人気ブログランキング |

じいじとばあばのフォトライフ

タグ:AF-S 300mm F/4E PF ED VR ( 30 ) タグの人気記事

東三河ふるさと公園  No.2




10月、東三河ふるさと公園での観察会に参加しました。夏以来2回目の参加です

今回はアサギマダラの観察会でしたが、写真は撮ることが出来ませんでした
それなりに飛んでいたのですが、誰かが見つけると網を持った子供たちが追いかけまわすので、撮影できる状況ではありませんでした (笑)
マーキングも希望すればさせて貰える観察会でしたが・・・

しかし、じいじには、アサギマダラ以上の収穫がありました

まずは、集合時間の少し前から、ノスリが2羽、鳶となにか争いでもしてるのかのようで、みんな空を見上げてました

b0346568_19194490.jpg
b0346568_19211886.jpg
機材は、D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III のみ

b0346568_19220524.jpg
ノスリの飛翔を撮影したのは、この地では初めて^^
b0346568_19225178.jpg
b0346568_19225558.jpg
b0346568_19482302.jpg
b0346568_19483255.jpg
b0346568_19484186.jpg

今回の観察会は、夏の虫の観察会より大人の参加が多かったのですが、アサギマダラ人気だからでしょうか

アサギマダラの餌となる植物の側に、野鳥の専門家がいて猛禽類の渡りについて説明してくれ、これも大変勉強になりました
その説明が終わるのを待ってたかのように、1羽の猛禽が飛んで来ました。オオタカとのこで、すぐに撮影w

b0346568_19535810.jpg
かなり高いとこを飛んでいたのですが、まあまあ撮影に成功。オオタカ、初めて撮影しました。
お腹の様子から幼鳥とのことでした。(ちなみに、この日、オオタカは2羽目だそうで)

撮影した写真と図鑑を見比べてると、ノスリが、少し低空を!!
b0346568_19570642.jpg
朝方のよりだいぶ大きく写せてます

アサギマダラ、個体数はかなり見かけましたので、静かな時に餌の植物の群生地で待ってると十分楽しめそうな公園です

b0346568_20003282.jpg
b0346568_20010317.jpg
夏の観察会の主な観察場所だった池には、カイツブリでしょうか、2羽が盛んに潜ってました

観察会は午前中で終わりで、このあと少し離れた葦毛湿原にいきました
葦毛湿原も2回目で、後日、合わせてアップしたいと思っています(いつになるかわかりませんが ^^;)




by mjiiji_hbaaba | 2018-11-06 20:16 | Trackback | Comments(0)

鳳来寺山 鳳来寺&鳳来山東照宮




奥三河国定公園内にある鳳来寺山に行ってきました
登り口は、いくつかあるようですが、鳳来寺の表参道をばあばが選択しました (笑)
石段が、なんと! 1425段もあると! (じいじなら、絶対に選択肢に入りません )

b0346568_14355757.jpg
平日無料の駐車場から、鳳来寺山自然科学博物館の前を通り、民泊や民家の中を抜けます
b0346568_14414466.jpg
この山の石は硯に適してるとのことで、硯屋さんがありました

b0346568_14483671.jpg
ここから1km、1425段の石段だそうです ^^;

登り始め 9時半頃の気温は26℃でした ( このあと鬼のような蒸し暑いハイキングになるとは予想だにしませんでした )

b0346568_14533302.jpg
b0346568_14543453.jpg
b0346568_14555436.jpg
b0346568_14572622.jpg
b0346568_14580485.jpg
とても雰囲気のある参道で、最初の頃はいい感じだなあと思いながら歩けたのですが・・・

b0346568_14585403.jpg
b0346568_15002321.jpg
b0346568_15005479.jpg
この仁王門あたりから、日頃運動してないじいじにはたいへんな登りとなりました (汗)

b0346568_15012006.jpg
まだわずかしか登ってないのに、すでに (笑)

b0346568_15061443.jpg
「傘杉」、日本一高い杉の木と言われたこともあるようです。樹高 60mと書いてあります
上の方が傘のようになってるからと

b0346568_15102181.jpg
確かに、周りの他の杉とは、てっぺんの形が異なりました

表参道で写真を撮れたのはここまで (笑)  後は、歩くのに必死   お花も咲いてないし、鳥も蝶や虫もいないこともあたのですが・・・
まあなんとか登り切って
b0346568_15202295.jpg
「鳳来寺本堂」とあります。しかし、本来の鳳来寺の建物はこの後ろで少し登ったところにあるようですが、一般の観光客が参拝するには無理があるのでこれを建てたのだろうと想像しました

