じいじとばあばのフォトライフ

タグ:AF-S TELECONVERTER TC-14E III ( 36 ) タグの人気記事

博多から高知へ



3月下旬、義母の米寿のお祝いで博多へ行った帰り、四国を経由してきました

四国へは別府港からフェリーで。別府港までは、今はほとんど自動車専用道で行けるようになってました
博多から2時間強でしたから休息は必要なかったのですが、学生の頃以来の九州横断でしたので由布岳PAで休憩

b0346568_17062821.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  32mm

由布岳を北側から見たのは初めて。独特のフタコブラクダの様な景観ではなくて残念
学生の頃よく走ったやまなみハイウェイと比較すると新しい高速道路では、独特の景観はほとんど楽しめないようです

b0346568_17064945.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  24mm

フェリーから高崎山が春霞のなか遠望できました

学生の頃、石鎚山へ何度か登りに行った時は、お金が無かったので(笑) 国道九四フェリーを使ってましたが、日本一"細長い”三崎半島を抜けるのに思いのほか時間がかかることと、当時は道路幅も狭く崖っぷちを走ったりとスリル満点で精神的に疲れたことから、今回は料金の高い宇和島運輸のフェリーで八幡浜へ渡りました (笑)
なお、あとで調べたら九四フェリーもかなり値上がりしてました。当時は、乗車定員まで車両運賃の中に含まれて3400円(当時のブルーバード)で行けたのですが・・・

b0346568_17070081.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  36mm
お隣は、サンフラワー号
b0346568_17071202.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  38mm
所用時間は約100分


b0346568_17073580.jpg
b0346568_17074296.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III

八幡浜港では、カモメが迎えてくれました^^

八幡浜から高知へは、3ルート。Googleマップやナビでは、高速道路を使うルートを推奨しますが、却下 (笑)
他のルートより50kmも余分に走るので、大して時間短縮にもなりません
ばあばが選んだルートは、山の中を突っ切るルート。約150km、山道を3時間強の運転か~~と思いましたが、高速と違ってゆっくり行けば楽かもとじいじも賛成^^
b0346568_17150083.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  31mm

結果、大正解! ばあばの予想通り山々の桜がほぼ満開で、景色を堪能しながら走れました
交通量も極めて少なく快適なドライブが楽しめました。全行程150kmのうち、中間の120kmで信号機がなんと3つしかありませんでした!!
b0346568_17491679.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  24mm

長い下り坂の途中の緊急待避所。箱根から下る国道1号線にも数カ所ありますが、それ以外で見たの久しぶりかかも

b0346568_17405264.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  40mm

途中、道の駅が何カ所かあるので、安心して通過できるルートとの印象を持ちました



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-04-05 19:50 | Trackback | Comments(4)

ヒバリ

沼津にいた頃、犬の散歩中によく声はききました。一度だけ、垂直に空高く上がっていくのを見たことがあります
小学校の頃に教わってはいたのですが、本当に真っすぐに上昇していくのだ!と驚きました
姿を見たのはその一度きり、声はきけても姿は見えずで、当然撮影などできたことがありませんでした
西三河に来て、田んぼが沢山あるので、そのうち見られるのでは?と期待していましたら、さっそくその機会がありました一つ前のカワウの飛翔を撮影した直後、田んぼのコーナーを曲がったら何やら2羽が足元から出て行きました
b0346568_13205074.jpg
すぐにカメラを向けてパチリ
撮影した画像を見て、ヒバリだと! しっかり撮影しようとしましたが、すぐに飛んで行ってしまい撮影出来たのは4枚だけ^^;

b0346568_13250581.jpg
1枚目が雌で、2枚目が雄でしょうか? 頭のてっぺんの様子から推測です

これとは別の日、家から鹿乗川を渡って、真っすぐに矢作川へ歩いてみました。田んぼの中を突っ切っていくので、ヒバリに合えるかと期待しながら^^
そしたら、警戒の声が聞こえてきましたので、探しますと

b0346568_13302799.jpg
いました!! しかも、飛び上がってるところを撮影出来て、じいじは大喜び^^
しかし、かなり上の方に上がって行ったため、ばあばは見つけられず残念

