「ほっ」と。キャンペーン

じいじとばあばのフォトライフ

タグ:SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO ( 18 ) タグの人気記事

浮島ヶ原自然公園  ナヨナヨワスレナグサ、その他

ここ浮島ヶ原自然公園は、小さな公園ですが、ほんとうに多くの種類の草花があります
この日も沢山咲いていましたが、時間的に全部を撮影する分けにも行かず、気になったものだけ撮って来ました

ナヨナヨワスレナグサ、おかしな名前にどんな花かと気になりました
周囲にもたれかかって育つからナヨナヨと名づけられたとのこと。ヨーロッパからの帰化植物とのことですが、日本ではここから沼津にかけての田園にしかないとも書かれてました。花先だけ見るとキュウリグサとそっくりだそうですが、背丈がこちらの方が遥かに高いとのこと。

D810 + SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO

b0346568_11312875.jpg
f/16 (-0.7) 1/250 ISO:1000 トリミング
蕾にピント
b0346568_11332752.jpg
f/8 (-0.7) 1/1000 ISO:1000 トリミング
b0346568_11343069.jpg
f/16 (-0.7) 1/400 ISO:1000 トリミング

つづいて
b0346568_11373843.jpg
b0346568_11382693.jpg
f/8 1/125 ISO:640
b0346568_11392603.jpg
上の写真のトリミング

太陽を一杯に受けた黄色い花(→キショウブとのこと)。黄色を出すと、実際の周りの明るさが失われてしまいました。難しい被写体です
b0346568_11350883.jpg
f/11 (-0.7) 1/1000 ISO:800 トリミング
b0346568_11413222.jpg
f/11 (-0.7) 1/1000 ISO:800 トリミング

名前不明、あとでばあばが教えてくれるかな?(→アメリカフウロだそうです)
b0346568_11431630.jpg
f/5.6 1/320 ISO:1000

最後のタイトル「わーい、でっかい花だ! ん? 蜜はどこだ?」
b0346568_11512296.jpg
しゃがみこんで撮影中のばあばの背中とリュックの間に、蜂さんが潜り込んで行っては出てを何度も繰り返してました


この浮島ヶ原自然公園、数週間に一度は足を運ばないと見逃す花もありそうです
車で15分くらいのところですが、数週間に一度はなかなか難しいものがあります。他にも行きたい所もありますしね




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-18 11:50 | カメラ | Trackback | Comments(2)

浮島ヶ原自然公園  サワトラノオ

GWが終わって静かな生活に戻った最初の週末(5/8)。行きそびれていた浮島沼に、どんな花が咲いてるだろうか見に行きました。浮島沼と言って来ましたが、正確には浮島ヶ原自然公園ということを知りました(今更ですが・・・私はどうも名前を覚えるのが弱いといいますか、人の名も物の名も地名も勝手に略して頭にしまうようです。そういうのに関心が無いということなのでしょう。たまに、困ることがありますが、全く気にしていません ^^;)

サワトラノオの群落があることで、富士市指定天然記念物になったとか。サワトラノオは、九州と関東に数箇所の産地があるだけで、静岡県内ではこの浮島だけだそうです。
へ~~それならと、バチバチ撮りまくりました。機材は、D810 + SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO 、AF-S 70-200mmf/4G ED VR

b0346568_10560369.jpg
SIGAMA  f/11 (-0.3) 1/640 ISO:250
b0346568_10583283.jpg
SIGMA  f/10 (-0.3) 1/500 ISO:800 トリミング
b0346568_10590741.jpg
200mm  f/8 (-0.3) 1/800 ISO:640 トリミング
b0346568_11012433.jpg
SIGMA  f/8 (-0.3) 1/1250 ISO:640 トリミング
b0346568_11052374.jpg
SIGMA  f/11 (-0.3) 1/800 ISO:640 トリミング
ピント位置を少し奥へ
b0346568_11062261.jpg
SIGMA  f/11 (-0.3) 1/800 ISO:640 トリミング

虎の尾、尾のようだと言われればなるほどと思いますが、言われないと尾には思いは行かなかったかな^^;