b0346568_15225592.jpg
これがすこし登ったところにあった「鳳来寺」

この日の散策は、ここが目的ではなくこの上にある鳳来寺山です
ここから40分の鳳来寺山、さら東海自然歩道を歩いて「鳳来山東照宮」に降りて、また、石段を下るという地獄が待ち受けてました

b0346568_15345194.jpg
b0346568_15345984.jpg

大変だったと言っても石段はほぼコースタイム通りだったのですが、鳳来寺山まではコースタイムの2倍かかりました。気温が上がって、風がほとんどない状況で暑さにやられました。完全に油断してました (泣)
b0346568_15355386.jpg
b0346568_15360668.jpg
登山道のど真ん中にありました。ハート形にくり貫けてますが、誰かがくり貫いた???

b0346568_15412431.jpg
「鳳来山東照宮」です
鳳来寺本堂から3時間かかってたどり着きました。反対周りでいけば10分足らずで着くのですが (爆)  

これは疲れを一瞬忘れさせる光景でした
素晴らしいたたずまいです  広角系は Nikon 1J5 しか持って行ってなかったのが悔やまれました

日光・久能山と合わせて三大東照宮とのこと。ここに着くまで全くそのことを知りませんでした^^;
b0346568_15465834.jpg
b0346568_15472054.jpg
b0346568_15473421.jpg
深い森の中にあってとても神秘的でした。真夏の平日ということもあってか、観光客が居なかったこともあって、静けさの中で神秘的に感じられたようです

この前の木曜日のことですが、今もあちこち筋肉痛でぎくしゃくしてます

そうそう、ここはブッポウソウで有名らしいですね。NHK が、夜に鳴き声をLIVEで全国放送して有名になったとか。5月に来るらしいので鳴き声を聞きに、また来るのはいいかもしれません (石段の往復だけで済むでしょうから (笑))




by mjiiji_hbaaba | 2018-09-02 16:02 | Trackback | Comments(4)

東三河ふるさと公園





豊川市にある「東三河ふるさと公園」というところで開催された自然観察会に参加しました
時期が時期なので野草はほとんど期待できませんが・・・
事前の申し込み不要で、当日時間までに集合するだけですが、集合場所も分からない状態で出かけて行きました(笑)

定期的に開催されてるようで集合場所は、公園の管理棟でした
今回は夏休み期間中で小学生を対象とした虫の自然観察会でした (爆)
捕虫網を持った小さな子供たちが沢山

b0346568_13001436.jpg
まずは池の側で、虫を捕まえ、数人の専門家に名前や特徴を教えて貰います
b0346568_13015543.jpg
b0346568_13024590.jpg
今回の観察会の主たる指導者は、虫の専門家の親子。お父さんの方は、子供たちに名前教えたりと忙しいですが、娘さんの方はあちこち駆け回って子供たちでは捕まえられないトンボを捕獲し見せてました
b0346568_13122019.jpg
自然にいるチョウトンボを間近で見たのは初めて (笑)
b0346568_13250899.jpg
b0346568_13331997.jpg
b0346568_13334885.jpg
b0346568_13343457.jpg
この池には、結構な種類のトンボが、しかも沢山いました

b0346568_13254463.jpg
遠くにカイツブリを発見、1羽だけでした

1時間ほどして池の対岸に移動
b0346568_13275966.jpg
池の奥の方は、スイレンが沢山。最初にいた場所が、向こうに見える建物付近
b0346568_13303610.jpg
後半は、湿地帯を模したような場所で観察
花が咲いてる場所には、沢山のハチがいました
b0346568_13363045.jpg
b0346568_13363819.jpg
初対面の青いハチ、説明があったのですが名前忘れました (爆)

b0346568_13374941.jpg
クモやヤモリの詳細な説明もありました

お昼前に観察会は終了。この日、お隣の豊橋の予想最高気温は29℃。この夏では珍しく30℃を切る予想。しかし、日差しは強いので暑いことに変わりはありませんね

この公園の最高地点の展望台へ向かいました。舗装道路で登るルートと自然道でのルートがありまして、もちろん自然道へ
結果、自然道がお薦めです。理由は、ほとんど木陰のルートだったからです。下りに利用した舗装道路では日陰はほとんどありませんでした