矢作川を下って、同じ場所に戻ってきました。もちろん、また出会えるかと期待してです(笑)
何か予感がして真上を見上げたら猛禽類らしきものが!
b0346568_13464488.jpg
たぶんチョウゲンボウ

ブログの写真では分かりずらいですが、等倍拡大してみたら尻尾の様子から、チョウゲンボウ(横縞と尾の先端が黒)だろうと思いました。先日撮影したのと同じ個体かもしれません
ラッキーと思ってると、すぐ近くからヒバリが飛び上がりました。今度は、飛び出したすぐだったので、ばあばも十分に堪能できました(笑)
b0346568_13331009.jpg
b0346568_13333785.jpg
なぜか、このヒバリは上に上がっていかずカメラを構えた我々の方へ寄ってきます。巣が近いのでしょうね。必死に我々の気を引こうとしてるようでした
おかげで長いこと撮影できましたが、飛び疲れたのか我々が無害だと思ったのか、あるいは引き付けられたと確信したのか、高く舞い上がらないまま少し離れた場所に降り立ちました。すると、ばあばが、「分かってるよそこからこっちに歩いて戻るのでしょ」と(笑)
b0346568_13334724.jpg
ケリの威嚇に比べると、ヒバリのは可愛いです

この時期の散歩の新たな楽しみが出来ました



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-03-21 14:18 | Trackback | Comments(4)

カワウの飛翔



先週の日曜日は、鹿乗川を南下して矢作川に出て北上して戻るコースを開拓 (笑) しました
その時に、個体が異なる3羽のカワウにそれぞれの場所で遭遇し、いずれも飛ぶところ出会えました
そのうちの1羽は私の周りをグルっと半周したのですが、自分ではうまく撮影出来たと喜んで帰ってきました (爆)

機材 D850 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III
露出モード:マニュアル、F/11 (+0.67)、1/1250、ISO:450~640 (Auto)、
アップした写真は羽の様子をうまく出すために、ポートレート、輪郭協調:+5、アクティブD-ライティング:強く、で現像したものです

カワウの飛行スピードでも、D850の連写速度では抜けが出ますが、まあまあ私には追えそうです

b0346568_20134055.jpg
b0346568_20160124.jpg
飛んで行ってしまったかと思いましたら、グルっと回ってきました (ラッキー!)
この角度で撮れるのは、私には貴重です^^

b0346568_21121188.jpg
b0346568_21121635.jpg
b0346568_21122113.jpg
b0346568_21122666.jpg
この4枚は、いずれもトリミングしていません
カワウの羽の動きが分かる4枚の連写写真です。羽を広げて、羽の先の方を少し曲げて、振り下ろし、再び挙げて広げる
いくつかの連写の写真から、このパターンで羽ばたいてることが分かりました。羽全体を押し下げるのではなく、羽先をまげて力強く振り下ろせるようにしてるのでしょうか?
向こうに見える橋は、矢作川にかかる橋です。

この中から4枚目を約2.6倍にトリミングしたものが次の写真です
b0346568_21201036.jpg
次のは、ほぼ真横からのもので、遠景が写ってたのでトリミングしてません
b0346568_21305856.jpg
次のはこれをトリミングしたもの (トリミングしたものは、すべて約2.6倍の拡大に相当するものです)
翼がうまく撮れてたと思いましたので^^
b0346568_21343328.jpg

b0346568_21353983.jpg
b0346568_21391856.jpg
最後のは、現像するときに、「飛びながらですか!!」と思わず(心で)叫んだものです (爆)
でも、どの鳥たちも飛びながらもやりますね。それで車などに思わぬ汚れを付けられます
先日、アオサギからのが大量にとある車に落ちるのを目撃しました。あんなのを人が被ったら大変なことだと驚くほどの量でした


