「ほっ」と。キャンペーン

じいじとばあばのフォトライフ

タグ:1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 ( 24 ) タグの人気記事

ニコン 1J5 

ニコワン(1J5)も、ほとんどの撮影で持ち出していまして、記録的な撮影に使っています。そのため、撮影枚数が少なくなりました

1J5 の写りには大変満足してますので、これまでのいくつかイベントからまとめてアップしてみました

b0346568_22103926.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/11 1/250 ISO:360
b0346568_22111974.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/3.5 (+0.3) 1/200 ISO:400
b0346568_22073593.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/3.5 1/125 ISO:500
b0346568_22090539.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/3.5 1/125 ISO:450

以上4枚は、高尾の日影沢でのもの
この標準レンズは、本当に好きな描写をしてくれます


b0346568_21530526.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  10mm  f/3.5 1/1250 ISO:160

富士山時空の森の遊具で遊ぶ孫たち


b0346568_21551257.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  10mm  f/3.5 1/125 ISO:400
b0346568_21554889.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  30mm  f/5.6 1/125 ISO:800

以上2枚は、毛無山登山口へ向かう途中のもの

このレンズもズームの割には予想外の写りをしてくれます


b0346568_21575382.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  136mm  f/5 1/3200 ISO:2000
b0346568_22000625.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  104mm  f/5 1/2500 ISO:1100

以上2枚は、清水区での孫たちのサッカーの試合。小雨パラつく天気だったことと応援に専念しなければならなかったので持ち出したのは1J5とこのレンズだけ。
傘さしながら撮影しました(笑)   (孫以外の少年達のお顔は塗りつぶしてあります)


太陽の光が十分にある時は良いのですが、この日のように曇り空の下では厳しいものがあります。センサーサイズが小さいため仕方ないのでしょうね
なお、家族でワイワイ楽しむ分には十分な画質ではあります



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-17 22:16 | カメラ | Trackback | Comments(4)

芦ノ湖西岸ウォーク Nikon 1J5

前回と同じ場所の ニコワン 1J5 編です

前にも書きましたが、いまだに検索キーワードでほぼ毎回上がっています

b0346568_21104587.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/6.3 (+0.3) 1/500 ISO:160
湖尻水門を過ぎたあたり

b0346568_21120535.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 (+0.3) 1/500 ISO:200

深良水門。この前の記事で、シンガポールの女性は何でも興味津々と書きました。投稿後に思ったのですが、江戸時代に水田のために人の手で掘られたトンネル、今でもこの水が水田で使われてるのか?と質問したのは彼女でした。おかげでじいじも新情報を得たわけですが、かの国の人種のパワーの源を見た気がしました

b0346568_21133711.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/5.6 1/500 ISO:160

真田浜。この写真の向こうにある湖面付近の白い樹木を810mm相当で撮影したのが、次の写真
b0346568_21201261.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/5.6 1/500 ISO:360

b0346568_21211306.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/9 1/500 ISO:160

駒ヶ岳ロープウェイの山頂駅。「カスミ除去」処理してます

b0346568_21243769.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 459mm相当   f/5.6 1/500 ISO:160

こちらは麓側の駅。カスミ除去後。次のは未処理のもの
b0346568_21304278.jpg
オリジナル
b0346568_21314528.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 543mm相当   f/5.6 1/500 ISO:2500

フォッサマグナ要素のマメザクラ
b0346568_21324882.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 319mm相当   f/5 1/500 ISO:1000

実がなってました^^ サクランボですかねw

b0346568_21343051.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 543mm相当   f/5.6 1/500 ISO:160
b0346568_21351591.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:800
b0346568_21355496.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/5.6 1/500 ISO:1250

このレンズ、望遠マクロとしてもいいのは分かってましたが、相変わらずの写りで、しかもとても扱いやすいレンズ。
MFでのピント合わせもとても便利^^ (ミラーレスはみんなこうなのかもしれませんが)

b0346568_21370943.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/5.6 (-0.7) 1/500 ISO:160

箱根では陸釣りと船釣りだけでなく、こういう人も^^ これは、何釣り? ^^;

b0346568_21390806.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:220
b0346568_21400219.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:360

向こうは、白浜という名前がつけられていました

b0346568_21411643.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:250
b0346568_21415467.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 189mm相当   f/4.5 1/500 ISO:320