観察会では蝶はほとんど見られませんでしたが、奥に入ると結構いました
b0346568_13395529.jpg
b0346568_13435537.jpg
b0346568_13441158.jpg
b0346568_14004154.jpg
標高190mにある展望台。豊橋市が一望できました
雲が無ければ富士山も見れるようで、写真付きの説明がありました
b0346568_14024672.jpg
野鳥はどうなのか?この日は、聞き慣れないさえずりも聞かれ興味あるところですが、ホームページでは野鳥の説明はざっとしかない感じでした

自宅から車で40分くらい。以前の場所でいうと箱根より少し近いという距離ですが、初春のお花の時期にどれくらい見れるかですかね (笑)





by mjiiji_hbaaba | 2018-08-22 14:15 | Trackback | Comments(2)

ウグイス 伊吹山にて



先日、日本最高気温が観測された日に伊吹山にお花を見に行ってきました
歩いて登ると標高差1100m余りもあり、この時期この標高では絶対に無理なので車で!(笑)
(標高1000m辺りから登り始めるのならいいのですが、30℃を超えてる場所から登るなど我々には無理です)

山頂は、計算上は約6~7℃低いことになりますが、実際は10℃以上低い日が続いてるようで、この日も22~23℃と下界より12℃も低い山頂でした
気温もですが乾燥しているので、山頂で休憩するときに日影に入らなくても平気です (もっとも日焼けが凄まじく両手の甲が真っ赤になってしまいました)

お花で有名な伊吹山、毎日のように団体バスが来てるようで、この日、平日でしたので?10台くらい
皆さん登り40分の登山道を踏破し、植物や風景を楽しんだ後、バスの時間に間に合うように下りていきました
b0346568_10334664.jpg
我々が駐車場に着いたときには、バスは3台でしたが、登山道に入るやばあばが「うわ~ こりゃ3倍コースだ」と動きません(爆)
写真ではバスが9台写ってますが、ばあばはまだ入口から10m?付近 (笑)
3倍コースの意味が、山頂について分かりました。40分のコースを120分かかって登ってきました
じいじは、途中で何度も待ちましたが、座って待つ場所もないので少しずつ上へ。それでも、山頂で30分も待つことに


お花の写真は、後日とし、今回は「ウグイス」

b0346568_10422579.jpg
f/8 (-0.66) 1/1250 ISO:360

上から飛んできて少し先のロープの上に止まりました
最初見たときに、スズメ?こんなとこに?と思い、写真を拡大しながら何だろうと思ってましたら

b0346568_10452731.jpg
f/8 (-0.66) 1/1250 ISO:640

「ホーホケキョ」、ウグイスだよ、と教えてくれました (爆)
b0346568_10471109.jpg
f/8 (-0.66) 1/1250 ISO:500
b0346568_10474347.jpg
f/8 (-0.66) 1/1250 ISO:560

尾を跳ね上げたりして一生懸命さえずっていました
b0346568_10483856.jpg
f/8 (-0.66) 1/1250 ISO:800

毛が十分に生え揃ってない感じで、若鳥ではないかと思います
若鳥だから警戒心があまりないので、人前でさえずってるのでしょうかね



ウグイスをこんなにきちんと撮影出来たのは初めて。暑い中、早起きして来た甲斐がありました (笑)
ばあばは、それ以上に収穫大だったようで、帰りの車中では爆睡。そりゃそうでしょうね。気温が低いとはいえ、直射日光を受けながら2時間も撮影しながら登って来たのですから
b0346568_10584588.jpg
f/8 (-0.66) 1/1250 ISO:900

真っ白に雪を被った大きな伊吹山を新幹線の窓越しに何度も見るたびに、一度は!と思っていた願いが一つ叶いました



by mjiiji_hbaaba | 2018-07-25 11:02 | Trackback | Comments(2)

箱根 雨の中の植物観察会



先週の土曜日、雨でしたが箱根の植物観察会に参加してきました。今回は、月初めの湯坂路ではなく芦ノ湖東岸~駒ヶ岳の観察会
雨の予報でしたので、持って行った機材は、D850 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR のみ。傘さしての撮影でした

