「ほっ」と。キャンペーン

じいじとばあばのフォトライフ

タグ:SP 15-30mm F2.8 Di VC USD ( 18 ) タグの人気記事

新幹線と富士山







子供たちが幼児の頃に、新幹線を見によく連れて行った場所があります
車で20分ほどの富士市の田んぼの中ですが、特に、息子が興奮して喜ぶので、時々足を延ばしてました
子供たちが大きくなってからは、当然ですが行かなくなりましたが、デジイチを手にしてから一度は行かなくてはとずっと思ってきました

西高東低の気圧配置がくずれて、高気圧に覆われるとこの辺りは俄然天候が良くなります
日曜日に、孫たちのサッカー試合の試合で富士市の山奥まで出かけて行きましたが、午前中は360度全天雲一つない完璧な快晴!
翌日も同じような天候になりそうで、これはチャンスと期待しました

予想通り、当日も、快晴

b0346568_22545363.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560 トリミング
b0346568_22561450.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560 トリミング

2枚目の写真、ぱっと見分かりにくいですが、上下線の新幹線が重なっています。
次のD810での写真も、すれ違っています
b0346568_23062387.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:400

こちらでは2つの新幹線の「A」の文字の大きさが違います。どちらもN700Aタイプですが、奥の上りの新幹線は新型のN700Aタイプ、手前の下りは改造型N700Aだそうです

b0346568_23002308.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560
b0346568_23120191.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:560
桜の花が咲いたとき、このアングルは良いかもしれません

b0346568_23020217.jpg
D500 AF-S 70-200mmf/4G ED VR  85mm f/11 (-0.7) 1/4000 ISO:720
画面いっぱいに入れて撮影

ちなみに、この日は、デジイチを手にしたジジババが沢山! 天気が良いからかと思いましたら、
b0346568_23144319.jpg
2時間後にドクターイエローが通るとのこと。2時間以上も前から場所取り! ^^; 凄いですね
私は2時間も待つ気はないので小一時間ほどで引き上げました。車までの僅かな距離で、カメラ抱えてこちらへ来る人と沢山すれ違いました
こんな好天に恵まれて皆さん良い写真が撮れたことでしょう


富士山以外の背景での新幹線
b0346568_23224166.jpg
D500 AF-S 70-200mmf/4G ED VR  145mm f/11 (-0.7) 1/4000 ISO:800
b0346568_23232271.jpg
D500 AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200mm f/11 (-0.7) 1/4000 ISO:400
b0346568_23260223.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:450
雪を被った中央の山は、南アルプスの荒川岳

b0346568_23304382.jpg
D810 Otus 1.4/85  f/8 (-0.7) 1/5000 ISO:900
背景は愛鷹山(愛鷹山塊)


念願だった写真が撮れて満足しました。もっと早い時期で富士山が真っ白な時に撮影すると、もっといいのかもしれません





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2017-02-13 23:40 | Trackback | Comments(0)

孫  山登り初挑戦





我々がよく山に行くので、孫たちも行ってみたいとか。よほど楽しいところなんだろうと思ったに違いありません(笑)
そこで、小学1年生でも楽に登れる「パノラマ台」に連れて行きました。ここは数えられないくらい登ったところで、直近では一昨年の11月23日にD7100とD810と三脚を担いで登ってました
今回は20日も早かったためか紅葉は、まだまだでした。その分、撮影より孫の山歩きに集中できたので良かった^^

歩行距離は長くなりますが、危険個所が少ない本栖湖側から登ることに。家を出て本栖湖の駐車場に着くまで孫たちは爆睡(笑)

機材:D810 + Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  &  D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR

b0346568_23370357.jpg
D810 30mm f/6.3 1/400 ISO:100

快晴の本栖湖です。とてもいい天気でした。夜に降った雨のおかげで、南アルプスや富士山も薄っすらと雪化粧^^
b0346568_23411714.jpg
D500 110mm f/8 (-0.7) 1/1000 ISO:100
b0346568_23423300.jpg
D500 70mm f/8 (-0.7) 1/400 ISO:100
本栖湖の駐車場で撮影した2枚。この木だけ異常に赤かった

b0346568_23441670.jpg
D500 200mm f/8 1/800 ISO:500
「東海自然歩道」に入るとすぐにフジアザミの群生が。フォッサマグナ要素とのこと
b0346568_23463721.jpg
D500 200mm f/8 1/160 ISO:640

b0346568_23473950.jpg
D500 70mm f/5.6 1/200 ISO:640
登りに入りました
b0346568_23501410.jpg
D810 30mm f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:100
本栖湖です。一昨年は、樹木が紅葉した写真でした
b0346568_23521898.jpg
D500 70mm f/5.6 1/200 ISO:640
少し登ると、頻繁に腰かけるように(笑)  疲れたとか。
サッカーと異なり、単調に歩くだけは面白くないのだろうと思います。石や草を蹴飛ばしたり、枯木を拾ったりと、少しも普通に歩くことはありません(笑)
国立公園の中では、石を蹴飛ばしたり動かしたり、草木を持って行ったりしてはいけないと言うと、余計に面白く無いようで・・・(爆)

b0346568_23583426.jpg
D810 30mm f/5.6 (-0.3) 1/125 ISO:800
歩き始めて小一時間して、休憩。ばあばに飴玉貰ってご機嫌に^^
そして、そこから40分ほどで、最初のピーク(烏帽子岳)に着き、富士山を見ながらお昼ごはん
b0346568_00030533.jpg
D810 30mm f/8 (-0.3) 1/500 ISO:100
ちなみに、パノラマ台からだと
b0346568_10270982.jpg
D810 30mm f/8 1/800 ISO:200
似たようなものですが ^^;
b0346568_00045715.jpg
D810 21mm f/5.6 (+0.7) 1/640 ISO:200
登りのきつかったことも、すっかり忘れてしまったようで・・・
b0346568_00163130.jpg
D500 70mm f/8 1/500 ISO:100
着いたときは、風もほとんどなく絶好のお弁当タイム