最後の写真は、海賊船からアオサギさんをパチリ
肉眼では、白い点のようにしか見えません。撮影後に液晶画面で拡大してみせると、シンガポールの女性だけでなくマレーシアの女性も、大騒ぎ^^
「え~~っ、あれですか!! すご~い」とおおうけ、大いに感動してもらいました。  なお、ばあばは肉眼では見えなかったと思います(笑)
ただ、このあと、あれを撮れ、これを撮れと、沢山のおねだりが^^; 釣り人だったり、鳥居だったり、その度に大騒ぎ。
もしかしたら、われわれもかの国の集団と思われたかもしれません(笑)
b0346568_21421942.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6 810mm相当   f/5.6 1/500 ISO:560










[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-18 23:14 | カメラ | Trackback | Comments(0)

元箱根石仏群

長年、何度も箱根を訪れていますが、ほとんどが散策や登山が目的で、いわゆる観光スポットはそのルートにあれば見てみたとか、お客さんを案内した時にしか経験がありません

石仏群は、曽我兄弟の墓があることで気になってましたが、行ったことがありませんでした
先回の湯坂路~小涌谷~芦之湯~元箱根の散策では、丁度、石仏群の見学ルートの一部が散策コースでしたので、見てきました
芦之湯からこのルートを歩く時だけ、雨は止んで晴れ間も出て、しっかり見学できました

b0346568_18075427.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:640
b0346568_18100397.jpg
SP 90mm  f/2.8 (-0.7) 1/800 ISO:640
b0346568_18104517.jpg
仇討ちから約100年後に建立されたことになります。1295年!!、こんない古いものとは驚きでした。当然、当時のままというわけではなく、何度か積み直しがなされてきてるとのことで、解体調査を行って、江戸時代の状態に整備したそうです。建立時に、どういう並びだったかどうかは分からないそうですが、五輪塔そのものは当時のもので日本最古とのこと。
https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/8,681,34,150,html

b0346568_20523961.jpg
SP 90mm  f/8 (-0.7) 1/80 ISO:160


お墓といっても、ここで埋葬されたわけではありません。仇討ちの成就を箱根権現社に祈願したということからでしょうか
兄弟のほかに、虎御前の墓もありましたので調べましたら、兄の妾で二人の死後も曽我兄弟を供養し続けた「虎女」という女性で、いくつかの史書に記述があり実在した人物とのこと



b0346568_19425857.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:500

石仏とは関係ないですが、見学ルートの途中にある休息所  雰囲気が良かったので撮影しました  屋根の上の石がGood!

b0346568_19453866.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/160 ISO:500

写真の右端に見えてるのは国道1号線  見学ルートはその下をくぐります(左の手すりの下に入口)
国道をくぐると精進池があり、その端に駐車場がありますので、石仏群の見学だけなら歩く距離はほんのわずかで済みます
b0346568_19483802.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/200 ISO:400
b0346568_19501479.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/500 ISO:160

b0346568_19511972.jpg
b0346568_19520804.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/500 ISO:160

b0346568_19531954.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/250 ISO:360

この見学ルートは、植物もとても豊富でした^^

このルートが終わると山越えて「お玉ケ池」に出て、さらに登って箱根旧街道に合流し、元箱根へと下りました
山越え始めると雨が降り始め、芦ノ湖に着いたら雹が降ってきました(笑)


最後の写真は、縄張りなのでしょうか、雨の「お玉ヶ池」で餌をあさるアオサギ

b0346568_20003108.jpg
SP 90mm  f/8 1/60 ISO:1250




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-10 21:31 | カメラ | Trackback | Comments(4)

胡蝶蘭

4年前にもらった胡蝶蘭
その後、ばあばは再度花を咲かせようと、片手間に適当にあしらってました(爆)が、一昨日、ついに一輪の小さな花が咲きました
(これまで咲かなかった原因が分かった!と、ばあばは大喜び^^)


もらった時より花が小ぶりですが、咲いたことが事件です^^

まずは、Otus で撮影。いずれもほぼ最短距離で撮影したもの

b0346568_12211173.jpg
Otus 1.4/85  f/11 1/60 ISO:1000
これが、Otusのオリジナルサイズです
次に、クローズアップレンズ4種類を付けて大きさの比較です。手持ちなので位置がずれてます

b0346568_12261223.jpg
クローズアップレンズ+1   f/11 1/50 ISO:1000
b0346568_12270437.jpg
クローズアップレンズ+2   f/11 1/80 ISO:1000
b0346568_12275861.jpg
クローズアップレンズ+4   f/11 1/80 ISO:1000
b0346568_12283426.jpg
クローズアップレンズ+10   f/11 1/80 ISO:1000

