じいじとばあばのフォトライフ

タグ:AF-S 70-200mmf/4G ED VR ( 82 ) タグの人気記事

島田市ばらの丘公園  D500 & AF-S 70-200mmf/4G ED VR 編 屋外版





島田市ばらの丘公園の第三弾は、予告通り(笑) D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR で撮影したものです

D500 に AF-S 70-200mmf/4G ED VR の組み合わせは、以前にも書きましたが、とても扱いやすい組み合わせです。気楽に持ち出したくなる組み合わせです。

今回も、とても軽快に撮影できました。そして好みの写真がとてもたくさん撮れました。カメラ本体とレンズとじいじの相性がいいからなのでしょう(笑)

まずは、屋外で撮影したもの
b0346568_19501801.jpg
75mm  f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:200 トリミング 風景
同じ写真をStandard(カスタム)で現像
b0346568_19545233.jpg
Standard(カスタム)
空の青さなどが自然な感じになります。どちらも白いバラの白さが綺麗です
b0346568_20111582.jpg
75mm  f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:200 トリミング Standard
b0346568_20143504.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/640 ISO:200 トリミング 風景
赤を強調するために風景で^^
b0346568_20174139.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/1000 ISO:200 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20193924.jpg
110mm  f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:200 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20214709.jpg
200mm  f/8 (-0.3) 1/400 ISO:200 トリミング 風景
赤系統の時は、風景がいい感じ
b0346568_20282757.jpg
200mm  f/8 (-1.0) 1/3200 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20300607.jpg
110mm  f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
じいじが好む構図です^^
b0346568_20331088.jpg
200mm  f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20343736.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:100 Standard(カスタム)
b0346568_20371459.jpg
105mm  f/8 (-0.7) 1/800 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20385356.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/640 ISO:100 トリミング 風景
温室の入り口。濃い黄色も風景の方がいい感じ
次回は、この温室内で撮影したものをアップします

最後に、温室出た後に撮影した屋外版を3枚
b0346568_21341261.jpg
170mm  f/4 (-0.7) 1/800 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_21374094.jpg
200mm  f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_21392336.jpg
200mm  f/4 (-0.7) 1/1600 ISO:100 Standard(カスタム)




















[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-30 20:31 | カメラ | Trackback | Comments(5)

結婚式でカメラマンを頼まれました(^^;)




ばあばのお友達の結婚式で、写真を撮影してくれと頼まれました。素人にそんなこと無理だから、メインカメラマンはプロにお願いするよう強く求めました
じいじは、気楽に撮影させてもらうからと

式の数週間前に、プロのカメラマンを頼んだからとばあばに連絡がありましたので、当日は気楽な気持ちで出かけて行きました
ところが、頼んだカメラマンはビデオ撮影だったようで、写真は私とばあばが担当することになってました(汗)
開き直って、がむしゃらに撮ってきました(爆)

あ! ばあばのお友達の結婚式と言いましても、安心してください!(笑) 28歳の新婦と32歳の新郎の若い方たちの結婚式ですよ~~~(笑)
b0346568_21543660.jpg
200m f/4 (+1.0) 1/100 ISO:1250

新婦です 
5月に芦ノ湖畔西側を半周したのをアップしましたが、その時に一緒に歩いたカップルです
新婦はシンガポール国籍、新郎がシンガポール勤務時代に知り合ったそうです (新郎は愛知県人、沼津人ではありません^^)
新婦のご両親も来日され、一人娘をよろしくお願いしますと、何度も頼まれました^^

新婦は、こちらに来てから日本語学校に通ってたとのことで、もうかなり日本語で会話ができます こういう方たちの語学力は凄いですね 羨ましいです

この周辺にお住いの、ばあばのお友達(?)は、20歳前半から60歳代まで、年齢だけでなく国籍も実に多様です

b0346568_21582111.jpg
70m f/4 (+0.3) 1/125 ISO:4000

芦ノ湖畔を一緒に歩いたインドネシアの女性、新婦の親友。  
ご主人は関西人、新郎と同じ会社勤務。うちの子可愛いでしょ!?って、もう子供が可愛くて可愛くて仕方ないという状態

b0346568_15591764.jpg
70m f/4 (+0.3) 1/125 ISO:4000
新婦の友人(タイ) 神奈川から来られたとのこと
b0346568_15595244.jpg
70m f/4 (+0.3) 1/125 ISO:4000
新婦の友人(タイ)、ご主人はJapan

b0346568_16004324.jpg
160m f/4 1/250 ISO:3200

新婦の友人(上海)、ご主人(上海)は、日本の超大手自動車メーカー勤務

b0346568_16012111.jpg
160m f/4 1/200 ISO:3200
新婦の友人代表スピーチをしにシンガポールから来日

b0346568_16115659.jpg
135m f/4 1/200 ISO:3200
新婦の友人(日本)

b0346568_16225308.jpg
160m f/5.6 (+0.3) 1/1250 ISO:200
新婦の友人(USA)
やはり室内より、庭の方が良い写りです