D500にテレコンを付けて撮影すると、富士山がでかいです!
b0346568_00082040.jpg
D500 280mm f/8 1/640 ISO:100
b0346568_00093382.jpg
D500 280mm f/8 1/250 ISO:100
手前が西湖、奥が河口湖。ちなみに、次のは20mm
b0346568_00112307.jpg
D810 20mm f/8 1/400 ISO:100
左の端に、西湖と河口湖が写ってます。写真の中央は青木ヶ原樹海。このピーク(烏帽子岳)やパノラマ台からは樹海の全景を見ることが出来ます

お昼食べてると、飛行機が頻繁に飛んでいきました
b0346568_00145097.jpg
D500 70mm f/8 1/640 ISO:100

お昼済ませて、パノラマ台までは30分程度。歩き始めると風が出てきて
b0346568_00210167.jpg
D500 100mm f/8 (+0.7) 1/100 ISO:800
さすがに樹林帯に入ると冷えます。気温は標高910mくらいの駐車場で13℃くらいでしたので、木陰で風に吹かれてすぐに防寒対応^^
じいじは、少し我慢して歩けば体温上がるからと、余程じゃないと防寒対応はしませんが、少年たちは老人と違って肌が敏感ですから、頻繁に脱いだり着たり
b0346568_00011323.jpg
D500 280mm f/5.6 1/1600 ISO:800

b0346568_00302303.jpg
D810 30mm f/8 (+0.7) 1/250 ISO:200
最後に急登が待ってましたが、お腹膨らんだおかげでなんなくクリア^^
b0346568_00351380.jpg
D810 30mm f/8 1/500 ISO:200
手前の小高い山の右端がお昼を食べた最初のピーク(烏帽子岳)。そこから2つのピークはトラバース。このトラーバスするところが、一番の危険個所

b0346568_00383549.jpg
D810 15mm f/8 1/800 ISO:200
左手前に精進湖。パノラマ台からは富士五湖のうちの4湖が見えます
b0346568_00430783.jpg
D810 17mm f/14 1/400 ISO:200
b0346568_00554827.jpg
D500 100mm f/8 1/2500 ISO:100
この2枚は本栖湖
b0346568_00442285.jpg
D500 280mm f/8 1/1600 ISO:320
南アルプス。赤石岳??? たぶん^^;


b0346568_00321221.jpg
D810 24mm f/8 (+2.0) 1/250 ISO:320
山頂で、美味しいココアとおやつ、ミカンを平らげて、大満足の孫たち。下りは、一気に降りちゃいました^^

b0346568_00584691.jpg
D500 82mm f/8 1/1250 ISO:320
b0346568_01000675.jpg
D500 70mm f/4 1/800 ISO:2000

「東海自然歩道」の出入り口。駐車場まであと少し。下りの所要時間約100分を一気に歩き切った孫たち、当然、帰りの車中では、着くまで爆睡^^
じいじ、孫のいびきを聞きながらの運転でした^^

孫たち、山というところは、想像したほど楽しくはないところだと思ったでしょう
また、行くって言うのかな? 次は、どこに連れて行くか、一応、探しておくか・・・な?


b0346568_01165430.jpg
D500 145mm f/8 1/2000 ISO:640

駐車場から。出発前に撮影した2枚目よりくっきり。2枚目の写真(午前中)では、太陽はまだ富士山の向こう側。




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-11-06 11:00 | Trackback | Comments(2)

伊豆長岡  ちょこっとお散歩 Part 2

眞珠院から、守山方面へ少し歩くと「願成就院」があります。そのすぐ横に「守山八幡宮」。

b0346568_14261865.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.3) 1/200 ISO:200
この写真の右端に守山天満宮の鳥居が少しだけ写ってます(撮影した時は気が付いてません)

b0346568_14342694.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.3) 1/160 ISO:100
門の左横に何やら古めかしいものが・・・

案内板にありますように、北条時政が頼朝の奥州討伐の戦勝祈願のために建立したとの説(「吾妻鏡」より)と、寺に残る諸仏の年代から単に北条市の氏寺として創建されたとの説があるようです。諸仏の制作が奥州討伐より3年前から始まっているとか。

b0346568_14435410.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.3) 1/320 ISO:100
b0346568_14442008.jpg
運慶の名前があります。運慶というと中学か高校の教科書に出てきた南大門の金剛力士像が思い浮かびます

b0346568_14494217.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:100
b0346568_16185860.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/8 (-0.3) 1/1000 ISO:640

b0346568_14502596.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:100
b0346568_16195888.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/2 1/1000 ISO:64
1789年に建立された本堂

b0346568_14521059.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.7) 1/200 ISO:100
昭和30年代に作れられた大御堂

b0346568_14534176.jpg
なんと! 運慶の仏像は国宝でした
しかも、あとで分かったのですが、有料で拝観できたのでした(泣) 残念

「運慶-Wiki~」 によりますと、運慶作と言われるものは沢山あるそうですが、真作と確認されてるものは少ないと書かれてます
真作に間違いない、すなわち国宝とされてるのは、ここ願成就院のほか、奈良・東大寺、奈良・興福寺、奈良・円城寺、神奈川・浄楽寺、神奈川・称名寺の計6か所だけとのこと。なお、願成就院の仏像の国宝指定は平成25年とありますから、つい最近のことなんですね。仏像内納入品から真作となったようです
そんな貴重なものを見過ごすとは^^;  再度、足を運ばなくては!