貴重な植物が鑑賞できたのには満足。





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-18 11:12 | カメラ | Trackback | Comments(2)

姫の沢公園  Part 1  ニコン 1J5

GWの中日に、3家族、計10人で姫の沢公園に行きました。孫達のアスレチック遊びが目的です
28年くらい前になるでしょうか、子供達が小さい頃に来ましたが、その子達が今度は自分の子供を連れてくることになりました

ツツジはもう終わりがけで、来園者の大半は子供達のアスレチックスが目的でした

b0346568_22033905.jpg
18.5mm  f/7.1 (+0.7) 1/800 ISO:160
b0346568_22044680.jpg
18.5mm  f/7.1 1/200 ISO:400

昼食後の広場で、となりの小学生のお兄ちゃんがシャボン玉で遊び始め、それを追いかける1歳の孫。そのお兄ちゃん、なかなかしっかりした子で、幼児としっかり遊んでくれました。感謝!
その子は、長野からおじいさんおばあさんのところに遊びに来てて、みんなでここへ。丁度、我々と同じような感じだったようです。その子の親も小さい頃に良く来たのではないかと思いました
b0346568_22094630.jpg
18.5mm  f/7.1 1/250 ISO:280
b0346568_22104615.jpg
150mm  f/5  1/500 ISO:320
SIGAMの150mmマクロを付けてみました。AFは動くのですが、かなり後ピンでした。MFでしか使えません
b0346568_22123759.jpg
150mm  f/6.3 1/500 ISO:320
このレンズも、、もうニコワンでは使わないでしょう

b0346568_22145669.jpg
18.5mm  f/6.3 1/250 ISO:280 トリミング

小さい・軽いというメリットを生かすには専用レンズを使うのが一番ですね
キットレンズの10-30mmズームも、新設計で昨年発売となりだいぶ良くなったそうです
同様に、昨年発売された 70-300mm に俄然興味が沸いてきました
32mm f/1.2 はボケがいいと宣伝してますが、ボケはD810で十分ですのでパスです

[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-11 22:26 | カメラ | Trackback | Comments(6)

箱根 湯坂路へ  Part 3

湯坂路入り口から、この浅間山までが草花の宝庫でした。ここから、湯元までもそれなりにはある(伊豆より遥かに豊富←しつこい)のですが、ここまでの強烈な印象のためにイメージが悪く思えてしまうだけだと思います
b0346568_10290898.jpg
1J5  18.5mm  f/7.1 1/320 ISO:320
しかし、樹木は変わらず豊富です。このルートは秋の紅葉も良さそうです。たくさんのカエデが迎えてくれるでしょう
b0346568_10351248.jpg
D810  150mm  f/11 (-0.7) 1/3200 ISO:640 トリミング
b0346568_12510618.jpg

D810  150mm  f/11 1/1000 ISO:800 トリミング
b0346568_10394977.jpg
D810  150mm  f/11 1/1250 ISO:800
ヤマザクラは2種類あるとか、すれ違った方が教えてくれました。 が、よく分からず・・・・
桜吹雪が突然、カメラを構えてる間にかなたへ(泣) 目にはしっかり焼きつきましたが。

b0346568_10433376.jpg
D810  150mm  f/16 (+0.7) 1/640 ISO:1000
b0346568_10455948.jpg
D810  150mm  f/16 (+0.7) 1/1000 ISO:1250
b0346568_10485253.jpg
D810  150mm  f/7.1 1/250 ISO:1000 トリミング
b0346568_10494640.jpg
D810  150mm  f/7.1 (-0.7) 1/400 ISO:1000
b0346568_10520757.jpg
D810  150mm  f/11 (-0.3) 1/2500 ISO:1000 トリミング
b0346568_10531023.jpg
D810  150mm  f/16 (-1.0) 1/500 ISO:1000 トリミング

