「ほっ」と。キャンペーン

じいじとばあばのフォトライフ

タグ:SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD ( 43 ) タグの人気記事

島田市ばらの丘公園  D500 & Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD 編



「島田市ばらの丘公園」シリーズ第二弾は、D500+Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD です

公園に着いたら、すぐにマルハナバチが1匹歓迎してくれました
芦ノ湖畔で撮影して以来かもしれません。久しぶりです

b0346568_17412417.jpg
f/5.6 (+0.3) 1/800 ISO:800 トリミング Vivid
b0346568_17571335.jpg
f/4 (-0.3) 1/6400 ISO:200 Vivid

かなり風が強い日でしたので、SSは早めに。 その風のおかげで、強い日差しの中でも撮影に時間かけることが出来ました。風が無かったら半分も撮影しないうちにギブアップしていたでしょう (笑)
b0346568_17474166.jpg
f/6.3 (+0.3) 1/2500 ISO:400 トリミング Standard

D500 の発色は、D810 よりかなり濃い印象でしたので、VividからStandardに切り替えました
D810 でStandardを使うことは少なく、基本Vividでしたので、D500でも購入後すぐにVividに変更しました。今回、初めて天気に恵まれての撮影だったからでしょうか、Vividでは違和感がありました。同じStandardでもExpeedのバージョンで異なるということですかね?
b0346568_17595123.jpg
f/8 (-1.0) 1/3200 ISO:250 Standard(カスタム)

b0346568_18023579.jpg
f/4 (-1.0) 1/5000 ISO:160 風景
Standardよりメリハリをつけるために「風景」で現像
b0346568_18065210.jpg
f/4 (-0.7) 1/4000 ISO:160 風景
b0346568_18103421.jpg
f/5.6 (-0.7) 1/2500 ISO:125 風景

バラは、被写体としては大きい方なのでマクロレンズで撮影していても窒息しそうになることがありません(笑)

D500 と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD との相性はかなり良い感じで、好きな感じの写真が撮れました

このTamronのマクロレンズ、AF-S 70-200mmf/4G ED VR ほどではないですが、D500のAFスピードに付いてきてる感じで違和感はありませんでした

午前中でマクロレンズは終わり。昼食後からは、D500 に AF-S 70-200mmf/4G ED VR を付け替え。その写真は第三弾で。



















[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-29 19:47 | カメラ | Trackback | Comments(6)

映画 ハドソン川の奇跡



映画「ハドソン川の奇跡」、車を車検に持っていき、待ってる間に観てきました。
車検や1年点検時に映画を観ることが多いじいじ&ばあばです^^
何を観ようかと上映スケジュールを検索したら、「ハドソン川の奇跡」が丁度いい時間帯にありました

TVで予告を見て、何年か前にニュースでやってたなあと思い出し、当時、ニュースの流し読みだったのでハドソン川が凍ってたのかな?と想像したことも
何やらいわくありげなTV予告に興味が出ました。その後、ライカ大好きさんのブログで鑑賞されたという投稿が! お勧めということだったことと、ばあばも是非観たいと思っていたということで、即決(笑)


b0346568_11011499.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200m f/5.6 (+1.0) 1/125 ISO:800

原題は「Sully」。上映開始、最初に映画のタイトルを観て、ん?、日本語タイトルに何となく違和感を感じました
(「ハドソン川の奇跡」という言葉は、当時のニュースで使われていたと後で知りました)
Sullyは、機長のニックネーム

b0346568_11051615.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/5.6 1/200 ISO:100

ネタバレは良くないので内容は書きませんが、この映画は、飛行機のトラブルで乗客・乗務員155人全員が生還できた「奇跡」を描くことに焦点を当てたものではないと思いました
機長Sully の人物そのものに焦点を当てたのではないかと
トラブル発生から、わずか3分でハドソン川に着水させ、全員を救った、その判断と技術力。それは、長年のパイロットとしての実績からもたらされたものだ!と。
そうなると、日本語タイトルは違和感があります 

b0346568_11183467.jpg
D500 + AF-S 70-200mmf/4G ED VR  200m f/5.6 (-0.3) 1/250 ISO:800