b0346568_15080350.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/5.6 (-0.7) 1/640 ISO:125
五百羅漢だそうです

b0346568_15120686.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 1/1250 ISO:125
b0346568_16212701.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/4 (-0.7) 1/1600 ISO:64
空は秋の感じなのに気温は30℃超え^^;

b0346568_15141762.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/4 (-0.3) 1/160 ISO:640
b0346568_16224111.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/2 1/320 ISO:200
b0346568_16252396.jpg
絞り開放でマイナス補正で撮影してみました  D810 + Otus 1.4/85 f/1.4 (-1.0) 1/1600 ISO:200
b0346568_15144719.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.7) 1/80 ISO:640
b0346568_15152168.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 (-0.7) 1/125 ISO:640
戦国時代に北条早雲によって願成就院は攻め滅ぼされたとのこと

b0346568_15154846.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/5.6 (-0.7) 1/6400 ISO:640
本堂の前の庭園。(うす暗いところから出てきて、ISOを戻すの忘れてる^^;)

b0346568_15172289.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/5.6 (-0.7) 1/1000 ISO:200
b0346568_16273810.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/4 (-1.0) 1/400 ISO:200
北条時政公のお墓

b0346568_15545748.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 30mm f/5.6 1/640 ISO:125

願成就院を出たら、1時少し前。お昼をとろうかと思いましたが、近くにそれらしきものはありません
もう一つの目的だった「守山八幡宮」がすぐ横に!

b0346568_15572406.jpg
 D810 + Otus 1.4/85 f/2 (-0.3) 1/1600 ISO:200
ピントが合ってません(汗) お腹空いていたためと言い訳します^^

b0346568_16013325.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/5.6 (-0.3) 1/320 ISO:200
頼朝がここで平家討伐の祈願をして挙兵したとあります

b0346568_16045415.jpg
D810 + Otus 1.4/85 f/5.6 (-0.3) 1/160 ISO:200
拝殿?の奥にも階段が見えます。とんでもない階段でした^^;

b0346568_16063773.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/4 (+0.3) 1/160 ISO:640
見上げたところ。一瞬、悩みました(笑)
b0346568_16080701.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/4 1/250 ISO:640
見下ろしたところ。2/3くらいのところで、一休み 。一気に登り切れませんでした^^;

b0346568_16102895.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/4 1/800 ISO:640
上の社殿? or 拝殿?
この社殿の右側から踏み後が上へ続いてました。Googleマップで道は表示されませんが、おそらく守山の山頂へ行けたのではないかと思います。お昼ごはんと残り時間が気になり、諦めました。富士山が見える天気だったら頑張っていましたが。
b0346568_16123534.jpg
D500 + SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 15mm f/4 1/400 ISO:640
八幡宮という字形が珍しいです


距離はそれほどない散歩でしたが、久しぶりの炎天下だったのですっかり日焼けしてしまいましたし、いつもの鍛錬散歩よりも汗をかいてしまいました
結局、お昼ご飯を食べる時間が無く、駐車場近くのAeonでオレンジジュースを1缶飲んだだけ

帰り道に気が付きましたが、今回歩いたのは、
b0346568_16294864.jpg
の一部だったようです。左のオレンジ色の看板には【NHK大河ドラマ 「草燃ゆる」ゆかりを尋ねる】と書いてありました




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-01 16:52 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

伊豆長岡  ちょこっとお散歩 Part 1

千本海岸で超望遠レンズ振り回した翌月曜日、ばあばが、お仲間の誕生祝を伊豆長岡のカラオケボックスでやるからと呼び出されたから行くというので、それじゃ送っていって車をお店の駐車場に止めて、待ってる間に散策してみようと、じいじは手首や肩や腰が痛いにもかかわらず出かけて行きました^^

機材は、D810 + Otus 1.4/85、D500 + Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD、AF-S 70-200mm f/4G ED VR

ばあばのカラオケの所要時間は、11時から3時間。なお、ばあばのお仲間は若い方ばかりなので、誕生会は20時までやるとのこと(汗)
お祝いをされる方はアメリカ人、言い出しっぺは、以前芦ノ湖を一緒に歩いたシンガポールの女性、その他フィリピン人などワールドワイドなグループです(笑)

すぐ近くの狩野川を渡って守山方面を散策することに。そして狩野川の土手を上がったところで、前々回の燕さんのブログとなります

b0346568_23265691.jpg
D810  Otus 1.4/85  f/4 (-0.3) 1/500 ISO:100
狩野川の橋、行きは人がいたので、帰りに撮影したもの。伊豆長岡駅は背中側。向こうは伊豆長岡温泉方面

橋を渡り終えたところに、なにやら記念碑のようなものがあり撮影してましたら、年配の方々がぞろぞろと来られ、花を添えられました
b0346568_23311692.jpg
何人かは喪服の方も
b0346568_23320698.jpg
記念碑は狩野川台風の犠牲者供養のものでした
この日、9月26日は、昭和33年に台風の大雨で狩野川が氾濫して多くの方が犠牲になられた日。この付近で亡くなられた方々の名前が刻まれてました

普通なら、川はこの辺りから海に流れ込むのでしょうが、小さな山がいくつも海岸沿いにあるために、狩野川はさらに北上してから南下して駿河湾へと流れ込みます
そのためにこの辺りから流れが緩やかになり、さらに蛇行し、支流も多くあり、溢れやすい川だったのでしょう
丁度この辺りは、上流から西へほぼ90度曲がったところです
ここから、ほんの少し下流で狩野川はぐっと曲がって北上しますが、そのカーブのところに山をくり貫いたもの凄く大きな放水路が作られています
実は、この放水路の建設中に狩野川台風の被害は発生しました。放水路の完成は被害から7年後とのこと。着工から14年かかって完成したそうです
この放水路は、一部並行して走る国道から見ることが出来ますが、その国道よりも遥かに幅のある大きなものです
福岡から出てきた頃、最初にこの放水路を見たときに、当然、普段は水はほとんどありませんし、あまりの大きさに「なんじゃこりゃ??」と、何かわからず驚きました

そこから住宅街を抜けて守屋方面へ

b0346568_23590804.jpg
D810  Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.7) 1/640 ISO:100