この日の目的は駒ヶ岳が主体でしたが、箱根ビジターセンターから箱根園のロープウェイ駅までが遠いこと(笑) あれこれとの植物の観察・談義があるので遅々として進みません。いつものことですが(笑)

b0346568_11441845.jpg
f/8 (+1.0) 1/320 ISO:500

出発したころは、まだ降ってませんでしたが、1時間もしないうちに振り出しました。さすがの晴れ女のばあばでも梅雨には勝てないのようです
丁度、ヤマボウシが満開だったようで、ロープウェイからみる山肌の景観は最高でした。望遠レンズだったので撮影できずに残念

b0346568_11490622.jpg
f/8 1/320 ISO:450
b0346568_11572451.jpg
f/8 (+0.66) 1/125 ISO:12800

一人先行して山頂にいるので、10時半前のには乗りたいとリーダーが言って引っ張りますが、そのリーダーも植物や樹木の話になると時間を忘れてしまいます(笑)
結局、乗ったのは11:40

b0346568_11500437.jpg
f/8 1/320 ISO:560
b0346568_11554321.jpg
f/8 (+0.66) 1/320 ISO:500

先行してた人が、下りてきて合流 ^^; しかも、濃霧で何も見えないから行っても仕方ないと言います

b0346568_11513236.jpg
f/8 1/200 ISO:12800  コガクウツギ
b0346568_11563969.jpg
f/8 (+0.66) 1/320 ISO:6400

しかし、駅に着いた頃に山頂が見えてましたから、上がることに (笑)
次の写真から、山頂で咲いていた花です
b0346568_12191672.jpg
f/8 1/320 ISO:900

ここで、ばあばの効果? 山頂周辺から湖畔までは霧もなく散策出来ました。風が弱かったので、傘さしながら撮影できました

b0346568_12221719.jpg
f/8 1/320 ISO:500
b0346568_12225992.jpg
f/8 1/320 ISO:900
b0346568_12232978.jpg
f/8 1/320 ISO:1600
b0346568_12235084.jpg
f/8 (-0.66) 1/320 ISO:720
b0346568_12251670.jpg
f/8 (-0.66) 1/320 ISO:2200

最期に、無理して登頂してまでも見たかった花です
b0346568_12262954.jpg
f/8 (-0.66) 1/320 ISO:720  ハコネコメツツジ

フォッサマグナ要素だそうです。名前は、蕾が米に似てるからだとか。じいじもばあばもばあばのお友達も初対面のお花です^^
昭和天皇がご覧になれられ、これはきちんと残していかないといけないねとおっしゃられたとか

毎年、梅雨時に咲くというと、九重のミヤマキリシマを思い出します
九州にいる頃に一度だけ見たことがありますが、雨の合間に見られ幸運でした。一つの山が山頂までピンクだったような
その後も何度か見たいと思いましたが、すべて雨で出かけて行くことすら出来ませんでした
b0346568_12285788.jpg
こんな天気の日でしたが、中に入って参拝できました。いつでも中に入れるわけではないようです

半年ぶりの箱根散策。やはり箱根の自然は素晴らしいです。沼津を離れたことを唯一悔やむのは、富士・箱根の自然から遠ざかったこと

b0346568_11581971.jpg
湖尻から箱根園までの歩道の上の朽ち果てた橋を撮影しました。38年前のお盆休みの最後の日(大勢が亡くなった富士山大規模落石から数日後)に、お腹の大きなばあばとあの橋を渡りました。右上の国道沿いにあった駐車場に車を止めて、歩いて下りてきました。今はもう存在しない箱根樹木園です。あの頃の樹木園は広大でとてもすばらしいところだったのに、無くなったのがとても残念です。現在は、ごく一部を別の名前で運営してるような???

そういえば、我々が足しげく箱根に行くようになったのは、朝日カルチャーの樹木観察会に参加してからで、その時の講師がこの樹木園を設計し植樹された先生でした
樹木園はつくづく残念でなりません


by mjiiji_hbaaba | 2018-06-30 13:22 | Trackback | Comments(6)

矢作川水源の森散策




「エコネットあんじょう」が主催する矢作川水源の森と根羽村を散策するツアーに参加してきました

根羽村は、茶臼山の長野県側に位置する村です。どういうわけか(後で知って納得w)、その根羽村側に「安城市茶臼山高原野外センター」があります
安城市の小中学生が毎年研修をやってるそうで、我が家の孫(中1)も先月4泊5日くらいでお世話になったところで、小学5年生の孫娘はこの夏休みにいくとか^^

