じいじとばあばのフォトライフ

タグ:D500 ( 44 ) タグの人気記事

オオバン 来てるかな?  沼川散策





沼川にオオバンが来るのはいつ頃なのか知りません。例年、年明けしか見に行ったことがないような??

昨年、11月21日に芦ノ湖には飛来していましたので、もしかしたら?との期待と、11月頭では、まだ早すぎるかな?という思いと

機材は、D500 + AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR

沼川にたどり着くまでに、多くの被写体が^^

b0346568_11030848.jpg
330mm f/8 1/1000 ISO:400
b0346568_11044395.jpg
500mm f/8 (+0.7) 1/1600 ISO:400 トリミング
b0346568_11063442.jpg
400mm f/8 (+1.0) 1/640 ISO:400 トリミング
b0346568_11080523.jpg
410mm f/8 1/400 ISO:400 トリミング
b0346568_11560910.jpg
400mm f/8 (-0.7) 1/1000 ISO:640 トリミング
b0346568_11094467.jpg
500mm f/8 (-0.7) 1/800 ISO:800
ある会社の駐車場にスズメが沢山!
b0346568_11110215.jpg
390mm f/8 (-0.7) 1/4000 ISO:800
どの車も、フンが・・・
b0346568_11125391.jpg
320mm f/8 (-0.7) 1/2000 ISO:800 トリミング
b0346568_11133612.jpg
320mm f/8 (-0.7) 1/2000 ISO:800 トリミング
上の2枚、うまいことスズメが飛んでるのを連写できてました^^

ここまでは、絞り優先。以下は、マニュアル露出モード(ISOオート:~8000)
b0346568_11155340.jpg
500mm f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:1250

沼川にようやくたどり着きましたが、鳥の数が意外に少ないのに期待外れ^^;
b0346568_11182540.jpg
400mm f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:1600
b0346568_11192805.jpg
400mm f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:1400
オオバンがいる場所はいつも決まってますが、まだいませんでした。残念

b0346568_11534803.jpg
460mm f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:800

b0346568_11212176.jpg
410mm f/8 (+2.0) 1/1600 ISO:8000 トリミング
建物の陰だったので、ISOオートの設定最大値でしたが、ノイズはそれほど感じません
昼間の高感度撮影では、D810より優れていそうです^^
b0346568_11254573.jpg
400mm f/8 (-1.7) 1/1600 ISO:1100

オオバン!!  いました。沼川の終わりに近い当たりに 3羽
b0346568_11282369.jpg
500mm f/5.6 (+0.7) 1/1000 ISO:8000
b0346568_11295978.jpg
400mm f/5.6 (+0.7) 1/1600 ISO:8000
b0346568_11304256.jpg
500mm f/5.6 (+0.7) 1/1600 ISO:7200

もう1~2時間早く来る必要がありました。陽が傾いて建物の陰に入ってしまってました。途中で撮影しなければよかったのかもしれませんが・・・

もしかすると、この3羽のオオバンは、飛来したのではなく、ずっといたのかもしれません。かなり小型でしたので、幼鳥かも?

b0346568_11340599.jpg
500mm f/5.6 (+0.7) 1/1600 ISO:1800
これも幼鳥

12月になったら、沢山来てるかもしれません

帰りは、歩いて引き返すと真っ暗になるので、一駅だけJRで。そしたら、幸運なことに
b0346568_11364870.jpg
210mm f/5.6 (+1.0) 1/1600 ISO:8000
b0346568_11371802.jpg
370mm f/5.6 (+1.0) 1/1600 ISO:8000
b0346568_11405567.jpg
400mm f/5.6 (+1.0) 1/1600 ISO:8000
アオサギを、近距離で見て、大きく写すことが出来ました。歩いて帰っていたら通らない場所です


パノラマ台に行った翌日で、重い機材を抱えて4時間弱の散歩でしたが、多くの被写体に出会え大いに満足
前の記事の蝶の写真で、このレンズのはこの日に撮影したもの。

沼川の鳥たちが、400~500mmでどれくらいの大きさに写るのかを試すのも目的の一つで、やはり200mmのトリミングより見ごたえがありました




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-11-10 12:23 | Trackback | Comments(4)

蝶に挑戦





飛んでる蝶の撮影に成功したことが一度もありません
D500なら、可能だろうか?と思って、何度かトライしてみました

トリミング無しでいけるようにとすると、全くファインダーに捉えること自体が出来ません

写りの大きさをある程度考えながらだでも、追い続けることにはかなり難しいものがありました

鳥と違って、ジグザグに飛ぶので、被写体をかなり小さくしないとファインダーでは全く追えません

それでも、何枚かこのブログに上げる程度ならと思えるのが、写ってました(笑)

以下、すべてトリミングです

b0346568_00224066.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  210mm f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:640
2匹の蝶が争うように飛んで・・・1匹目が止まり
b0346568_00225552.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  210mm f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:640
2匹目は、通り越して
b0346568_00231066.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  210mm f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:640
無事に、他の花にありつけました^^

b0346568_00233020.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  400mm f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:640
偶然に期待して、 400mmで追跡 (笑)
b0346568_00235050.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  400mm f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:640
b0346568_00240411.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  400mm f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:640
b0346568_00242122.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  210mm f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:640