監督は、クリント・イーストウッド。TV「ローハイド」やマカロニウェスタンシリーズが思い出されますが、私は俳優より監督としての作品が大好きです
今回、彼はリアリティを出すために拘ったとか。本物のエアバスを購入して撮影に使ったり、当時の管制スタッフや救助作業に携わった人たちに出演してもらったりしたとのこと。映画は緊迫したものでしたが、エンドロールで本物のSully家族と当時の乗客たちとの交流の様子が挟まれていて、それまでの緊張がほぐれとても癒れ、いい気分で映画館をあとに出来ました

b0346568_11233051.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/2.8 1/200 ISO:400


そのうちTVで放映されるでしょうから、是非、観てください! 
人の経験と技術というのは、どんなにコンピュータが発展してもかなわないものではないかと思います
結局、そのコンピュータも人が作り操作するものですから。


パイロットと言えば、昔、仕事で東京ー富山間を飛行機で往復してましたが、その富山空港というのは、立地環境から計器着陸が出来ない(珍しい?)空港です
そのため目視により離着陸しますので、パイロットの腕次第?(笑) 滑走路の手前には高速道路の橋梁があるので、それを怖がって避けようと高度を取り過ぎるととオーバーランするそうです。
富山へはベテランパイロットだけが担当するので、安心して乗っておれるとCAが話してしました
しかし、空港のすぐ横を流れている神通川の関係で濃霧が発生することが度々あり、年に何回かは使えないことがあります。
実際、私も一度、羽田に引き返されたことがありました(汗)  やはり、濃霧で、機長からアナウンスがあり、着陸を1回だけ試みるが駄目だった場合は燃料の関係で羽田に引き返すことを了解してくれと。機はぐんぐん高度を下げていくので、着陸できるのかな?と期待してましたら、急に高度を一気に上げました。あんな急上昇を経験したのは初めて。機長から再度アナウンスがあり、路面が見えたときに角度が急すぎたので諦めて引き返すと。最終便だったので、翌朝一番に増発してくれましたが、日本人は本当に我慢強いですね。誰一人文句言いません、文句言うどころかスタッフを労う言葉が!


映画館を出て狩野川沿いに、ディーラーまで歩きましたら、日本三大仇討に関係する「平作地蔵尊」というのがありました

b0346568_11462979.jpg
D500 + SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4 1/30 ISO:400

歌舞伎や人形浄瑠璃の「伊賀越道中双六沼津の段」で出てくる平作爺さんが、沼津宿で茶店をやっていたところだそうです。
富士周辺は、曽我兄弟の仇討ちに関係したものは多々ありますが、鍵谷の辻に関係したものもあるとは・・・
「日本三大仇討」や「鍵谷の辻」は、大昔(笑)にNHKでドラマを観てる時に「荒木又右エ門」が登場してきて、父が教えてくれました。懐かしい~~~
大河ドラマだったかな??


D500を持ち出すときは、いつも曇りか雨。雨男ならぬ曇天カメラなのかも^^;


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-10-13 13:52 | Trackback | Comments(4)

浮島ヶ原自然公園

一昨日、夕方の散歩の代わりに、久しく行ってなかった浮島ヶ原自然公園にいってみました

何か目的があるわけではなく、この時期に何が咲いてるのだろうか?と

b0346568_20501167.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/11 (-0.7) 1/200 ISO:800
b0346568_20514936.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 (-0.3) 1/400 ISO:640
ヤブツルアズキ

天気はくもり、夕方なので風も吹いて少し肌寒い感じ

b0346568_20534300.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4.5 (-0.7) 1/400 ISO:100
b0346568_20541416.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/8 (-0.7) 1/640 ISO:500
以上2枚、シロバナサクラタデ 雌花

b0346568_21005178.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 (-0.7) 1/1000 ISO:640
シロバナサクラタデ 雄花

b0346568_20545248.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/11 (-0.7) 1/500 ISO:800
センニンソウ