そのセンターから矢作川源流の一つに沿って「安城市根羽村分収育林」があります。今回は、そこを歩きました

b0346568_12500126.jpg
参加者22名、スタッフ8名。乗り切れない一部のスタッフは乗用車で向かいました

b0346568_12510885.jpg
野外センターに隣接するテントサイトで下車し、矢作川源流に沿って下っていきます。看板ではかなり距離があるように思えましたが、所用時間は1時間程度と意外に短い(笑) 
b0346568_12544311.jpg
センターに来た小中学生が研修で歩くようできちんと整備されてます。車中で概要の説明があり、現場でそれを確認していくツアーです
部会長さんが大きな声できちんと説明してくれますし、歩行中は他のスタッフさんたちがあれこれと説明してくれます

b0346568_12572824.jpg
ばあばは、植物に詳しい方についていきます(笑) じいじは、最後尾でスタッフ2名の方とのんびりと^^

このあたりは昭和8年に自然林は破壊してスギ・ヒノキを植林した官庁造林だそうです。育ったスギ・ヒノキを伐採し過ぎることで山が崩落をすることを心配した根羽村が矢作川を水源とする市町村に森の保全を呼び掛けたそうです。安城市は7割を水源としてるとのことで、平成3年に山のオーナーとなって根羽村と分収育林事業をすることになったそうです。ちなみに、安城市のHPによりますと全国で初めてのことだったと

b0346568_13060446.jpg
植林したころは、植えた数だけお金がもらえるということで、後先考えずに植えれるところに、スギ・ヒノキを植えまわったとのことで、植林された森は広葉樹が無いために森林としては不適当なものになってしまってるそうです。写真のように、下に緑がほとんどありません。間伐して写真のように日が当たるようになったそうですが、間伐する前は暗く光がほとんど地面に届いて無かったそうです

b0346568_13191730.jpg
これでも問題は解決したわけではなく、自然林として生き残っていくためには広葉樹が必要だそうで・・・NHK BS で以前に観た「明治神宮の森」の話を思い出しました(https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150502)
広葉樹の森にしなければ自然の原生林に育たないとのこと

b0346568_13324323.jpg
矢作川源流を挟んだ向こう側は原生林。写真では分かり難いかもしれませんが、森の様子が全く異なりました。スタッフの方が言ってましたが、中に入っていくと地面の様子が全く違うそうです。歩くと落葉でふわふわと柔らかいとか

b0346568_13352860.jpg
矢作川源流です。右側が分収育林、左側が原生林。森の様子が異なるのが分かるかと思います

根羽村が山の崩壊を心配したと先に書きましたが、何も考えずに植林したため地盤の悪い場所、例えば花崗岩の上に薄くかぶさってるだけのところに植えたものとか、スギ・ヒノキはあまり根を深くはらなくても育つそうで、雨などで土壌が少しずつ減っていくと、簡単に倒れるそうです。

b0346568_13424525.jpg
まさに、根こそぎ ^^;

昨年の九州の大雨による土砂崩れなど、各地の山の崩落で大量の土木が一緒に流れてるのをニュースで見ますが、お金のために何も考えずに植林したツケが回ってきてるということなの?と、思いながら下までおりてきました

b0346568_13533509.jpg
左側が歩いてきた源流、右側が茶臼山からの源流、二つが合わさって矢作川の支流である根羽川へ

多くの野鳥が観察できるところでもあるらしいです。今回はヒガラと他に2種類に声を聞けました
b0346568_13561653.jpg
何か(青虫?)を咥えたヒガラ

b0346568_13593448.jpg
大好きなサンショウ。食するのがですよ(笑)

b0346568_14003233.jpg
b0346568_14004543.jpg
この2枚は調査中 (ばあばが (笑))

お昼ごはんは、根羽村でししなべと五平餅をごちそうになりました。猟師さんにお話を聞きながらいただきました
ここのししなべは、とても美味しかったです
b0346568_14245966.jpg

いろいろ勉強になった良い一日でした


by mjiiji_hbaaba | 2018-06-18 14:23 | Trackback | Comments(6)

ヒバリ



もうカモや小鳥たちは、すっかり帰って行ったようで全くみなくなり寂しい散歩になっています

機材:D850 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
b0346568_13351988.jpg
f/22 (+1.0) 1/1000 ISO:2200

こんなのや
b0346568_13361507.jpg
f/22 (+1.0) 1/1250 ISO:3200

こんなのや
b0346568_13372742.jpg
f/22 1/1250 ISO:3200 雪でもないのになぜ足跡が???