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-03-17 12:52 | Trackback | Comments(4)



近所の庭先や神社の梅で、春の訪れを堪能

b0346568_19245818.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  26mm

民家のしだれ梅です。少し前まだ蕾の頃に、咲いたら撮影させてくださいと許可をいただいてました (笑)
b0346568_19270037.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III
b0346568_19280073.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III

傷んだ花も多くなっていて、少し出遅れたようで残念

b0346568_19293151.jpg
D850 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  36mm

散歩コースの途中にある神社には紅白の梅の木。この梅の木は真冬の枯木の時は、沢山のスズメで枝が埋まっていました
b0346568_19321012.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III

梅の花が咲いて、止まる場所が減っても沢山のスズメたちが^^
でも、少しすると全部飛び立っていきました。我々が近づいたせいだろう思ってましたが、もしかしたら
b0346568_19364848.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III

この子たちがやってきたからかもしれません (笑)
b0346568_19375469.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III
b0346568_19384260.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III


帰る途中に、鹿乗川水面を飛んでいく見慣れない鳥が!! 背中が薄い茶色で、飛び方からハトではないのは確認できました。その鳥、ずっと下った後、上に上がって戻ってきましたので、頑張って撮影。電線に止まった様子からノスリだろうと思い、前に見たノスリでこの辺も縄張りなのかな?と、思いながら帰宅しました
しかし、現像してみるとノスリではないと分かりました
b0346568_19491018.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III
ノスリよりも尾が長いです
b0346568_19501967.jpg
D500 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + TC-14E III

図鑑やネットで調べて、チョウゲンボウではないだろうか?と予測しました。沼津に居れば、野鳥の専門家に教えて貰えるのですが・・・
いずれにしても、初めて撮影出来た鳥が1種類増えたことは嬉しい出来事でした^^



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-03-16 19:56 | Trackback | Comments(2)

もうすぐ



春ですね ^^

鹿乗川周辺も、春間近です

b0346568_12221332.jpg
D850 SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  24mm

鹿乗川です。北東方面を撮影。遠く雪を被った御嶽山が見えます (橋桁の少し右側)
b0346568_12315786.jpg
D850 SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  70mm
70mmだと、拡大しなくても御嶽山は見えますね^^  (今になって開放のまま撮影してたのに気づきました^^; この前に梅の花のアップを撮影してて開放にしたようです。ちなみに、このレンズの周辺光量落ちはF4でも解消されず、F5.6でなくなります)

ところで、630mm相当だと
b0346568_12344583.jpg
D500 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III


この辺りの川幅くらいなら420mmでもいけますが、ここから少し南下すると川幅は急に2倍くらいに広くなり、小鳥の撮影ではもっと長いレンズが欲しくなります

b0346568_12395609.jpg
D850 SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2  70mm
b0346568_13082358.jpg
D850 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
b0346568_13092492.jpg
D850 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
b0346568_13102275.jpg
D850 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III

昨日は、鹿乗川を南下し、途中から矢作川に出て北上して帰ってきました。初めてのコース、いろいろ収穫がありました。後日アップします
その矢作川の水際で、ヤナギの芽が出ていました
b0346568_13165070.jpg
D850 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
b0346568_13173165.jpg
D850 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
タンポポも^^

この土日は暖かく風もほぼ無い好天でしたが、それでも散歩にはまだまだ防寒着+ウィンドブレーカーが必要です
まだまだ気が抜けませんね

b0346568_13374892.jpg
D500 AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III




[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-03-12 13:51 | Trackback | Comments(4)