ほとんど何もないのかもと思っていきましたら、意外にもそれなりにありました。ばあばが、喜んでました

b0346568_20563266.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/13 (-0.7) 1/500 ISO:800
タコノアシ (全体をみると、この名前に納得なのですが、画として私には面白くないので省略 ^^;)

b0346568_20572400.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/8 (-0.7) 1/320 ISO:250
b0346568_20575167.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/11 (-0.7) 1/125 ISO:250
ツルマメ

b0346568_20584796.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 1/200 ISO:640
花に交じって、蜘蛛の子供たちが沢山。真ん中の茶色のが卵???

b0346568_21012955.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/14 1/160 ISO:640
エゾミソハギ
この写真以外は、すべて大きくトリミングしてます

b0346568_21025062.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 1/160 ISO:640
b0346568_21031867.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/6.3 1/800 ISO:800
b0346568_21034012.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/6.3 1/800 ISO:800
ミゾソバ

b0346568_21040175.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 (-0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_21042645.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 (-0.3) 1/250 ISO:800
アカバナ (夕方なので閉じてる?)
b0346568_21045178.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/9 (-0.3) 1/500 ISO:800
ナデシコの花びらの裏になにやら隠れてました。撮影してる時には気づきませんでした


久しぶりのマクロレンズ撮影で、窒息しそうになりました(笑) マクロ撮影は本当に疲れます。失敗も多いので余計に疲れます(爆)
ここは、三脚OKなので、次からは三脚使ってライブビューでピント合わせすることにします
(そういえば、他にご年配の方がおられて、そうやって撮影されてました)



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-09-14 21:49 | カメラ | Trackback | Comments(0)

高尾 日影沢

2週間前に、八王子市高尾の日影沢という渓流沿いの場所で、植物の撮影会に参加してきました
夏の強い光と影をうまく取り入れた撮影とか


勉強になったかどうかは今後の写真次第ですが、この日は強めのマイナス補正で撮影することに挑戦してみました

b0346568_22495025.jpg
日影沢入口にある標識

b0346568_22502343.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/4 (+1.5) 1/320 ISO:100

アンダーと言いながらいきなり逆の写真です ^^;  暑い日でしたが緑が綺麗だったので ^^

b0346568_22533784.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5 (-2.0) 1/320 ISO:400

b0346568_22550538.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/4.5 (-1.3) 1/2000 ISO:320

b0346568_22564552.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-3.0) 1/1250 ISO:125

b0346568_22582294.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/1600 ISO:125

b0346568_22585914.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/640 ISO:125

b0346568_22595232.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-2.0) 1/400 ISO:100

b0346568_23021350.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 175mm f/5.6 (-2.0) 1/320 ISO:800

b0346568_23030457.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 102mm f/4 (-2.0) 1/400 ISO:800

b0346568_23050801.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/3.3 (-2.5) 1/160 ISO:800

b0346568_23060685.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5 (-2.7) 1/160 ISO:250

初めてみる蜘蛛でした。こうやって見ると神秘的な蜘蛛に見えます(笑)

これまで、露出補正は、せいぜい±1eVまでくらいで、たまに1.7とかしたことはありましたが、2.0補正したというのは数えるほどしかありませんでした
この日の撮影で一番大きかった補正は、-5.0eV。そこまで補正することに、意味があるのかどうかよくわかりませんでしたが・・・
いずれにしても、背景を暗くして主体を浮き上がらせると見た目とは異なる世界が楽しめそうだと言うことはわかりました

b0346568_23072990.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/8 (-4.3) 1/640 ISO:800

これまでのパターンの写真も ^^

b0346568_23192890.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 200mm f/4 (-0.7) 1/50 ISO:100

b0346568_23205568.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 180mm f/4 (+1.0) 1/125 ISO:320

b0346568_23220302.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:1250

ヒメチドメ。この写真の真ん中の小さい花、みなさんが地面にへばりついて撮影してたので気になり、教えてもらいました
この撮影した花の大きさは1mm以下です 植物自体はあちこちにあるもので珍しくはないのですが、普通に歩いていたのでは花は分かりません
花を意識して見ないと見つけられません こんな小さな花もあるのだと驚きました

b0346568_23374793.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/7.1 (-1.0) 1/320 ISO:100

b0346568_23390041.jpg
SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD f/8 (-1.3) 1/160 ISO:800