さすが、D500、なんとか、飛び上がったところをとらえてました。ピントは目にいってませんが、撮れただけで満足^^

b0346568_23435010.jpg
AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR  210mm f/5.6 1/2500 ISO:800
これも飛び上がったところ

AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR は、肉体的鍛錬にはいいかもしれません。腕や上半身だけでなく、足腰も鍛えられそうです (笑)

b0346568_23494195.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/5.6 (-0.7) 1/3200 ISO:200

止まる直前なので、うまく写ってくれたようです
こちらのレンズは軽くて振り回しやすいですが、それでも蝶はほとんど追えません (泣)


今回の撮影で、カメラの連続撮影の設定は、「低速」(5コマ/秒)
孫の運動会やサッカー以外は、つねに低速で使用してます。理由は、高速だと普通に1枚だけ撮りたい時でも2連写されてしまうことが多発するからです


なかなか満足できる撮影は出来ていませんので、この挑戦はしばらく続くと思います

200mmより400mmでの写真の方が見ごたえがありますので、重い AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR レンズも、疲れを忘れたころに持ち出すでことでしょう ^^



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-11-10 00:25 | Trackback | Comments(2)

島田市ばらの丘公園  番外編




公園の道路向かいの土産店から撮影した見取り図の写真です
いなきちさんが、私のために珈琲を買いに行っておられるときに撮影しました(笑  いなきちさん、すみません^^;)
ご自分は、ソフトクリーム頬張りながら戻ってこられました。暑かったですよね。気づかずに長い時間引っ張りまして済みませんでした(汗)

b0346568_21182558.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR + TC-14E III  280mm f/8 (-0.7) 1/500 ISO:100

見取り図だけでは、広さは分かりにくいですね  全景の写真があった方が良かったですね  失礼しました^^;


今回、バラ園では気に入るような写真になるように、撮影を繰り返したりすることにも時間がとれ、満足した日でした

b0346568_21252562.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR   70mm f/5.6 (-1.0) 1/800 ISO:640

バラは、どちらかというと、こういう形の白いのが好きです。好きだという写真が撮れてませんので、アップにしてみることに。
この写真に写ってる下のを200mmで撮影

b0346568_21273853.jpg
200mm f/5.6 (-1.0) 1/5000 ISO:640
だいぶ良くなりましたが、何か今一つのような?? いつもなら蕾があった方が好きなのですが、今回のは結果を見て右の蕾が邪魔でしたので、一番上のを撮影
b0346568_21592497.jpg
200mm f/5.6 (-1.0) 1/4000 ISO:640
これも、どうも狙った感じと違いました
それなら!!
b0346568_22012364.jpg
そう、これです! 欲しかった画はこれです  実物の見た目とは異なりますが、大いに満足しました(笑)
どうしたかは、お分かりですよね^^;  と、クイズに(笑)
目の錯覚といいますか、記憶色といいますか、実に邪魔なものです


次は、70mmと200mmの違いを改めて確認したものです
b0346568_22083111.jpg
200mm f/8 (-1.0) 1/400 ISO:640
いつものパターンですが好きな構図です^^; 

これが75mm だと (70mmまで戻しきってなかったようで ^^;)
b0346568_22103743.jpg
75mm f/8 (-1.0) 1/400 ISO:640
う~ん、やはり違いますね? 左の空いたところに人物でもいればこれでいいのでしょうけど・・・
200mmと同じ大きさくらいにトリミングしてみました
b0346568_22143552.jpg
花が同じ大きさくらいになるようにトリミング
背景が良くない感じです
それなら、開放F4でやってみると(70mmにしてます ^^)
b0346568_22160332.jpg
70mm f/4 (-1.0) 1/1600 ISO:640
b0346568_22180058.jpg
花が同じ大きさくらいになるようにトリミング
少しましになりました
しかし、(好み次第でしょうが) 200mmで撮影した方が好きです。

あとでトリミングすればいいというのは、「無し」と分かりました   これも満足しました(爆)

そうなると、出来るだけ望遠側で構図をとって撮影した方がいい!となります。200mmでも不足するケースもありそうです
そこで、福袋に入っていたテレコンを、次の機会に使ってみることに。

b0346568_22274703.jpg
TC-14E III  280mm f/8 (-0.7) 1/640 ISO:100
b0346568_22294571.jpg
TC-14E III  280mm f/8 (-0.7) 1/640 ISO:100

風景撮影では、良さそうです^^  期待できそう!?  かな???