ある住宅の道路面のフェンスに作ってありました。幅の狭い道路でほとんど車の通行のない道路沿い。

住宅街を抜けて支流を渡ると、小さなお寺がありました。Part 1はこのお寺です

b0346568_00045656.jpg
D500 Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  19mm f/5.6 1/200 ISO:100

お寺の入り口に、当時の最高水位を示す碑がありました。地面から2m以上あります。
そういえば、さっきの橋げたに書いてある水位の指標からすると
b0346568_21291085.jpg
川底から、このお寺の最高水位まで、10m以上はあることになるのでしょうか。すさまじい水量だったのですね(汗)

b0346568_21323134.jpg
お寺の名前は「眞珠院」、案内板には「祇樹林」の別称があると書いてあります
b0346568_21360583.jpg
D810  Otus 1.4/85  f/4 (-0.3) 1/250 ISO:1000
門には、「祇樹林」とありました

敷地も狭く小さなお寺でしたが、きちんと手を入れて作り込んであり、被写体はたいへん多かったです

まずは、D500 + Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD で撮影したものから

b0346568_21404058.jpg
15mm  f/5.6 1/1000 ISO:400
b0346568_21412629.jpg
17mm  f/5.6 (-0.7) 1/500 ISO:100
b0346568_21423734.jpg
21mm  f/5.6 (-0.7) 1/200 ISO:100
b0346568_21431522.jpg
24mm  f/5.6 1/200 ISO:100
b0346568_21435372.jpg
26mm  f/5.6 1/250 ISO:100
b0346568_22384807.jpg
24mm  f/2.8 (-0.3) 1/1600 ISO:100
b0346568_21443324.jpg
26mm  f/5.6 1/250 ISO:100
頼朝に失恋して入水した伊東八重姫をまつる御堂だそうです

この広角ズームとD500は相性が良さそうです。気持ちよく写ってくれてました


次からは、D810 + Otus 1.4/85

b0346568_21465806.jpg
f/4 (-0.3) 1/1000 ISO:200
ピントは路面の左右の砂利に置いてある枯木あたり
b0346568_21474309.jpg
f/1.4 (-0.7) 1/3200 ISO:100
b0346568_21481147.jpg
f/1.4 (-0.7) 1/3200 ISO:100
上の2枚は、どちらをアップしようか決めきれなかった・・・ (汗)
b0346568_21494900.jpg
f/1.4 1/2000 ISO:100
b0346568_21501990.jpg
f/1.4 (-0.3) 1/1000 ISO:64
b0346568_21512895.jpg
f/5.6 (-0.3) 1/400 ISO:200
b0346568_21550126.jpg
f/4 (-0.7) 1/1250 ISO:200
b0346568_21555335.jpg
f/8 (-0.7) 1/200 ISO:200
b0346568_21562755.jpg
f/8 (-1.0) 1/400 ISO:640

b0346568_22014924.jpg
f/5.6 (-0.3) 1/800 ISO:200
いつもの好きな写真 ^^ この組み合わせの機材を持ち出すと、樹木・森が撮りたくなります

b0346568_22041221.jpg
f/4 (-0.3) 1/400 ISO:640  トリミング


次は、Part 2 で「願成就院」と「守山八幡宮」を尋ねた様子をアップします
こちらが散策の目的地でしたが、そこにたどり着く前に、つばめさんや水害跡地や素敵なお寺に出会いました
こういうのが散策のいいところですね^^     車で行ってたら見逃してしまってます





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-29 22:33 | カメラ | Trackback | Comments(4)

富士山の植物

7月10日に富士山の自然休養林を散策したことを、前々回に記載しました
今回は、その時に撮影した植物のアップです

レンズは、Tamorn SP 15-30mm F2.8 Di VC USD と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD の2つです

b0346568_17395050.jpg
ミヤマオトコヨモギ 30mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:125

b0346568_17431891.jpg
オンタデ 30mm f/4 (-0.3) 1/3200 ISO:125
b0346568_17440986.jpg
オンタデ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:125

b0346568_18092437.jpg
メイゲツソウ 30mm f/4 (-0.3) 1/640 ISO:125

b0346568_18100239.jpg
ミヤマハンノキ 30mm f/4 (-0.3) 1/320 ISO:125

b0346568_18103544.jpg
コタヌキラン 30mm f/5.6 (+0.7) 1/320 ISO:125

b0346568_18112449.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 1/400 ISO:200
b0346568_18124976.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:800

b0346568_18143393.jpg
コケモモ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/400 ISO:400

b0346568_18152056.jpg
ミヤマヤナギ 30mm f/5.6 (-0.5) 1/640 ISO:400

b0346568_18160432.jpg
タイツリオウギ or イワオウギ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

どちらのオウギかは、実が付いてみないと分からないそうです

以上が、標高2400~2500m、五合目から六合目を経て宝永第一火口縁までにあったものです
植物の名前は、すべて、ばあばがいつもの植物の先生に教えてもらいました

次からは、富士山自然休養林の中で撮影したものです

b0346568_18205246.jpg
名前は不明 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

名前は不明というより、ばあばが興味ない対象(菌糸類?)なので、名前を知ろうとも思わなかったものです(笑)
ただ、じいじが、一部が白色化してて面白いと思って撮影しただけです

b0346568_18242460.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/3.3 (-0.7) 1/1250 ISO:1000
b0346568_18252172.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/6.3 (-0.7) 1/320 ISO:1000

撮影のために、少しの間だけ上を向いてもらいました^^;

b0346568_18274600.jpg
コバノイチヤクソウ 90mm f/4.5 (-0.7) 1/400 ISO:500

b0346568_18284406.jpg
バイケイソウ 90mm f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

