じいじとばあばのフォトライフ

タグ:SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD ( 49 ) タグの人気記事

富士山の植物

7月10日に富士山の自然休養林を散策したことを、前々回に記載しました
今回は、その時に撮影した植物のアップです

レンズは、Tamorn SP 15-30mm F2.8 Di VC USD と Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD の2つです

b0346568_17395050.jpg
ミヤマオトコヨモギ 30mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:125

b0346568_17431891.jpg
オンタデ 30mm f/4 (-0.3) 1/3200 ISO:125
b0346568_17440986.jpg
オンタデ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:125

b0346568_18092437.jpg
メイゲツソウ 30mm f/4 (-0.3) 1/640 ISO:125

b0346568_18100239.jpg
ミヤマハンノキ 30mm f/4 (-0.3) 1/320 ISO:125

b0346568_18103544.jpg
コタヌキラン 30mm f/5.6 (+0.7) 1/320 ISO:125

b0346568_18112449.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 1/400 ISO:200
b0346568_18124976.jpg
フジハタザオ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/320 ISO:800

b0346568_18143393.jpg
コケモモ 30mm f/5.6 (-1.0) 1/400 ISO:400

b0346568_18152056.jpg
ミヤマヤナギ 30mm f/5.6 (-0.5) 1/640 ISO:400

b0346568_18160432.jpg
タイツリオウギ or イワオウギ 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

どちらのオウギかは、実が付いてみないと分からないそうです

以上が、標高2400~2500m、五合目から六合目を経て宝永第一火口縁までにあったものです
植物の名前は、すべて、ばあばがいつもの植物の先生に教えてもらいました

次からは、富士山自然休養林の中で撮影したものです

b0346568_18205246.jpg
名前は不明 30mm f/5.6 (-0.7) 1/250 ISO:400

名前は不明というより、ばあばが興味ない対象(菌糸類?)なので、名前を知ろうとも思わなかったものです(笑)
ただ、じいじが、一部が白色化してて面白いと思って撮影しただけです

b0346568_18242460.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/3.3 (-0.7) 1/1250 ISO:1000
b0346568_18252172.jpg
ジンヨウイチヤクソウ 90mm f/6.3 (-0.7) 1/320 ISO:1000

撮影のために、少しの間だけ上を向いてもらいました^^;

b0346568_18274600.jpg
コバノイチヤクソウ 90mm f/4.5 (-0.7) 1/400 ISO:500

b0346568_18284406.jpg
バイケイソウ 90mm f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

カラマツの樹林帯の中には、これくらいしか花は咲いてませんでした。時期的に遅かったのでしょうか

b0346568_19382237.jpg
ヒメシャラ 90mm f/5.6 (+0.7) 1/400 ISO:1000

じいじは、ヒメシャラの花を初めて見ました。ほとんど散ってまして、ごく一部が残っててラッキーでした

b0346568_19434992.jpg
ミヤマイボタ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

これも、白い花びらが歩道に沢山散っていて、何だろうと見上げて探したら、一部の木に残ってました

この近くに、フォッサマグナ要素のマメザクラの木があり、特徴的な葉をパチリ!
b0346568_19460743.jpg
マメザクラ 90mm f/5.6 (+2.0) 1/320 ISO:1000

次は、被写体として面白そうだったもの

b0346568_19503796.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/400 ISO:800
b0346568_19520703.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/1250 ISO:800
b0346568_19534833.jpg
90mm f/4 (-0.3) 1/8000 ISO:1000
b0346568_19544736.jpg
90mm f/9 (+1.7) 1/1600 ISO:320


富士山自然休養林は、もっと早い時期に行ってみる必要があるでは?と思いました
しかし、マイカー規制が無い時期になりますので、登って下ってくる必要があります
来年のその時期までに体力を付けなければなりません ^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-22 20:34 | カメラ | Trackback | Comments(2)

7月10日 富士山自然休養林

先週の日曜日、7月10日は何の日でしょうか?