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-11-01 21:53 | カメラ | Trackback | Comments(5)

島田市ばらの丘公園  D500 & AF-S 70-200mmf/4G ED VR 編 温室内版






島田市ばらの丘公園シリーズ、D500 & AF-S 70-200mmf/4G ED VR 編の温室内での撮影版です

温室の中でも、出入り口や窓が開放されてますので、場所によっては早めの SS が必要なところも

多くの種類のバラがあったということで、写真を羅列します。
単調な写真ですが、バラの種類が異なることでご容赦を^^

b0346568_21092699.jpg
112mm  f/8 (-0.7) 1/200 ISO:320 トリミング Standard
b0346568_21110206.jpg
140mm  f/5.6 (-0.7) 1/160 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21122821.jpg
82mm  f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:640 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_21134842.jpg
200mm  f/5.6 (-1.0) 1/2500 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21150040.jpg
200mm  f/8 (+1.3) 1/1250 ISO:640 Vivid
ピンクを強調するためにVividで

b0346568_21163626.jpg
120mm  f/8 (-1.0) 1/500 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21173842.jpg
120mm  f/8 (-1.7) 1/200 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21185395.jpg
92mm  f/8 1/640 ISO:640 Standard(カスタム)
これは、お気に入りの1枚^^

b0346568_21202899.jpg
200mm  f/8 1/800 ISO:640 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_21195988.jpg
78mm  f/8 1/125 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21221343.jpg
122mm  f/8 1/60 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21234127.jpg
122mm  f/5.6 (-0.7) 1/125 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21243292.jpg
145mm  f/5.6 (-1.0) 1/1250 ISO:640 Standard(カスタム)
b0346568_21255906.jpg
145mm  f/5.6 (-0.7) 1/1250 ISO:640 Vivid
Standard(カスタム)では花びらの色が薄すぎましたのでVividで現像

b0346568_21281025.jpg
120mm  f/4 1/400 ISO:400 Standard(カスタム)
b0346568_21301830.jpg
130mm  f/4 (-0.7) 1/4000 ISO:400 Standard(カスタム)
b0346568_21314697.jpg
110mm  f/8 (+0.7) 1/200 ISO:400 Standard(カスタム)
b0346568_21323716.jpg
110mm  f/8 (+0.7) 1/400 ISO:400 風景
背景の青みを濃くして白を目立たせるために風景で現像

温室内での撮影ではトリミングしなくて済むのがほとんどですが、建物柱など余分なものを取り除くために、いくつかはトリミングしました


実に多くの種類のバラが咲いてました。全種類を撮影したわけではありませんし、撮影したものすべてをアップしてもいません
こんなに沢山の種類のバラを300円で楽しめるのですから、ここはもの凄くお得なバラ園です。しかも、歩き回らなくて済みます^^


11月27日は、TC-CMでおなじみの「鈴木裕子」さんの二胡演奏会が予定されています(但し4000円です)
ライトアップしたバラ園で屋外演奏なら行きたいと思いましたが、建物内(レストラン)だそうで少し残念です



D500 & AF-S 70-200mmf/4G ED VR は、このバラ園で一番活躍しました
お気に入りの写真もたくさん撮れました
気楽に撮影するという意味では、この機材の組み合わせが一番です

D810 + Otus は気楽というわけには行きませんが、画優先で撮影したいという時には第一選択となります




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-31 16:47 | カメラ | Trackback | Comments(6)

島田市ばらの丘公園  D500 & AF-S 70-200mmf/4G ED VR 編 屋外版





島田市ばらの丘公園の第三弾は、予告通り(笑) D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR で撮影したものです

D500 に AF-S 70-200mmf/4G ED VR の組み合わせは、以前にも書きましたが、とても扱いやすい組み合わせです。気楽に持ち出したくなる組み合わせです。

今回も、とても軽快に撮影できました。そして好みの写真がとてもたくさん撮れました。カメラ本体とレンズとじいじの相性がいいからなのでしょう(笑)

まずは、屋外で撮影したもの
b0346568_19501801.jpg
75mm  f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:200 トリミング 風景
同じ写真をStandard(カスタム)で現像
b0346568_19545233.jpg
Standard(カスタム)
空の青さなどが自然な感じになります。どちらも白いバラの白さが綺麗です
b0346568_20111582.jpg
75mm  f/8 (-0.7) 1/1600 ISO:200 トリミング Standard
b0346568_20143504.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/640 ISO:200 トリミング 風景
赤を強調するために風景で^^
b0346568_20174139.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/1000 ISO:200 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20193924.jpg
110mm  f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:200 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20214709.jpg
200mm  f/8 (-0.3) 1/400 ISO:200 トリミング 風景
赤系統の時は、風景がいい感じ
b0346568_20282757.jpg
200mm  f/8 (-1.0) 1/3200 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20300607.jpg
110mm  f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
じいじが好む構図です^^
b0346568_20331088.jpg
200mm  f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20343736.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/1250 ISO:100 Standard(カスタム)
b0346568_20371459.jpg
105mm  f/8 (-0.7) 1/800 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_20385356.jpg
200mm  f/8 (-0.7) 1/640 ISO:100 トリミング 風景
温室の入り口。濃い黄色も風景の方がいい感じ
次回は、この温室内で撮影したものをアップします