孫娘と散歩



数年前、双子の孫たちと山登りに出かけたことをここで書きました。じいじとばあばがよく出かけて行くので、山登りはどんなに面白いのだろうと興味津々で出かけたのですが・・・(笑)
今回は、一緒に住むようになった長男家族の長女が、じいじとばあばがよく散歩に出かけるので、一緒に行くと言い出しました。彼女は小学4年生なので、散歩がどういうものか分かっているよな?、小学生では退屈ではなかろうか?、などと思いつつも行きたいというので一緒に出かけて行きました。

歩き始めるなり、どれくらい歩くの?10分くらい?とか言い出すので、やっぱりお前もか!!と (爆)
それではということで、いつもの散歩コースではなく、鹿乗川を南下し30分歩いたところで引き返す往復1時間ということで、納得してもらいました (汗)

コースを変えたのは、これまでの散歩コースに気になるものがあったからで、そのうちいってみようと話していたのもありました。気になったものは次の石碑です

b0346568_13530939.jpg
b0346568_13531299.jpg
ネットで調べても詳細は分かりませんでした。古道の雰囲気を感じられる場所ではありました。
古道の整備が途中なのか、2枚目の写真のところから始まり、次の写真の場所で終わってる感じで跡がたどれませんでした。1枚目のは中間付近にありました
b0346568_13571297.jpg
孫娘に、途中で見る植物や鳥の説明をしながら、なんとか退屈させないようにと、もの凄く気を遣ったじいじとばあばでしたが、「ふ~ん」と全く興味を示さない孫娘
小鳥たちは、すぐに移動してしまうので見ること自体が慣れてないと難しいのかもしれませんが、鹿乗川の橋を渡るときに橋の下から出てきたカワウは、さすがに見えてるはずですが興味なし! (笑)  離水するところを見せれば!と、橋の上で大げさな動きをした老人たちにカワウは思い通り離水してくれましたが・・・それを見てもお言葉はありませんでした (泣)

b0346568_14090175.jpg
ばあばがいつもの秘密兵器を取り出しました。遠くにいるカモをみています。さすがに、この秘密兵器には飛びついてくれました (やった!)
b0346568_14285231.jpg
このコガモたちを見てます
b0346568_14123674.jpg
b0346568_14124117.jpg
双眼鏡を覗きながらばあばに近づいていきます。鳥を見るよりも、じいじを見たりばあばを見たりする方が楽しそうではありました (笑)

じいじいには、この日の散歩で収穫がありました!
b0346568_14140725.jpg
少し遠くでしたが、ノスリを発見! 広い田圃で餌を探してる様子です。あのあたりが縄張りなら、ちょくちょく見ることが出来るのでは?と期待が膨らみました
このあと、餌を発見したのか遠く西の方の田に向かって飛んでいき降りました

b0346568_14235700.jpg
30分くらい歩いて折り返す頃に、喉が渇いたと孫娘。我々はこれまで日常の散歩コースでは、途中で水を呑むことはないのでいつも持ち歩きません。最近の人たちは熱中症対策で頻繁に水分補給をするため、そういう体になってしまってるのでしょうか
家に帰るまで、あと30分我慢してもらいました

b0346568_15045984.jpg
住宅街に入ると、お先に!と、走って帰って行きました (爆)

たいして面白いわけでもないことが分かったので、日常の散歩にはもうついて来ないかもしれません
それでも、次は山登りに連れてってと言ってましたので、一緒に行動すること自体は問題はなさそうです^^

後日、ばあばが近所の和菓子屋に自転車で出かけて行くのに孫娘もついていきました。彼女は往復走ったそうですが、ぜんぜん息が切れてないとばあばが驚いてました。さすが毎週末にフット(?)の練習に行って鍛えられてるだけのことはあるようです



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-03-07 15:05 | Trackback | Comments(6)

カワウ  鹿乗川



鹿乗川は、沼津の沼川と同じくらいの川幅で水も綺麗でいろいろ楽しめそうな感じがしてきました
何より、沼川より遥かに近いことがGoodです (笑)