もの凄く久しぶりにナナフシを見ました。2匹いて、写真の大きい方は15cm以上はありました


この日は月曜日でしたが、日影沢から高尾山に登る人や下りてくる人が意外にいて、入口に車を止めてる人やバス利用者たちなのかもしれません
メインルートよりは遥かに人が少なく静かな登山ルートで、かつ植物も楽しめそうに思えました



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-24 23:55 | カメラ | Trackback | Comments(4)

富士山の植物

7月10日に富士山の自然休養林を散策したことを、前々回に記載しました
今回は、その時に撮影した植物のアップです

レンズは、Tamorn SP 15-30mm F2.8 Di VC USD と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD の2つです

b0346568_17395050.jpg
ミヤマオトコヨモギ 30mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:125

b0346568_17431891.jpg
オンタデ 30mm f/4 (-0.3) 1/3200 ISO:125
b0346568_17440986.jpg
オンタデ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:125

b0346568_18092437.jpg
メイゲツソウ 30mm f/4 (-0.3) 1/640 ISO:125

b0346568_18100239.jpg
ミヤマハンノキ 30mm f/4 (-0.3) 1/320 ISO:125

b0346568_18103544.jpg
コタヌキラン 30mm f/5.6 (+0.7) 1/320 ISO:125

b0346568_18112449.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 1/400 ISO:200
b0346568_18124976.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:800

b0346568_18143393.jpg
コケモモ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/400 ISO:400

b0346568_18152056.jpg
ミヤマヤナギ 30mm f/5.6 (-0.5) 1/640 ISO:400

b0346568_18160432.jpg
タイツリオウギ or イワオウギ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

どちらのオウギかは、実が付いてみないと分からないそうです

以上が、標高2400~2500m、五合目から六合目を経て宝永第一火口縁までにあったものです
植物の名前は、すべて、ばあばがいつもの植物の先生に教えてもらいました

次からは、富士山自然休養林の中で撮影したものです

b0346568_18205246.jpg
名前は不明 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

名前は不明というより、ばあばが興味ない対象(菌糸類?)なので、名前を知ろうとも思わなかったものです(笑)
ただ、じいじが、一部が白色化してて面白いと思って撮影しただけです

b0346568_18242460.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/3.3 (-0.7) 1/1250 ISO:1000
b0346568_18252172.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/6.3 (-0.7) 1/320 ISO:1000

撮影のために、少しの間だけ上を向いてもらいました^^;

b0346568_18274600.jpg
コバノイチヤクソウ 90mm f/4.5 (-0.7) 1/400 ISO:500

b0346568_18284406.jpg
バイケイソウ 90mm f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

カラマツの樹林帯の中には、これくらいしか花は咲いてませんでした。時期的に遅かったのでしょうか

b0346568_19382237.jpg
ヒメシャラ 90mm f/5.6 (+0.7) 1/400 ISO:1000

じいじは、ヒメシャラの花を初めて見ました。ほとんど散ってまして、ごく一部が残っててラッキーでした

b0346568_19434992.jpg
ミヤマイボタ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

これも、白い花びらが歩道に沢山散っていて、何だろうと見上げて探したら、一部の木に残ってました

この近くに、フォッサマグナ要素のマメザクラの木があり、特徴的な葉をパチリ!
b0346568_19460743.jpg
マメザクラ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

次は、被写体として面白そうだったもの

b0346568_19503796.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_19520703.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/1250 ISO:800
b0346568_19534833.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/8000 ISO:1000
b0346568_19544736.jpg
90mm f/9 (+1.7) 1/1600 ISO:320


富士山自然休養林は、もっと早い時期に行ってみる必要があるでは?と思いました
しかし、マイカー規制が無い時期になりますので、登って下ってくる必要があります
来年のその時期までに体力を付けなければなりません ^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-22 20:34 | カメラ | Trackback | Comments(2)

7月10日 富士山自然休養林

先週の日曜日、7月10日は何の日でしょうか?