最後に、温室出た後に撮影した屋外版を3枚
b0346568_21341261.jpg
170mm  f/4 (-0.7) 1/800 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_21374094.jpg
200mm  f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:100 トリミング Standard(カスタム)
b0346568_21392336.jpg
200mm  f/4 (-0.7) 1/1600 ISO:100 Standard(カスタム)




















[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-30 20:31 | カメラ | Trackback | Comments(5)

島田市ばらの丘公園  D500 & Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD 編



「島田市ばらの丘公園」シリーズ第二弾は、D500+Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD です

公園に着いたら、すぐにマルハナバチが1匹歓迎してくれました
芦ノ湖畔で撮影して以来かもしれません。久しぶりです

b0346568_17412417.jpg
f/5.6 (+0.3) 1/800 ISO:800 トリミング Vivid
b0346568_17571335.jpg
f/4 (-0.3) 1/6400 ISO:200 Vivid

かなり風が強い日でしたので、SSは早めに。 その風のおかげで、強い日差しの中でも撮影に時間かけることが出来ました。風が無かったら半分も撮影しないうちにギブアップしていたでしょう (笑)
b0346568_17474166.jpg
f/6.3 (+0.3) 1/2500 ISO:400 トリミング Standard

D500 の発色は、D810 よりかなり濃い印象でしたので、VividからStandardに切り替えました
D810 でStandardを使うことは少なく、基本Vividでしたので、D500でも購入後すぐにVividに変更しました。今回、初めて天気に恵まれての撮影だったからでしょうか、Vividでは違和感がありました。同じStandardでもExpeedのバージョンで異なるということですかね?
b0346568_17595123.jpg
f/8 (-1.0) 1/3200 ISO:250 Standard(カスタム)

b0346568_18023579.jpg
f/4 (-1.0) 1/5000 ISO:160 風景
Standardよりメリハリをつけるために「風景」で現像
b0346568_18065210.jpg
f/4 (-0.7) 1/4000 ISO:160 風景
b0346568_18103421.jpg
f/5.6 (-0.7) 1/2500 ISO:125 風景

バラは、被写体としては大きい方なのでマクロレンズで撮影していても窒息しそうになることがありません(笑)

D500 と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD との相性はかなり良い感じで、好きな感じの写真が撮れました

このTamronのマクロレンズ、AF-S 70-200mmf/4G ED VR ほどではないですが、D500のAFスピードに付いてきてる感じで違和感はありませんでした

午前中でマクロレンズは終わり。昼食後からは、D500 に AF-S 70-200mmf/4G ED VR を付け替え。その写真は第三弾で。



















[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-29 19:47 | カメラ | Trackback | Comments(6)

結婚式でカメラマンを頼まれました(^^;)




ばあばのお友達の結婚式で、写真を撮影してくれと頼まれました。素人にそんなこと無理だから、メインカメラマンはプロにお願いするよう強く求めました
じいじは、気楽に撮影させてもらうからと

式の数週間前に、プロのカメラマンを頼んだからとばあばに連絡がありましたので、当日は気楽な気持ちで出かけて行きました
ところが、頼んだカメラマンはビデオ撮影だったようで、写真は私とばあばが担当することになってました(汗)
開き直って、がむしゃらに撮ってきました(爆)

あ! ばあばのお友達の結婚式と言いましても、安心してください!(笑) 28歳の新婦と32歳の新郎の若い方たちの結婚式ですよ~~~(笑)
b0346568_21543660.jpg
200m f/4 (+1.0) 1/100 ISO:1250

新婦です 
5月に芦ノ湖畔西側を半周したのをアップしましたが、その時に一緒に歩いたカップルです
新婦はシンガポール国籍、新郎がシンガポール勤務時代に知り合ったそうです (新郎は愛知県人、沼津人ではありません^^)
新婦のご両親も来日され、一人娘をよろしくお願いしますと、何度も頼まれました^^

新婦は、こちらに来てから日本語学校に通ってたとのことで、もうかなり日本語で会話ができます こういう方たちの語学力は凄いですね 羨ましいです

この周辺にお住いの、ばあばのお友達(?)は、20歳前半から60歳代まで、年齢だけでなく国籍も実に多様です

b0346568_21582111.jpg
70m f/4 (+0.3) 1/125 ISO:4000

芦ノ湖畔を一緒に歩いたインドネシアの女性、新婦の親友。  
ご主人は関西人、新郎と同じ会社勤務。うちの子可愛いでしょ!?って、もう子供が可愛くて可愛くて仕方ないという状態

b0346568_15591764.jpg
70m f/4 (+0.3) 1/125 ISO:4000
新婦の友人(タイ) 神奈川から来られたとのこと
b0346568_15595244.jpg
70m f/4 (+0.3) 1/125 ISO:4000
新婦の友人(タイ)、ご主人はJapan

b0346568_16004324.jpg
160m f/4 1/250 ISO:3200

新婦の友人(上海)、ご主人(上海)は、日本の超大手自動車メーカー勤務

b0346568_16012111.jpg
160m f/4 1/200 ISO:3200
新婦の友人代表スピーチをしにシンガポールから来日

b0346568_16115659.jpg
135m f/4 1/200 ISO:3200
新婦の友人(日本)

b0346568_16225308.jpg
160m f/5.6 (+0.3) 1/1250 ISO:200
新婦の友人(USA)
やはり室内より、庭の方が良い写りです