そう、富士山静岡県側の山開きでした
でも、じいじとばあばは、富士登山にいった分けではありません
行きたくても、今の体力では、不可能なことです
もっとも、山頂まで行きたいとは全く思いませんが(笑) じいじは、5回も行きましたので十分満足です

で、今回はその山開きを利用して、植物観察に行ってきました
この日から、富士山スカイラインはマイカー規制となりますので、車を水ヶ塚駐車場に止めて、バスで新五合目(富士宮口)へ向かいます。そうすれば、ほんの少しの登りだけで済みます(笑)

b0346568_23490243.jpg
山開きの日ですので、地方のTV局が取材に来てました。水ヶ塚駐車場には、静岡朝日テレビ。ブルーのジャンバーの背中には「とびっきりしずおか」という番組名が!  カメラマンは車内まで撮影しにきました
バスは30分毎にあり、8:00発に待つことなく乗れました。30分程度で、標高2400mの富士宮口五合目に着きます
昔は、富士宮口五合目を新五合目と呼んでましたし、掲示もありました。実際の五合目(吉田口)のより標高が高いところにあったので新五合目と呼んだとも。いつからそう呼ばなくなっただろうか?と思いました

b0346568_23585221.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.3) 1/500 ISO:125

水ヶ塚駐車場と五合目は、日差しもありましたが、途中はガスの中でした

b0346568_00024960.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.3) 1/2000 ISO:125

上の方に見える小屋は8合目の小屋と思います。山頂は左のガスの中。昔は、観測ドームがあったのでそれが山頂の目印になりました。現在は撤去されてるので、詳しい人しか山頂は分からないと思います

五合目から六合目の小屋を目指します。 が!!、なんとばあばの足が、先へ進みません。キャー!ワー!、高山の植物たちに歓迎されてしまったからです(笑)

b0346568_00190277.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/4 (-0.7) 1/400 ISO:125

標高の高いところでしか見られない植物が沢山出迎えてくれました。植物の写真は、後日アップしたいと思います

b0346568_00205287.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm f/5.6 (-0.7) 1/400 ISO:400

かなりの急傾斜ですね。しかし、九合五勺過ぎてからの傾斜はこんなものではありません。さらに急斜面になります。広角での撮影がいい感じです^^

b0346568_00220018.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/1600 ISO:400

歩いてきた方を振り返って撮影。右側が登山道、左側はブルドーザー専用道。この日、ブルドーザーが先を進んでいたようです。音しか聞こえませんでしたが、キャタピラーの跡が綺麗に残ってました

b0346568_00250262.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  24mm f/5.6 (-0.3) 1/2500 ISO:400

標高差100mを登ると、もう六合目です
後で知ったのですが、ここ六合目からの登山道に「登山禁止」の立て看板と柵があり先へ進め無いようにしているようです。この山開きの日の午前9時に、県の職員が看板・柵を撤去して、登山が出来るようになると、Yahooニュースで知りました
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160710-00000028-nnn-soci

我々が六合目に着いたときに、この映像の職員さんたちに出会って、何をしに来た人達だろう?と思いましたが、納得です
あと、20分早く着いてれば、その儀式(笑)を見ることが出来たのですが・・・
b0346568_00432846.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (-0.3) 1/4000 ISO:400

六合目では静岡第一テレビが取材していました
我々は、六合目から「宝永第一火口縁」へ、ほぼ平坦な道を歩きました。完全にガスの中で、数メートル先までしか見えませんでした

b0346568_09080734.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

宝永第二火口縁から、通ってきた第一火口縁を写したもの。この急斜面を登り切ったところが宝永第一火口縁で、写真の右側は第二火口になります
ここから火口縁をさらに下ります

b0346568_09175852.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  22mm f/5.6 (+0.7) 1/800 ISO:500

第二火口縁の中間付近から火口を撮影。下ってくると、ガスがだいぶ少なくなってきました

b0346568_09210063.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  22mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

次の目標の「山体観測装置」というポイントが見えます。この辺りから緩い登りとなります
b0346568_09223341.jpg
周辺に、山体観測装置は見当たりませんでした。少し離れた場所にあるのでしょうか?
ここから第三火口~二子山へ行くルートと別れてさらに下ります。ようやく目的の樹林帯へ!

b0346568_09510641.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  29mm f/5.6 (+0.7) 1/1250 ISO:500

急斜面を下って「山体観測装置」方面を見上げてみました。上の方に薄っすらと先ほどの標識が写っています
視界不良時や夜間時に、ルートが分かるように延々と地べたにロープが張ってあります

b0346568_09544610.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/5.6 (+0.3) 1/1250 ISO:400

