「ほっ」と。キャンペーン

じいじとばあばのフォトライフ

新幹線と富士山







子供たちが幼児の頃に、新幹線を見によく連れて行った場所があります
車で20分ほどの富士市の田んぼの中ですが、特に、息子が興奮して喜ぶので、時々足を延ばしてました
子供たちが大きくなってからは、当然ですが行かなくなりましたが、デジイチを手にしてから一度は行かなくてはとずっと思ってきました

西高東低の気圧配置がくずれて、高気圧に覆われるとこの辺りは俄然天候が良くなります
日曜日に、孫たちのサッカー試合の試合で富士市の山奥まで出かけて行きましたが、午前中は360度全天雲一つない完璧な快晴!
翌日も同じような天候になりそうで、これはチャンスと期待しました

予想通り、当日も、快晴

b0346568_22545363.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560 トリミング
b0346568_22561450.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560 トリミング

2枚目の写真、ぱっと見分かりにくいですが、上下線の新幹線が重なっています。
次のD810での写真も、すれ違っています
b0346568_23062387.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:400

こちらでは2つの新幹線の「A」の文字の大きさが違います。どちらもN700Aタイプですが、奥の上りの新幹線は新型のN700Aタイプ、手前の下りは改造型N700Aだそうです

b0346568_23002308.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560
b0346568_23120191.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560
桜の花が咲いたとき、このアングルは良いかもしれません

b0346568_23020217.jpg
D500 AF-S 70-200mmf/4G ED VR  85mm f/11 (-0.7) 1/4000 ISO:720
画面いっぱいに入れて撮影

ちなみに、この日は、デジイチを手にしたジジババが沢山! 天気が良いからかと思いましたら、
b0346568_23144319.jpg
2時間後にドクターイエローが通るとのこと。2時間以上も前から場所取り! ^^; 凄いですね
私は2時間も待つ気はないので小一時間ほどで引き上げました。車までの僅かな距離で、カメラ抱えてこちらへ来る人と沢山すれ違いました
こんな好天に恵まれて皆さん良い写真が撮れたことでしょう


富士山以外の背景での新幹線
b0346568_23224166.jpg
D500 AF-S 70-200mmf/4G ED VR  145mm f/11 (-0.7) 1/4000 ISO:800
b0346568_23232271.jpg
D500 AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/11 (-0.7) 1/4000 ISO:400
b0346568_23260223.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:450
雪を被った中央の山は、南アルプスの荒川岳

b0346568_23304382.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:900
背景は愛鷹山(愛鷹山塊)


念願だった写真が撮れて満足しました。もっと早い時期で富士山が真っ白な時に撮影すると、もっといいのかもしれません





[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2017-02-13 23:40 | Trackback | Comments(0)

富士川緑地公園






孫たちのサッカー試合観戦で、何十年かぶりに富士川の河川敷に行ってきました

富士川は、日本三大急流のひとつと言われますが、今はその面影は全く感じられません
30年くらい前は、なるほどと納得できるくらいの水量と勢いがありました
就職でこちらへ来て間もない頃に、台風の雨の影響で東海道本線下り線の富士川橋脚の一部が流されるという驚きの災害があり、さすが三大急流だと思ったことも
確か、数か月間、東海道線はこの区間は単線でした。ネットで調べましたら1982年のことで、当時の様子はYouTubeで見ることが出来るようです

富士川を北上し、身延町を過ぎると早川と合流するところがあります。ここは、春先に早川が雪解け水で増水し、富士川に真横からぶつかりますが、その時の凄まじさに恐怖すら感じました。地響きのような音とともに、まさに映画で観るような嵐の大海原の光景が広がってました
そこでも、今は水量はほんの僅かで当時の面影を見ることはできません

そんな富士川も年々と水量が減っていき、河川敷が野球場・サッカー場や菜園へと利用されて行きました。私も若い頃に野球の試合で何度か利用したことも
いまでは、富士川緑地公園として立派に整備されてました

b0346568_11463584.jpg
D810 TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  24mm