このルートには、野鳥も豊富なようです。ず~っと、鳴き声が聞こえてましたし、時々、飛ぶ姿も。
聞いたことの無い鳴き声の鳥が縄張り争いでしょうか、追い掛け回してましたが、運よく1枚だけ撮る事ができました
初めて見る鳥です。何という名前なのでしょうか?
それにしても奇妙な鳴き声の鳥でした。声のイメージからすると始祖鳥か?と。もちろん、始祖鳥、見たことも聞いたこともないですが
ギャーギャーいうような声だったのは、追い回してたからだと思いますが。
b0346568_10584481.jpg
D810  150mm  f/11 (-0.3) 1/2500 ISO:1000 トリミング
大きさは、ヒヨドリかそれより少し大きめの感じでした
野鳥さん達、いつもこういう止まり方してくれるといいのですがね。追いかけてる鳥の方を見ていて、このあと直ぐに追いかけていきました

b0346568_11021300.jpg
1J5 18.5mm  f/7.1 (+0.7) 1/200 ISO:400
延々と下りが続きます。逆コースでなくて良かった^^
b0346568_11040290.jpg
D810  150mm  f/7.1 (+0.3) 1/250 ISO:1250 トリミング
ここのヘビイチゴの花は大きめ。実も大きいのか?
(あまりに大きいので、ニシキヘビイチゴといったら、ばっかじゃない、と後から声が・・・)
(投稿後にばあばから指摘:ヘビイチゴは黄色で、これはクサイチゴだと。声には出しませんが頭の中で、ばっかじゃない、と叫んだに違いありません)
(ちなみに、ばっかじゃない、は最近のドラマの影響で我々の中で流行ってます)
b0346568_11071462.jpg
1J5 18.5mm  f/3.5 1/125 ISO:560
b0346568_11084544.jpg
D810  150mm  f/5 1/400 ISO:2500 トリミング
b0346568_11104915.jpg
1J5 15mm  f/7.1 1/250 ISO:200
b0346568_11120390.jpg
1J5 13.4mm  f/4 1/100 ISO:160
石畳が2箇所残ってます。写真は湯元側のもので、こちらのは新しいもののようです。もう一つは鷹巣山(鷹巣城址)付近。
湯坂路は、鎌倉古道とも呼ばれるそうで、もうひとつの石畳は鎌倉時代からのもの???
b0346568_11154348.jpg
1J5 10mm  f/7.1 1/30 ISO:1600
こちらの湯坂城址は室町時代とか、何も残ってませんでしたが・・・・

無事に湯坂路を踏破! バス停に付いたら直ぐにバスが^^。13時は5~10分置きと豊富でした
渋滞もなく元箱根に、行きは白人やチャイナなど観光客が大きなトランクを持って乗り込んで来ましたが、帰りは軽装の日本人だけ。で、スムーズでした^^

元箱根で箱根パンを息子家族と楽しむために買うというので、手前で下車。そこから駐車場へ大きなパンの紙袋を提げて歩きました

b0346568_11230241.jpg
1J5 10mm  f/4 1/320 ISO:160
b0346568_11234214.jpg
D810  150mm  f/5.6 (+0.7) 1/2000 ISO:800
b0346568_11245276.jpg
1J5 16.5mm  f/4.5 1/400 ISO:160
b0346568_11264118.jpg
D810  150mm  f/11 (-0.7) 1/1000 ISO:500
とても大きなドウダンツツジにびっくり! 背丈は2m以上、こんな大きいのは初めてみました。
b0346568_11285479.jpg
D810  150mm  f/5 (-1.0) 1/640 ISO:1250 トリミング

最後は、ばあばがこんなところに!と、撮影しろといわれたもの。恩賜公園の水辺で。
日陰で黄色でと、撮影対象としては、私にとってかなりの難物で、何枚もののなかからなんとか見た目に近いものが撮れてました^^

大満足の箱根路、毎年、箱根は残念なことが無いところです





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-09 12:47 | カメラ | Trackback | Comments(2)

箱根 湯坂路へ  Part 2

箱根町からバスで湯坂路入り口まで行き、そこから箱根湯本まで散策
帰りは、湯元からバスで元箱根まで行って、箱根パンを買って駐車場まで歩きました

機材は、D810と1J5、SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO、1 NIKKOR 18.5mm f/1.8、など