カラマツの樹林帯の中には、これくらいしか花は咲いてませんでした。時期的に遅かったのでしょうか

b0346568_19382237.jpg
ヒメシャラ 90mm f/5.6 (+0.7) 1/400 ISO:1000

じいじは、ヒメシャラの花を初めて見ました。ほとんど散ってまして、ごく一部が残っててラッキーでした

b0346568_19434992.jpg
ミヤマイボタ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

これも、白い花びらが歩道に沢山散っていて、何だろうと見上げて探したら、一部の木に残ってました

この近くに、フォッサマグナ要素のマメザクラの木があり、特徴的な葉をパチリ!
b0346568_19460743.jpg
マメザクラ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

次は、被写体として面白そうだったもの

b0346568_19503796.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_19520703.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/1250 ISO:800
b0346568_19534833.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/8000 ISO:1000
b0346568_19544736.jpg
90mm f/9 (+1.7) 1/1600 ISO:320


富士山自然休養林は、もっと早い時期に行ってみる必要があるでは?と思いました
しかし、マイカー規制が無い時期になりますので、登って下ってくる必要があります
来年のその時期までに体力を付けなければなりません ^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-22 20:34 | カメラ | Trackback | Comments(2)

毛無山(天子山塊の最高峰)

勇んでいきましたが、無残な結果だったという、恥ずかしいお話です

朝霧高原に麓というところがあり、そこから登る毛無山は、有数の急登ルートとじいじは評価しています
全国に毛無山という名の付く山は多くありますが、ここの毛無山が最高峰(1964m)だと思います。(昔、調べた限りここより高い毛無山はありませんでした)
この毛無山は、富士山を取り巻く山の中でも最高峰で、山頂までの直線距離が一番短いため、富士山を一番大きく見ることが出来ると、ある山の本に書いてありました

これまで何度も登った山で、富士山に登った回数よりも多い山です。なので、登山のおおよその予想が出来る山です
b0346568_22450920.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  18mm f/5.6 (-0.3) 1/1000 ISO:400
登山口から毛無山方面を望む 山頂は右少し奥の方で、ここからは見えません


登山口からの標高差は約1100m。急峻な直登が次から次に出てくるので、登山経験の浅い人には難ルートだと思います
40歳前後の頃、会社の若い人たちから富士山に連れて行ってと頼まれると、まず、この毛無山に登ってもらい様子を見ました。この山を3時間半以内で登れれば、富士山は5時間半もあれば登れ、下り3時間で日帰り登山が出来るからです。毛無山で時間のかかる人は、富士山は途中の山小屋泊を勧めました

b0346568_23121664.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:200
少し進むと麓宮があり、そこで登山の無事をお願いしてします

この4~5年で極端に体力が落ちているのが気になっていましたが、箱根辺りはかなり歩けたので、毛無山も行けるのでは?とばあばに唆されて(爆)挑戦しようと思い立ちました
ところがなんの、やはりだめでした。2合目過ぎたあたりで膝も痛くなり、時間かけて頂上に行けたとしても、下りが膝の痛みでまともに下りれないと判断し、不動の滝の見晴台でリタイア。ばあばは、頂上まで行けたかもしれませんが、一人で行く気にはならなかったようで、途中で引き返してきました
何度も登ってる山なのですが、ここまで体力が落ちてるとは! すっかり自信を無くしてしまいました
b0346568_23163408.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 1/500 ISO:200
麓は金山であったとのこと。今川~武田~後北条~徳川と管理が変遷してます

少しでも体力をつけてから、再度挑戦しなければ!!

b0346568_23344477.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (+0.7) 1/30 ISO:200
3合目手前の不動の滝を見下ろす見晴台

b0346568_14074229.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (-1.0) 1/200 ISO:200
不動の滝

1J5 の超望遠ズームでも撮影

b0346568_14142723.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  562mm相当 f/5.6 (-0.7) 1/320 ISO:800

b0346568_14151181.jpg

1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  313mm相当 f/5 (-0.7) 1/800 ISO:160

太陽が出てる時のこのレンズの描写はいつもながらいいなあと思います
b0346568_14172115.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  189mm相当 f/4.5 (-0.7) 1/100 ISO:800

登山道の登り方面を、ばあばがそろそろ戻ってくる頃か?と思って撮影



b0346568_00161866.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm f/5.6 (-0.3) 1/5000 ISO:640

この日は、毛無山山頂から富士山も見えたことと思われます

b0346568_00175456.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  26mm f/8 1/400 ISO:100

富士山を望むこの後ろ側に
b0346568_00184430.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  26mm f/8 (-0.7) 1/1000 ISO:100

毛無山が見えます



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-16 15:25 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

7月10日 富士山自然休養林

先週の日曜日、7月10日は何の日でしょうか?

そう、富士山静岡県側の山開きでした
でも、じいじとばあばは、富士登山にいった分けではありません
行きたくても、今の体力では、不可能なことです
もっとも、山頂まで行きたいとは全く思いませんが(笑) じいじは、5回も行きましたので十分満足です

で、今回はその山開きを利用して、植物観察に行ってきました
この日から、富士山スカイラインはマイカー規制となりますので、車を水ヶ塚駐車場に止めて、バスで新五合目(富士宮口)へ向かいます。そうすれば、ほんの少しの登りだけで済みます(笑)

b0346568_23490243.jpg
山開きの日ですので、地方のTV局が取材に来てました。水ヶ塚駐車場には、静岡朝日テレビ。ブルーのジャンバーの背中には「とびっきりしずおか」という番組名が!  カメラマンは車内まで撮影しにきました
バスは30分毎にあり、8:00発に待つことなく乗れました。30分程度で、標高2400mの富士宮口五合目に着きます
昔は、富士宮口五合目を新五合目と呼んでましたし、掲示もありました。実際の五合目(吉田口)のより標高が高いところにあったので新五合目と呼んだとも。いつからそう呼ばなくなっただろうか?と思いました

b0346568_23585221.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.3) 1/500 ISO:125

水ヶ塚駐車場と五合目は、日差しもありましたが、途中はガスの中でした

b0346568_00024960.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.3) 1/2000 ISO:125