そう、富士山静岡県側の山開きでした
でも、じいじとばあばは、富士登山にいった分けではありません
行きたくても、今の体力では、不可能なことです
もっとも、山頂まで行きたいとは全く思いませんが(笑) じいじは、5回も行きましたので十分満足です

で、今回はその山開きを利用して、植物観察に行ってきました
この日から、富士山スカイラインはマイカー規制となりますので、車を水ヶ塚駐車場に止めて、バスで新五合目(富士宮口)へ向かいます。そうすれば、ほんの少しの登りだけで済みます(笑)

b0346568_23490243.jpg
山開きの日ですので、地方のTV局が取材に来てました。水ヶ塚駐車場には、静岡朝日テレビ。ブルーのジャンバーの背中には「とびっきりしずおか」という番組名が!  カメラマンは車内まで撮影しにきました
バスは30分毎にあり、8:00発に待つことなく乗れました。30分程度で、標高2400mの富士宮口五合目に着きます
昔は、富士宮口五合目を新五合目と呼んでましたし、掲示もありました。実際の五合目(吉田口)のより標高が高いところにあったので新五合目と呼んだとも。いつからそう呼ばなくなっただろうか?と思いました

b0346568_23585221.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.3) 1/500 ISO:125

水ヶ塚駐車場と五合目は、日差しもありましたが、途中はガスの中でした

b0346568_00024960.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.3) 1/2000 ISO:125

上の方に見える小屋は8合目の小屋と思います。山頂は左のガスの中。昔は、観測ドームがあったのでそれが山頂の目印になりました。現在は撤去されてるので、詳しい人しか山頂は分からないと思います

五合目から六合目の小屋を目指します。 が!!、なんとばあばの足が、先へ進みません。キャー!ワー!、高山の植物たちに歓迎されてしまったからです(笑)

b0346568_00190277.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.7) 1/400 ISO:125

標高の高いところでしか見られない植物が沢山出迎えてくれました。植物の写真は、後日アップしたいと思います

b0346568_00205287.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:400

かなりの急傾斜ですね。しかし、九合五勺過ぎてからの傾斜はこんなものではありません。さらに急斜面になります。広角での撮影がいい感じです^^

b0346568_00220018.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/1600 ISO:400

歩いてきた方を振り返って撮影。右側が登山道、左側はブルドーザー専用道。この日、ブルドーザーが先を進んでいたようです。音しか聞こえませんでしたが、キャタピラーの跡が綺麗に残ってました

b0346568_00250262.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm f/5.6 (-0.3) 1/2500 ISO:400

標高差100mを登ると、もう六合目です
後で知ったのですが、ここ六合目からの登山道に「登山禁止」の立て看板と柵があり先へ進め無いようにしているようです。この山開きの日の午前9時に、県の職員が看板・柵を撤去して、登山が出来るようになると、Yahooニュースで知りました
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160710-00000028-nnn-soci

我々が六合目に着いたときに、この映像の職員さんたちに出会って、何をしに来た人達だろう?と思いましたが、納得です
あと、20分早く着いてれば、その儀式(笑)を見ることが出来たのですが・・・
b0346568_00432846.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/4000 ISO:400

六合目では静岡第一テレビが取材していました
我々は、六合目から「宝永第一火口縁」へ、ほぼ平坦な道を歩きました。完全にガスの中で、数メートル先までしか見えませんでした

b0346568_09080734.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

宝永第二火口縁から、通ってきた第一火口縁を写したもの。この急斜面を登り切ったところが宝永第一火口縁で、写真の右側は第二火口になります
ここから火口縁をさらに下ります

b0346568_09175852.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  22mm f/5.6 (+0.7) 1/800 ISO:500

第二火口縁の中間付近から火口を撮影。下ってくると、ガスがだいぶ少なくなってきました

b0346568_09210063.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  22mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

次の目標の「山体観測装置」というポイントが見えます。この辺りから緩い登りとなります
b0346568_09223341.jpg
周辺に、山体観測装置は見当たりませんでした。少し離れた場所にあるのでしょうか?
ここから第三火口~二子山へ行くルートと別れてさらに下ります。ようやく目的の樹林帯へ!

b0346568_09510641.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  29mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

