じいじとばあばのフォトライフ

孫娘と散歩



数年前、双子の孫たちと山登りに出かけたことをここで書きました。じいじとばあばがよく出かけて行くので、山登りはどんなに面白いのだろうと興味津々で出かけたのですが・・・(笑)
今回は、一緒に住むようになった長男家族の長女が、じいじとばあばがよく散歩に出かけるので、一緒に行くと言い出しました。彼女は小学4年生なので、散歩がどういうものか分かっているよな?、小学生では退屈ではなかろうか?、などと思いつつも行きたいというので一緒に出かけて行きました。

歩き始めるなり、どれくらい歩くの?10分くらい?とか言い出すので、やっぱりお前もか!!と (爆)
それではということで、いつもの散歩コースではなく、鹿乗川を南下し30分歩いたところで引き返す往復1時間ということで、納得してもらいました (汗)

コースを変えたのは、これまでの散歩コースに気になるものがあったからで、そのうちいってみようと話していたのもありました。気になったものは次の石碑です

b0346568_13530939.jpg
b0346568_13531299.jpg
ネットで調べても詳細は分かりませんでした。古道の雰囲気を感じられる場所ではありました。
古道の整備が途中なのか、2枚目の写真のところから始まり、次の写真の場所で終わってる感じで跡がたどれませんでした。1枚目のは中間付近にありました
b0346568_13571297.jpg
孫娘に、途中で見る植物や鳥の説明をしながら、なんとか退屈させないようにと、もの凄く気を遣ったじいじとばあばでしたが、「ふ~ん」と全く興味を示さない孫娘
小鳥たちは、すぐに移動してしまうので見ること自体が慣れてないと難しいのかもしれませんが、鹿乗川の橋を渡るときに橋の下から出てきたカワウは、さすがに見えてるはずですが興味なし! (笑)  離水するところを見せれば!と、橋の上で大げさな動きをした老人たちにカワウは思い通り離水してくれましたが・・・それを見てもお言葉はありませんでした (泣)

b0346568_14090175.jpg
ばあばがいつもの秘密兵器を取り出しました。遠くにいるカモをみています。さすがに、この秘密兵器には飛びついてくれました (やった!)
b0346568_14285231.jpg
このコガモたちを見てます
b0346568_14123674.jpg
b0346568_14124117.jpg
双眼鏡を覗きながらばあばに近づいていきます。鳥を見るよりも、じいじを見たりばあばを見たりする方が楽しそうではありました (笑)

じいじいには、この日の散歩で収穫がありました!
b0346568_14140725.jpg
少し遠くでしたが、ノスリを発見! 広い田圃で餌を探してる様子です。あのあたりが縄張りなら、ちょくちょく見ることが出来るのでは?と期待が膨らみました
このあと、餌を発見したのか遠く西の方の田に向かって飛んでいき降りました

b0346568_14235700.jpg
30分くらい歩いて折り返す頃に、喉が渇いたと孫娘。我々はこれまで日常の散歩コースでは、途中で水を呑むことはないのでいつも持ち歩きません。最近の人たちは熱中症対策で頻繁に水分補給をするため、そういう体になってしまってるのでしょうか
家に帰るまで、あと30分我慢してもらいました

b0346568_15045984.jpg
住宅街に入ると、お先に!と、走って帰って行きました (爆)

たいして面白いわけでもないことが分かったので、日常の散歩にはもうついて来ないかもしれません
それでも、次は山登りに連れてってと言ってましたので、一緒に行動すること自体は問題はなさそうです^^

後日、ばあばが近所の和菓子屋に自転車で出かけて行くのに孫娘もついていきました。彼女は往復走ったそうですが、ぜんぜん息が切れてないとばあばが驚いてました。さすが毎週末にフット(?)の練習に行って鍛えられてるだけのことはあるようです



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-03-07 15:05 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://jiijibaaba.exblog.jp/tb/28178273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2018-03-07 23:33
元気そうなお孫さんですね !
しかも可愛らしい !!
動植物とか自然に対する興味は、今の子供たちには望めないかもしれませんね。。。
バーチャルな世界の方が刺激的だし、
楽しいかと思います。
昔も漫画とかはありましたが、リアリティーが全くありませんでしたから(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2018-03-08 13:27
フォトンさま

小学生の孫たちは元気いっぱいです。六年生の長男は風邪やインフルエンザに罹ったことが無く6年間皆勤賞貰えると自慢しています。

学校で習うくらいの動植物の名前くらいは知ってるようですが、ただ知ってるだけですね。どういう形態してるのかなど、全く興味ないようです。
昔は自然の中で遊ぶしかありませんでしたし、上級生たちが遊びの中でいろいろ教えてくれました。漫画とかも上級生から下級生までみんなで回し読みでしたっけ(笑)
Commented by kame3z at 2018-03-10 09:29
私の動物・自然好きは、
ファーブル昆虫記とかシートン動物記から始まりました。
最初の本との出会いでもあります。
5歳くらいの時に、父が買ってきてくれました。
今の世代の父親が、
そもそも興味がなければ無理だと思います。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2018-03-10 12:47
フォトンさま

そうですね。身近の人次第ですね
我々の小学生の頃は、ファーブル昆虫記は必読図書でしたね。(私は最初の方をかじっただけでしたが><) 夏休みの宿題で昆虫採集や押し花は定番でしたし、学研等の雑誌の付録に採集キットがありました。
自然界で遊ぶしかなかったあの頃、良い時代だったと思います
Commented by いなきち at 2018-03-12 17:59 x
じじばばさまには残念でしょうが、子どもなんてそんなものかもしれませんね(笑)
まぁ、その内に何かのきっかけで、自然派になるかもしれませんし、今は元気にすくすく育っていることを喜びましょうか。
ところで、私の娘は東京で何やってんのかしら?(笑)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2018-03-13 12:06
そうあって欲しいと期待して待つことにします(笑)

大きくなればお友だちと遊ぶのに忙しくなって、一緒に行動する機会は激減するかもしれません。寂しいことですが・・・