+4と+10では、花びらの淵が青く滲んでいます.。+2でも、出かかっています。これはどういう現象なのでしょうか、要注意です

次に、Tamron SP 90mm マクロレンズで撮影。ほぼ等倍撮影したもの
b0346568_12353443.jpg
SP 90mm  f/18 1/30 ISO:1600

マクロレンズの威力発揮ですね。クローズアップレンズ+10と+4を組み合わせると等倍近くになるのかもしれませんが、それをやる気は起こりません(笑)

SP 90 で内臓フラッシュ使ってみました

b0346568_12382259.jpg
SP 90mm  f/11 1/60 ISO:200 内臓フラッシュ(先膜シンクロ)
b0346568_12391920.jpg
一番奥にピントを合わせたもの  SP 90mm  f/11 1/60 ISO:200 内臓フラッシュ(先膜シンクロ)

影が出来てますが、画像自体はフラッシュ使った方が綺麗です

次は、1J5 で撮影したもの
b0346568_12435342.jpg
1J5 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/125 ISO:125

ピントが後ろへ行ってしまってました。残念

最後は、最初のOtusの写真をトリミングしたもの

b0346568_12520865.jpg
これだけの大きな被写体では、D810の高画素によりトリミングでも十分いけそうですが、同じF値でもクローズアップレンズ使うと前後がボケるので画に差は出ますね








[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-08 13:00 | カメラ | Trackback | Comments(4)

久しぶりの Nikon 1J5 での写真

このブログのアクセスレポートによりますと、検索キーワード「1J5」がほぼ毎日コンスタントにあります
記事タイトル「ニコン 1J5 が来た!」は、いつも上位に位置してきています (大した内容ではないので、申し訳ないと・・・)
小型のカメラを購入しようと検討されてる方々なのかな?と、想像したりしています

Otus 購入以降、すっかり使用頻度が落ちて、ブログへのアップも減ってしまってました

GW前半は持ち出しましたので、少しアップします
相変わらずの使い勝手の良さと、軽快であるにもかかわらずその写りの良さに、改めていいカメラだなと思いました

撮影モードは、絞り優先、ISOはAuto です

b0346568_19524585.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 f/4 1/125 ISO:640
b0346568_19535841.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 f/4 1/100 ISO:800
最初の写真の滝の解説掲示板

b0346568_19582267.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 f/4 1/125 ISO:640
b0346568_19591382.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 f/4 1/250 ISO:320

滝の向かい側を流れる渓流の新緑。Tamron SP 90mm で撮影したものを先回アップしましたが、次で比較すべく並べてアップしました
b0346568_20013332.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 f/4 1/200 ISO:400
b0346568_20020852.jpg
Tamron SP 90mm f/4 1/640 ISO:1000

構図が違うのと、Tamron の時、ISO:1000 と高すぎてますが、ニコワンの描写は立派だと思います。 1J5 ダブルレンズキットは、Tamron のレンズより安価です(笑)

b0346568_20092140.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 f/4 1/500 ISO:160

箱根 石仏群にある塔の一つ。雨の合間の晴れ間に、パチリ

次からは、昨日の三島で撮影したもの

b0346568_20111305.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 30mm f/5.6 1/250 ISO:250

b0346568_20133804.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 18mm f/4.5 1/250 ISO:160

三島大社で結婚式を挙げる新婚さん^^

b0346568_20142087.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 25mm f/5.3 1/400 ISO:160

三島大社、前の記事では、Otus で撮影したものをアップしてます

b0346568_20233440.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 10mm f/5 1/250 ISO:280

大きなサボテンにたくさんの芽が^^

b0346568_20243505.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 10mm f/5 1/250 ISO:160
b0346568_20251507.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 30mm f/5.6 1/250 ISO:180

寄って 10mmで、離れて 30mm で。このキットレンズの標準ズームも中々の写りです

b0346568_20265342.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 10mm f/5 1/160 ISO:400

源兵衛川に入って溶岩を探し回る孫。1J5 、足元の水の描写もなかなかのものです



V3の後継機を待ってるのですが、噂さえもありません。DLシリーズが発売予定され、フルサイズのミラーレスの噂が流れ、・・・ 1シリーズ止めるってことはないと思うのですが、気になります



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-04 20:41 | カメラ | Trackback | Comments(2)

母校 ~ 福岡空港

帰る日の前日(土曜日)に、大学時代の友人夫婦と会いました

母校は数年前から東区から西区へ計画的に移転しており、今年の文科系が移転して完了するとのこと(医学部だけは、病院の関係で移転せずに残ったまま)
移転後の母校を見たことがないので案内してもらいました