カワウの離水の様子は、何度も撮影したことがありますが、先日、離水後の飛行も撮影できました
意外に高い高度を飛んでいて少し驚きました

機材は、D850 + AF-S 300mm F/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III

b0346568_10344502.jpg
b0346568_10345659.jpg
2枚目は、最初のよりさらに大きくトリミングしてます
高い高度を維持したまま西の方へ飛び去って行きました

川幅が大きくないため、カワウのような大きな鳥は420mmでも運が良ければ大きく写せます
b0346568_10453468.jpg
橋の上から
b0346568_10455639.jpg
この2枚はトリミングしていません ^^


b0346568_10473278.jpg
飛ぶ準備なのでしょうか、羽の水切りをしてます

b0346568_10502785.jpg
かなりの頻度で出会うので、いつか大きな魚を飲み込むところが撮れることを期待しつつ散歩しようと思います ^^


D810ではAFはシングルポイント(S)での撮影がほとんどでしたが、D850 ではd9でもD810のSと同じ感じで使えるの?と、思うようになりました
高画素になったからでしょうか? AFそのものに違いがあるのでしょうか? いずれにしてもありがたいことで、今後はd9がメインになりそうです



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-02-28 11:04 | Trackback | Comments(2)

鹿乗川



日常の散歩コース、鹿乗川沿いを歩くことにしました
こちらへ来る前は、矢作川を歩こうかと考えてましたが、川まで距離があることと、矢作川は大きすぎて渡る場所が少なすぎるためかなり時間を要するコースになってしまうので、日常の散歩コースとはなりえないことが分かりました

D850とAF-S 300mm F/4E PF ED VRとテレコンの組合せを初めて持ち出しました

b0346568_14014455.jpg
b0346568_14041886.jpg
b0346568_14042620.jpg
散歩コースで見られるカモは、カルガモとコガモの2種類だけ

b0346568_14094181.jpg
川の水は澄んでないのに、カワセミがいたので少しビックリ。2羽見かけましたが、散歩コースは縄張りを跨いでるのかな?
テレコン付けてもいい感じで写ってます

b0346568_14125821.jpg
こんな感じで緑は全くありません。とにかく広い田園風景。春になるとどんな植物が見れるのでしょうか
b0346568_14241429.jpg
唯一、色のついた植物が (笑)

b0346568_14272425.jpg
b0346568_14273431.jpg
散歩コースの折り返し地点辺りでは、カワラヒワとツグミが見られました。前回もいましたので、この辺りを縄張りにしてる?

b0346568_14293933.jpg
逃げないスズメがカメラ目線くれました ^^  この写真はトリミングしてません


明日は、保育園の祖父母参観日。保育園はこの折り返し地点の近くなので、参観は歩いていくことにします^^


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2018-02-14 14:43 | Trackback | Comments(6)

秋の気配



ここのところ朝夕は涼しい日が続いています
夕方4時からの裏山散歩では秋が感じられる風が心地よく吹いていて、散歩にカメラを持ち出す気になってきました
これから少しずつ被写体も増えて行くのでは?と散歩も楽しみになってきます
b0346568_13565271.jpg
夏の空と違って水分が少ないのでしょうか、真っ青な空です
b0346568_13583584.jpg
PLフィルター使わなくても青空が^^
b0346568_14004814.jpg
b0346568_14020623.jpg
圧倒的にトンボの方が多いのですが、まだまだチョウも
b0346568_14030069.jpg
ISO12800となるとかなりノイズが多くなり、大画面では気になりますがブログサイズではさほどでもないことを期待して (笑)
b0346568_14045983.jpg
b0346568_14051691.jpg
日中の日差しはまだまだ厳しいですが、夕方、見上げる空はとても涼しげです^^

先週は、キジの幼鳥2羽を見ることが出来ました。真夏は、カメラを持ち出さないので撮影は出来ませんでした (とても残念)。黄金色とでも表現したくなるような夕陽を浴びて艶々とした毛並みをしてました
b0346568_14092442.jpg
久しぶりに親鳥も見れました
b0346568_14121727.jpg
来週月曜日は、9月度の湯坂道自然観察会。様相がどう変わっているのか期待大です。雨が降りませんように!!