御殿庭へと下ります。この辺りの樹木は、背丈の小さいものばかり。一つ前の写真、山体観測装置付近の樹木はいずれもじいじの背丈より低いものばかりでしたので、ここから標高が下がるにつれ、樹木の丈も高くなっていきます

b0346568_10015699.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  30mm f/8 (+0.7) 1/1000 ISO:400

さらに下って、最後に山体観測装置ポイントを撮影。この辺りから、樹林帯の中に入ってしまいますので、こういう景色の見納めです
レンズも広角ズームからマクロレンズに交換

b0346568_10043439.jpg
延々と狭い遊歩道をくだります
b0346568_10055532.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4.5 (-0.7) 1/640 ISO:640

b0346568_10073921.jpg
植物を観ながらゆっくりと下りましたが、追い越して下る人はおらず、登ってくる沢山のパーティにあいました。まさか、水ヶ塚から山頂まで?もっとも、途中の山小屋で宿泊することになりますが。コースタイムでは、約8時間くらいと思いますので、健脚の登山者なら十分いけますね。標高差2300m以上を登ることになります

b0346568_10164742.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/7.1 (-0.3) 1/1250 ISO:320

たまに、雲の切れ間からお日様が^^

b0346568_10205757.jpg
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD  f/4 (-0.3) 1/200 ISO:1000

とても好きな雰囲気の樹林帯

b0346568_10295788.jpg
Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC USD  15mm  f/5.6 (-0.7) 1/200 ISO:1000

この辺りから、70分ほどで駐車場に着きました


所要時間は、5時間20分。植物を探し回りながらでしたので、時間ほどは疲れてません。しかし、宝永火口縁の急斜面を下ったので、脚にはかなりの疲労が^^;

コースタイム(下記URL)では2時間45分の下りルートです
今回は、富士山自然休養林のサイト(http://www.kyuyorin.jp/index.html)を参考にしました

来年、マイカー規制に入る前に、Bコースに行ってみようと思います
昨年から何度か出かけた西臼塚は、Lコースで紹介してあります。ここは、植物撮影しながらだと、3倍以上の所要時間になります^^



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-07-14 12:07 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

南大室窯 伊東市

旅は、熱海のバラ園を出て、伊東のペンションへ

b0346568_12405386.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/125 ISO:200

1日目の宿、ペンション 「森のしずく」
このペンションの左隣に「南大室窯」の展示室と体験工房があります

b0346568_12433201.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/80 ISO:200

建物は展示室、これの奥に体験工房の建物と3種類の窯があります

b0346568_12441468.jpg
Tamron SP90  f/3 1/80 ISO:1250

焼き物の撮影には、Otus の方がいいので、交換

b0346568_12483702.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/200 ISO:1250
b0346568_12495962.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/200 ISO:1250

見学してたら、責任者のような方が、釜をみますか?と、奥の体験工房の中や窯をたいへん詳しく説明してくれました
そして、ギャラリーも是非見学するといいと、地図をくれました。ここから車で数分のところにあります
ばあばとかこちゃんはお茶をやっていたので興味津々です。とくに、かこちゃんにとって、南大室窯は今回の旅行の目玉の一つだったとのこと

b0346568_12554736.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/160 ISO:200
b0346568_12563879.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/125 ISO:200

ギャラリーは、大室山をバックにした素敵なところにありました

b0346568_12580817.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1600 ISO:1250
b0346568_12585433.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/3200 ISO:1250

窓の向こう側、溶岩をうまく利用した素敵な展示も
b0346568_13041641.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  62mm相当 f/5 1/50 ISO:200
b0346568_12591832.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1250 ISO:1250
b0346568_12594051.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1600 ISO:1250
b0346568_13060471.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/2000 ISO:1000
b0346568_13063192.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1000 ISO:1000
b0346568_13071392.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1250 ISO:1000
b0346568_13073548.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/800 ISO:1000 トリミング
b0346568_13080667.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1000 ISO:1000 トリミング

写真の右の黒いのは少し手前にある展示棚、それを外して撮影したかったのですが、ポジションがとれずに残念でした

b0346568_13103380.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/1250 ISO:1000
b0346568_13105116.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.3) 1/800 ISO:1000
b0346568_13114397.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/640 ISO:1000
b0346568_13121757.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/640 ISO:1000
b0346568_13124652.jpg
Otus 1.4/85  f/2.8 (-0.3) 1/640 ISO:1000