メイン機材は、D810 + TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX にフラッシュを付けて撮影
今回のブログにアップしたのは、サブ機材の D500 と AF-S 70-200mmf/4G ED VR による写真
披露宴会場くらいの明るさであれば、サブ機材でもフラッシュ無しでまあまあいいのが撮れました



ばあばには、今回の系列のほかに、もう一つ別の系列の多国籍の方たちとの付き合いもあります

カタカナのお名前の方の話を、ばあばはバンバンするのですが、じいじには会ったとしても覚えられないカタカナの名前を聞いただけで覚えられるはずもなく、右から左へスルー。でも、ばあばは、昨日話したじゃないかと不満気に話します それも合わせて、じいじはスルー^^
幸い(笑)、かの集まりに、ばあばはじいじを誘いません。参加するわけがないことを分かってるからです(爆)
じいじは、送り迎えはしてあげますよ この前の伊豆長岡のカラオケの時のように^^

20代の女性の遊び仲間に、60代のおばさんがいるなんてことは、日本人にはほとんどない感覚ではないでしょうか
外国の方は年齢を日本人のようには意識しないのかもしれません

新郎新婦とじいじは、5月の芦ノ湖畔の時に初めて会いました。でも、彼女からすると、自分の友人の旦那さんだから、もうお友達も同然なのかもしれません
5月に初めて会ったにも拘わらず、カメラで撮影する私を見て、式に出て写真を撮って!と。 いや、そんな大事なのは責任持てないからと言っても全く意に介しません「いいからいいから撮ってね。招待状送るから」で終わりです (爆)
日本人の感覚からすると、ずうずうしいということになるのかもしれませんが、あちらではそんなことは当たり前のことなのでしょう
結婚式の前夜、お世話になるからと会食のお誘いが来ました。5月以来、2回目の面会ですが、やはりもうお友達感覚。来日したばかりの(年齢も大して変わらない)ご両親にもお友達として(?)紹介され、すっかりじいじもその気にさせられてしまいます(笑)

世代や国籍を超えてお付き合いするこの感じは、日本人も学ぶべきではないかと思います。 じいじは、もう残り少ないので遠慮しますし、ばあばのようなパワーもありません (爆)

新婦は、式の主役であったにもかかわらず、じいじとばあばにあれこれ気も使ってくれてました
乾杯の時に新郎新婦のための特別なカクテル「星空」が用意されました
b0346568_23054874.jpg
b0346568_23075866.jpg
乾杯終了後、しばらくして席に戻ると、じいじとばあばところにも同じカクテルが届いてました。もちろん、ノンアルコールで
b0346568_23084816.jpg
以上 3枚の写真は、D810 + TOKINA AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

新婦が手配してくれました (感謝!)    

最後に、彼女のお父さんに、また、日本でお会いしましょうと言いましたら、何年先になるか分からないけど、と
そして、娘をよろしく頼みますと、しっかりと手を握られました
一人娘を遠い異国に嫁に出す親の気持ちを思うと・・・・複雑です



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-20 23:15 | Trackback | Comments(6)

映画 ハドソン川の奇跡



映画「ハドソン川の奇跡」、車を車検に持っていき、待ってる間に観てきました。
車検や1年点検時に映画を観ることが多いじいじ&ばあばです^^
何を観ようかと上映スケジュールを検索したら、「ハドソン川の奇跡」が丁度いい時間帯にありました

TVで予告を見て、何年か前にニュースでやってたなあと思い出し、当時、ニュースの流し読みだったのでハドソン川が凍ってたのかな?と想像したことも
何やらいわくありげなTV予告に興味が出ました。その後、ライカ大好きさんのブログで鑑賞されたという投稿が! お勧めということだったことと、ばあばも是非観たいと思っていたということで、即決(笑)


b0346568_11011499.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200m f/5.6 (+1.0) 1/125 ISO:800

原題は「Sully」。上映開始、最初に映画のタイトルを観て、ん?、日本語タイトルに何となく違和感を感じました
(「ハドソン川の奇跡」という言葉は、当時のニュースで使われていたと後で知りました)
Sullyは、機長のニックネーム

b0346568_11051615.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/5.6 1/200 ISO:100

ネタバレは良くないので内容は書きませんが、この映画は、飛行機のトラブルで乗客・乗務員155人全員が生還できた「奇跡」を描くことに焦点を当てたものではないと思いました
機長Sully の人物そのものに焦点を当てたのではないかと
トラブル発生から、わずか3分でハドソン川に着水させ、全員を救った、その判断と技術力。それは、長年のパイロットとしての実績からもたらされたものだ!と。
そうなると、日本語タイトルは違和感があります 

b0346568_11183467.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200m f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:800