こんなのと、ツバメとスズメが、いるだけましですかね (笑)
と、思っていたら、3度目の出会いが! ヒバリです 相変わらずどこかで声はあちこちでしていて、飛び上がってるのはたまに見かけるのですが、地上で見れました(私には貴重です(笑))
b0346568_13401644.jpg
f/22 (+0.67) 1/1250 ISO:12800

どこにいるのかわかりますか? わかりますね^^;
b0346568_13430231.jpg
f/22 (+0.67) 1/1250 ISO:12800

あ、見つかっちゃいました
b0346568_13440655.jpg
f/22 (+0.67) 1/1250 ISO:12800

急いで戻りましたが、まだ、じいじが見えるようで困ってる?(笑)
b0346568_13452616.jpg
f/22 (+0.67) 1/1250 ISO:12800

退散!、ですか^^;
b0346568_13462773.jpg
f/22 (+0.67) 1/1250 ISO:12800
b0346568_13465157.jpg
f/22 (+0.67) 1/1250 ISO:12800

しかし、すぐに遠くに行かずホバリングして様子見でもしてるようでした^^


今回、F22という絞りを使って見ました。これまでどんなに絞っても11までしか使ったことが無かったので、どうなるのか確認しようと(笑)
しかし、鳥撮影のためにSSを上げたためISOが異常に上がってしまいました。いつもより画質が悪いのがISOのせいなのだろうと、鳥の時はF22は使わない方がいいということで(笑)  花などで試してみなくては!


b0346568_14014786.jpg
f/22 1/1250 ISO:2500

麦畑に交じって田植えの用意も始まっています
b0346568_14031380.jpg
f/22 1/1250 ISO:6400

トラクターの移動に合わせて、ムクドリやセキレイたちが後を追いかけていました。どんな餌をねらってるのでしょうか?
サギやカモが田植えの時に群がるのはこれまでも見てきましたが、ムクドリやセキレイは初めて見ました

b0346568_14081608.jpg
f/22 1/1250 ISO:2800
田んぼで顔が汚れたのか、洗ってました(笑)
b0346568_14101815.jpg
f/22 1/1250 ISO:2800
さっぱり!


by mjiiji_hbaaba | 2018-05-14 14:17 | Trackback | Comments(10)

旅行中に出会った鳥たち



三月末の旅行中に、偶然、出会えた鳥さんたちです

機材は、いつもの D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III

まずは、高知県立牧野植物園で、ヤマガラ
b0346568_10373570.jpg
f/5.6 1/640 ISO:100
b0346568_10384968.jpg
f/8 1/640 ISO:125 (ノートリ)

たぶん、シロハラかな? 見たのも初めてでした^^
b0346568_10403362.jpg
f/11 (+0.67) 1/320 ISO:900 (ノートリ)

続いて、姫路城で、アトリとカワウとシジュウカラ
b0346568_10421549.jpg
f/8 1/100 ISO:110
b0346568_10425399.jpg
f/8 (+0.67) 1/100 ISO:360
b0346568_10434349.jpg
f/8 (+0.67) 1/1000 ISO:500
b0346568_10442859.jpg
f/8 (+0.33) 1/1000 ISO:1250
b0346568_10450488.jpg
f/8 (+0.33) 1/1000 ISO:360

アトリは、見るのも初めて。姫路城で撮影してたら、自転車でやって来たご婦人が一眼で撮影し始めたので、名前を教えて貰いました^^
ちょっと前から、毎年やってくるようになったそうで、だいた50羽くらいの集団でいるそうです

b0346568_10492721.jpg
f/8 (+0.33) 1/1000 ISO:560

抱卵してるようでした。すぐ近くに、相方がいまして、時々、堀で餌を取って運んでました
b0346568_10501820.jpg
f/11 (+1.0) 1/1000 ISO:900

b0346568_10520401.jpg
f/5.6 (+0.33) 1/1000 ISO:450
b0346568_10524284.jpg
f/5.6 (+0.33) 1/1000 ISO:280