このギャラリーは、じいじにとって被写体の宝庫! 半分くらいしか撮影してないときにばあばは出て行ってしまい、
かこちゃんも少しして出て行ったので、待たせるわけにもいかないなと、気の小さなじいじは後ろ髪を引かれながら、泣く泣くギャラリーを後にしました

b0346568_13164570.jpg
Otus 1.4/85  f/2 (-0.7) 1/4000 ISO:1000

このあと、観光案内をみて、2カ所へ向かいましたが、ガラス工房は16時半に閉店。もう一つは建物の痕跡もなし。数十年前に来た頃は、観光客の車ももっと多くて賑わっていたように記憶します。この辺りも寂れてきているのでしょう

それで大室山を見てから宿に戻ることに

b0346568_13212998.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  49mm相当 f/5 1/100 ISO:200
b0346568_13205127.jpg
Otus 1.4/85  f/1.4 1/400 ISO:100
b0346568_13221069.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 (+0.7) 1/200 ISO:200





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-19 13:42 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

熱海 バラ園

6月頭に、ばあばの妹(「かこ」とばあばは呼びます)と三人で伊豆・箱根を旅行しました

熱海駅に新幹線で来たかこちゃん(じいじは、ちゃんと敬称を付けます^^)をピックアップし、バラ園へ。旅行の計画は姉妹 ^^ じいじは、付いていくだけ

お天気は、あいにくの曇り

b0346568_20555703.jpg
Otus 1.4/85 f/5.6 (-0.3) 1/1000 ISO:160

まずは、バラ園のレストランで昼食。海の見える素敵な席に案内してくれました  窓越しに初島をパチリ

バラ園は急こう配の斜面に作られてるので、園内バスで一番上まで行って、見学しながら下りてきます

b0346568_21001576.jpg
Tamron SP 90mm f/4 (-0.7) 1/1000 ISO:200
b0346568_21015614.jpg
Tamron SP 90mm f/3.8 (-0.7) 1/3200 ISO:200
風があったので、早めのSSで撮影

かこちゃんが、どの花も蕾がとても可愛いといいます  じいじも、蕾の方が好きだと同調します^^

我が家のベランダのミニバラは、蕾はとても可憐ですが、咲いてしまうと全く可愛くないと以前にも書きました

植物も動物のように幼少期は、みんな可愛いということなのでしょうかね(笑)
b0346568_21022681.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/500 ISO:200
b0346568_21025357.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/1600 ISO:200
b0346568_21044895.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/500 ISO:200
b0346568_21051874.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (+1.0) 1/1250 ISO:200

どうでしょう? どの蕾も可愛いくないですか?

次の写真は、キャー可愛いと、蕾を撮影するかこちゃんの後ろ姿 ^^
b0346568_21421898.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/800 ISO:200

b0346568_21055479.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/1000 ISO:200

b0346568_21062078.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/800 ISO:200
b0346568_21064000.jpg
Tamron SP 90mm f/4.5 (-0.3) 1/2000 ISO:200
b0346568_21073784.jpg
Tamron SP 90mm f/6.3 (-0.3) 1/1000 ISO:100
b0346568_21080664.jpg
Tamron SP 90mm f/3 (-0.3) 1/800 ISO:100

海外のものが沢山あり、まあ珍しいし、とてもカラフルではあるのですが、なんだかそれだけという感じ???

野生の美しさを感じないとでもいいましょうか

b0346568_21104786.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  32mm相当 f/5 1/640 ISO:200
b0346568_21114724.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  65mm相当 f/5.3 1/400 ISO:200
b0346568_21131656.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  81mm相当 f/5.6 1/400 ISO:200

なので、じいじは、
b0346568_21140782.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  27mm相当 f/5 1/320 ISO:200
こいう画や、
b0346568_21151171.jpg
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6  38mm相当 f/5 1/250 ISO:200

こういう画に感動し、心落ち着きます  緑はやっぱりいつでもどこでも素敵です


*1枚目、5枚目と最後の2枚以外は、すべてトリミングしたもの


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-06-17 21:46 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

ばあばが初めて見た植物 1

この半年くらいの期間、写真の枚数の関係でブログにアップできなかったもののうち、ばあばが初めて見て喜んだものを少しアップします
諸般の事情で名前などは省略してます

まず、着生ランを2種類

b0346568_23142229.jpg
Tamron SP 90mm  f/4.5 (-0.7) 1/800 ISO:800

b0346568_23144834.jpg
Tamron SP 90mm  f/5.6 1/320 ISO:800
b0346568_23172446.jpg
Otus 1.4/85  f/4 (-0.7) 1/80 ISO:1250
丁度、開花したところに出会えラッキーでした

b0346568_23203267.jpg
Tamron SP 90mm  f/4.5 1/160 ISO:1250
県によっては絶滅危惧種Ⅰ類に指定されています

b0346568_23274284.jpg
Tamron SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:1250