上の方に見える小屋は8合目の小屋と思います。山頂は左のガスの中。昔は、観測ドームがあったのでそれが山頂の目印になりました。現在は撤去されてるので、詳しい人しか山頂は分からないと思います

五合目から六合目の小屋を目指します。 が!!、なんとばあばの足が、先へ進みません。キャー!ワー!、高山の植物たちに歓迎されてしまったからです(笑)

b0346568_00190277.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.7) 1/400 ISO:125

標高の高いところでしか見られない植物が沢山出迎えてくれました。植物の写真は、後日アップしたいと思います

b0346568_00205287.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:400

かなりの急傾斜ですね。しかし、九合五勺過ぎてからの傾斜はこんなものではありません。さらに急斜面になります。広角での撮影がいい感じです^^

b0346568_00220018.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/1600 ISO:400

歩いてきた方を振り返って撮影。右側が登山道、左側はブルドーザー専用道。この日、ブルドーザーが先を進んでいたようです。音しか聞こえませんでしたが、キャタピラーの跡が綺麗に残ってました

b0346568_00250262.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm f/5.6 (-0.3) 1/2500 ISO:400

標高差100mを登ると、もう六合目です
後で知ったのですが、ここ六合目からの登山道に「登山禁止」の立て看板と柵があり先へ進め無いようにしているようです。この山開きの日の午前9時に、県の職員が看板・柵を撤去して、登山が出来るようになると、Yahooニュースで知りました
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160710-00000028-nnn-soci

我々が六合目に着いたときに、この映像の職員さんたちに出会って、何をしに来た人達だろう?と思いましたが、納得です
あと、20分早く着いてれば、その儀式(笑)を見ることが出来たのですが・・・
b0346568_00432846.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/4000 ISO:400

六合目では静岡第一テレビが取材していました
我々は、六合目から「宝永第一火口縁」へ、ほぼ平坦な道を歩きました。完全にガスの中で、数メートル先までしか見えませんでした

b0346568_09080734.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

宝永第二火口縁から、通ってきた第一火口縁を写したもの。この急斜面を登り切ったところが宝永第一火口縁で、写真の右側は第二火口になります
ここから火口縁をさらに下ります

b0346568_09175852.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  22mm f/5.6 (+0.7) 1/800 ISO:500

第二火口縁の中間付近から火口を撮影。下ってくると、ガスがだいぶ少なくなってきました

b0346568_09210063.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  22mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

次の目標の「山体観測装置」というポイントが見えます。この辺りから緩い登りとなります
b0346568_09223341.jpg
周辺に、山体観測装置は見当たりませんでした。少し離れた場所にあるのでしょうか?
ここから第三火口~二子山へ行くルートと別れてさらに下ります。ようやく目的の樹林帯へ!

b0346568_09510641.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  29mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

急斜面を下って「山体観測装置」方面を見上げてみました。上の方に薄っすらと先ほどの標識が写っています
視界不良時や夜間時に、ルートが分かるように延々と地べたにロープが張ってあります

b0346568_09544610.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (+0.3) 1/1250 ISO:400

御殿庭へと下ります。この辺りの樹木は、背丈の小さいものばかり。一つ前の写真、山体観測装置付近の樹木はいずれもじいじの背丈より低いものばかりでしたので、ここから標高が下がるにつれ、樹木の丈も高くなっていきます

b0346568_10015699.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (+0.7) 1/1000 ISO:400

さらに下って、最後に山体観測装置ポイントを撮影。この辺りから、樹林帯の中に入ってしまいますので、こういう景色の見納めです
レンズも広角ズームからマクロレンズに交換

b0346568_10043439.jpg
延々と狭い遊歩道をくだります
b0346568_10055532.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4.5 (-0.7) 1/640 ISO:640

b0346568_10073921.jpg
植物を観ながらゆっくりと下りましたが、追い越して下る人はおらず、登ってくる沢山のパーティにあいました。まさか、水ヶ塚から山頂まで?もっとも、途中の山小屋で宿泊することになりますが。コースタイムでは、約8時間くらいと思いますので、健脚の登山者なら十分いけますね。標高差2300m以上を登ることになります

b0346568_10164742.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/7.1 (-0.3) 1/1250 ISO:320

たまに、雲の切れ間からお日様が^^

b0346568_10205757.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

とても好きな雰囲気の樹林帯

b0346568_10295788.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5.6 (-0.7) 1/200 ISO:1000

この辺りから、70分ほどで駐車場に着きました


所要時間は、5時間20分。植物を探し回りながらでしたので、時間ほどは疲れてません。しかし、宝永火口縁の急斜面を下ったので、脚にはかなりの疲労が^^;

コースタイム(下記URL)では2時間45分の下りルートです
今回は、富士山自然休養林のサイト(http://www.kyuyorin.jp/index.html)を参考にしました

来年、マイカー規制に入る前に、Bコースに行ってみようと思います
昨年から何度か出かけた西臼塚は、Lコースで紹介してあります。ここは、植物撮影しながらだと、3倍以上の所要時間になります^^



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-14 12:07 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

手打ち蕎麦 竹やぶ  箱根店

旅行の締めは、「竹やぶ」というお蕎麦屋さん
ここでお昼ご飯を食べて帰宅の途に就きました

お店は、ばあばが決めたところで、初めて行きます

入口が、変わった感じです
b0346568_21461699.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm f/2.8 (-0.3) 1/1600 ISO:200

一見お蕎麦屋さんの入り口に見えません。両方の門柱?に、とても小さな看板が (笑) しかも、竹やぶと書いた方はよ~く見ないと・・・

b0346568_21503583.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm f/2.8 (-0.3) 1/1000 ISO:200
駐車場にも沢山のオブジェが!
車を降りると、なにやら蕎麦屋さんらしき入口が^^
b0346568_21530182.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm f/2.8 1/640 ISO:200