メイン機材は、D810 + TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX にフラッシュを付けて撮影
今回のブログにアップしたのは、サブ機材の D500 と AF-S 70-200mmf/4G ED VR による写真
披露宴会場くらいの明るさであれば、サブ機材でもフラッシュ無しでまあまあいいのが撮れました



ばあばには、今回の系列のほかに、もう一つ別の系列の多国籍の方たちとの付き合いもあります

カタカナのお名前の方の話を、ばあばはバンバンするのですが、じいじには会ったとしても覚えられないカタカナの名前を聞いただけで覚えられるはずもなく、右から左へスルー。でも、ばあばは、昨日話したじゃないかと不満気に話します それも合わせて、じいじはスルー^^
幸い(笑)、かの集まりに、ばあばはじいじを誘いません。参加するわけがないことを分かってるからです(爆)
じいじは、送り迎えはしてあげますよ この前の伊豆長岡のカラオケの時のように^^

20代の女性の遊び仲間に、60代のおばさんがいるなんてことは、日本人にはほとんどない感覚ではないでしょうか
外国の方は年齢を日本人のようには意識しないのかもしれません

新郎新婦とじいじは、5月の芦ノ湖畔の時に初めて会いました。でも、彼女からすると、自分の友人の旦那さんだから、もうお友達も同然なのかもしれません
5月に初めて会ったにも拘わらず、カメラで撮影する私を見て、式に出て写真を撮って!と。 いや、そんな大事なのは責任持てないからと言っても全く意に介しません「いいからいいから撮ってね。招待状送るから」で終わりです (爆)
日本人の感覚からすると、ずうずうしいということになるのかもしれませんが、あちらではそんなことは当たり前のことなのでしょう
結婚式の前夜、お世話になるからと会食のお誘いが来ました。5月以来、2回目の面会ですが、やはりもうお友達感覚。来日したばかりの(年齢も大して変わらない)ご両親にもお友達として(?)紹介され、すっかりじいじもその気にさせられてしまいます(笑)

世代や国籍を超えてお付き合いするこの感じは、日本人も学ぶべきではないかと思います。 じいじは、もう残り少ないので遠慮しますし、ばあばのようなパワーもありません (爆)

新婦は、式の主役であったにもかかわらず、じいじとばあばにあれこれ気も使ってくれてました
乾杯の時に新郎新婦のための特別なカクテル「星空」が用意されました
b0346568_23054874.jpg
b0346568_23075866.jpg
乾杯終了後、しばらくして席に戻ると、じいじとばあばところにも同じカクテルが届いてました。もちろん、ノンアルコールで
b0346568_23084816.jpg
以上 3枚の写真は、D810 + TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

新婦が手配してくれました (感謝!)    

最後に、彼女のお父さんに、また、日本でお会いしましょうと言いましたら、何年先になるか分からないけど、と
そして、娘をよろしく頼みますと、しっかりと手を握られました
一人娘を遠い異国に嫁に出す親の気持ちを思うと・・・・複雑です



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-20 23:15 | Trackback | Comments(6)

D500 と散歩  part 3



D500 、購入してからお天気に恵まれないため、良い画質の写真がとれず、画質が悪いのは D500 よ、お前のせいだとじいじに思われてます(笑)

そこで、曇りでも少し明るい日の裏山散歩に、AF-S 70-200mmf/4G ED VR を付けて持ち出しました

また、涼しくなったので、散歩コースを少し伸ばしてみました。東名高速を過ぎたすぐのところに小鳥が!
何だろう?と撮影して拡大してみると、コゲラさんが^^  しかも、沢山^^

b0346568_14442582.jpg
200mm  f/8 (+2.0) 1/320 ISO:640 トリミング
b0346568_14454641.jpg
200mm  f/8 (+2.0) 1/320 ISO:640 トリミング
少しでも近づくと、すぐに逃げられます(泣)

b0346568_14472271.jpg
200mm  f/8 (+2.0) 1/320 ISO:640 トリミング
さすがD500 、逃げるところも捉えてました

さらに、北上し
b0346568_14491496.jpg
70mm  f/8 1/80 ISO:400

ある大手企業の施設の横の道路に出て、登っていくと、写真のように施設に出入り出来るところが数カ所あって、駐車場らしき場所に数歩だけ入ってみましたら、
b0346568_14524040.jpg
200mm  f/5.6 1/400 ISO:640
野生の鹿です。大きさから親子なのかなと思いました
シャッター音に反応してこちらを見てますが、距離があるので逃げません。こちらが動く気配がないと分かると草を食べ始め、シャッター音がするとまたこちらを見るの繰り返し(笑)

彼らの真横あたりに、車が出入りする通路があるので、道路に戻ってそこへ、そっと移動
丁度、その出入口辺りから民家が数軒続いていて、路駐の車があったので、それを背景にして道路越しに撮影すると
b0346568_14584480.jpg
200mm  f/5.6 1/400 ISO:800
先ほどより近くなった分、大きく写ってます
しかも、シャッター音がしても、こちらに気が付きません(笑)  車をバックに立ってい居るので、分からないようです
b0346568_15011724.jpg
200mm  f/5.6 1/400 ISO:800
あらぬ方向を探しています(笑)
そこで、道路を横切って、樹木の陰からの撮影に挑戦することに
b0346568_15042166.jpg
200mm  f/5.6 1/500 ISO:800
さらに、大きく写せてます^^
しかし、シャッター音で、確実にこちらを向くようになりました。それなら、姿を見せてやろう!と出て行きました(笑)
b0346568_15062386.jpg
200mm  f/5.6 1/320 ISO:800