急斜面を下って「山体観測装置」方面を見上げてみました。上の方に薄っすらと先ほどの標識が写っています
視界不良時や夜間時に、ルートが分かるように延々と地べたにロープが張ってあります

b0346568_09544610.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (+0.3) 1/1250 ISO:400

御殿庭へと下ります。この辺りの樹木は、背丈の小さいものばかり。一つ前の写真、山体観測装置付近の樹木はいずれもじいじの背丈より低いものばかりでしたので、ここから標高が下がるにつれ、樹木の丈も高くなっていきます

b0346568_10015699.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (+0.7) 1/1000 ISO:400

さらに下って、最後に山体観測装置ポイントを撮影。この辺りから、樹林帯の中に入ってしまいますので、こういう景色の見納めです
レンズも広角ズームからマクロレンズに交換

b0346568_10043439.jpg
延々と狭い遊歩道をくだります
b0346568_10055532.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4.5 (-0.7) 1/640 ISO:640

b0346568_10073921.jpg
植物を観ながらゆっくりと下りましたが、追い越して下る人はおらず、登ってくる沢山のパーティにあいました。まさか、水ヶ塚から山頂まで?もっとも、途中の山小屋で宿泊することになりますが。コースタイムでは、約8時間くらいと思いますので、健脚の登山者なら十分いけますね。標高差2300m以上を登ることになります

b0346568_10164742.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/7.1 (-0.3) 1/1250 ISO:320

たまに、雲の切れ間からお日様が^^

b0346568_10205757.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

とても好きな雰囲気の樹林帯

b0346568_10295788.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5.6 (-0.7) 1/200 ISO:1000

この辺りから、70分ほどで駐車場に着きました


所要時間は、5時間20分。植物を探し回りながらでしたので、時間ほどは疲れてません。しかし、宝永火口縁の急斜面を下ったので、脚にはかなりの疲労が^^;

コースタイム(下記URL)では2時間45分の下りルートです
今回は、富士山自然休養林のサイト(http://www.kyuyorin.jp/index.html)を参考にしました

来年、マイカー規制に入る前に、Bコースに行ってみようと思います
昨年から何度か出かけた西臼塚は、Lコースで紹介してあります。ここは、植物撮影しながらだと、3倍以上の所要時間になります^^



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-14 12:07 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

南大室窯 伊東市

旅は、熱海のバラ園を出て、伊東のペンションへ

b0346568_12405386.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/125 ISO:200

1日目の宿、ペンション 「森のしずく」
このペンションの左隣に「南大室窯」の展示室と体験工房があります

b0346568_12433201.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/80 ISO:200

建物は展示室、これの奥に体験工房の建物と3種類の窯があります

b0346568_12441468.jpg
Tamron SP90  f/3 1/80 ISO:1250

焼き物の撮影には、Otus の方がいいので、交換

b0346568_12483702.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/200 ISO:1250
b0346568_12495962.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/200 ISO:1250

見学してたら、責任者のような方が、釜をみますか?と、奥の体験工房の中や窯をたいへん詳しく説明してくれました
そして、ギャラリーも是非見学するといいと、地図をくれました。ここから車で数分のところにあります
ばあばとかこちゃんはお茶をやっていたので興味津々です。とくに、かこちゃんにとって、南大室窯は今回の旅行の目玉の一つだったとのこと

b0346568_12554736.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/160 ISO:200
b0346568_12563879.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/125 ISO:200

ギャラリーは、大室山をバックにした素敵なところにありました

b0346568_12580817.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1600 ISO:1250
b0346568_12585433.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/3200 ISO:1250

窓の向こう側、溶岩をうまく利用した素敵な展示も
b0346568_13041641.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  62mm相当 f/5 1/50 ISO:200
b0346568_12591832.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1250 ISO:1250
b0346568_12594051.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1600 ISO:1250
b0346568_13060471.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/2000 ISO:1000
b0346568_13063192.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1000 ISO:1000
b0346568_13071392.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1250 ISO:1000
b0346568_13073548.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/800 ISO:1000 トリミング
b0346568_13080667.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1000 ISO:1000 トリミング