これまで見たことはあるのかもしれませんが、名前を意識して見たのは初めてのスミレの一種

次の2枚は、じいじが初めてみたもの^^
b0346568_23305623.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  810mm相当  f/5.6 1/250 ISO:1600
b0346568_23313835.jpg
1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6  810mm相当  f/5.6 1/250 ISO:1000

「1」としてアップしましたが、「2」がいつあるかは、???  
なにせ、じいじが覚えておれませんので、わかりません^^;






[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-25 23:39 | Trackback | Comments(2)

元箱根石仏群

長年、何度も箱根を訪れていますが、ほとんどが散策や登山が目的で、いわゆる観光スポットはそのルートにあれば見てみたとか、お客さんを案内した時にしか経験がありません

石仏群は、曽我兄弟の墓があることで気になってましたが、行ったことがありませんでした
先回の湯坂路~小涌谷~芦之湯~元箱根の散策では、丁度、石仏群の見学ルートの一部が散策コースでしたので、見てきました
芦之湯からこのルートを歩く時だけ、雨は止んで晴れ間も出て、しっかり見学できました

b0346568_18075427.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:640
b0346568_18100397.jpg
SP 90mm  f/2.8 (-0.7) 1/800 ISO:640
b0346568_18104517.jpg
仇討ちから約100年後に建立されたことになります。1295年!!、こんない古いものとは驚きでした。当然、当時のままというわけではなく、何度か積み直しがなされてきてるとのことで、解体調査を行って、江戸時代の状態に整備したそうです。建立時に、どういう並びだったかどうかは分からないそうですが、五輪塔そのものは当時のもので日本最古とのこと。
https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/8,681,34,150,html

b0346568_20523961.jpg
SP 90mm  f/8 (-0.7) 1/80 ISO:160


お墓といっても、ここで埋葬されたわけではありません。仇討ちの成就を箱根権現社に祈願したということからでしょうか
兄弟のほかに、虎御前の墓もありましたので調べましたら、兄の妾で二人の死後も曽我兄弟を供養し続けた「虎女」という女性で、いくつかの史書に記述があり実在した人物とのこと



b0346568_19425857.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/125 ISO:500

石仏とは関係ないですが、見学ルートの途中にある休息所  雰囲気が良かったので撮影しました  屋根の上の石がGood!

b0346568_19453866.jpg
SP 90mm  f/9 (-0.7) 1/160 ISO:500

写真の右端に見えてるのは国道1号線  見学ルートはその下をくぐります(左の手すりの下に入口)
国道をくぐると精進池があり、その端に駐車場がありますので、石仏群の見学だけなら歩く距離はほんのわずかで済みます
b0346568_19483802.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/200 ISO:400
b0346568_19501479.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/500 ISO:160

b0346568_19511972.jpg
b0346568_19520804.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/500 ISO:160

b0346568_19531954.jpg
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/250 ISO:360

この見学ルートは、植物もとても豊富でした^^

このルートが終わると山越えて「お玉ケ池」に出て、さらに登って箱根旧街道に合流し、元箱根へと下りました
山越え始めると雨が降り始め、芦ノ湖に着いたら雹が降ってきました(笑)


最後の写真は、縄張りなのでしょうか、雨の「お玉ヶ池」で餌をあさるアオサギ

b0346568_20003108.jpg
SP 90mm  f/8 1/60 ISO:1250




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-10 21:31 | カメラ | Trackback | Comments(4)

胡蝶蘭

4年前にもらった胡蝶蘭
その後、ばあばは再度花を咲かせようと、片手間に適当にあしらってました(爆)が、一昨日、ついに一輪の小さな花が咲きました
(これまで咲かなかった原因が分かった!と、ばあばは大喜び^^)