さすが、3匹ともカメラ目線^^  一歩踏み出した途端に、さっと退散
b0346568_15082354.jpg
200mm  f/5.6 1/400 ISO:800 トリミング

さすがD500 、高速連写でしっかり補足し、ジャンプもしっかり捉えてました

新東名の少し手前付近まで上がってくると、曇り空ではさすがに肌寒いです。なので、退散!

b0346568_15124697.jpg
200mm  f/5.6 (-0.7) 1/160 ISO:320

一瞬、雲の切れ間から日が射したその時にパチリ! 

東名まで下りてきたところ
b0346568_15163715.jpg
200mm  f/8 1/400 ISO:640
遠景は、いつもの伊豆半島。突端は、海水浴場がある大瀬崎あたり
散歩コースは、ここから左の農道へ

b0346568_15202373.jpg
200mm  f/5.6 (-0.7) 1/160 ISO:320

オクラを植えてある辺りまで下りてくると、雲がだいぶ切れてきて、陽が少し射すことも
b0346568_15252125.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/400 ISO:1000
しかし、5時近くなので、陽が射しても暗め
b0346568_15280068.jpg
200mm  f/8 (+2.0) 1/160 ISO:1000 トリミング
b0346568_15311155.jpg
200mm  f/5.6 1/250 ISO:1000

b0346568_15322306.jpg
200mm  f/11 (-1.0) 1/250 ISO:1000

撮影は5時13分、写真は実際の見た目より、暗いです^^;

西の空を見ると、雲の切れ間に夕焼けが ^^

b0346568_15345969.jpg
200mm  f/11 1/1600 ISO:800


D500 、最初の印象より、画質に関してだいぶ評価が上がりました (笑)  お天気とレンズ次第ということでしょうか

D500 のバッテリーですが、第一印象通り D810 より、だいぶ早く交換となります。D500 で交換マークが出たバッテリーを、D810 に入れえ電源チェックをすると、なんと! 残り22~24%と表示されました。どうやら、200枚連写出来なくなる辺りで交換させる仕様かと思いました。同じバッテリーでD810のおよそ3/4程度しか使用できないということになります。
だいぶ前ですが、Li イオン電池でもメモリー効果はあると、専門家から聞いたことがあり、気になるところです。(口だけで、実際は一切気にしませんが・・・爆)

バッテリー消耗の激しい要因らしきものを自分で解釈できて、すっきりしました(笑)



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-14 22:41 | カメラ | Trackback | Comments(4)

映画 ハドソン川の奇跡



映画「ハドソン川の奇跡」、車を車検に持っていき、待ってる間に観てきました。
車検や1年点検時に映画を観ることが多いじいじ&ばあばです^^
何を観ようかと上映スケジュールを検索したら、「ハドソン川の奇跡」が丁度いい時間帯にありました

TVで予告を見て、何年か前にニュースでやってたなあと思い出し、当時、ニュースの流し読みだったのでハドソン川が凍ってたのかな?と想像したことも
何やらいわくありげなTV予告に興味が出ました。その後、ライカ大好きさんのブログで鑑賞されたという投稿が! お勧めということだったことと、ばあばも是非観たいと思っていたということで、即決(笑)


b0346568_11011499.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200m f/5.6 (+1.0) 1/125 ISO:800

原題は「Sully」。上映開始、最初に映画のタイトルを観て、ん?、日本語タイトルに何となく違和感を感じました
(「ハドソン川の奇跡」という言葉は、当時のニュースで使われていたと後で知りました)
Sullyは、機長のニックネーム

b0346568_11051615.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/5.6 1/200 ISO:100

ネタバレは良くないので内容は書きませんが、この映画は、飛行機のトラブルで乗客・乗務員155人全員が生還できた「奇跡」を描くことに焦点を当てたものではないと思いました
機長Sully の人物そのものに焦点を当てたのではないかと
トラブル発生から、わずか3分でハドソン川に着水させ、全員を救った、その判断と技術力。それは、長年のパイロットとしての実績からもたらされたものだ!と。
そうなると、日本語タイトルは違和感があります 

b0346568_11183467.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200m f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:800

監督は、クリント・イーストウッド。TV「ローハイド」やマカロニウェスタンシリーズが思い出されますが、私は俳優より監督としての作品が大好きです
今回、彼はリアリティを出すために拘ったとか。本物のエアバスを購入して撮影に使ったり、当時の管制スタッフや救助作業に携わった人たちに出演してもらったりしたとのこと。映画は緊迫したものでしたが、エンドロールで本物のSully家族と当時の乗客たちとの交流の様子が挟まれていて、それまでの緊張がほぐれとても癒れ、いい気分で映画館をあとに出来ました

b0346568_11233051.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/2.8 1/200 ISO:400