国道1号線の湯坂路入り口バス停から、湯坂路の入り口までは20mほど
なんと、この距離、10分以上かかってしまいました
ばあばが樹木の前に立ち止まり、あれを撮れ、これを撮れと指図します

b0346568_23375908.jpg
1J5 18.5mm  f/2.5 1/400 ISO:160
b0346568_23384609.jpg
1J5 18.5mm  f/2.5 1/250 ISO:280
b0346568_23391639.jpg
D810 85mm  f/11 1/640 ISO:500

湯坂路に入ったら、今度は草植物が待ち構えてました
さきほどよりもさらにスローペースになるほど豊富に。どこやら(八丁池付近とか)の天城高原とはえらい違いです
箱根にはシカはいないのでしょうか? 食べられた痕跡もシカの糞も見当たりませんでした

小田貫湿原にもポツポツと咲いていたクサボケ、ここでは群生してました

D810 と 1J5 を比較する形式でアップしてみました
b0346568_23401609.jpg
D810 150mm  f/16 1/320 ISO:500
b0346568_23450513.jpg
1J5 18.5mm  f/5.6 1/640 ISO:160
b0346568_23461437.jpg
D810 150mm  f/16 (-1.0) 1/1000 ISO:800  トリミング
b0346568_23463225.jpg
1J5 18.5mm  f/2.5 1/6400 ISO:160
b0346568_23470080.jpg
D810 150mm  f/16 (-1.0) 1/2500 ISO:800
b0346568_09472637.jpg
1J5 18.5mm  f/7.1 1/200 ISO:400
b0346568_10115317.jpg
D810 150mm  f/18 1/200 ISO:500

b0346568_10063995.jpg
D810 150mm  f/13 1/640 ISO:640
b0346568_10082269.jpg
1J5 18.5mm  f/2.5 1/3200 ISO:160
b0346568_09485948.jpg
D810 150mm  f/11 (-0.7) 1/250 ISO:400  トリミング
b0346568_09494693.jpg
1J5 18.5mm  f/7.1 1/250 ISO:160  Amode  トリミング
ニコン 1J5 、頑張ってると思います
b0346568_09505356.jpg
1J5 18.5mm  f/5.6 1/200 ISO:160  クローズアップモード  トリミング

クリエイティブという撮影モードで、夜景やクローズアップなど多くのシーンを選べますが、このモードではRAW保存が出来ません。また、ピクチャーコントロールもSTD固定です。でも、それなりにしっかり写ってくれてます。

1J5 は、シャキッと写すと誰かが書いてました。ボケはフルサイズに任せることにして、1J5はそういう使い分けをするサブ機という位置づけで。
ばあばのデジタル図鑑用には、1J5は適した機種であると思いました


D810で、シャキッとに挑戦!  D810、素晴らしいカメラだと、あらためて思いました
b0346568_09593848.jpg
D810 150mm  f/16 (-0.7) 1/1000 ISO:640  トリミング


Part 3 へ






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-09 10:23 | カメラ | Trackback | Comments(2)

田貫湖~小田貫湿原  Nikon D810  Part 3  いろいろ


田貫湖~小田貫湿原シリーズの最後です

この日は、たくさん撮影しました (なにせ、平均時速1.5kmの速度での散策でしたのでw)
ばあば、初対面のものもあって、収穫の多い一日でした (伊豆半島とはえらい違いです ← しつこいですね)