監督は、クリント・イーストウッド。TV「ローハイド」やマカロニウェスタンシリーズが思い出されますが、私は俳優より監督としての作品が大好きです
今回、彼はリアリティを出すために拘ったとか。本物のエアバスを購入して撮影に使ったり、当時の管制スタッフや救助作業に携わった人たちに出演してもらったりしたとのこと。映画は緊迫したものでしたが、エンドロールで本物のSully家族と当時の乗客たちとの交流の様子が挟まれていて、それまでの緊張がほぐれとても癒れ、いい気分で映画館をあとに出来ました

b0346568_11233051.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/2.8 1/200 ISO:400


そのうちTVで放映されるでしょうから、是非、観てください! 
人の経験と技術というのは、どんなにコンピュータが発展してもかなわないものではないかと思います
結局、そのコンピュータも人が作り操作するものですから。


パイロットと言えば、昔、仕事で東京ー富山間を飛行機で往復してましたが、その富山空港というのは、立地環境から計器着陸が出来ない(珍しい?)空港です
そのため目視により離着陸しますので、パイロットの腕次第?(笑) 滑走路の手前には高速道路の橋梁があるので、それを怖がって避けようと高度を取り過ぎるととオーバーランするそうです。
富山へはベテランパイロットだけが担当するので、安心して乗っておれるとCAが話してしました
しかし、空港のすぐ横を流れている神通川の関係で濃霧が発生することが度々あり、年に何回かは使えないことがあります。
実際、私も一度、羽田に引き返されたことがありました(汗)  やはり、濃霧で、機長からアナウンスがあり、着陸を1回だけ試みるが駄目だった場合は燃料の関係で羽田に引き返すことを了解してくれと。機はぐんぐん高度を下げていくので、着陸できるのかな?と期待してましたら、急に高度を一気に上げました。あんな急上昇を経験したのは初めて。機長から再度アナウンスがあり、路面が見えたときに角度が急すぎたので諦めて引き返すと。最終便だったので、翌朝一番に増発してくれましたが、日本人は本当に我慢強いですね。誰一人文句言いません、文句言うどころかスタッフを労う言葉が!


映画館を出て狩野川沿いに、ディーラーまで歩きましたら、日本三大仇討に関係する「平作地蔵尊」というのがありました

b0346568_11462979.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4 1/30 ISO:400

歌舞伎や人形浄瑠璃の「伊賀越道中双六沼津の段」で出てくる平作爺さんが、沼津宿で茶店をやっていたところだそうです。
富士周辺は、曽我兄弟の仇討ちに関係したものは多々ありますが、鍵谷の辻に関係したものもあるとは・・・
「日本三大仇討」や「鍵谷の辻」は、大昔(笑)にNHKでドラマを観てる時に「荒木又右エ門」が登場してきて、父が教えてくれました。懐かしい~~~
大河ドラマだったかな??


D500を持ち出すときは、いつも曇りか雨。雨男ならぬ曇天カメラなのかも^^;


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-13 13:52 | Trackback | Comments(4)

小学校での運動会撮影にチャレンジ



さて本番の運動会です。練習の成果や如何に?^^

土曜日は雨で、日曜日に順延。しかし、日曜日も朝から小雨
さらに延期すると台風が来るからでしょうか、小雨決行となりました

使い慣れてないカメラとレンズの上に、超望遠での動体撮影の経験はほとんどない、これに小雨・曇天で明るさが足りないと悪い条件が重なり・・・
娘には、保育園の時のようにはうまく撮れないと思うからと、あらかじめ言い訳する始末 ^^;

機材:D500 + AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR


まずは「個走」 (入場行進やラジオ体操では、どこにいるのかさっぱり分からず撮影できず・・・泣)
あらかじめ何番目の何コースと娘から情報があったので落ち着いて撮影に専念できました(笑)

b0346568_21281790.jpg
D500  240mm  f/8 (+0.7) 1/1000 ISO:1000
b0346568_21325716.jpg
D500  230mm  f/8 (+0.7) 1/800 ISO:1000

液晶で確認して、何とか撮れてたので一先ず安心。こちらの孫は、普段の練習では2着ばかりだったとか、それで本番では勝ちたいと思って一生懸命走ったと1位になったことをとても喜んでました。そして、そうやって頑張ったことを娘やばあば&じいじもしっかり褒めました^^
保育園の時も早い方だったので、個走の結果に普通に1位だとばかり思ってた じいじ でしたが、孫からするとリレーに選抜されなかった悔しさが余程強くあったのだと分かりました
それにしてもぶっちぎりの1番なのに、なぜ練習で勝てなかったのか不思議です^^;

b0346568_21375070.jpg
D500  240mm  f/8 (+0.7) 1/1250 ISO:1000

もう一人の方は、保育園時代いつも一番、そして小学生になっても選抜対抗リレーの選手に選ばれましたので、じいじは1位で来て当然と思って焦ることなく撮影^^
この組には女の子が二人、背の低い順に走ったそうです。2位は女の子、小学生時代は女性の成長の方が速いですから、孫たち来年か再来年はこの女の子に勝てないかもしれないと、じいじは密かに思ったりしました。(当然、娘にも孫にもそんな話はしません)