もらった時より花が小ぶりですが、咲いたことが事件です^^

まずは、Otus で撮影。いずれもほぼ最短距離で撮影したもの

b0346568_12211173.jpg
Otus 1.4/85  f/11 1/60 ISO:1000
これが、Otusのオリジナルサイズです
次に、クローズアップレンズ4種類を付けて大きさの比較です。手持ちなので位置がずれてます

b0346568_12261223.jpg
クローズアップレンズ+1   f/11 1/50 ISO:1000
b0346568_12270437.jpg
クローズアップレンズ+2   f/11 1/80 ISO:1000
b0346568_12275861.jpg
クローズアップレンズ+4   f/11 1/80 ISO:1000
b0346568_12283426.jpg
クローズアップレンズ+10   f/11 1/80 ISO:1000

+4と+10では、花びらの淵が青く滲んでいます.。+2でも、出かかっています。これはどういう現象なのでしょうか、要注意です

次に、Tamron SP 90mm マクロレンズで撮影。ほぼ等倍撮影したもの
b0346568_12353443.jpg
SP 90mm  f/18 1/30 ISO:1600

マクロレンズの威力発揮ですね。クローズアップレンズ+10と+4を組み合わせると等倍近くになるのかもしれませんが、それをやる気は起こりません(笑)

SP 90 で内臓フラッシュ使ってみました

b0346568_12382259.jpg
SP 90mm  f/11 1/60 ISO:200 内臓フラッシュ(先膜シンクロ)
b0346568_12391920.jpg
一番奥にピントを合わせたもの  SP 90mm  f/11 1/60 ISO:200 内臓フラッシュ(先膜シンクロ)

影が出来てますが、画像自体はフラッシュ使った方が綺麗です

次は、1J5 で撮影したもの
b0346568_12435342.jpg
1J5 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  f/4 1/125 ISO:125

ピントが後ろへ行ってしまってました。残念

最後は、最初のOtusの写真をトリミングしたもの

b0346568_12520865.jpg
これだけの大きな被写体では、D810の高画素によりトリミングでも十分いけそうですが、同じF値でもクローズアップレンズ使うと前後がボケるので画に差は出ますね








[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-08 13:00 | カメラ | Trackback | Comments(4)

雨の中の散策

雨の時にしか撮れない写真というのも雰囲気があって、いい感じです

しかし、わざわざ、雨降ってる時に出かけて行く気にはなりませんが・・・

レンズは、Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD
b0346568_23332311.jpg
f/10 (-1.0)  1/160 ISO:800

b0346568_23345135.jpg
f/4 (-1.0)  1/200 ISO:800

b0346568_23362152.jpg
f/4.5 (-0.7)  1/250 ISO:800

b0346568_23370178.jpg
f/4.5 (-0.7)  1/1000 ISO:800

b0346568_23373554.jpg
f/4.5 (+0.7)  1/400 ISO:800

b0346568_23381862.jpg
f/4.5 (-0.7)  1/1250 ISO:800

b0346568_23384279.jpg
f/2.8 1/1250 ISO:160
昨年、桜吹雪を見せてくれた桜。今年は昨年より早く来たので、あまり散ってません

b0346568_23414069.jpg
f/5.6 (+0.7)  1/100 ISO:160

雨でかすんだ写真もいい感じです。新しいフォトショップエレメンツ、新機能の「カスミ除去」というのを売りにしてましたので試してみました
b0346568_23480591.jpg
「カスミ除去」を施したもの

少し明瞭になりましたが、せっかくの風情も減った気がします。この機能、使い道あるのかな???

b0346568_23513919.jpg
f/5.6 1/250 ISO:1000

b0346568_23520843.jpg
f/5.6 1/100 ISO:1000

b0346568_23525313.jpg
f/5.6 1/160 ISO:1000


雨に濡れるた植物は、生き生きとして見えます




b0346568_23561040.jpg

防水の機材が欲しいです。デジイチでは Pentax K-1 が安価ですかね
コンパクトなら、STYLUS TG-4 、さらに安価に手に入りますね。顕微鏡モードや深度合成など、ばあばの目的にはぴったりのカメラかもしれません


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-06 00:07 | カメラ | Trackback | Comments(2)

新緑

GW前半の新緑をアップです


b0346568_20581293.jpg
Tamron SP 90mm  f/4 1/640 ISO:1000
b0346568_21043191.jpg
Tamron SP 90mm  f/4 1/640 ISO:1000