でも、この入口もよ~く見ないと分かりません。何しろ周りがとても面白いオブジェだらけだし、建物の色も黄色で蕎麦屋さんらしくないし(笑)

b0346568_22281010.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm f/2.8 1/2500 ISO:200
b0346568_21573561.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/1250 ISO:200

暖簾をくぐった先にあるお店の入り口。(この写真は出るときに撮影したもの)

b0346568_21590872.jpg
Otus 14/85 f/4 (-0.7) 1/160 ISO:320
やはり、こういうものは Otus の方が・・・

テラス席に座らせてもらいました
b0346568_22012290.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/500 ISO:200

テーブルの素材や内装、表のオブジェとは異なり、お蕎麦屋さん風(笑)
ただ、飾り物や小物はすべて自作されてるようで、いい雰囲気です
b0346568_22052768.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/2000 ISO:200
b0346568_22062769.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/80 ISO:200
b0346568_22092245.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/200 ISO:200
壁に埋め込んだ飾り物? 壁に向こうにある小屋が見えます

b0346568_22091116.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  26mm f/2.8 (-0.7) 1/200 ISO:200

窓から乗り出して撮影。 お店の下にも何やらありますので、食後にそこを通って駐車場へ行くことに
肝心のお蕎麦の写真を撮るのを忘れました。といいますか、普通のお蕎麦でした(笑)
じいじが、3人前のお蕎麦を食べるのに、かこちゃんはびっくり、ばあばは当然という感じ^^

b0346568_22172489.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/1000 ISO:200
b0346568_22180706.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/640 ISO:200
b0346568_22185386.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  18mm f/2.8 (-0.3) 1/2500 ISO:200

2階の窓が開いてるところがテラス席

b0346568_22201964.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  18mm f/2.8 (-0.7) 1/1600 ISO:200

b0346568_22213180.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/2.8 (-0.7) 1/1600 ISO:200

お蕎麦は、いわゆる東京のお蕎麦です。本店は、柏市にあるとのこと
おいしいお蕎麦だけでなく、お店の出入りや駐車場、お店の中、トイレへのアプローチとか、兎に角なんだかんだと楽しめるお店でした
こんなお蕎麦屋さんは初めて。ばあば、グッドチョイス!




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-27 22:39 | 旅行 | Trackback | Comments(7)

芦ノ湖西岸ウォーク D810

この前の日曜日、ばあばのお仲間と芦ノ湖西岸を歩きました。芦ノ湖の西側には湖岸と山上の2つのコースがありますが、山の方は子供たちが小学生の頃に歩いたことがあります。元箱根の町営駐車場から湖尻の船着き場まで、およそ15kmくらいのコースを7時間くらいかけて歩いたと記憶します

今回は、箱根ビジターセンターから西岸の湖岸の歩道を箱根港まで歩き、海賊船に乗って戻ってきました。12kmをおよそ5時間半ほどかけて歩きました。
ばあばのお仲間の一人でシンガポールの若い女性が動植物に興味津々で、ばあばとばあばの植物のお友達が教えてあげると、もう大喜びであれこれ質問の嵐、なかなか先へ進みません。

まあ、いつものパターンではあるのですが、でも12kmをこのペースだと海賊船の最終便に間に合うかどうかと心配しましたが、幸いな?ことにこの日は毎年開催される「森林浴ウォークラリー」の日、途中から追い立てられるように参加者が続々と押し寄せてくるので、追い越してもらえる場所までペースアップをしなければならないこともあって、14時前に箱根港に着くことが出来ました。その分、足腰の痛みが・・・・^^;

「森林浴ウォークラリー」は芦ノ湖一周22kmのウォークラリー。9時過ぎにスタート、早い人は13時には一周し終わる計算になりますね ^^;

b0346568_20564919.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm  f/5.6 (-0.3) 1/1000 ISO:200

待ち合わせ場所の「環境省 箱根ビジターセンター」。初めて来た施設です。8時集合で、少し早めに到着しましたので、周辺の確認!

b0346568_21001472.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/640 ISO:160

ここから大涌谷まで遊歩道があるようです。大涌谷、入れるようになったら行ってみたいと思いました

b0346568_21023537.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1000 ISO:160

入口から数メートル入ったところ。いい雰囲気でしたのでパチリ!

8時前に全員揃い、自己紹介をやって、出発!!
ばあばの植物のお友達は、今回はご主人もご一緒。初めてのご対面でした。(しかし、じいじは一度見かけたことがあります^^ 精密検査で病院に行ったときに偶然、出てこられた診察室の名前を見て、もしかしたら!。そう!内科のお医者さんです^^)
あとの3人はばあばのカラオケ?仲間。仲間といってもみなさん20代です(笑) うち、二人はシンガポールとインドネシアの女性、もう一人は日本人男性で、シンガポール女性のご主人。

b0346568_21133900.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm  f/5.6 (-0.5) 1/3200 ISO:320
b0346568_21142133.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm  f/5.6 (-0.3) 1/2000 ISO:320

いい天気で、気持ち良く歩けそうな予感^^

b0346568_21155036.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  19mm  f/5.6 (-0.3) 1/1600 ISO:320
湖尻水門から芦ノ湖方面

b0346568_21172598.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5.6 (-0.3) 1/3200 ISO:320

b0346568_21234806.jpg
少し進むと深良水門。そこに、植物のお友達の知り合いの方が立っておられました。森林浴ウォークラリーの人に深良水門の解説をするとのこと。我々はそれの参加者ではありませんでしたが、顔見知りのためでしょうか、説明してくれました。我々は最初に来た時に調べていろいろ知ってましたが、若い人たちには新鮮だったようです。ただ、今は静岡県側の農業用水として使われてないということは、初めて知りました。主に発電に使われてるとのこと。

b0346568_21241575.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm  f/5.6 (-0.3) 1/1600 ISO:800

b0346568_21252564.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5.6 (-0.3) 1/1600 ISO:160