次の写真は、公園の最南端から富士川にかかる国道一号線の新富士川橋の両端を画面いっぱいにいれたものです
b0346568_11483219.jpg
D810 TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  24mm
通行する車が見える範囲が24mmでぎりぎり入りました
新富士川橋は、富士川の最南端の橋なのでこの川にかかる最長のものと思われます
そういえば、東海道新幹線の富士川橋も鉄道の橋の中で最長と言ってた時期もあったような?
大分前のことですが、新幹線の車内放送でそういうアナウンスがあった記憶があります

上の写真の遠方の山の合間に雪を被った山が見えましたので、ズームアップしてみました
b0346568_11575285.jpg
D810 TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm
b0346568_11584294.jpg
D500 AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  200mm
南アルプスの山でしょうか?何という山なのか分かりません

500mmの写真はあまりに画質が悪かったのでアップしませんでした
200mmでもこの程度の解像性ですので、このD500+超望遠ズームレンズの組合せは、風景の撮影には使えないと思いました

b0346568_12241657.jpg
D810 TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm

孫たちのチームは、全9チーム中の3位
b0346568_12243160.jpg
D810 TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  32mm
孫の一人はトロフィーを貰うお役目をいただき大喜び
初めてのトロフィーだったようで、試合結果そっちのけで大はしゃぎしてました(笑) このあとのじいじが大変なのも知らずに
じいじの家に入る前に、靴下を脱がせ泥を落とした後、すぐに風呂場へ直行、湯船に浸かる前に二人の孫の全身を洗うじいじは偉いでしょ?(爆)



[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2017-02-10 12:57 | Trackback | Comments(6)

稀勢の里 関 優勝おめでとうございます!!






昨日と今日、じいじとばあばは積年の念願が叶い大はしゃぎでした
お酒がこんなに美味しかったのも久しぶりです^^

b0346568_20480460.jpg
写真は、昨年の九州場所のものです
数年前の九州場所では、稀勢ちゃんがチケットを取ってくれ、さらに一緒に取組後に記念撮影までさせくれました
(じいじとばあばや家族の顔があるので写真はアップしません^^;)
それは、ばあばが、稀勢ちゃんが若い時(18歳の頃?)から大変お世話になってる人のお姉ちゃんだったからです(笑)

昨年も、一緒に撮影するか?と言ってもらいましたが、「稀勢ちゃんが横綱になってから」とお返事しました
b0346568_20510541.jpg
次の場所で優勝してくれるとは!!
そして、横綱昇進の可能性が確実だとニュースが言ってます
こんなことなら、大関最後の場所ということで記念撮影してもらっておけばよかったと、じいじは悔しがりました(泣)

b0346568_20532786.jpg
横綱 稀勢の里 関と、いつか記念撮影してもらえる日が楽しみです


ばあばの弟は、稀勢ちゃんより20歳も年上なのでお友達と言っていいのかどうか・・・公私共に稀勢の里 関がお世話になってきたのは間違いありません
今日のインタビューで色々な人に支えられてという言葉がありましたが、お相撲さんたちは、全国のばあばの弟のような沢山のボランティアに支えられて来たことは間違いありません

ちなみに、弟くんは、今日は福岡から東京に馳せ参じて、取り組みの観戦とパレード、そして祝勝会に参加したとのこと
彼も今日は最高に美味しいお酒が飲めたことでしょう!!


じいじとばあばも、稀勢の里 関が未成年の頃から応援してきました
我が家には、宝物があります
b0346568_20561022.jpg
稀勢の里 関が19歳の時に、ばあばにプレゼントしてくれたものです
九州場所の前後にサインして送ってくれました^^

ばあばの弟が「稀勢」と呼びますので、我々一族は彼を「稀勢ちゃん」と呼んできましたが、横綱になったら、呼び方も「横綱」と昇進させないといけないですね














[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2017-01-23 00:03 | Trackback | Comments(4)