友人は、大手電機メーカーを退職し、少し前からそこで客員研究員として働いています

車で学内をぐるっと回った後に、彼のオフィスで研究内容をプレゼン(笑)してもらいました


b0346568_21483964.jpg
この建物の3階にオフィスがあります。写ってるのは、友人とばあばです

b0346568_21493125.jpg
科学技術振興機構の「センター・オブ・イノベーション プログラム」という大きなプロジェクトがあり、
それには多くの企業や大学がテーマごとに拠点を持って研究しているようです。

そのうちの一つである「共進化社会システム創生拠点」はこの九州大学にあり、友人はプロジェクトリーダーです

偉いのですね~~びっくりポン!でした。(ブログを書くにあたり情報不足でしたので少し調べました)
大学の組織上は、客員研究員という肩書きになってますが、科学技術振興機構の組織ではプロジェクトリーダーとなってました
どうりで、立派なオフィスだったわけだと、あとになって分かりました^^;

人とモノのモビリティをビックデータを活用して理想的な都市を作るのだとか
まさに未来都市の設計というのでしょうか、実現してる頃に生まれ変わりたいものです

b0346568_22082935.jpg

この建物の前は、まだ、建設中のものが。 なんでも世界一の図書館が出来上がるそうです
何が世界一なの?とばあばが尋ねましたら、「何だろうね?知らん」と。 彼は、相変わらずです^^

上空から見ると円形の建物になるとかで、まだ、1/4 くらいしか出来てない感じでした


この日は、春一番が吹いた日。糸島の方は写真のように晴れ間も出てましたが、市の中心部に戻ると雨
夕方からは、物凄い暴風雨となってしまいました。
これが、翌日曜日には東海や関東へ、そのままの勢力で行ってしまいました

翌日曜日、風の影響でANAに40便も欠航が出てるとかで、慌てて空港へ向かいました
軒並み到着便が送れてましたが、私のは予定通り。

空港で、いつものお店でいつものチャンポンで早めのお昼ご飯
早い時間で客がほとんどいなくて、窓際の席に案内してくれました

b0346568_23353629.jpg
乗る予定の飛行機
b0346568_23360041.jpg

着陸する飛行機が撮影できそうなので、ここで、持って行ってた望遠ズームに交換
b0346568_23364826.jpg
178mm (換算480mm相当)
どこから来たのでしょうか、プロペラ機です

b0346568_23372402.jpg
300mm (換算810mm相当)

晴れていれば、もう少し良く写ってるのでしょう
初めての飛んでる飛行機の撮影でした


出発は予定通りでしたが、羽田へは、風を避けるために紀伊半島や伊豆半島を迂回する飛行で、予定より遅れて着きました
そのおかげでほとんど揺れることもなく快適でした

羽田で降り立ってびっくり、物凄い暑さでした。上着を脱いで、肌着とシャツだけになっても空港内は暑すぎました
品川駅でも上着を着なくて済みました。 2月なのにびっくりポンでした



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-02-19 23:54 | Trackback | Comments(2)

実家の庭

11日に実家にいきましたが、羽田空港の大混雑で2時間近くも発券で待たされ、ぎりぎりの時間にカウンターに向かったら席の確保に時間がかかる様子

普段、多めに(定数以上に)予約を受け付けてるとのこと(初めて!知りました)
飛び石連休ということもあり、11日はキャンセルがほとんど出てないために空席がないと!!なんと!!

次の便でもいいかと思っていたら、上に問い合わせてるからしばらく待てと言われ待ちました
もしかしたら、例の席を譲ってくれと搭乗口でやったのかもしれません。(譲ると、1便後になるけど、1万円貰えます)

帰りの福岡空港では、5席譲ってくれとアナウンスがありました。あっという間に8人くらいの人が並んでました(笑)
福岡・東京間は1時間ごとにありますので、1時間遅れるだけで1万円もらえるのは確かにお得な気がします