そのうちTVで放映されるでしょうから、是非、観てください! 
人の経験と技術というのは、どんなにコンピュータが発展してもかなわないものではないかと思います
結局、そのコンピュータも人が作り操作するものですから。


パイロットと言えば、昔、仕事で東京ー富山間を飛行機で往復してましたが、その富山空港というのは、立地環境から計器着陸が出来ない(珍しい?)空港です
そのため目視により離着陸しますので、パイロットの腕次第?(笑) 滑走路の手前には高速道路の橋梁があるので、それを怖がって避けようと高度を取り過ぎるととオーバーランするそうです。
富山へはベテランパイロットだけが担当するので、安心して乗っておれるとCAが話してしました
しかし、空港のすぐ横を流れている神通川の関係で濃霧が発生することが度々あり、年に何回かは使えないことがあります。
実際、私も一度、羽田に引き返されたことがありました(汗)  やはり、濃霧で、機長からアナウンスがあり、着陸を1回だけ試みるが駄目だった場合は燃料の関係で羽田に引き返すことを了解してくれと。機はぐんぐん高度を下げていくので、着陸できるのかな?と期待してましたら、急に高度を一気に上げました。あんな急上昇を経験したのは初めて。機長から再度アナウンスがあり、路面が見えたときに角度が急すぎたので諦めて引き返すと。最終便だったので、翌朝一番に増発してくれましたが、日本人は本当に我慢強いですね。誰一人文句言いません、文句言うどころかスタッフを労う言葉が!


映画館を出て狩野川沿いに、ディーラーまで歩きましたら、日本三大仇討に関係する「平作地蔵尊」というのがありました

b0346568_11462979.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4 1/30 ISO:400

歌舞伎や人形浄瑠璃の「伊賀越道中双六沼津の段」で出てくる平作爺さんが、沼津宿で茶店をやっていたところだそうです。
富士周辺は、曽我兄弟の仇討ちに関係したものは多々ありますが、鍵谷の辻に関係したものもあるとは・・・
「日本三大仇討」や「鍵谷の辻」は、大昔(笑)にNHKでドラマを観てる時に「荒木又右エ門」が登場してきて、父が教えてくれました。懐かしい~~~
大河ドラマだったかな??


D500を持ち出すときは、いつも曇りか雨。雨男ならぬ曇天カメラなのかも^^;


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-13 13:52 | Trackback | Comments(4)

燕さんに挑戦



本日、D500 で、燕の飛行撮影にチャレンジしてみました

もちろん、これまで撮影出来たためしはありません。もっとも、1回チャレンジして、あまりの速さに諦めただけのことですが(笑)

D500 のAFが速いということなので、nikon が推奨するスポーツ用設定でトライしてみました

レンズは、AF-S 70-200mmf/4G ED VR 。これなら、振り回せます^^

場所は、伊豆長岡駅近くの狩野川 (なぜ、ここかって? 理由は、別のタイトルで^^ )
ブログタイトルでは、最初からつばめを撮影するために出かけたように思えますが、実は違ってまして、たまたま狩野川の土手に上がると、沢山のつばめさんたちがお食事中でしたので、チャレンジしてみることにしたわけです。リュックを降ろしてレンズを付け替えて、さてD500 の実力や如何に!と。私には、腕はありませんので機材頼みです

なお、nikon推奨設定は、アクティブD-Lは「しない」でしたので、2枚目以降はRAW現像(Capture NX-D)でいずれも最大に設定しました(1枚目は「より強く」)
また、2枚目以降はいずれもRAW現像で +1.0eV あげました
b0346568_23452573.jpg
70mm  f/5.6 1/5000 ISO:400

遠くで捉えて、AF on 。そして、ズームアップして、必死で追いかけました。もちろん、あっという間にファインダーからいなくなってしまいます

b0346568_23533189.jpg
200mm  f/5.6 (+0.7) 1/4000 ISO:400
b0346568_23555411.jpg
200mm  f/5.6 (+0.7) 1/4000 ISO:400

これくらい大きく撮れたのは、全32枚中3枚だけ
b0346568_23582238.jpg
上の写真をトリミング

この燕さん、こちらを見ていてくれました

燕って、全身黒ではなかったのですね。首の周りだけ赤っぽくて、あとは黒とばかり思ってました (カラスの小型版かと^^; 普段、如何にきちんと見ていないことか・・・もっとも燕に限りませんが)

ところで、燕の飛行速度が如何に速いことか!
b0346568_00061384.jpg
200mm  f/5.6 (+0.7) 1/4000 ISO:400

ファインダーの左端にいってますが、ピントがほぼ合ってます。オートフォーカスエリアは「d25」、「AF-C」でAF-ON ボタン押しっぱなしですから、ピンボケでもいいはずなのですが・・・ ピンボケする前にファインダーからいなくなるくらい速いということだと、勝手に解釈しました(笑)

b0346568_00101585.jpg
上の写真をトリミング


結論

D500 のAFは、とても素晴らしい!! こんなど素人でも、なんとか撮影できました^^
ちなみに、これ以上長い望遠では、もう難しいと思います。(機会があれば、このレンズにテレコン付けてトライしてみようとは思いますが)




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-27 00:27 | カメラ | Trackback | Comments(2)