シジュウカラ、なじみのある鳥ですが、なんだか画になる感じでしたので残します (笑)

観光旅行中に、野鳥に出会えると楽しさが増します




by mjiiji_hbaaba | 2018-05-09 10:59 | Trackback | Comments(4)

掛川花鳥園 No.3




花鳥園 No.3も鳥です  フクロウ以外にも沢山の種類の鳥たちが飛んだり食ったり(笑)しています


b0346568_17235722.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (-0.33) 1/200 ISO:140
b0346568_17263171.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (-0.33) 1/200 ISO:250
b0346568_17274055.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (-0.33) 1/200 ISO:320
b0346568_17364467.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (-0.33) 1/200 ISO:200
人から餌をもらうために鳥たちも人に慣れているのでしょう、撮影の練習には絶好の被写体です
b0346568_17380224.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 (+0.67) 1/500 ISO:2500
b0346568_17405495.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 1/500 ISO:1000
b0346568_17422842.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 1/500 ISO:2200
b0346568_17462171.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 (+2.0) 1/500 ISO:1400
b0346568_20205225.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 (+0.33) 1/500 ISO:1400
けっこうじっとしてるので、レンズの性能比較撮影にもよい???(笑)
b0346568_19310677.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (+1.0) 1/200 ISO:280
b0346568_19322246.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 (+2.0) 1/500 ISO:1000
b0346568_19371733.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (-1.0) 1/200 ISO:320
b0346568_19383751.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 (+0.67) 1/500 ISO:1800
特に、この子は微動だにしませんから良い被写体かと (笑)
b0346568_19402882.jpg
D850 + Otus 1.4/85  f/8 (-1.0) 1/200 ISO:72
b0346568_19414965.jpg
b0346568_19421158.jpg
b0346568_19421665.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 (+1.0) 1/500 ISO:800~900

まだまだあるのですが、きりがないのでこのへんで

いろいろなレンズを持って行ってじっくり撮影してみたいところでした^^



by mjiiji_hbaaba | 2018-05-02 19:52 | Trackback | Comments(8)

掛川花鳥園  No.2




No.2は、フクロウです (笑)

掛川花鳥園には、下調べせずにいきました。中に入ってビックリ、入園してすぐに沢山のフクロウが迎えてくれます。あんなに沢山いるとは思いもしませんでした。

b0346568_15144212.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/4 1/100 ISO:1250
b0346568_15154536.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/4 1/100 ISO:1400
b0346568_15181319.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/4 1/100 ISO:1100
ガラス越しの撮影ですが、よく写ってます^^

ショーをやる広いところでは、ケージから出して繋がれてるものも
b0346568_15194006.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 (+0.33) 1/500 ISO:1600
なんか、かっこいいですね~、渋いです
b0346568_15220437.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 (+0.33) 1/500 ISO:5600
b0346568_15235075.jpg
D850 + Otus 1.4/85 f/8 (-1.0) 1/200 ISO:640
b0346568_15295001.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/5.6 (+0.33) 1/500 ISO:4000
b0346568_15294389.jpg
D850 + Otus 1.4/85 f/8 (-1.0) 1/200 ISO:800
野生のフクロウはどこにいるのでしょうか? 
一度だけ見せて貰ったことがあります。軽井沢の何かのツアーで望遠鏡を覗いたような?肉眼では見えないほど離れてました
b0346568_15592606.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 (+0.33) 1/400 ISO:6400
b0346568_15591702.jpg
D850 + Otus 1.4/85 f/8 (-1.0) 1/200 ISO:640
b0346568_16060296.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 (+0.33) 1/500 ISO:4000
b0346568_16055643.jpg
D850 + Otus 1.4/85 f/4 (-0.33) 1/200 ISO:280
後ろのチューリップは、写真です^^;
目は開いてる方が画になりますね

フクロウとハヤブサなどの猛禽、大好きでInsta などで他の方のサイトをフォローして毎日見ています
花鳥園でこんなに近くで見れるとは思いもしませんでした

フクロウと並んで、こんなのも繋がれてました
b0346568_16181560.jpg
D850 + Otus 1.4/85 f/5.6 (-1.0) 1/200 ISO:720
b0346568_16194113.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR
f/8 1/500 ISO:4000




by mjiiji_hbaaba | 2018-05-02 16:22 | Trackback | Comments(4)