次に「表現」。昔はダンスとかお遊戯とか言ってなかったかな???
b0346568_21425957.jpg
D500  500mm  f/8 (+0.3) 1/1000 ISO:640
b0346568_21471642.jpg
D500  270mm  f/8 (+0.3) 1/1000 ISO:640

じいじの子供たちの誰かの同級生の男の子が、ダンスなんて男のやるものじゃないと言って、競技の間中、何もせずに立ったままだったというのを思い出しました。今頃、30代になってるわけですが、どういう人物になったのだろうかと急に思いました(笑)

この頃になると、ほぼ雨も上がり、ほんの少しだけ空も明るくなってきました。ここまで予想外に撮れてるのにびっくり。

対抗リレーに出ない人たちによる球技をやって、いよいよ「選抜対抗リレー(1~3年生の部)」。4チーム(概ねクラス別)で競います
1年生の孫は先頭なので、撮影には好都合です。走るのは半周の50m

b0346568_21503633.jpg
D500  200mm  f/5.6 (+0.3) 1/1600 ISO:640
b0346568_21515795.jpg
D500  200mm  f/5.6 (+0.3) 1/1600 ISO:640
b0346568_21521240.jpg
D500  200mm  f/5.6 (+0.3) 1/1600 ISO:640

D500のAF、もの凄いです。保育園時代の D810+AF-S 70-200mmf/4G ED VR では、2・3枚目くらいに正面に来ると追い切れないこともありピンボケをかなり連発してましたが、D500 は全く外しませんでした。しかももの凄く重いレンズなのにお見事です。
さらに、この時のAFエリアはd25ではなく、シングル。(個走の時は、マニュアルに従ってd25 笑)

ついでに、上級生のも
b0346568_22083922.jpg
D500  290mm  f/5.6 (+0.3) 1/2500 ISO:640
b0346568_22091728.jpg
D500  290mm  f/5.6 (+0.3) 1/2500 ISO:640

追えてます^^。 孫たちのチームは2位
ちなみに、5~6年生の部のアンカー4人のうち3人が女性だったと、そして3人とも陸上部員でめちゃくっちゃ速かったと娘が話してました。やはり、じいじの予想は当たりそうです^^;   じいじとばあばは、孫たちの出番が終わったら疲労困憊で、3つを残して帰宅しました(爆)

午後の部は「玉入れ」だけ
b0346568_13334197.jpg
D500  200mm  f/5.6 (+0.7) 1/1600 ISO:640
b0346568_23430267.jpg
D500  200mm  f/5.6 (+0.5) 1/1000 ISO:640
b0346568_23434256.jpg
D500  390mm  f/5.6 (+0.5) 1/800 ISO:640

小学校の200mトラックでの運動会では、この機材では少し長すぎる場面もありました
D810 にこのレンズで十分だったと思います。しかし、D810ではAF性能と連写速度が弱いです。途中、「表現」でもっと短い焦点距離が必要だったのでD810と70-200を使いましたが、連写速度、え!こんなに遅かったっけ?と驚きました。10枚/秒を経験すると遅いのには戻れ無くなるのかもしれません。スポーツや速く動くものの撮影では、高速な連写は必要ですね~

最後に、4年生の「表現」がなかなか面白かったので・・・
b0346568_23595452.jpg
D500  500mm  f/8 (+0.5) 1/500 ISO:640
足腰が痛くなりそうなポーズです
b0346568_00002743.jpg
D500  500mm  f/8 (+0.5) 1/500 ISO:640
b0346568_00005858.jpg
D500  200mm  f/5.6 (+0.5) 1/1000 ISO:640
とても力と気合の入った表現でした パチパチパチ



D500 、動体撮影では、予想以上のものがありとても助かりました。孫たちの運動の撮影が楽しくなりそうです

D810 後継機に、この性能が装備されれば鬼に金棒なのだと思います。しかし、運動会で半日担いで撮影するとなると、D810ではなく、より軽量コンパクトなD500を選択することにます。運動会撮影でD810ほどの画素数といいますか、描画性能は必要ありませんし。

今月末に、孫のサッカーの試合が入ったと連絡が来ました。サッカーは、運動会よりは楽に撮影できるのではないかと思えます
また、この機材で楽しめそうです





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-04 21:37 | カメラ | Trackback | Comments(10)

小学校の運動会に備えて 練習

燕さんに挑戦する前日の日曜日、孫たちの運動会の撮影のために購入した「D500 + AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6 ED VR」で動きものの撮影の練習に出かけました

場所は、千本海岸で、被写体は鳶 

15時半過ぎに出かけて行きましたら、千本海岸近くになると渋滞してます。トライアスロン大会とか、何か大会があったのかな?と思い、仕方なく近くの有料駐車場に止めて歩きました。千本浜公園に入り、犬の散歩に来ていた人に、渋滞してますが何か大会があったのですか?と尋ねましたら、ポケモンGO とのお返事
なぬ!! 酷い! 憩いの場所に、なんてことだ・・・・