D500 と散歩  part 2

先回の続きプラスアルファで、風景写真でないものです

レンズは、TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX と AF-S 70-200mmf/4G ED VR

まずは、夕方の散歩の前、午前中に郵便局までの往復で撮影したもの
b0346568_12032364.jpg
b0346568_11310802.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  190mm f/8 1/1000 ISO:400 1枚目をトリミング

セキレイが歩いてる! とっさに撮影。SS が不足してました^^; しかもシングルポイントAFでしたが、まあまあ撮れてました(連写5枚のうち3枚でほぼピントがいってました)。D810ではこうは撮れなかったと思います(実際、これまで何度も失敗してきています) ばあばも、背景が同色でこれは無理だよ、と言ってました。 さすが、D500 だと満足(笑)

b0346568_11363533.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  160mm f/4 1/3200 ISO:400
b0346568_11371040.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  160mm f/6.3 1/800 ISO:400
b0346568_11374059.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  185mm f/4 1/1000 ISO:200
b0346568_11381299.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  70mm f/4 (-0.7) 1/320 ISO:640

次からは、夕方の散歩でのもので、レンズは TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX
b0346568_11403963.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/8 1/640 ISO:250
b0346568_11415268.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  50mm f/8 (-1.0) 1/160 ISO:250
b0346568_11423665.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/5.6 (-3.0) 1/1000 ISO:320

これは、アクティブD-L を「強め」(通常はAuto)にしました

b0346568_11462886.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/2.8 1/1000 ISO:100

b0346568_11472207.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/2.8 (-0.7) 1/320 ISO:320


Part 1 の風景でない写真もそうですが、こういう使い方でも D500 はいけそうです^^

TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX は、AF が遅くて迷いやすいと思ってましたが、D500 で使うと別物のように思えました
合焦速度はAF-S 70-200mmf/4G ED VRより劣りますが、通常使用で気になりません。D810ではヌルっとしていて気になります




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-22 23:22 | カメラ | Trackback | Comments(4)

福袋

生まれて初めて「福袋」なるものを買いました

それは、ニコンダイレクトの15周年記念福袋です
b0346568_00293505.jpg


案内メールをみて、すぐにチェックしましたら、39万円コースは私に買えというような内容でした
そこで、販売開始となる13時の5分前にスタンバイ(笑) パソコンの時計が13時になったら、すぐにクリック!
無事に買うことが出来ました。購入完了は13時4分、この時点で販売終了となってました
しかし、夕方、再度確認したら、購入できる状態になっていて、予定数量をさらに追加したのだろうと思いました
翌日、また販売終了となってましたが、また半日後には追加したようです (なお、これを書いてる時点では販売終了となってました)

ニコンダイレクトの商品詳細には、次のようにありました
「39万円コースは、大人気のD500と超望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRをメインとし、焦点距離を1.4倍に拡大するAF-S TELECONVERTER TC-14E III、レンズフィルターや液晶保護ガラス、ニコンダイレクト限定グッズが盛りだくさんのスーパーズームセットです。」

よく利用する「マップカメラ」の販売価格を調べてみました
D500 :226,990円 (これは現在の価格、注文時点より約4千円値下がりしてます)
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR : 148,500円
AF-S TELECONVERTER TC-14E III : 57,300円
レンズフィルター : 13,120円
液晶保護ガラス : 2,722円
合計 448,632円 で、58,632円 もお得ですので、購入に踏み切りました

孫たちの運動会の撮影に、もう少し長い望遠が欲しかったので、レンズとコンバーターは、来年には買おうと思っていたもの
フィルターはレンズ保護として必ずつけてますので必須アイテム。液晶保護のものも、カメラを買えば、私には必須アイテム
ということからしますと、このお得な金額はカメラ本体に対するお得な金額となることになります
そう考えますと、D500を 168,000円程度で買えるということになります。もともと、17万円くらいになれば買おうかなと思ってましたので、これは、天からのプレゼントだと飛びつきました(爆)

昨日届いたものは、次の写真です
b0346568_23534192.jpg
AF-S 35mm f/1.8G ED  f/3.5 1/20 ISO:640

商品説明に記載のなかったものは、「Nikon×MILLET カメラリュック MARCHE 23 II 15,120円」、「ND レンズペンクリーニングキット(クロス入り) 3,291円」とピンバッジでした

このリュックも、とてもタイムリーでして、(開封した)この日一番嬉しかったものです^^
もう少し大きい nikon の 「スタンダード カメラリュック」と nikon の 「FLX スリングバッグ」を日頃使い分けていますが、D500が来るにあたって、この中間くらいのリュックが必要になるなと考えていました。まさに、タイムリーでした
このリュックも考慮すると、D500 を本当安く買えたとひとりでほくそえんだじいじでした(笑)

ちなにみ、このリュックでも、D810 or D500 にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを装着したままで入れることが出来ます


とりあえず、写ることを確認ということで、何も設定せずに、ベランダから試写

b0346568_00123944.jpg
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR  200mm f/5.6 1/3200 ISO:800
b0346568_00132486.jpg
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR  500mm f/5.6 1/2500 ISO:800

