じいじとばあばのフォトライフ

北の丸公園の樹木

愛知から孫二人が、二人だけで新幹線に乗って遊びに来ました
小学三年生の長男が切符の手配も自分でやったとの事。昨年春に、一人で来たので自信も付いたのかもしれません

それで先週26日は、科学技術館に連れて行きました。ばあばが。(笑)

私は、ばあばと孫が遊んでる隙に、北の丸公園を散歩しました
期待したソメイヨシノは全く咲いてませんでした

しかし、公園内の樹木にはなかなかいい感じのものがありました

b0346568_18073033.jpg
70mm f/11 1/125 ISO:250
この樹木は、パッと見たところでは1本の木に思えてしまいます
b0346568_18232992.jpg
70mm f/8 1/320 ISO:400
b0346568_18091459.jpg
70mm f/8 1/320 ISO:200
b0346568_18094708.jpg
125mm f/8 1/400 ISO:200
b0346568_18132567.jpg
72mm f/8 (+0.7) 1/320 ISO:200
b0346568_18144092.jpg
200mm f/8 1/1000 ISO:400

ユキヤナギと遠くに乾門、車がいなくなるのを待てませんでしたw


[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2015-03-31 18:25 | カメラ | Trackback | Comments(4)

20mm レンズ  北の丸公園、愛鷹広域公園

20mm広角レンズは、どう撮ればその特徴をあらわせるのかと、挑戦してみました

b0346568_15113451.jpg
北の丸公園 f/5.6 1/500 ISO:100
アカバナミツマタと書いてありました。初めて見ました。隣には普通の黄色のミツマタもありました
b0346568_15150752.jpg
北の丸公園 f/2.5 1/1000 ISO:64

露出を2.5~7.1まで4段階に分けて撮影してみましたところ、2.5のものが枝の広がりが印象付けられると感じられました
ミツマタの枝の広がりを20mmレンズが良く出せてるのはないかと思いましたが、いかがでしょうか?

b0346568_15203906.jpg
北の丸公園 f/14 1/250 ISO:64
花が満開だとさらによかったのでは?と、思いながらパチリ

b0346568_15225818.jpg
北の丸公園 f/10 (+0.3) 1/250 ISO:200
b0346568_15225860.jpg
北の丸公園 f/10 (+1.0) 1/160 ISO:200
b0346568_15225745.jpg
北の丸公園 f/10 (+1.0) 1/200 ISO:200

この3枚、こういう角度でとると広角レンズのよさがでるのではと撮ってみました。2枚目のように幹が伸びてるのを多く入れたほうがいいのかなと思いました

b0346568_15275886.jpg
北の丸公園 f/14 (+1.0) 1/100 ISO:200
手前の道路をもっと入れてやれば奥行き間がもっと出たのではないかと思いました

b0346568_15304160.jpg
愛鷹運動公園 f/8 1/500 ISO:320
b0346568_15312520.jpg
愛鷹広域公園 f/8 (+0.3) 1/200 ISO:400
b0346568_15335400.jpg
愛鷹広域公園 f/5 (+0.3) 1/1250 ISO:250
b0346568_15361359.jpg
愛鷹広域公園 f/5 (+0.3) 1/1000 ISO:250
b0346568_15370229.jpg
愛鷹広域公園 f/5 1/1250 ISO:250
この5枚はいずれもメインの花以外の周辺情報がたくさん写りこんでいるのがいいなと思いました

b0346568_15400612.jpg
愛鷹広域公園 f/5 (+0.3) 1/1000 ISO:250
こういう構図が広角レンズは得意なのでしょうか? 満開の時にこれるかな?
b0346568_15401187.jpg
愛鷹広域公園 f/7.1 1/800 ISO:200
ピントが合ってませんが、中心から四方に広がる感じが得られないかと思いました

b0346568_15454053.jpg
愛鷹広域公園 f/14 1/60 ISO:100 (RAWで明るさなどかなり上げました)

人物を撮る時は、35mmや50mmを使いますが、それ以外のときは20mmを使うことが多くなりました
この画角を私は好むようです






[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2015-03-29 15:56 | カメラ | Trackback | Comments(6)

天城の天然記念物の草木 ジオ市民大学講座

ばあばは、あちこちと植物の講座や観察会などに良く参加します

今回、天城方面のバスツアーということでついていって見ました

なんでも沼津のジオ市民大学講座の6回目ということで、「中池敏之」(理学博士)という方が講師でした
他にゲスト講師として、日本野鳥の会の先生も参加されてました

中池先生は、現在は沼津市在住で静岡県文化財保護審査会委員という肩書きの元、野外指導をされてるとのことです
シダの専門家とのこと

b0346568_15382781.jpg
200mm f/5 1/250 ISO:125
b0346568_15471402.jpg
200mm f/4 1/4000 ISO:800

昭和の森の駐車場にて
前日の雨滴が木々の枝にあって、面白い写真が撮れました

「太郎杉」に向かいました
b0346568_16221475.jpg
70mm f/5.6 1/25 ISO:100
右側の細いところも歩けるようで、次はそこを歩こうと、ばあばはお友達と約束したとの事
b0346568_15511592.jpg
86mm f/5.6 1/125 ISO:400
中池先生曰く、この辺りは30年位前までは植物の宝庫だったそうです
鹿にすっかり食べつくされて、今は鹿が食べれない一部のシダなど、数種しかないそうです

b0346568_15535500.jpg
35mm f/7.1 1/2000 ISO:640
「太郎杉」樹齢450年とのこと。初めて観ました。急斜面にひときわ大きい杉がすくっと伸びていて、おお!!っと思いました

b0346568_15574303.jpg
35mm f/14 1/13 ISO:64

昼食後に、手持ちでどれくらいのSSまで撮れるか挑戦。次のは 1/8秒 まあ、旅の記録写真としては十分だと思いました
LVで電子先幕シャッターです
b0346568_16001949.jpg
35mm f/8 1/8 ISO:64
b0346568_16223526.jpg
70mm f/4 1/320 ISO:640
浄蓮の滝では、ジョウレンシダ(ハイコモチシダ)と柱状節理の解説
このシダは国内で群生がここで初めて発見されたので別名ジョウレンシダというそうです。九州南部とここでしかみられないとのこと

次の写真は、浄蓮の滝の柱状節理と方向の違うのが見れる旭滝。ここも初めて行きました
b0346568_16225046.jpg
70mm f/8 1/25 ISO:200

浄蓮の滝は落差25mですが、旭滝は105mもあります
ただ、山が低いので水量はかなり少ないです

ばあばのお友達が中池先生とお友達で、先月も3人でどこかに出かけてました
今度、また出かけましょうとお別れし、先生は駅からチャリでご自宅へ

シダ植物の大家であるのですが、とても話しのしやすい気さくな先生でした
b0346568_16230433.jpg
Googleで先生のお顔は出てきますのでアップしてもいいかと思いました
一番奥の若い方が、日本野鳥の会にも所属する地質学者?さんで柱状節理や屏風岩などの説明をしてくれました
(ごめんなさい お名前忘れました ^^;)

[PR]
# by mjiiji_hbaaba | 2015-03-28 16:28 | 旅行 | Trackback | Comments(6)