上の2枚は、4月29日 箱根 湯坂路から降りてきた千条の滝から。丁度、雨の切れ間で撮影できました。ここに着く直前にオオルリが数メートル先の枝に止まったのですが、雨でカメラを懐にしまっていたので、取り出してる間に飛んで行かれてしまいました。初めてのオオルリ、とても綺麗な鳥に感動したじいじでした

b0346568_21064207.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 70mm f/5.6 1/640 ISO:1000

4月30日、駿東郡清水町 龍泉寺

b0346568_21091240.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 70mm f/8 1/800 ISO:1250

4月30日、駿東郡清水町 本城山公園。3年前には存在した遊具がすっかり無くなっていて、孫たちはがっかり。ばあば先生による植物のお勉強会に、満足した孫たちでした。

b0346568_21113254.jpg
Otus 1.4/85  f/8 1/500 ISO:800
b0346568_21195182.jpg
Otus 1.4/85  f/5.6 (-0.7) 1/2000 ISO:640

この2枚は、5月3日 三島大社

b0346568_21220152.jpg
AF-S 70-200mmf/4G ED VR 165mm f/4 (+0.7) 1/1250 ISO:640 トリミング

三島 源兵衛川中流、カワセミ橋付近。今日も、沢山のお爺さんカメラマンが沢山。みなさん、大砲レンズを構えておられました^^




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-05-03 21:34 | カメラ | Trackback | Comments(2)

富士山麓の早春の植物たち

少し前に「雨粒」というタイトルでアップしましたが、いつも植物の検索で利用させていただいているカメラマン&植物学者さんのブログに、雨で出来た水滴と霧で出来た水滴はまるで違うと書かれてました。それで、その方は撮影したい現地近くでキャンピングカーで寝泊まりして、タイミングを待つそうです。
想像するに、霧で出来る水滴の方が神秘的なものができるのでは?と・・・
もしかすると、先日じいじが撮影したのは雨粒ではなく、霧で出来た水滴だったのかもしれません。雨では、ああいうふうに葉の先っぽに水滴は出来ないのではないかと思いました。

で?   これからアップする写真は、水滴とは一切関係ありません(ペコ^^;)

これまでアップしてきた、コガネネコノメソウ、ヨゴレネコノメソウ&ニリンソウ以外のものを(今後の)記録としてアップします


b0346568_23412089.jpg
バイケイソウ  Otus 1.4/85 f/2 (-1.0) 1/1000 ISO:400

b0346568_23421849.jpg
トウゴクサバノオ  Otus 1.4/85 f/5 (-0.7) 1/100 ISO:800 トリミング
b0346568_23545571.jpg
トウゴクサバノオ  Otus 1.4/85 f/11 (-1.0) 1/200 ISO:800 トリミング
水滴が気に入ってるので再度アップ。

b0346568_23563887.jpg
ツルシロカネソウ  Tamron SP 90mm f/3.5 (-0.7) 1/1000 ISO:800
開花前のは、萼片の色合いが素敵でした

b0346568_22152418.jpg
ツルシロカネソウ  Tamron SP 90mm f/5.6 (-0.7) 1/320 ISO:800


b0346568_23440562.jpg
ユリワサビ  Otus 1.4/85 f/5.6 (-1.0) 1/125 ISO:800 トリミング
b0346568_23453890.jpg
ユリワサビ  Tamron SP 90mm f/5.6 (-0.7) 1/100 ISO:800 トリミング

ユリワサビの花は、とても小さな花です。次のセントウソウは、さらに小さな花です

b0346568_23480892.jpg
  セントウソウ  Otus 1.4/85 f/5.6 (-1.0) 1/1250 ISO:800
クローズアップレンズ(+2)使って撮ってもこの程度
b0346568_00014326.jpg
Tamron SP 90mm f/3.3 (-0.7) 1/2000 ISO:800

中心の花はツルシロカネソウ、下の小さな白いのはセントウソウ、黄色くボケてるのはコガネネコノメソウ。セントウソウの小ささが分かります

b0346568_22190569.jpg
ミヤマハコベ  Tamron SP 90mm f/8 (-0.3) 1/250 ISO:800

b0346568_22225721.jpg
ムラサキケマン  Tamron SP 90mm f/8 (-0.7) 1/250 ISO:800


b0346568_22432564.jpg
ヤマエンゴサク  Tamron SP 90mm f/5.6 (-0.7) 1/640 ISO:800


気温12℃と大変寒い樹林帯で、短時間の散策でしたが、収穫が多かったので満足^^





[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2016-04-29 21:39 | カメラ | Trackback | Comments(2)