なんとか席を確保してくれたら、手荷物検査場の締め切り時間間際で、係りの人が案内してくれ、なんとか間に合いました
機内に入るのもほぼ最後。珍しい経験をしましたが、ディズニーランド並みに2時間近くも空港で立って列に並ぶとは思いもしませんでした


b0346568_21281244.jpg
赤い実が少しだけ残ってました。鳥が食べてしまうらしいです

b0346568_21292869.jpg
梅はまだつぼみの状態。この2日後、異常な陽気で一部が咲きました
花が咲くとメジロがきて蜜を吸うと。その様子が可愛いと、母はいつも観察してるようです

b0346568_21324065.jpg
バラの植木にいい具合に苔が付いてます

実家の庭には、沢山の種類のバラがありますが、まだ、全部を見たことはありません
来る季節を変えればいいのですがね




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-02-18 21:40 | Trackback | Comments(2)

武雄市

先週の木曜から日曜まで実家(福津市)に帰省しました
目的は、父の23回忌法要のため。レンタカーを借りて、武雄市にあるお寺まで出かけていきました

実家からは、九州道~長崎道を制限速度で走っても1時間半もかかりません

今回は、ニコン 1J5 のみで、D810はお留守番
b0346568_21434282.jpg
お寺は、100年近くほとんど手を入れてないとのことで、かなり古めかしい感じです

b0346568_21460390.jpg
お寺から、御船山が目の前に。武雄市の象徴的な山で、ハイウェイからもこの特徴的な山容が目立つのですぐに分かります。紅葉の名所でもあるとのこと

b0346568_21550143.jpg
法事を済ませ、お昼は、武雄温泉に古くからある「扇屋」で。ネットでみると「懐石宿 扇屋」という名前で出てました
懐石料理を食べて温泉に、あるいはその逆、が出来るようですが、風邪を引くので入浴はパス(笑)

b0346568_21552000.jpg
扇屋の玄関から、武雄温泉楼門が見えます。東京駅丸の内駅舎を手がけた辰野氏が設計したとのこと。新装となった東京駅が完成した時に放映された特集番組で知りました
干支の話とかね^^  この日は、見学出来ませんでしたが、次に来た時には見学するとばあばは張り切っていました

b0346568_23225268.jpg

楼門の代わりに見学したのは、この施設、佐賀県立宇宙科学館。
時間の関係で全部を見れませんでしたが、小学生が楽しめそうな展示が沢山ありました

佐賀といえば、有田焼!でしょうか
b0346568_23283512.jpg
こっちが先頭
b0346568_23284995.jpg
こっちは8両編成の最後尾。ライトがちゃんと赤に^^  そう、有田焼の新幹線!!です
ピントが甘いですね。この18.5mmレンズ、描画は素晴らしいのですが、MF出来ないのが難点。
b0346568_23292734.jpg
b0346568_23353354.jpg

ステレオスピーカーも有田焼^^  音質はいいのでしょうかね? 

他にも、佐賀県に関連したものが沢山常設展示されてて、珍しいと思ったのは、沢山の絶滅危惧種の海水・淡水の魚類の飼育・展示でした

b0346568_23430647.jpg
アリアケスジシマドジョウ
b0346568_23442232.jpg
名前、メモったはずですが・・・・ない!^^;

次回、行った時に確認。  行くのかな? ^^;



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-02-17 23:52 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

富士山 ニコン1J5

今年の冬は、(下界では) 確かに暖冬だと感じます

しかし、富士山の雪の量はここ数年より多いです。雪の日が多いためなのでしょう

機材は、ニコン1J5 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 と 1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6

b0346568_22494985.jpg
1月19日撮影 18.5mm(換算50mm) f/5 1/1000 ISO:160

富士山の右の裾野の下のほうに、雪を被った二つの小さなコブがあります。入社当初の会社の人たちは双子山と呼んでました
この双子山に雪が積もるとスキーに行く!と出かけて行ってました。人口スキー場ではなく、リフトもある自然のスキー場でした。
何年か忘れましたが、大きな地震でリフトが倒れたのをきっかけに、スキー場はなくなりました。もっとも、それまで年々雪が少なくなってスキーが出来る日が少なくなっていたことも止めた原因の一つらしいですが。
今年は、この双子山に雪がある日が異常に多いです。例年だと2月頃に数日しかないのですが、この冬は12月にも積もってました

富士山の右手前に他の山の裾野が写ってます
b0346568_23022020.jpg
1月19日撮影 18.5mm(換算50mm) f/5 1/640 ISO:160

愛鷹山塊とか愛鷹連峰と呼ばれる山々です。富士山より古い山との事。富士山の噴火が噂され、静岡県もハザードマップを公表していますが、沼津市はこの愛鷹山塊のおかげで富士山の溶岩の被害はないとの予想。確かに、過去の溶岩は三島との市境付近から見られるだけで、市の中心部から西の方ではみられません。
この写真の中央の山は、この山塊の最高峰(1504mm)の越前岳です。何度か登りましたが、富士山や南アルプスが綺麗に大きく観ることが出来る山です
この山が白くなるのも例年は数日しか見ませんが、今年は日数もですが、一度白くなるとなかなか消えません
上空の方は暖冬では無いのかな???