深良水門から湖尻水門方面を撮影

b0346568_21265884.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm  f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:160

b0346568_21274583.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  19mm  f/4 (-0.3) 1/200 ISO:125

深良水門からしばらく進むと、ウォークラリーの早い人たちから追い越され始めました。今年の参加者は1,000人と、追い越していく方に聞かされると、1000人もお先にどうぞと道を譲るわけにはいかんだろうと、流れに乗るようにペースアップ
お昼ご飯をコースの中間地点付近の真田浜で食べる予定でしたので、そこまでは歩き優先でと。
インドネシアの女性が先頭で歩いたのですが、思いのほかペースが速く老人4人はちと疲れちゃいました^^;
彼女は4歳のお子さんとご主人を残して参加したので、スマホで頻繁に連絡したり、ライブ映像送ったりと、忙しそうでした^^

b0346568_21333814.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm  f/5.6 (-0.3) 1/640 ISO:125

真田浜、11時少し前に早めの昼食。インドネシアの女性は途中で歩きながらパンを食べてましたが、それでもお腹すいたと!

この写真の左端辺りから、アオサギ6羽が飛び立ちました。集団でアオサギがいるのを見たのは初めて。芦ノ湖にはアオサギがあちこちいるようです

b0346568_21380264.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-1.0) 1/400 ISO:64

b0346568_21401061.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5.6 (+0.3) 1/500 ISO:125

朝は空気も澄んでよかったのですが、お昼頃になると春霞で、遠景も霞んでしまいました
Otusで駒ヶ岳方面を撮影すると
b0346568_21430542.jpg
Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.3) 1/1250 ISO:160
こんな感じで霞んでました
ここでフォトショップエレメンツのカスミ除去をしてみましたら
b0346568_21445033.jpg
カスミ除去したもの
同じように
b0346568_21460361.jpg
Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.3) 1/2000 ISO:320
b0346568_21464456.jpg
カスミ除去後

意外に使えそうです^^

芦ノ湖西岸のコースには、特にこれといった植物や樹木はなく、ごく普通でした

b0346568_21595950.jpg
SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5 (-0.3) 1/800 ISO:125

それでもシンガポールの女性は、いろいろなものに興味津々、ばあばのお友達は「こんなに感動して喜んでくれるなら教え甲斐があるわ」と^^
シンガポールといっても華僑の方で、表現の仕方が日本やインドネシアとは異なるようです

b0346568_22083316.jpg
Otus 1.4/85  f/8 (+0.7) 1/640 ISO:320
b0346568_22095512.jpg
Otus 1.4/85  f/8 (+0.7) 1/640 ISO:320
これに乗って帰りました
乗客の半分以上は外国人。聞こえてくる言語は中国語ばかりですが^^;

b0346568_22120500.jpg
Otus 1.4/85  f/8 1/640 ISO:320


Otusの描写力に改めて感動です。RAWを等倍でみると遠景も緻密に描写しています。1年後にOtus 1.4/28 が、どれくらいの価格まで下がるのか気になります。下がってもおいそれと買える価格ではありませんが、私には高画素機でOtusの風景写真を楽しむのが一番いいように思えます。D810後継機と Otus 28mm を追加するのがベストですが・・・・

もう一つのTamronの広角ズームもお気に入りレンズの一つです。この日、購入以来初めてメインレンズとして使いました。風景撮影には必須のズームとなりそうです




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-17 23:40 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

4月6日 愛鷹広域公園 さくら

いなきちさんの予想どおり、沼津も6日に満開となりました

運のいい?ことに、この日の午前中は孫たちの入学式!! (仮病にならなくて済みました (笑))
午後は、愛鷹広域公園に桜の様子を見に行きましたら、見事に満開でした


まずは、AF-S 70-200mmf/4G ED VR で
b0346568_20544129.jpg
70mm f/5.6 1/1000 ISO:640
b0346568_20573532.jpg
130mm f/5.6 1/640 ISO:640
b0346568_20592201.jpg
70mm f/5.6 1/1250 ISO:640
b0346568_21002314.jpg
200mm f/4 (+0.7) 1/800 ISO:640 トリミング

次からは、Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD

b0346568_21015287.jpg
30mm f/2.8 (+1.0) 1/4000 ISO:640
b0346568_21025699.jpg
30mm f/2.8 (+0.7) 1/1600 ISO:320
b0346568_21033117.jpg
15mm f/2.8 (+0.7) 1/3200 ISO:320
b0346568_21051947.jpg
15mm f/4 (+1.0) 1/1250 ISO:320
b0346568_21055438.jpg
24mm f/4 (+1.0) 1/500 ISO:320
南側の桜のトンネルの入り口
b0346568_21071919.jpg
30mm f/2.8 (+0.7) 1/1600 ISO:320
南側のさくらのトンネルの真ん中付近から入口方面をみたところ

b0346568_21065595.jpg
30mm f/2.8 (+1.0) 1/1250 ISO:320
南側のさくらのトンネルの真ん中付近から出口方面
広角で撮影するとかなり長いトンネルのように見えます^^

b0346568_21104842.jpg
30mm f/2.8 (+0.7) 1/1000 ISO:320
出口付近の東屋。映画では、この東屋も写っています。
ここでレンズ交換して引き返して帰途へ

最後は、Otus 1.4/85 
b0346568_21141727.jpg
f/2.8 (+0.3) 1/1000 ISO:320
b0346568_21231952.jpg
f/2.8 (-0.3) 1/400 ISO:400
b0346568_21235927.jpg
f/2.8 1/1250 ISO:400
b0346568_21242856.jpg
f/2.8 1/3200 ISO:400

デジイチで初めての満開の桜の撮影、天気が曇りだったのが残念

来年は、青空を背景で満開の桜が撮れますように!!






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-04-10 21:30 | Trackback | Comments(2)