何があるのか分からないので、レンズは50mm以外、4本持って行きましたが、使ったのはほとんどマクロだけ^^;
レンズは、150mmマクロです
b0346568_18103467.jpg
キュウリグサ  f/11 1/500 ISO:640
中心の白い部分、老人の肉眼では全く解像度が足らずにこういうふうには見ることが出来ません
b0346568_18203310.jpg
f/11 1/400 ISO:320
b0346568_18220931.jpg
サルトリイバラ  f/11 1/400 ISO:640
b0346568_18233671.jpg
ニリンソウ  f/11 1/160 ISO:1000
b0346568_18244195.jpg
クロモジ  f/16 1/250 ISO:2000
b0346568_18253699.jpg
不明  f/8 1/250 ISO:2000
b0346568_18261633.jpg
クサイチゴ  f/8 1/640 ISO:1000
b0346568_18271271.jpg
メギ  f/8 1/400 ISO:400
b0346568_18282853.jpg
ハコネグミ  f/8 1/100 ISO:400
b0346568_18291270.jpg
f/8 1/320 ISO:400
b0346568_18294621.jpg
アケビ  f/6.3 (+0.7) 1/800 ISO:500
b0346568_18304119.jpg
クサボケ  f/7.0 1/1000 ISO:640
b0346568_18375407.jpg
f/9 1/640 ISO:640
最後は、風景写真。曇りで、しかも少しかすんだ感じ。
ピクチャーコントロールで明瞭度というのを、初めて動かしてみました。Vividの明瞭度の初期値は1ですが、最大の5にしたものが上の写真です
撮って出しの写真は下のものです。建物の鮮明さがまったく変わりました。
b0346568_18380899.jpg
ニコンの講習会では、明瞭度や色合いはいじらない方がいいと教わりましたので、関知してませんでした
今回、どういうわけか分かりませんが、動かして見ました

ニコンのHPで解説がありました
http://imaging.nikon.com/lineup/microsite/picturecontrol/jp/adjustment/articulation.htm

今回の使い方は、目的にかなっていたようです。「靄(かすみ)がかかったような被写体をディテールを保ったままくっきりさせたいとき」にと書かれてました。

D810以降に発売されたカメラに搭載ということのようですので、昨年、D810が発売されてまもない講習会では、先生にはまだ馴染みが無かったのかもしれないので、いじるなということだったのかもしれません

解説のHP、これは勉強になります
もっと、はやく存在を知ってれば。ユーザーに案内メール来ていたのかも知れません。








[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-04 19:05 | カメラ | Trackback | Comments(5)

田貫湖~小田貫湿原  Nikon D810  Part 2  ツツジ

Part 2 は、ツツジ編です

b0346568_17430731.jpg
f/8 1/400 ISO:1000
b0346568_17443600.jpg
f/11 1/640 ISO:1000
b0346568_17455010.jpg
f/5 (+0.3) 1/1250 ISO:400
b0346568_17463907.jpg
f/5 1/1600 ISO:400
b0346568_17530718.jpg
f/5.6 1/2500 ISO:125
b0346568_17480426.jpg
f/5.6 (+0.3) 1/1000 ISO:125


花が大きいだけに、ピント合わせは楽ですが、表現が難しいです
その大きさをどのようなケースでどういう大きさで写せばいいのか・・・・大きさだけなら、後でトリミングすればいいのですか、なるほど・・・・
今回トリミングしたのは、最後から2番目の1枚だけ。撮影した時はいい感じと思ったのですが、ブログに貼り付けた時に引きすぎだったのでトリミングしました

撮影時に感じた印象がトリミングで変わってしまいました
旅の記録写真としては、オリジナルの方がいいのでしょうが・・・・







[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-04 18:03 | Trackback | Comments(2)

田貫湖~小田貫湿原  Nikon D810  Part 1 黄色い花

SIGMA 150mm付けたD810と1J5の2台持ちでの散策、まったく苦にならない1J5(笑)
解像性は圧倒的にD810ですが、重さもこのレンズと合わせて6.4倍と圧倒的です

まずは、Part1として、黄色い花
b0346568_17104736.jpg
f/8 1/320 ISO:2500
b0346568_17114904.jpg
f/8 (-0.3) 1/250 ISO:800
日陰の場合、それなりに色が出てくれますが、同じ日陰でも花に寄って露出補正が必要なようでした
b0346568_17180494.jpg
f/8 (-0.3) 1/200 ISO:800
このヤマブキ、順光側での日陰だともう少しマイナス補正が必要かと思います。しかし補正も大きすぎると他の色が見た目と変わってくるので悩ましいところです
次のは、スポット測光で撮影
b0346568_17400458.jpg
スポット測光 f/8 1/250 ISO:800
とりあえず、スポット測光で撮影すると露出補正は考えなくても良さそうです
b0346568_17324267.jpg
スポット測光 f/8 1/800 ISO:800
b0346568_17333545.jpg
スポット測光 f/11 1/250 ISO:800
スポット測光は、黄色系の色を出すには便利ですが、全体に暗くなりすぎです


