識にある清里駅~野辺山駅を歩く予定でした。残念でした(嬉しかったけど)
b0346568_23274730.jpg
200mm  f/7.1 1/250 ISO:100
飯盛山ハイキングコース途中から
大口径電波望遠鏡は、このように真上を向いていませんでした
b0346568_23453850.jpg
70mm  f/8 1/800 ISO:640
これは、守衛所に入ったすぐのところで撮影したもの
やはり、奥のでかい電波望遠鏡は、真上は向いていません
このあと、トイレに行って出てきたら、もう下の写真のように真上を向いてました。あんなにでかいのが、意外に早く動くものだなと思いました。
b0346568_00250262.jpg
72mm  f/8 1/320 ISO:320


フルサイズ、初めての望遠ズームでしたが、今回のような風景の写真では150mm以下しか使わないようです
南アルプスなどの山岳に行けば、また違うのかもしれません
いずれにしても、登山にはこの望遠ズームでいけそうであると思いました
これ以上の焦点距離が必要となるケースは、遠くの花とか遠くにいる雷鳥とかくらいかも知れませんが、
風のによる写体ブレなどを考慮するとやはりこのくらいのが私には適当なのだろうなと思います


本日(10月31日。日付変わってしまってる^^; )ニコンにすべてのレンズとD810・D7100を持っていって、見てもらいました
やはり、どのレンズとでも後ピンだったとのことでソフトで調整できましたとのことでした
D7100は、異常なかったとのことで何もなし。

帰ってきて、試しましたら、どれもOK。ズームも200mmだけズレてたのが、しっかり治ってました
AF微調整はOFFで、ピントが合うようになり、一安心です

明日からの3連休、雨模様で残念


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2014-11-01 00:56 | 旅行 | Trackback | Comments(6)