公園を海岸へ向かって進むと、いるいる、石川啄木記念碑などに大勢の人が群がってました
海岸に出ても、いつもより大勢の人がスマホ見ながら防波堤を歩き回ってます
沼津の田舎でこんな調子ですから、都会の方はもっと酷い状況なのでしょうね^^;
b0346568_17155768.jpg
いつもならこの時間帯は、犬の散歩をする人、ジョギングする人、自転車や三輪車に乗った子供たち、語り合うカップルなどなど、色々な人たちが夕暮れ時をゆったりと楽しんでるのですが、たいていの人が手元のスマホを見ていて異様な雰囲気でした


さて、動体撮影の練習です
ニコン サポートサイトのダウンロードセンターにあるD500「推奨設定ガイド(スポーツAF編)」に従って設定

鳶は、燕と違ってゆっくりですから、まあまあ撮れるだろうと思ってましたが、ss が足らなかったり、明るさが足らなかったりと、なかなか思うようにはいきません

b0346568_17194752.jpg
210mm  f/8 (+1.0) 1/500 ISO:200

35mm換算で約300mm相当というのは、もの凄く大きく写るのですね。びっくりしました。これ以上アップすると富士山が画面からはみ出してしまいます。
写真の右に大きな笠雲を被った富士山が写ってます(お告げ通り?、本日午後に振り出しました^^)

b0346568_17264096.jpg
440mm f/8 (+1.0) 1/1250 ISO:400 RAW:+1.0eV、アクティブD-L より強め1
これくらいなら、まだ追いかけられます

b0346568_17301579.jpg
500mm f/8 (+1.0) 1/800 ISO:400 RAW:+1.0eV、アクティブD-L 標準
ここまで接近すると、かなりの頻度でピントが外れました。SS が足りなかったのですかね^^;

b0346568_17335208.jpg
200mm f/8 (+1.0) 1/500 ISO:400 RAW:+1.0eV、アクティブD-L 強め
何やら食べ物をゲットしてます

b0346568_17364726.jpg
500mm f/8 (+2.0) 1/320 ISO:400
b0346568_17374267.jpg
500mm f/5.6 (+2.0) 1/1600 ISO:800 RAW:+1.0eV、アクティブD-L 標準
b0346568_17391898.jpg
500mm f/5.6 (+2.0) 1/2000 ISO:800
雲が薄くなって明るくなると、俄然、撮りやすくなりますし、RAW現像で補正も不要でした

b0346568_17411338.jpg
400mm f/5.6 1/4000 ISO:800
b0346568_17431618.jpg
480mm f/5.6 (+1.0) 1/3200 ISO:800 RAW:アクティブD-L 強め

絞りを1段絞ったくらいでは、合焦にほとんど影響ないように感じました。超望遠の世界ではそんなものなのでしょうか?
SS を稼ぐために、運動会では開放(5.6)で行こうと思いました

鳶以外の被写体
b0346568_17461835.jpg
500mm f/5.6 1/1000 ISO:250
水上スキーをしばらく追いかけてみましたら、なんと、
b0346568_17481835.jpg
500mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:250
23秒後に、バランスを崩して沈んじゃいました (^^;)

b0346568_17501939.jpg
200mm f/5.6 1/800 ISO:250
対岸の伊豆半島、このレンズでは近いです。近すぎです^^;
これまでD810で200mmが最大でしたが、1.5倍の画角くらい大して違いは無いのでは?と思ってましたが、随分違うのにびっくりしました

b0346568_17544064.jpg
210mm f/8 1/400 ISO:200

このレンズ、冬に、この千本海岸から雪を被った南アルプスがどういう風に写るのだろうかと楽しみになりました

最後に、撮影が終わるのを待ってくれたばあばに感謝を込めて (ヒヒヒ)
b0346568_17571338.jpg
200mm f/8 1/1600 ISO:400


そうそう、D500 のAF微調整の自動設定は、本当に便利です。楽に設定できます。
レンズ毎に調整値は1つしか設定できませんが、このズームレンズでも、ワイド側、テレ側、中間と3点で、補正値を確認してみました
結果、+1~+2とほとんどずれはありませんでした
しかも、2回繰り返して、全く同じ数値にビックリポン。ちなみに、使い始めは乱れました。原因は、2つのボタンを同時に押して、設定開始の画面をだすのですが、そこですぐに「はい」を押したら乱れることが判明。原因は、三脚を使ってるとはいえ、画像が安定するまで待つ必要があったようです。特にテレ側では時間を空けると再現性が増しました。

唯一不便なところは、調整値を確認するためには、そのレンズを装着しないと見れない点です。リストで見れるようにしてくれるといいのですが・・・まあ、その機能があってもあまり使い道はありませんけどね(爆)



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-28 18:29 | カメラ | Trackback | Comments(6)