結局、黄色は撮影が難しいという結論に変化は無しということに(汗)



5月6日 追加  
最後の写真でピクチャーコントロールをStandardに変更し、彩度を+1としてみました
葉の緑やしべの色など全体が、見た目の色に近いものになった気がします
b0346568_12002821.jpg










[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-05-04 17:40 | カメラ | Trackback | Comments(2)

浮島沼

つづいて、浮島沼

b0346568_00011576.jpg
アメリカフウロ f/18 (-0.3) 1/250 ISO:1000 トリミング
b0346568_00020361.jpg
f/11 (-0.3) 1/400 ISO:1000 トリミング
b0346568_00025242.jpg
 コメツブツメクサ f/11 (-0.3) 1/200 ISO:1000 トリミング

晴天での黄色の小さい花は、私にはかなり難しい被写体です。条件少し変えてみましたが、どれも今一つ。対象への向き合い方に工夫がいるのか?などど試行錯誤継続中。
b0346568_00032613.jpg
ベニシジミ? f/8 (-0.3) 1/400 ISO:500
撮影していたら、今度は、ベニシジミ?が来てくれました。

b0346568_00050336.jpg
ムラサキサギゴケ f/8 (-0.3) 1/640 ISO:500 トリミング
b0346568_00053428.jpg
コオニタビラコの残骸? f/13 (-0.3) 1/500 ISO:1000 トリミング

ばあばが、見たいと思ってきたコオニタビラコは、もう終わってました。残骸を管理棟の若い人が見つけてくれました。
春の七草の一つとか。管理人さんは、あっちの田んぼに行けば咲いてるのが見つかるのでは?と言ってくれましたが、孫達のお迎えの時間もあり、来年は3月に来ることにしました。










[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-04-30 22:40 | カメラ | Trackback | Comments(2)

散歩の帰りに

ハナミズキの撮影時間より、帰りの時間が遥かに長くかかりました
行く時は素通りだった民家の庭先や歩道の花壇の花を撮影しながら帰宅

b0346568_23373663.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/1000 ISO:500 トリミング
b0346568_23383562.jpg
f/11 1/500 ISO:640 トリミング
b0346568_23393110.jpg
f/5 (-0.7) 1/800 ISO:320 トリミング
b0346568_23400416.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/800 ISO:320 トリミング
動物病院の駐車場に植えてある植木鉢の陰にあったこの花を、しゃがんでいつまでも撮影していたら、軽トラで待っていたおじさんが近づいてきて覗き込み、ああ~そこにも花があるんだ!と、何を撮ってるのか気になったらしいです^^ 花を大きく写せるのですよと、等倍で見せたら、へ~~こんなに大きく写るんだ!と物凄く驚いてくれました。

b0346568_23464157.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/640 ISO:320 トリミング
撮影していたら、蜂?さんが来てくれ、益々帰りが遅くなってしまいました
b0346568_23480623.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/640 ISO:320 トリミング
花粉を虫達が運ぶというのを、小学校で教わるのでしょうか?今頃になって、こういうふうにして運んでるのだなあと今更ながら実態を観察。
b0346568_23510787.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/640 ISO:320 トリミング
雄しべに蜜があるのでしょうか?雄しべに喰らい付いていました
b0346568_23522623.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/1600 ISO:640 トリミング
b0346568_23530985.jpg
f/11 1/640 ISO:1000
b0346568_23535536.jpg
f/7.1 (-0.3) 1/1250 ISO:800
b0346568_23543169.jpg
f/7.1 (-0.7) 1/1000 ISO:800


このあと、帰宅して、車で浮島沼へ。近場を、よく出歩いた一日でした。







[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2015-04-29 00:00 | カメラ | Trackback | Comments(5)