いやはや、重いのなんの、参りました(汗) 手持ちは厳しそうです。ほとんど使ってなかった一脚の出番が回ってきたようです
小雨パラつくベランダからで、3.16kgもの機材を手持ちで撮影するのは初めてでしたが、手振れすることなく無事に写せたようで、一安心

b0346568_00145313.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III  280mm f/5.6 1/3200 ISO:800

コンバーターは、AF-S 70-200mmf/4G ED VR で使ってみました。これも、特に異常は無いようで一安心。


D500 の第一印象(まだ、10枚程度しか撮影してませんが)
ちと軽い?、小さい?
ファインダーは、D810より少し見難いような???
シャッター音は、聞き慣れたせいもあるのでしょうが、D810の方が私には素敵な音です。D500の方は、機械的な音という感じで、好きな音ではありません。そして、シャッターショックもD810よりある印象でした
ISOのボタン位置は、D500の方がgood。ただし、D810と同じ操作となると・・・・


孫のサッカー試合のブログにも書きましたが、D810の連写速度では小学1年生の動きでも不足でしたので、D500にはAF精度と連写に期待して購入に踏み切りました

10月の運動会に備えて、動体撮影の練習をしなくてはなりませんね しばらく忙しくなりそうです^^



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-15 21:03 | Comments(0)

スルガジョウロウホトトギス

4年前に、見そびれた(探しきれなかった?)「スルガジョウロウホトトギス」を見てきました
おおよその場所は聞いていたのですが、薄暗い渓流の対岸で、しかも当時はデジイチも持ってない頃で、咲いていても気がつかなかった可能性がありました
また、その時は、2000m近い山(毛無山)を登って下りてくる途中で見ようとしてたので、疲労もあり、一生懸命に探そうともしませんでしたが。

今回、この山域の管理人さんに、目印の場所からさらに20分くらい上がったところで沢を渡れる場所が一箇所だけあるので、そこを渡ると聞いてたことと、この植物鑑賞が目的だったので時間かかっても探すつもりで出かけて行きました

b0346568_14435839.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  27mm f/8 (-0.7) 1/500 ISO:100
目指す場所はこの奥です

b0346568_14461113.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  24mm f/4 (-0.7) 1/160 ISO:1250

2つ目の沢渡、水量が少なめだったので2つとも濡れずに渡れました。目印となる場所を出るときに時計を見て、およそ20分ほど登ったところを目指します。

少し登ったところで、もの凄く運がいいことに、下りてくる管理人さんに出会いました。挨拶して、見に来たと話しましたら、なんと!!案内してあげると!!
分かりにくいからついておいでと、管理人さんは引き返して登り始め、あれこれ話しかけてくれますが、その登るスピードにじいじとばあばは付いていくのに必死で会話どころではないのですが、頑張ってあれこれお話ししました(笑) 管理人さん、年齢は私と同じだそうですが、1000回この山に登られるそうで、あと二百四十?回登るとのこと (ひえ~~~標高差1200mもあるのに!)

十数分登ったでしょうか、道を外れて沢を渡る場所で、渡ってあそこの岩を超えて行くといいと教えてくれました。一人、松本方面から来た人が撮影してるよ、と。十数分だったのでなんとか付いていきましたが、もう少し先だったら・・・(^^;)

とてもラッキーでした 管理人さん、ありがとうございました!!

b0346568_15113973.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/2.8 (-1.0) 1/1000 ISO:1000

待望の「スルガジョウロウホトトギス」に、初の対面。ちと感激しました

b0346568_15160140.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  66mm f/2.8 (+1.0) 1/500 ISO:1000

渓谷の南側の崖にしがみつくように咲いています。陽は全く当たらない場所です。陽の当たる北側には咲いていません

b0346568_15183609.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  35mm f/8 1/60 ISO:1000

このように岩肌のわずかな土の部分に根を付けています
b0346568_15205979.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  24mm f/5.6 (-0.7) 1/60 ISO:1250
b0346568_15303543.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/4 (-0.7) 1/125 ISO:1250

こんな感じ
b0346568_15221122.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  24mm f/5.6 (-0.7) 1/80 ISO:1250

こんな感じです。  ばあばが、崖っぷちに立って望遠で狙っています^^  で、この時のばあばの作品が次の写真です
b0346568_15241289.jpg
E-M1 + M.ZUIKOED 40-150mm F2.8 PRO  150mm  f/2.8 (-1.3) 1/320 ISO:2000
葉の付き方にも特徴があるようです

b0346568_15445010.jpg
E-M1 + M.ZUIKOED 40-150mm F2.8 PRO  82mm  f/2.8 (-0.3) 1/200 ISO:500
b0346568_15455581.jpg
E-M1 + M.ZUIKOED 40-150mm F2.8 PRO  90mm  f/2.8 (+1.0) 1/200 ISO:500

こんなに近くで見れると思ってなかったので、マクロレンズは持ち出さずに望遠を持っていきました
b0346568_15335465.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm  f/8 (-0.7) 1/60 ISO:1600
b0346568_15345597.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm  f/8 (-0.7) 1/200 ISO:1600 内蔵フラッシュ