b0346568_23120530.jpg
2月5日撮影 70mm(換算189mm) f/5 1/1250 ISO:160
b0346568_23142604.jpg
2月5日撮影 300mm(換算810mm) f/5 1/1250 ISO:160

会社の駐車場から。剣が峰も綺麗に見えてます^^






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-02-06 23:23 | カメラ | Trackback | Comments(2)

明治神宮 sanpo

12月20日に初めて参拝した明治神宮の様子です

機材は、Nikon 1J5 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
撮影は、絞り優先。絞りは、最後の2枚だけ2.5、それ以外は3.5。ISOはAuto(上限3200)。

RAWの保存設定をし忘れ、JPEGをサイズ変換したものなので、多少画質が劣化してるかもしれません

b0346568_23513422.jpg
JR原宿駅からすぐに参道に入れるのですね。これまでは、改札出てすぐに反対側に行ってしまってたので、線路挟んで様子ががらりと違うのにビックリしました

b0346568_23544561.jpg
b0346568_23551122.jpg
野生的な樹木に感動です

b0346568_23561035.jpg
これ、1本の木です。50mm相当レンズでは全体を撮影できません
b0346568_23570592.jpg
カメラを縦にしても入りません・・・。参道に入るなり上を見上げての歩行で、なかなか前に先に進みません(笑)

明治神宮のホームページでは、ここの森のことを「代々木の杜」と書いてました
b0346568_00002671.jpg

NHKの番組HPでは、「明治神宮の森」と。
ところで、「㈱赤福」のHPには、「神宮の森」というと伊勢神宮の森を言うとあります(笑)
しかし、少なくとも関東では、神宮の森というと明治神宮の森のことだと、みなさん思いますよね^^

この立て札のところを過ぎるとすぐに御苑の入り口(新宿御苑ではありませんよ 念の為^^)がありましたので、参道からそれて、御苑を通って拝殿に向かいました

b0346568_00294817.jpg
紅葉はほぼ終わりかけていましたが、落葉した樹木もなかなか画になるものがあります。じいじは、こういう画が大好きなのです^^

b0346568_00300818.jpg
b0346568_00321973.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8はAFしかできませんが、1J5はなかなかの優れものではないかと思っています。ほぼ思い通りのところにフォーカスしてくれます
b0346568_00323219.jpg
b0346568_00324414.jpg
清正の井、湧水量はそれなりにあるのですが、うまく設計されているのか、水面が揺れることなく鏡のように樹木を映し出しています。紅葉の頃はいい画が撮れるのでしょうか

b0346568_00350096.jpg
b0346568_00351458.jpg
この拝殿の両側のクスノキ、ばあばが剪定してるのだよね?と言います。確かに、きれいに丸く刈られているようです。やぐら組んでやるのでしょうか?

b0346568_00365073.jpg
向かって左のクスノキ、「夫婦楠」の説明がありました。
b0346568_00400130.jpg
この「夫婦楠」、縁結びの象徴でもあるとのことからでしょか、女性単身で参拝されてる方も多数おられました
良いご縁がありますように!!

b0346568_00432938.jpg
拝殿です

b0346568_00482744.jpg
拝殿側から撮影したクスノキ
うまく剪定されてると思いました


東京に住んでる人が羨ましい!!こんな野生的な杜と新宿のような大都会が隣合わせとは!
このあと、新宿御苑に向かいましたが、そこでも都民の人たちが羨ましくなってしまいました

新宿御苑は、環境省が管理する国民公園の一つで、入園料がなんと200円!
楽寿園より8倍も広くて、100円も安い!!  って、羨ましいのはそこか!と突っ込みはなしで(爆)


久しぶりに、1J5 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 でたくさん撮影してみました
この組合せは本当にいいなと思います。ほとんど、失敗のない写真ばかりで、きちんと旅の想い出のアルバムが出来上がります
今回は失敗写真はゼロ枚、こういう撮影ならファインダー無しでも十分です
キットレンズのもう一つのズームレンズは、ほとんど出番がありません。この18.5mmの写真を観てしまうと、よほどズームの必要性が無い限り、使う気になりません


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-12-27 01:36 | 旅行 | Trackback | Comments(3)