写真の右の黒いのは少し手前にある展示棚、それを外して撮影したかったのですが、ポジションがとれずに残念でした

b0346568_13103380.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1250 ISO:1000
b0346568_13105116.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/800 ISO:1000
b0346568_13114397.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/640 ISO:1000
b0346568_13121757.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/640 ISO:1000
b0346568_13124652.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/640 ISO:1000

このギャラリーは、じいじにとって被写体の宝庫! 半分くらいしか撮影してないときにばあばは出て行ってしまい、
かこちゃんも少しして出て行ったので、待たせるわけにもいかないなと、気の小さなじいじは後ろ髪を引かれながら、泣く泣くギャラリーを後にしました

b0346568_13164570.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.7) 1/4000 ISO:1000

このあと、観光案内をみて、2カ所へ向かいましたが、ガラス工房は16時半に閉店。もう一つは建物の痕跡もなし。数十年前に来た頃は、観光客の車ももっと多くて賑わっていたように記憶します。この辺りも寂れてきているのでしょう

それで大室山を見てから宿に戻ることに

b0346568_13212998.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  49mm相当 f/5 1/100 ISO:200
b0346568_13205127.jpg
Otus 1.4/85  f/1.4 1/400 ISO:100
b0346568_13221069.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 (+0.7) 1/200 ISO:200





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-19 13:42 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

熱海 バラ園

6月頭に、ばあばの妹(「かこ」とばあばは呼びます)と三人で伊豆・箱根を旅行しました

熱海駅に新幹線で来たかこちゃん(じいじは、ちゃんと敬称を付けます^^)をピックアップし、バラ園へ。旅行の計画は姉妹 ^^ じいじは、付いていくだけ

お天気は、あいにくの曇り

b0346568_20555703.jpg
Otus 1.4/85 f/5.6 (-0.3) 1/1000 ISO:160

まずは、バラ園のレストランで昼食。海の見える素敵な席に案内してくれました  窓越しに初島をパチリ

バラ園は急こう配の斜面に作られてるので、園内バスで一番上まで行って、見学しながら下りてきます

b0346568_21001576.jpg
Tamron SP 90mm f/4 (-0.7) 1/1000 ISO:200
b0346568_21015614.jpg
Tamron SP 90mm f/3.8 (-0.7) 1/3200 ISO:200
風があったので、早めのSSで撮影

かこちゃんが、どの花も蕾がとても可愛いといいます  じいじも、蕾の方が好きだと同調します^^

我が家のベランダのミニバラは、蕾はとても可憐ですが、咲いてしまうと全く可愛くないと以前にも書きました

植物も動物のように幼少期は、みんな可愛いということなのでしょうかね(笑)
b0346568_21022681.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/500 ISO:200
b0346568_21025357.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/1600 ISO:200
b0346568_21044895.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/500 ISO:200
b0346568_21051874.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (+1.0) 1/1250 ISO:200

どうでしょう? どの蕾も可愛いくないですか?

次の写真は、キャー可愛いと、蕾を撮影するかこちゃんの後ろ姿 ^^
b0346568_21421898.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/800 ISO:200

b0346568_21055479.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/1000 ISO:200

b0346568_21062078.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/800 ISO:200
b0346568_21064000.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/2000 ISO:200
b0346568_21073784.jpg
Tamron SP 90mm f/6.3 (-0.3) 1/1000 ISO:100
b0346568_21080664.jpg
Tamron SP 90mm f/3 (-0.3) 1/800 ISO:100

海外のものが沢山あり、まあ珍しいし、とてもカラフルではあるのですが、なんだかそれだけという感じ???

野生の美しさを感じないとでもいいましょうか

b0346568_21104786.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  32mm相当 f/5 1/640 ISO:200
b0346568_21114724.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  65mm相当 f/5.3 1/400 ISO:200
b0346568_21131656.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  81mm相当 f/5.6 1/400 ISO:200

なので、じいじは、
b0346568_21140782.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/320 ISO:200
こいう画や、
b0346568_21151171.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  38mm相当 f/5 1/250 ISO:200

こういう画に感動し、心落ち着きます  緑はやっぱりいつでもどこでも素敵です


*1枚目、5枚目と最後の2枚以外は、すべてトリミングしたもの


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-17 21:46 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