ばあばは、マクロレンズをもって来てました^^
b0346568_15470983.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/4 (-0.7) 1/125 ISO:1250
マクロで下から狙っています^^
その時の写真が次です
b0346568_15500547.jpg
E-M1 + M.ZUIKOED DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro  f/2.8 (-1.3) 1/160 ISO:1600




「スルガジョウロウホトトギス」は、いまのところここでしか確認されていません。絶滅危惧ⅠB類だとか。
なので、遠くから見に来る人が多いそうです。先に来てた人は蓼科から車できたとか。そういえば、駐車場に松本ナンバーの車がありました
管理人さん曰く、最近は種を持っていく人もいるとか。ただ、こういう環境でしか育たないそうなので育成は難しいのだろうと思います。
b0346568_15480587.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  60mm f/2.8 (-0.7) 1/400 ISO:1000

管理人さんから、もうひとつ情報が。知り合いの大学の先生が、別の場所(山梨県)で見つけたとか。もしかすると近いうちに発表されるかもとも。

b0346568_16120171.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  38mm f/8 (-0.7) 1/160 ISO:320

上の方に上がって行けば、もっと見れるのかもしれませんが、当然、踏み後も足場もありません。この方が保護されていいですね^^

b0346568_16210059.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  55mm f/8 (-0.7) 1/15 ISO:320

今年は降水量がすくないとか、沢を渡るのにはいいのですが、植物にとってはどうなのか・・・
多すぎてもがけ崩れとかあると、根こそぎ剥ぎ取られそうですし、自然というのは厳しいものですね

撮影している間はとても涼しく、風が吹くと寒いくらいでしたが、下り始めるとドッと汗が^^;
b0346568_16261896.jpg
標高800m付近の駐車場でも30℃超えてました

最後は、登り口付近に咲いていたツリフネソウです
b0346568_16280809.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/8 (-0.7) 1/400 ISO:640



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-04 20:53 | Trackback | Comments(4)

富士山時空の森

ゴールデンウイークに続いて、夏休みも長男家族が帰省してくれました。GWは箱根で遊びましたので、今回は御殿場市の「富士山時空の森」へ行ってみました
次女とその二人の息子達は来たことがあるようですが、じいじとばあばは初めての場所

富士山時空の森は、入場料は無料(施設や設備を使用する時だけ有料 温泉もあるようです)

b0346568_12042648.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  45mm f/5.6 (-0.7) 1/1600 ISO:2500

第一駐車場からは、ビジターセンターの2階を通って各ゾーンへ向かいます
まずは、子供たちが一番喜ぶ「冒険の丘」へ
b0346568_12070717.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  55mm f/8 (-0.7) 1/3200 ISO:800
b0346568_13045673.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  52mm f/8 (+0.3) 1/1000 ISO:800
b0346568_13060946.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  24mm f/8 (+0.7) 1/640 ISO:800
幼児用の遊具もあります
b0346568_13072008.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  140mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:800

遊具でたっぷり汗をかいた後、「水の広場」へ
b0346568_13085505.jpg
  AF-S 70-200mmf/4G ED VR  70mm f/5.6 1/4000 ISO:800
下りてきた坂を上がって水の広場へ

b0346568_13111911.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  70mm f/8 (+0.3) 1/800 ISO:640
b0346568_13140678.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  70mm f/4 (+0.3) 1/3200 ISO:400

水遊びの後は、「溶岩広場」へショーを見学しに~
b0346568_13164389.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  52mm f/8 (-0.3) 1/1000 ISO:400

あいにく、富士山は、雲の中。この季節、富士山を昼間に見ること自体が難しいのではありますが。
ショーを楽しんだ後は、お昼ご飯を食べるために「ふれあい広場」へ
b0346568_13221123.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/8 (-0.3) 1/1000 ISO:400
b0346568_13183039.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  62mm f/8 (-0.3) 1/1250 ISO:400

ショーにエキストラ出演した最年長の孫は、もらった風船を被ってお昼ごはんへ

b0346568_13244190.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/2.8 (+0.3) 1/500 ISO:100

ふれあい広場に隣接した「まるびドーム」で昼食

b0346568_13265155.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/8 (+0.7) 1/800 ISO:320

昼食後は、広場でボール遊び。写真の左側遠景は箱根方面、真後ろが富士山。時計の左側に湯けむりが見えますが、大涌谷だと思います

b0346568_13330405.jpg
TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  70mm f/8 1/640 ISO:320
b0346568_13341018.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  70mm f/8 (+0.7) 1/800 ISO:800
b0346568_13353827.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/8 (-0.3) 1/3200 ISO:640

最後は、みんなで「だるまさんがころんだ」 子供たちも孫たちもとても楽しそうでした

b0346568_13385033.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  86mm f/8 (+0.3) 1/1000 ISO:640

ほぼ開園時間に入場し、たっぷり遊びまわって、疲れた様子なので、ビジターセンター前でかき氷を食べて、帰宅^^

ヘリの向こうの建物がビジターセンター

富士山時空の森、いわゆる観光地ではない場所にあるので、混んだ時期は少ないのではないかと思いました
次、富士山が見える秋~初冬に来て、富士山がどんな見え方するのか確認したくなりました