[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2017-09-01 14:20 | Trackback | Comments(4)

湯坂道自然観察会 7月



先月から出来るだけ参加しようと決めた湯坂道自然観察会の7月分です

前回の6月より、虫たちの数が減ってました。避暑地の箱根の山の上でも25℃もありましたので、夏来たりというところでしょうか

b0346568_11484659.jpg
100mm f/8 (+1.0) 1/1000 ISO:12800
湯坂道に入る手前の国道1号線の歩道にて。蛾の名前は分かりません。虫の専門の方が、何とかではなかろうかとおっしゃってましたが、聞きそびれました^^;

b0346568_11505653.jpg
185mm f/5.6 (-1.67) 1/1000 ISO:220
b0346568_11515493.jpg
280mm f/8 (-1.33) 1/1000 ISO:200

b0346568_11524952.jpg
280mm f/8 (-1.33) 1/1000 ISO:280
b0346568_11533151.jpg
280mm f/8 (-1.0) 1/1000 ISO:280
b0346568_11540746.jpg
170mm f/8 1/1000 ISO:4000
b0346568_12025022.jpg
280mm f/8 (-0.67) 1/1000 ISO:1100
b0346568_12032945.jpg
270mm f/11 (-0.33) 1/1000 ISO:3200
以上の虫たちの名前を調べるのは今回はパス。好きでもない虫たちだからです (笑)
b0346568_11560759.jpg
280mm f/8 (-0.67) 1/1000 ISO:1250
前回も撮影したダイミョウセセリ、羽の毛様が前回の個体より典型的な関東型に見えます

b0346568_12045662.jpg
210mm f/11 (-0.33) 1/1000 ISO:1400
一月前はものすごく沢山いたジャコウアゲハ、今回はこの1体だけしか、見かけませんでした

b0346568_12063512.jpg
195mm f/8 (-0.67) 1/1000 ISO:560
スジグロシロチョウは、同じくらい沢山いました。前回、見かけなかったモンシロチョウをパークボランティアの方が捕獲してみなさんに匂いをかがせてました。ググってみると、スジグロシロチョウも同じような柑橘系の匂いがするらしいです。

b0346568_12124709.jpg
195mm f/8 (-1.33) 1/1000 ISO:160
b0346568_12131658.jpg
100mm f/8 (-0.67) 1/1000 ISO:400
b0346568_12135285.jpg
280mm f/8 (-0.67) 1/1000 ISO:720
b0346568_12143005.jpg
240mm f/5.6 (-0.67) 1/1000 ISO:10000
b0346568_12151280.jpg
100mm f/5.6 (-1.0) 1/1250 ISO:1250
b0346568_12160723.jpg
240mm f/5.6 (+1.0) 1/1250 ISO:4500
b0346568_12171376.jpg
270mm f/8 (-0.33) 1/1250 ISO:220
とある旅館の敷地内にあるフジキを帰りに撮影。花を大きく撮影するには、もっと長いレンズが必要でした

最後に、昼間に飛ぶホタル
b0346568_12193331.jpg
195mm f/8 1/1250 ISO:1800
下山後に、パークボランティアの方々が、観察会のまとめをしてる時に、ばあばの服に止まっていた「オバホタル」
ほとんど昼間にしか行動しないとのことで、夜間に発光を見ることが出来ないホタルだそうです

今回は、前回より短時間で終わっちゃいました。植物も虫たちも、皆さんにはそれほど見るものも多くなかったようです。しかし、ばあばには沢山収穫があったようで、満足してました。観察会が無ければ、こんな時期に湯坂道には来ることはなかった我々ですから、これまで見られなかったものがものが沢山あったということでしょう



[PR]
by mjiiji_hbaaba | 2017-07-17 13:28 | Trackback | Comments(8)