ばあばが初めて見た植物 1

この半年くらいの期間、写真の枚数の関係でブログにアップできなかったもののうち、ばあばが初めて見て喜んだものを少しアップします
諸般の事情で名前などは省略してます

まず、着生ランを2種類

b0346568_23142229.jpg
Tamron SP 90mm  f/4.5 (-0.7) 1/800 ISO:800

b0346568_23144834.jpg
Tamron SP 90mm  f/5.6 1/320 ISO:800
b0346568_23172446.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-0.7) 1/80 ISO:1250
丁度、開花したところに出会えラッキーでした

b0346568_23203267.jpg
Tamron SP 90mm  f/4.5 1/160 ISO:1250
県によっては絶滅危惧種Ⅰ類に指定されています

b0346568_23274284.jpg
Tamron SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:1250

これまで見たことはあるのかもしれませんが、名前を意識して見たのは初めてのスミレの一種

次の2枚は、じいじが初めてみたもの^^
b0346568_23305623.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  810mm相当  f/5.6 1/250 ISO:1600
b0346568_23313835.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  810mm相当  f/5.6 1/250 ISO:1000

「1」としてアップしましたが、「2」がいつあるかは、???  
なにせ、じいじが覚えておれませんので、わかりません^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-25 23:39 | Trackback | Comments(2)

元箱根石仏群

長年、何度も箱根を訪れていますが、ほとんどが散策や登山が目的で、いわゆる観光スポットはそのルートにあれば見てみたとか、お客さんを案内した時にしか経験がありません

石仏群は、曽我兄弟の墓があることで気になってましたが、行ったことがありませんでした
先回の湯坂路~小涌谷~芦之湯~元箱根の散策では、丁度、石仏群の見学ルートの一部が散策コースでしたので、見てきました
芦之湯からこのルートを歩く時だけ、雨は止んで晴れ間も出て、しっかり見学できました

b0346568_18075427.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:640
b0346568_18100397.jpg
SP 90mm  f/2.8 (-0.7) 1/800 ISO:640
b0346568_18104517.jpg
仇討ちから約100年後に建立されたことになります。1295年!!、こんない古いものとは驚きでした。当然、当時のままというわけではなく、何度か積み直しがなされてきてるとのことで、解体調査を行って、江戸時代の状態に整備したそうです。建立時に、どういう並びだったかどうかは分からないそうですが、五輪塔そのものは当時のもので日本最古とのこと。
https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/8,681,34,150,html

b0346568_20523961.jpg
SP 90mm  f/8 (-0.7) 1/80 ISO:160


お墓といっても、ここで埋葬されたわけではありません。仇討ちの成就を箱根権現社に祈願したということからでしょうか
兄弟のほかに、虎御前の墓もありましたので調べましたら、兄の妾で二人の死後も曽我兄弟を供養し続けた「虎女」という女性で、いくつかの史書に記述があり実在した人物とのこと



b0346568_19425857.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:500

石仏とは関係ないですが、見学ルートの途中にある休息所  雰囲気が良かったので撮影しました  屋根の上の石がGood!

b0346568_19453866.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/160 ISO:500

写真の右端に見えてるのは国道1号線  見学ルートはその下をくぐります(左の手すりの下に入口)
国道をくぐると精進池があり、その端に駐車場がありますので、石仏群の見学だけなら歩く距離はほんのわずかで済みます
b0346568_19483802.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/200 ISO:400
b0346568_19501479.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/500 ISO:160

b0346568_19511972.jpg
b0346568_19520804.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/500 ISO:160

b0346568_19531954.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/250 ISO:360

この見学ルートは、植物もとても豊富でした^^

このルートが終わると山越えて「お玉ケ池」に出て、さらに登って箱根旧街道に合流し、元箱根へと下りました
山越え始めると雨が降り始め、芦ノ湖に着いたら雹が降ってきました(笑)


最後の写真は、縄張りなのでしょうか、雨の「お玉ヶ池」で餌をあさるアオサギ

b0346568_20003108.jpg
SP 90mm  f/8 1/60 ISO:1250




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-10 21:31 | カメラ | Trackback | Comments(4)