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-08-25 14:28 | Trackback | Comments(4)

孫たちのサッカー試合観戦

孫たちのサッカーの試合を、昨年一度だけ見たことがありますが、幼稚園児のサッカーはボールの周りに集まって集団がゾロゾロと動くだけのものでした
今回、孫たちが是非見に来てくれと言いますので、暑い中でしたが仕方ないかと出かけて行きました

小学生の試合は各学年ごとの対戦で、1チーム6人・10分間の試合でした。総当たり戦で4試合(意外にチーム数があるのでした)

小学生になると日頃の練習時間が週3日(これまでは週1日)と増えて、コーチも変わったとか

最初の試合を見てたいへん驚きました
孫たちの動きが劇的に違っていたのです。ボールを追いかける動きがさまになっていましたし、何よりボールに食らいつく勢いが全く異なりました
コーチの指導によるもののようだと母親が言ってました

b0346568_13143088.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/8 1/1600 ISO:1000
b0346568_13155428.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/8 1/1600 ISO:1000
b0346568_13165429.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  165mm f/8 1/2500 ISO:1000

小学生になると全員がそうかというと、当然そうではありません。相手チームは大半が昨年の孫たちと大して変わっていませんので、指導の仕方しだいなのでしょう
孫たちは、サッカーは楽しいが、コーチは怖いと言ってます。したがって、コーチの言うことをしっかり実践しようとするようです

双子の孫のうち、下の子は、これまで何事にも消極的で、みんなの後から追いかけていくような感じでした
それがどうでしょう。チームの中で真っ先にボールに向かって突進していきます。フライング気味で突っ込むので仲間から制止されることも(笑)

b0346568_13245340.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/8 (-0.3) 1/1250 ISO:1000
b0346568_13255305.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/8 (-0.3) 1/1250 ISO:1000

自分より大きい子にも負けていません。果敢に攻めていく姿に、彼を見直しました^^
コーチに褒められて指導され、こうなったと母親が話してました
b0346568_13401811.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/8 (-0.3) 1/2000 ISO:1000


片方、上の子は、以前から努力家で何事にも「やる」と言って挑戦するタイプ。海岸での石投げでは遠くに投げるにはどうすればいいか、バスケットボールのシュートでは届かない網にどうやれば届くようになるのか、試行錯誤の上、正しい投げ方・シュートの仕方をするようになり驚かされたことも。アスレチックにくと「全部踏破する」といって、背丈のせいで難しいところもいろいろ工夫してやり遂げてきました。(下の子はすぐに諦めてしまいますし、気に入ったところしかやりません)

で、サッカーは?というと、昨年はバックスをやってる感じでした。教えられたものではないのですが、キーパーと一緒にゴールを守るというスタイルでした。
小学生になってもそのスタイルを彼は好むようで、味方が攻めていくと一緒に相手のゴール付近まで攻めあがっていき、ボールを奪ってシュートしたりしますが、ことあると誰よりも早く自陣に戻っていきます。全体の様子から自陣が攻められる可能性がないと判断すると攻撃に参加します

b0346568_13545304.jpg
ボールが味方陣内に蹴りだされると、素早く戻り、確保します
b0346568_13561536.jpg
人のいない反対サイドにボールを持っていき、
b0346568_13572006.jpg
b0346568_14103527.jpg
そのまま攻めあがります
b0346568_14113570.jpg
b0346568_14122738.jpg
そして、シュート!

上の子の利き足は左、利き手も左です。しかし、サッカーのシュートはどちらの足でもできるようで、どっちの足で何点取ったと話します

小学1年生では、味方へパスという技はまだ出来ないようです。ただボールをキープしゴールへ向かって蹴るだけ。
ボールのキープ率は、孫たちのチームが圧倒します、したがって、試合結果も圧勝。キーパーは交代で順に担当しますが、当然、暇で仕方ありません。
b0346568_14191426.jpg
キーパーがコート中央付近まで出てきて、ボールを確保!! 当然、「ハンド」です(爆)

自陣にシュートされることがないキーパーの気持ち、分かる気がします。腕の見せ所を作りたかったのでしょう


こんな孫たちのチームでも歯が立たないチームがあるようです。そして、そのチームも勝てないチームが静岡市清水区にあるとか。その清水のチームと今度の週末に練習試合があるようですが、当然、孫たちは見に来いとは言いません。(笑) 
母親がピアノで連れていけないので我々が連れて行くことに。 今度は、撮影より、しっかり応援してこようと思います
朝8時半に清水区のグランド集合、最近ぐうたらの我々夫婦には早起きを強いられます(汗)


こういう撮影では、D810の連写速度では間が抜けてしまうことがたびたび。小学1年生程度の動きでも不足でした。画角的にも、D500 の方が向いてるのでしょうね。D810後継機の連写速度次第ではD500を検討する必要があるかもしれません。メーカーは、D810は本来こういうシーンを想定してない機種なのでしょうが、費用に限りのある私はシーン毎に機材を揃えることが出来ませんので、買える機種に何でも期待してしまいます




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-08-15 17:38 | Trackback | Comments(15)